リモート デスクトップ ショートカット キー。 リモートデスクトップを最小化するキーボードショートカット

Windows 10のタスクビュー(仮想デスクトップ)をショートカットキーで素早く操作する:Tech TIPS

リモート デスクトップ ショートカット キー

テレワークなどで自宅から職場PCへリモートデスクトップ接続した際、接続先PC上でスクリーンショット(スクリーンキャプチャ)を撮る方法をまとめておきます。 Windows標準のショートカットキーの場合 リモートデスクトップ接続先PCの画面キャプチャを撮るには、以下のキーボードショートカットを使います。 Windows 10 標準のスクリーンキャプチャアプリの場合 環境によっては、先に紹介したリモートデスクトップ向けのキーボードショートカットすら使えない場合があります。 その場合は、Windows 10 標準のスクリーンキャプチャアプリを試すのが良いでしょう。 利用できる標準のスクリーンキャプチャアプリは、Windows 10 のバージョンによって異なります。 「切り取り&スケッチ」 「切り取り&スケッチ」(または「切り取り領域&スケッチ」)は、Windows 10 version 1703(別名、Windows 10 Creators Update)以降で導入された、新しい Windows 標準のスクリーンキャプチャアプリです。 使い方はカンタン。 「切り取り&スケッチ」アプリを直接起動し、左上の「新規」ボタンからキャプチャを撮ることができます。 キャプチャできる範囲は、以下の4通り。 「四角形の領域切り取り」• 「フリーフォーム領域切り取り」• 「ウィンドウの領域切り取り」• 「全画面表示の領域切り取り」 画面の上端に出るボタンで領域を選択できます。 なお、リモートデスクトップ環境でない場合は、次のショートカットキーでもこのアプリを利用できます。 「Windowsキー」+「Shift」+「S」 リモートデスクトップ経由でこのキーボードショートカットを利用した場合、上にボタンが表示されない症状が出るケースがあるようです。 その場合は、ショートカットキーでなくアプリを起動して使ってみると良いでしょう。 「Snipping Tool」 将来、廃止予定ですが、Windows 10 の最も古いバージョンでもプレインストールされているのが、「Snipping Tool」というキャプチャアプリです。 記事執筆時点では、基本的には「切り取り&スケッチ」を使うのが良いと思いますが、何らかの理由で困っている場合は、こちらのアプリを試す手もあるでしょう。 このいずれの方法も使えない場合は、Windows 標準でない何らかの画面キャプチャソフト・アプリをインストールした方が良いでしょう。 有料アプリになりますが、個人的には長年「Screenpresso」というアプリのお世話になっています。 また、フリーソフトの場合「WinShot」を使っている方もみえるようです。

次の

リモートワークでも役立つ!仕事の効率が上がるリモートデスクトップショートカット集

リモート デスクトップ ショートカット キー

毎日お世話になっている「リモートデスクトップ」 開発テストや検証では数台をつないでガチャガチャ一気にできてしまう、ありがたい「リモートデスクトップ」で、これは使えるショートカットキー、いつも忘れて「なんだっけ?」とやっている私のために、備忘録代わりら書いてみます。 Del 削除する。 Ctrl キーを押しながら項目をドラッグ 選択した項目をコピーする。 F2 選択した項目の名前を変更する。 F3 ファイルまたはフォルダを検索する。 F6 ウィンドウまたはデスクトップの画面要素を循環する。 F4 マイ コンピュータまたはエクスプローラで、アドレス バーの一覧を表示する。 開いたメニューのコマンド名の下線付き文字 対応するコマンドを実行する。 F10 アクティブ プログラムのメニュー バーをアクティブにする。 F5 アクティブ ウィンドウを最新の情報に更新する。 BackSpace マイ コンピュータまたはエクスプローラで、1 レベル上のフォルダを表示する。 Esc 現在のタスクを取り消す。 Shift キーを押しながら CD を CD-ROM ドライブに挿入する CD の自動再生を防ぐ。 【関連情報】 ・(SONZ) 2006年9月14日.

次の

作業効率アップ!Windows10ショートカットキー30選

リモート デスクトップ ショートカット キー

パソコンの遠隔操作が可能になるChromeブラウザの拡張機能 Chrome リモートデスクトップ は、Google アカウント と Google Chrome でリモート環境を実現する無料サービス。 2019年6月に Chrome ブラウザ の拡張機能として 、ファイルのアップロードやダンロード、表示モニタの選択、ローカルとリモート先のクリップボードの同期など、従来の リモートデスクトップ よりも機能が大幅に強化され オンライン版 が正式にリリースされた。 Chrome リモートデスクトップ はクロスプラットフォームで提供されており、 Windows ・ Mac ・ Linux のほか、 Android 、 Chromebook で利用できる。 Android アプリの使い方は下記参照 Android デバイスから PC を遠隔操作できる無料ユーティリティアプリ Android の Chrome リモートデスクトップは、 PC でセットアップされている「 Chrome リモートデスクトップ 」環境へ、外 […] リモートアクセスは ホスト が起動していないと利用できないので、 ホスト になる「 リモートされる側 」の PC は常時起動させておくか、Wake On LAN を設定して外部からの起動を可能にしておく必要がある。 Wake On LAN の設定 パソコンを遠隔起動させる WOL は NIC が実装している機能で、パソコンはシャットダウンしている状態でも電源ケーブルが接続されていれば マザーボードには 待機電源が供給されているため、WOL を有効にすることでネットワークアダプタからの起動が可能になる。 WOL は NIC に割り振られている 物理アドレス や MACアドレス , ノードID と呼ばれる固有の識別番号 宛に マジックパケット という信号を送信して起動させる仕組みのため、外部ネットワークから遠隔起動する場合は ルーターの設定も必要になる。 詳細は下記参照。 多機能な定番ウェブブラウザ Google Chrome(グーグル クローム)はGoogleが開発した、シンプルに徹したタブブラウザ。 コンセプトは「スピード、シンプル、セキュリティ」。 後発のブラウザながら、軽快な動作と […] Chrome ブラウザを使用して Google アカウント にログインした状態で「 Chrome リモートデスクトップ 」へアクセスする。 Chrome ウェブストアの Chrome Remote Desktop アプリのページが開くので「 Chrome に追加 」をクリックして拡張機能をインストールする。 アクセス権限が標示されるので「 拡張機能を追加 」をクリック。 「 Chrome Remote Desktop 」の拡張機能が追加され、プログラムのインストール準備が完了したら「 同意してインストール 」をクリック。 「 ダウンロードしたファイルを開く 」のメッセージで「 はい 」を選択すると、ユーザーアカウント制御が許可を求めてくるので「 はい 」をクリック。 PC の表示名を指定して「 次へ 」。 デフォルトでは PC のデバイス名が表示されている。 6桁の PIN を設定したら「 起動 」。 Chrome リモートデスクトップ には「 リモートされる側( ホスト ) 」と「 リモートする側( クライアント ) 」の区別はなく、 ホスト にも クライアント にも同様に「 Chrome Remote Desktop 」の拡張機能をインストールしたら完了。 Chrome リモートデスクトップ の使い方 リモートアクセスで接続した場合、 ホスト 側では通常通りモニタに表示され、音声も出力されるので、モニタの電源や音声設定の確認は必須。 Chrome ブラウザの拡張機能にある「 Chrome リモートデスクトップ 」のアイコンをクリックすると リモートデスクトップ が開くので、リモート接続する PC を選択。 オフラインになっている PC はグレーアウトして選択できない。 拡張機能をインストールした際に設定した PIN を入力。 「 このデバイスに PIN を保存します。 」のチェックボックスにチェックを入れると、次回の接続から PIN の入力が省略される。 起動時に Tips が表示されるので「 OK 」をクリックするとリモート操作が可能になる。 オンライン版にリニューアルして追加されたのがスライド式のメニュー。 上部のピンアイコンをクリックすれば固定表示も可能になっている。 セッション(接続)の切断のほか接続先の表示設定。 キーボード制御は、 クライアント 側のキー入力では ホスト の操作ができないコマンド。 「 F11 」は全画面表示のコマンドで、「 キーマッピング 」では独自のキー設定も可能。 便利なのは新たに実装されたクリップボードの同期。 「 クリップボードの同期を有効にする 」をクリックするとアクセス許可を求めてくるので「 許可 」するだけ。 ホスト ・ クライアント 関係なく、クリップボードにコピーしたデータが共有可能になる。 ディスプレイでは ホスト (接続先)がマルチディスプレイの場合、表示するディスプレイを選択できるようになった。 これまでは上図のように、ディスプレイを配置している側の端にカーソルを持っていって画面をスライドさせていたので、この設定は大きな進化だったりする。 新たに実装された「 ファイル転送 」では ホスト ・ クライアント 間でファイルのやり取りを行える。 利用方法は ホスト ( 操作される側 )から クライアント ( 操作する側 )にファイルを転送する場合は「 ファイルをダウンロード 」、逆に クライアント から ホスト にファイルを転送する場合は「 ファイルをアップロード 」を選択し、任意のファイルを指定する。 クライアント から ホスト にアップロードしたファイルは、 ホスト のデスクトップに保存され、 ホスト から クライアント へのダウンロードは保存先の指定が可能になっている。 音声 Chrome リモートデスクトップ の設定や使い方は非常に分かりやすいのだが、唯一厄介なのが音声。 ホスト ・ クライアント ともに Windows 10 の環境下でリモート接続すると「 音声が出ない 」「 辛うじて音声は出力されているが再生速度がおかしい 」といった症状が発生し、当初はデバイス個体の問題と思ったが、 ホスト と クライアント を変更しても状況に変化はなかったので、ある程度一般的な問題と思われる。 音声が出力されない問題は ホスト (操作される側)の「 Chrome リモートデスクトップ サービス 」の設定で、ログオンの項目にある「 デスクトップとの対話をサービスに許可 」を有効にすると回避できる。 msc 」と入力。 もしくは「 スタート 」のコンテキストメニューから「 コンピュータの管理 」を開き、左ナビゲーションメニューの「 サービスとアプリケーション 」にある「 サービス 」を選択。 「 サービス 」の一覧から「 Chrome リモートデスクトップ サービス 」を探してダブルクリックで開く。 「 Chrome リモートデスクトップ サービス 」のプロパティの「 ログオン 」タブにある「 デスクトップとの対話をサービスに許可 」にチェックを入れて再起動。 再度リモート接続すると音声が再生されるはず。 音声再生時の注意点としては、 ホスト 側でも通常通りスピーカーから音声が出力されるため、状況に応じて再生する前に ホスト 側をミュートにする必要がある。 ホスト と クライアント では音量設定は異なるため、 ホスト をミュートにしても クライアント の再生には問題ない。 関連記事 This website uses cookies so that we can provide you with the best user experience possible. Cookie information is stored in your browser and performs functions such as recognising you when you return to our website and helping our team to understand which sections of the website you find most interesting and useful.

次の