煮物 冷凍。 煮物の冷凍について

大根の煮物って冷凍できるの?おすすめの方法はこれ!

煮物 冷凍

大根は「用途別冷凍」でムダなく使い切れる! 大根の主な食べ方は、味噌汁、煮物、サラダや漬物、大根おろしなど。 「とりあえず冷凍」でなく、2〜3週間(冷凍保存が可能な期間)で作るメニューをイメージして用途別に冷凍しましょう。 使い勝手がぐんとよくなって、確実に使い切れます。 生のときと食感の変化が少なく味わえます。 煮物やおでん用なら輪切りに。 冷凍すると繊維が壊れるので、下茹でしなくても短時間で味が染みるようになります。 【冷凍方法】• 大根の皮をむき、用途に合わせて切る。 ペーパータオルで水気を拭き取り、使いやすい量で小分けにし、ラップで包む。 (輪切りはラップに包まなくてOK)• 冷凍用保存袋に入れて口を閉じ、冷凍する。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 味噌汁なら、沸騰した湯に冷凍大根を入れて煮る。 煮物なら、鍋に冷凍大根と水、調味料を入れて煮る。 *冷凍してから煮ると、味がしみやすい! 冷凍大根は煮たときに中心まで味が染みやすく、生の大根で作った煮物よりもほろっとしたやわらかな食感になります。 冷凍前はシャキシャキですが、コリコリとした歯ざわりになるのも楽しい変化。 【冷凍方法】• 大根の皮をむき、千切りやいちょう切りにする。 大根を平らにし、空気を抜くように袋の口を閉じ、平らな状態のまま冷凍する。 冷凍庫で3週間程度保存可能。 味が薄ければ塩などで味を調える。 食感や味の変化はほぼなく、生のときと同じように使えます。 【冷凍方法】• 大根の皮をむいておろし器ですりおろし、ザルに入れて自然に水を切る。 手で水気を絞ると水分が抜けすぎて食感が悪くなるので注意。 Sサイズの冷凍用保存袋に1食分ずつ(写真は150g)入れ、空気を抜くように袋の口を閉じて冷凍する。 冷凍庫で3週間程度保存可能。 ザルに入れて自然に水気を切って使う。 焼き魚や卵焼きに添えたり、しらす和え、みぞれ煮、みぞれ鍋などに。 *大根おろしを少量で使いたいなら、製氷皿で冷凍を ザルで水気を切った大根おろしを製氷皿に入れて冷凍し、凍ってから冷凍用保存袋に移すという手も。 冷凍庫で3週間程度保存可能です。 解凍方法は保存袋で冷凍した場合と同様。

次の

大根の煮物って冷凍できるの?おすすめの方法はこれ!

煮物 冷凍

大量に作った煮物を腐らせてしまったことはありませんか? 「煮物を大量に作ると、3日目には嫌そうな顔されるよね〜」 って切り出してみたら、 「里帰りの時に大量に煮物を作っておいたけど、腐って捨てられたわ〜」 「彼の家で煮物を作ったけど、彼が実家に帰ることになって腐らせたわ〜」 と、食べ切れずに腐らせてしまった話が出るわ出るわ…。 ついつい作りすぎちゃう煮物。 同じ味が続けば飽きてしまうし、腐って捨てるのはよくある話なんですね。 「解凍したら、かぼちゃが カッスカスだった!」 「なんか美味しくなくなってるのよね〜」 などなど、煮物の 冷凍保存にも失敗談が山積み。 そうなんです! 煮物の冷凍って、失敗が多いんです! 美味しいまま冷凍保存できたら、食べ飽きて腐らせることもないのに!! あなたもそう思ったことありませんか? そこで今回は、煮物を大量に作っても困らない為に 煮物を冷凍する方法を調べてみました! 保存期間:2週間〜1ヶ月 ・多少は見た目や味が落ちる ・日本かぼちゃより 西洋かぼちゃの方が冷凍向き かぼちゃの煮物を冷凍保存する時の注意点は、形や味が劣化してしまうこと。 水分が飛んで パサパサになった 温め直したら ベチャっとした ということがあるそうです。 多少の見た目は気にしない我が家では、かぼちゃの煮物を冷凍しても問題無さそうですけどね。 またパサつきが気になる場合には、 味付け無しで水煮したかぼちゃを冷凍保存する方法もあります。 解凍後につぶしてマヨネーズで和えれば、スピーディに一品完成です。 お弁当にも使えそうですね! 農家の友達が沢山かぼちゃを送ってくれるので「どうしようか?」と悩んでいましたが、これからは 新鮮なうちに水煮にして、冷凍保存します! ひじきの煮物は冷凍保存に適している? 保存期間:2週間〜1ヶ月 ・ひじきは 冷凍保存向きの食材 ・一緒に入れる具材に注意!!こんにゃくは入れない方がいい ひじきはもともと水分の少ない食材なので、冷凍してもパサパサしません。 また形も細かいので加熱で崩れる心配がなく、冷凍保存に向いています。 お弁当用の冷凍食品でも定番になっていますよね。 そんな便利なひじきですが、煮物の場合は 一緒に入れる具材に注意が必要です。 せっかくひじきが美味しいままなのですから、 他 の食材も解凍した時に形が崩れたりベチャっとしないように注意したいですね。 ごめん、もうしないよ。 冷凍する時にカップに小分けしておけば、お弁当に毎日少しずつ入れられて便利ですね! そして定番以外では、 旬の食材も大量に作ってしまいやすいですよね。 次からは余らせがちな旬の食材の例をみていきましょう! 旬の味!筍の煮物は冷凍保存できるの? 春ともなれば、旬の味「筍」がたくさん出回ります。 お裾分けもスーパーの特売も、とにかく量が多いですよね。 もともと水分が少ないので、冷凍・解凍しても形が崩れません。 筍ってば素敵! 形が崩れなければ、小分け冷凍してお弁当に入れても余り物っぽい見た目になりません。 高級感が出る気がするし、やってみたいですね! ちょっとおかずが足りない時に出したら、彼氏や旦那も喜びそうですよね。 我が家の「筍事情」ですが、いただき物でも特売品でも、 一度にたくさん調理することが比較的多いです。 そのため灰汁抜きをした所で力尽きてしまい、煮物は最後の力を振り絞って作っていました。 灰汁抜きした状態で冷凍できるのなら、今後は筍料理の登場回数が増えそうです。 保存期間:1ヶ月 ・煮汁を少し入れた状態でラップに包んで冷凍する ・大量に作った場合は小分けして冷凍するとシャキシャキとした食感が楽しめる 子ども用おかずと大人用おかずを毎回作り分けるのは面倒ですし、大人が食べたい物のストックがあると便利です。 と書きつつ、うちの旦那はふきが苦手なので夕食には出せないんですけどね(笑) 大量に作って冷凍保存して、お昼ご飯に自分だけ食べようじゃないかと今からニヤニヤしています。 次は、サツマイモの煮物を冷凍保存! サツマイモの煮物って、思ったより減らないんですよね。 子どもも好きな食材なのに。 しかも毎日続くと飽きてしまい、最後は私だけが白米を諦めてサツマイモを主食として食べる毎日…。 数日おきに出せると、家族も食べてくれそうなので助かります。 水分が染み出て他のおかずを浸してしまうので、 お弁当用カップに入れるなど汁気対策をしてくださいね。 高野豆腐を戻し過ぎた経験は、誰にでもあるんじゃないでしょうか。 自分がお腹が減ってる時に作るのがいけないのか、水分を含んだ時の量がわかっていないのか…。 「これくらい食べ切るだろう」と思った量で作るんですが、思ったより多くて「全部食べるの無理だわ…」ってなってしまいます。 冷凍保存できれば、多く戻し過ぎても安心ですね。 まとめ 冷凍保存の鉄則 忙しい主婦のための失敗しない冷凍術• 最初から一口サイズに!1回に食べる量で分けて冷凍• 自分で冷凍したものは 1ヶ月を目安に使い切る! 「カッスカス」 「味が美味しく無くなる」 という失敗は、この鉄則を守っていなかったからかもしれません。 少し気をつければ、冷凍した煮物も美味しいまま! 「手間をかけて美味しくする」というわけではないので、気軽に実践できますね。 それぞれの煮物の特徴の総まとめ この冷凍保存のコツを踏まえた上で、それぞれの煮物の特徴を振り返ってみましょう。 <かぼちゃの煮物> ・多少は見た目や味が落ちるものの、2週間~1ヶ月程度の保存が可能 ・日本かぼちゃよりも西洋かぼちゃの方が冷凍に向く <ひじきの煮物> ・2週間~1ヶ月の保存が可能で、ひじきは見た目や味が変化しにくく冷凍向き。 ・こんにゃくは変質するので、冷凍保存する時には入れない ・一緒に入れる具材も冷凍で劣化しにくいよう、切り方など注意 <筍の煮物> ・1ヶ月程度の保存が可能で、小さ目に切っておくと良い ・灰汁抜きした後、砂糖を揉みこんでから冷凍すると良い <ふきの煮物> ・1ヶ月程度の保存ができ、煮汁を少しいれた状態で冷凍する ・小分け冷凍すると、毎回シャキシャキの食感が楽しめる <サツマイモの煮物> ・1ヶ月程度の保存ができ、少しパサつくが十分食べられる ・味を濃くして煮詰めておくと良い <高野豆腐の煮物> ・1ヶ月程度の保存が可能で、解凍する時は汁気に注意する 今まで煮物を作ると旦那に「そんなに作ったの?」ていつも言われていました。 これからは「冷凍するから平気」って言えると思うと嬉しい限りです。 やっぱり 煮物って一度にたくさん作った方が美味しい気がしますもんね。 それに小分け冷凍でお弁当用に保存しておけば、忙しい朝に大助かり! 冷凍食品に頼りがちなお弁当に、健康的なバリエーションが増えます。 煮物はたっぷり作って、賢く冷凍保存しちゃえばいいんです。 今後はプラス1品、煮物が増えて食卓が更に健康的になりますね! 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

煮物の冷凍について

煮物 冷凍

大根の消費メニューとして、大根の煮物をたくさん作った場合には、どれくらい日持ちするのかが気になりますよね。 煮ものはたくさん作ったほうが美味しいので、大根の煮物を作るときには大量に作ると決めている方もいるかと思います。 そんな大根の煮物の日持ちが気になる方へ、日持ちの期間や保存方法をご紹介します。 大根の煮物の日持ち期間 大根の煮物は、作ってからどれくらいの日数日持ちするのでしょうか? 水分を多く含んでいる食材なので、あまり日持ちをするイメージはありませんよね。 水分の多いものほど、腐りやすくなってしまいます。 大根の煮物は、 大体3日ほど日持ちがするかと思います。 大根の煮物を冷蔵庫で保存した場合の日持ち期間 大根の煮物を冷蔵庫で保存した場合には、どれくらい日持ちするのでしょうか? 冷蔵庫で保存した場合には、 約3日ほどの日持ちになってきます。 大根の煮物を冷蔵庫ではなく、常温で保存することはオススメしません。 大根の煮物の日持ち期間は、大根以外の具材によっても変わる? 煮物に大根以外の具材が入っていることによって、保存の期間が変わるのでしょうか? 煮物の日持ちの期間は、具材によってというよりは 水分量であったり、味付けによって変わってきます。 なので、具材によっては変わります。 より水分量の多い食材を使用していると、腐りやすくなってしまいますので、注意して考えてみましょう。 大根の煮物を日もちさせるために!適切な保存方法 大根の煮物の適切な保存方法について紹介します。 大根の煮物は水分の多いものになりますので、 保存方法についてはきちんと考えてあげなければ、すぐに腐ってきてしまいます。 常温保存はしない まず、 常温保存はしないようにしましょう。 夏場であればすぐに腐ってしまいます。 冬場であっても、何時間も放置してしまうとどんどん腐ってきてしまいますので 常温保存は原則としてしない、という事を念頭に置いておいてくださいね。 なので、保存方法としては 冷蔵庫で保存をするか 冷凍庫で保存をするかという事になりますよね。 大根の煮物を3日ほどで食べきることが出来るのであれば よりおいしく食べ続ける事ができるのは冷蔵保存なので、 冷蔵庫での保存をするのをオススメします。 それでもたくさん作りすぎてしまって、 どうしても冷凍保存しなければならない場合もありますよね。 そんなときに、冷凍保存の方法も後でご紹介します。 密閉できる容器で保存 長期に保存する場合には、 密閉できるような容器にて保存するというのが鉄則です。 酸素に触れていることでどんどん酸化が進んでしまいますので、 腐りやすくなりますし味も落ちてしまいます。 冷蔵庫の独特の臭いがつく原因にもなりますので、しっかりと封のできる容器に保存しましょうね! タッパーのようなものに保存をした場合には、 食べる時に 直箸ではなく取り分け用の箸を使って食べるようにしましょう。 直箸を使うと、そこから細菌が繁殖してしまいますので注意してください。 大根の煮物をより長く日持ちさせるには 大根の煮物をより長く日持ちさせるために、工夫できることはあるのでしょうか? より煮物を長く日持ちさせる方法を紹介します。 味付けを濃い目にする 塩蔵という言葉もあるくらいに、 塩分が高いとより保存期間が長くなります。 漬物なんかは、特にそうですよね。 糖分が多くなっても、保存に適しています。 ジャムなどがこの理由で、長い間保存できますよね。 こまめに加熱する 大根の煮物をこまめに加熱することができれば、菌が繁殖してしまっても そのつど殺菌をすることになりますので、有効的な方法と言えます。 よく加熱して水分を飛ばす 水分が腐るポイントだと、先ほど説明しましたよね。 なので、 煮汁自体も煮飛ばしてしまって少なくしてしまう事によって保存できるようにしましょう。 大根の煮物は冷凍できる? 大根の煮物は、冷凍できるのでしょうか? 大根の煮物のように、水分の多いものは冷凍保存には向いていません。 どう向いていないかといいますと、食感がふにゃふにゃに柔らかくなってしまいますので それを嫌だと感じてしまう方が多いのです。 ですが、多少柔らかくなってしまっても大丈夫!問題ない! と感じるかたは、冷凍保存してしまっても問題ありません。 大根の煮物の冷凍方法について、ご紹介します。 しっかりと粗熱を冷ました大根の煮物を、煮汁ごと保存容器に入れて保存します。 冷凍保存はこれだけの方法です。 とても簡単ですよね。 煮汁ごとで冷凍してしまう事で、さらに味がしみますし 解凍したときに乾燥して、しぼんでしわしわになってしまうのを防ぎます。 煮汁と一緒に冷凍しないで大根のみを冷凍した場合には、 かなりしぼんでしまって美味しくないと感じる方は、多いかと思います。 解凍するときに、どんどん水分が出てしまうのです。 美味しさも流れ出てしまいます。 冷凍した大根の煮物の解凍方法は? 冷凍した大根の煮物の解凍方法について紹介します。 おすすめの解凍方法は、 煮汁ごと冷凍してある大根の煮物を そのまま鍋で解凍してしまう方法です。 レンジでチンしてしまっても良いのですが、時間がかかってしまいますし 鍋で温めたほうが味が損なわれるのを防げます。 この方法だと、あまり味が落ちる事はなく、また大根の煮物を楽しむ事ができますよ。 切り干し大根の煮物は日持ちが変わる? 大根は大根でも、切り干し大根の煮物の場合には日持ちの日数は変わってくるのでしょうか? 切り干し大根の煮物は、わりと味が濃くて水分量もさほど多くないですよね。 なので、普通の大根の煮物よりは少し長め、 冷蔵庫の保存であれば4~5日は日持ちがします。 切り干し大根の煮物は、冷凍保存することもできます。 冷凍保存をすることで、 約1か月程日持ちすることが可能となりますので、とても助かりますよね。 冷凍保存の方法としては、 小分けにして密封容器に入れて冷凍しましょう。 解凍方法は、そのまま自然解凍でも電子レンジでチンしても良いでしょう。 お弁当に少しだけ入れたい場合にも、助かりますよね。 とても便利です。 大根の煮物よりも切り干し大根の方が少し日持ちするという事と、 冷凍と解凍も簡単なので扱いやすいという点が違うかと思います。 大根の煮物の日持ち期間や保存方法は?まとめ 大根の煮物は、とても美味しいですよね。 箸が止まりません。 美味しい状態で少しでも長く食べる事の出来るように、工夫していきましょう!.

次の