給湯 器 つか ない。 給湯器の液晶がつかない! 原因や対処方法を解説!

これって給湯器の故障?原因と対策

給湯 器 つか ない

給湯器の寿命は一般的に10年~15年程度といわれています。 永年給湯器をお使いになっていると音がうるさくなったり、機器内部から水漏れが発生したり、臭いがしてくることもあります。 このような症状が出てきたら交換のサインと思っても良いかと思います。 ここでは、給湯器・風呂釜に比較的よくある症状とガス給湯器の故障原因を大きく「お湯も水も出ない」「お湯にならない」「温度が安定しない」「煙が出たり、においがする」「異音がする」「その他」の6つに分類してご案内します。 給湯器の水漏れ・異臭・騒音などのトラブルに現在悩まされている方は一度こちらをご覧になって下さい。 給湯器・風呂釜の寿命を延ばし永く使っていくためには、定期的なお手入れ・メンテナンスを行うことをお勧めします。 給湯器・湯沸かし器のよくある故障の症状 給湯器に関する様々な症状についてお答えします。 音・におい・水漏れ・サビ・・・• お湯も水も出ない 給湯器 ガス給湯器 、湯沸かし器 ガス瞬間湯沸かし器 からお湯・水が出ないといったトラブルがある方はこちらをご参照ください。 1ヶ所のみ出ない場合。 水栓の不具合が考えられますので、水栓の交換もしくは修理が必要になるかと思います。 また、配管の不具合やバルブの故障、一部配管の凍結なども考えられます。 複数箇所のお湯または水が出ない場合。 原因としては、下記のようなことが考えられます。 ・断水している。 ・給水バルブが閉まっている。 ・給水配管が凍結している。 ・リモコンのスイッチが入っていない。 原因によって対処方法が変わってきます。 給水配管が凍結している場合は、配管にお湯をかける等して、配管内の凍結が解消されれば、お湯が出てくるかと思います。 熱いお湯が出ない、またはお湯がぬるい(一部の水栓のみの場合) 水栓金具の不具合かと思われますので、水栓金具の修理もしくは交換が必要です。 熱いお湯が出ない、またはお湯がぬるい(すべての水栓で同様な場合) 何らかの給湯器の不具合かと思われますので、給湯器の修理もしくは交換が必要です。 お湯にならない 給湯器、湯沸かし器の電源が入らない、燃焼しない 燃焼ランプがつかない 、点火しない、水がぬるいまま、水がお湯にならないといったトラブルがある方はこちらをご参照ください。 お湯にならない。 ・ガスメーターが遮断している。 ・ガス栓が閉まっている。 ・ガス切れ(プロパンガスの場合)。 お湯にならない。 (少量の水は出る)また、リモコンの燃焼ランプが点かない。 原因としては、下記のようなことが考えられます。 ・給水フィルターが詰まっている。 ・給水バルブや給水栓が充分に開いていない。 ・水栓金具の不具合。 熱いお湯が出ない、またはお湯がぬるい(一部の水栓のみの場合) 水栓金具の不具合かと思われますので、水栓金具の修理もしくは交換が必要です。 熱いお湯が出ない、またはお湯がぬるい(すべての水栓で同様な場合) 何らかの給湯器の不具合かと思われますので、給湯器の修理もしくは交換が必要です。 温度が安定しない 給湯器の水の温度が熱すぎたり冷たくなったりと安定しないトラブルがある方はこちらをご参照ください。 温度が安定しない。 (1ヶ所の水栓のみの場合) 水栓金具の不具合かと思われますので、水栓金具の修理もしくは交換が必要です。 温度が安定しない。 (すべての水栓で同様な場合) 何らかの給湯器の不具合かと思われますので、給湯器の修理もしくは交換が必要です。 なお、リンナイ製で「ゆらぎのシャワー機能」をお使いの場合は、温度が上がったり下がったりします(異常ではありません)。 設定温度の変更が出来ない。 優先切り替えの出来るリモコンの場合、操作しているリモコンが優先になっていない場合は、設定温度の変更が出来ません。 また、2004年以前に製造された機種の場合、ふろ設定温度のお湯が出る機種もあります。 煙が出たり、においがする 給湯器、湯沸かし器から使用中に煙が出る、ガス臭い等の異臭が発生する、追い炊きの臭いが気になる、といったトラブルがある方はこちらをご参照ください。 黒煙が出ている。 不完全燃焼を起こしていますので、早急に修理か機器の交換が必要になります。 また、熱効率も落ちています。 そのままお使いになるのは危険ですのでご使用されないようにしてください。 排気口や排気トップから白煙が出ている。 冬に吐く息が白いように、排気ガスの中の水蒸気が白く見えます。 恐らく異常では無いかと思いますが、状況によっては点検をした方が良いかもしれません。 給湯器を設置して間もないのに臭いがする場合。 給湯器の組み立て時に使用する機械油が、燃焼時に混ざって異臭を発生させる場合があります。 (異常ではありません。 ) 酸っぱいにおいがする。 また、排気口に顔を近づけると目がチカチカする 給湯器の不具合が考えられます。 早急に修理か機器の交換が必要になります。 そのままお使いになるのは危険ですのでご使用しないようにしてください。 ガスくさい。 プロパンガス(LPガス)をご使用の場合、ガスの残量が少なくなっている際ににおい成分が臭って、ガスくさくなる場合があります。 この場合は異常ではありませんが、ご心配な場合は、ガス供給会社にご連絡ください。 また、機器との接続部や、機器内でガス漏洩している可能性もありますので、念のため点検をしてください。 異音がする 給湯器、湯沸かし器からモーター音、騒音等の異音がすという状態の方はこちらをご参照ください。 ホラ貝のような音、ピーという笛のような音がする。 空気とガスのバランスが崩れている場合や、ファンモーターという部品の不具合が考えられますので、修理もしくは機器の交換が必要になります。 運転を中止しても、しばらくの間、ファンの回転音(ブーン)がする。 また、運転スイッチを入切したり、給湯栓を開閉した後、しばらくするとモーターが動く音(クックックー)がする。 再使用時の点火をより早くするため、また、再使用時にお湯の温度を早く安定させるために機器が作動していますので、異常ではありません。 通常、3~5分程度で止まります。 ポンプの回転音(ウーン)がする。 追焚操作終了後、お湯を混ぜるためにポンプがしばらく作動することがあります。 また、ふろ予約時、予約時刻の前に残り湯のチェックのためにポンプが作動します。 また、気温が下がると、凍結予防のためにポンプが作動します。 いずれも異常ではありません。 壁伝いに振動音がする。 給湯器の振動が壁に伝わっているものと思われます。 この症状を軽減するためには、防振金具の使用やパッキンの設置等の方法があります。 風呂釜などで釜鳴り(ボコンボコン音)がする。 循環パイプの勾配が不適切な場合にこのような音がする場合があります。 配管から(キーン)という共鳴音がする。 また、水栓金具を締めた時に配管内でキーンやゴーンといった共鳴音がする。 ウォーターハンマー現象が起きているものと思われます。 チャッキ弁等の配管内の圧力を低減する装置を組み入れることによって、症状が緩和される場合があります。 燃焼ガスには水分を含んでおり、この水分が冷たい水の入った熱交換器に触れて結露水が発生し、この結露水が炎により高温になっている遮熱板に落下した時に蒸発音が出ます。 (異常ではありません。 ) ピー・ピヨピヨという音がする。 電源が入っている状態であれば、かすかにピー・ピヨピヨといった音がしますので、異常ではありません。 点火する時に、変な音が聞こえた後ボンと小さな爆発音が頻繁に起き、部屋がガス臭い状態になる。 お使いの給湯器が不完全燃焼を起こした際にみられる現象の可能性があります。 ガス漏れの可能性もありますので修理もしくは機器の交換が必要になります。 その他 上記以外の症状、給湯器が水漏れを起こす、お風呂の追い焚きが出来ない 火がつかない 、自動湯はりがうまく作動しない等のトラブルがある方はこちらをご参照ください。 台所でお湯を出すと、浴槽の循環金具からお湯(水)が出てくることがある。 給湯でお湯を使用すると、機器内の水が膨張して過圧防止安全装置がはたらくために起きる現象で、異常ではありません。 お湯を使用すると、機器内にたまっている水が熱で膨張して、追焚配管内に残っている水が押し出されてこのような現象が起きます。 自動湯はり中に途中で止まる。 自動湯はり機能付の機器は、浴槽内にお湯が残っているかどうかを確認してから、お湯はりをします。 そのため、最初に少しお湯を出して浴槽内にお湯があるかどうかを確認してから、お湯はりを始めますので、途中で止まるのは故障ではありません。 また、自動湯はり中に台所や洗面所などの他の水栓でお湯を使った場合は、湯はり運転を一時中断します。 お湯を使うのをやめると湯はり運転が再開します。 お湯が白く濁る。 白く濁るのは、お湯の中に小さな気泡(空気)が混じっているからです。 水に溶けている空気が加熱され圧力が上がり、水栓出口で急に減圧されることにより、元の気体に戻り、細かい泡状となり白濁状態に見えます。 体に対しては問題はありません。 青い水やお湯が出る。 お湯に銅イオンが溶解して排出されることが原因かと思われます。 健康に害はありませんが、症状がひどいようであれば、水道業者にご相談ください。 なお、浴槽や洗面台に着色した場合は、まめに洗剤とスポンジで清掃するようにしてください。 なお、浴槽のお湯が青く見える場合、浴槽の色彩と光線の反射で、特にアイボリー系の浴槽は視覚的に青く見えることがあります。 追焚をしても設定温度にならない。 (ふろの上下で温度差がある場合) 原因としては、循環金具のフィルターがつまっていることが考えられます。 フィルターを清掃することによって、解消されるかと思います。 追焚をしても設定温度にならない。 (いつもより早く湧き上がる場合) 循環金具のフィルターがはまっていないことが考えられます。 正しくフィルターを取り付けてください。 追焚をしても設定温度にならない。 (循環金具のフィルターが詰まっていない場合) 旧型の循環金具の可能性があります。 以前に採用されておりました循環金具は、現在の循環金具に比べて内部抵抗が大きい場合があり、うまくお湯が攪拌されず、設定温度まで沸き上がらない温度調節不良の不具合が起こる可能性があります。 この場合は、循環金具を交換すれば解消するかと思います。 なお、循環金具の交換が出来ない場合は、追焚をしている最中にお湯を攪拌すれば解消されるかと思います。 また、給湯器内部のポンプ等の部品の不具合も考えられます。 自動湯はりをする際に設定した湯量にならない。 フルオートタイプの機器の場合は、機器に記憶されている水位に異常がある場合があります。 この場合は、一度水位をリセットしてみてください。 それでも解消されない場合は、機器の不具合が考えられますので、機器の修理もしくは交換が必要になります。 オートタイプの機器の場合は、若干バラツキが出ます。 特に残り湯がある状態で自動湯はりをしますと、設定湯量より多くお湯はりされます。 白や黒の湯垢が良く出る。 硫黄を含む入浴剤の使用、または入浴剤の成分によっては、追焚中に黒く変色するものがあり、湯垢として循環口より排出される場合があります。 入浴剤のご使用をやめてください。 排気口のまわりが錆びる。 給湯器の排気には水分が含まれますので、排気口の周囲は錆びやすくなります。 なお、エコジョーズタイプの機器は、商品の性質上、排気温度が低いため排気が上に上昇しづらく滞留しやすいという特性があります。 そのため、排気口近くに金属製の扉や壁、フェンスなどがある場合は、変色やサビを防ぐために排気方向を変更する部材を設置した方が良い場合があります。 給湯器の中から水漏れしている。 機器内部の缶体もしくは配管接続部からの水漏れが考えられます。 機器の修理もしくは交換が必要になります。 おふろを使用していないのに浴槽の風呂循環アダプターからお湯が出る。 お湯を使うと機器内があたためられて、配管に残っている水が風呂循環アダプターから出ることがあります。 その場合は故障ではありません。 凍結防止のためにふろ用の循環ポンプが運転した場合に、ふろ給湯機器本体内の残水が吐出されます。 (自動ふろ配管クリーン機能付きの給湯機器の場合)自動ふろ配管クリーンがはたらくと、循環アダプターからお湯が出てきますのでその場合は故障ではありません。 以前よりシャワーの水圧が弱い・水の出が悪い。 台所や浴槽の水圧は特に弱くなっていないのでしたら、シャワーに内蔵されておりますストレーナーに水垢やゴミが詰まっている可能性がありますので一度お掃除してみて下さい。 また給湯全体の湯量が少ないようであれば給湯器の給水側にあるストレーナを清掃してみてください。 上記のトラブルや上記にないことでお困りの方、マンションの給湯器設置場所によってどの機器が適しているのか、リンナイ(RINNAI)・ノーリツ NORITZ ・パロマ(PALOMA)・パーパス(PURPOSE)等各メーカーごとの給湯器の取り付けや工事など、どんなご相談でもお受けしますのでお気軽にご連絡下さい。 給湯器の修理・取り付け・交換・工事のご相談は湯ドクターまで。 湯ドクターは、一般財団法人 日本電子商取引事業振興財団(JFEC)の会員です。 (財団認証企業コード105014)湯ドクターは、電子商取引を広く普及し、お客様が安心してご利用いただけるための適切な取引を行っている優良な事業者として、同財団法人のオンラインマークを取得しています。 このウェブサイトは、日本ジオトラストSSLサーバ認証書を取得して、個人情報を保護しています。 httpsで始まるアドレス上ではすべての情報がSSLで暗号化されてから送受信されます。 湯ドクターは、経済産業省が主催する中小企業IT経営力大賞2010において、IT経営の実践内容が企業内最適化を図っているなど、一定水準以上と認められ「IT経営実践認定企業」として認定されました。

次の

「給湯器の燃焼ランプがつかない場合にまず確認すべきこと」を給湯器修理のプロが徹底解説

給湯 器 つか ない

給湯器の電源が入らなくて困っていませんか? 給湯機は毎日使用するものになりますので、急に電源が入らなくなったら困りますよね。 給湯器の電源が入らない場合は、リモコンに問題がある場合や給湯器本体に問題がある場合など原因はさまざまです。 しかし、業者に修理を依頼する前に、自分でチェックし対処を行うことで改善できる場合もあります。 そこで今回は、給湯器の電源が入らない場合、リモコン・液晶パネル、給湯器本体のどちらに原因があるのかの対処法についてご紹介します。 給湯器の電源が入らないときの対処法 給湯器の電源が入らない場合、大きく分けると3つのパターンにわけることができます。 ・給湯器のリモコンの電源が入らない• ・給湯器の液晶パネルがつかない• ・給湯器本体の電源が入らない それぞれ電源が入らない原因や、対処法が異なりますのでご紹介します。 リモコンの電源が入らない場合の対処法 まずは、リモコンの電源が入らない場合の原因や対処法についてご紹介します。 リモコンの電源が入らない1. リモコンがOFFになっている 意外に多いのがリモコンの電源がOFFになっていたというケースです。 夜間などお湯を使用しない時間帯に、家族の誰かが一時的に電源をOFFにしていたなどが原因として考えられます。 リモコンの電源が入らない2. 電源コンセントが抜けている 給湯器の電源コンセントが抜けているとリモコンの電源が入りません。 給湯器本体の電源コンセントは、屋外に設置されていることが多いです。 何かの拍子で抜けてしまったり、イタズラで抜かれてしまっていたりする場合があります。 リモコンの電源が入らない3. ブレーカーが落ちている 過電流や漏電などが原因でブレーカーが落ちてしまうと、給湯器の電源が入らなくなります。 ブレーカーが落ちていないか確認してみましょう。 ブレーカーは室内に設置されていることが多いです。 リモコンの電源が入らない4. 落雷の影響 落雷の影響で給湯器の安全装置が働いて、電源が入らなくなることがあります。 この場合は、電源コンセントを抜き差しすることで改善する場合があります。 ただし、落雷が原因で給湯器の部品が損傷してしまうと、業者に修理を依頼する必要があります。 リモコンの電源が入らない5. リモコン本体や配線不具合 経年劣化によるリモコン本体の基盤の故障や、配線異常が原因で電源が入らない場合があります。 リモコンが2つ以上ある場合は、他のリモコンの状況を確認してみましょう。 もう片方が正常に動作している場合は、リモコン単体もしくは配線の不具合の可能性が高くなります。 リモコンの液晶パネルがつかない場合の対処法 続いてはリモコンの運転ランプはついているが、液晶パネルが付かない状態についてご紹介します。 リモコンの液晶パネルがつかない1. 節電モード 節電モードとは、お湯がしばらく使われていない状態になると、リモコンの消費電力を抑えるために液晶パネルの表示が自動でOFFになる機能です。 リモコンスイッチを押すか、お湯を出すことで節電モードが解除されて液晶が表示されます。 リモコンの液晶パネルがつかない2. 他のリモコンの液晶を確認 リモコンが2つ以上ある場合、他のリモコンの状態を確認してみましょう。 他のリモコンの液晶がついていて、片方のリモコンが消えている状態の場合は、リモコンもしくは配線の不具合が高く修理が必要になります。 リモコンの液晶パネルがつかない3. お湯は出ているが液晶はつかない お湯が出ている状態にもかかわらず、液晶が消えたままの場合は不具合の可能性が高くなります。 業者に依頼して、修理もしくは交換が必要になります。 給湯器本体の電源が入らない場合の対処法 続いては、給湯器反対の電源が入らない場合の原因や対処法についてご紹介します。 給湯器の電源が入らないと燃焼が行われないため、お湯が出ない状態になってしまいます。 給湯器本体の電源が入らない1. エラーコードが出ている リモコンにエラーコードが表示されていると、給湯器の電源が入らない状態になります。 対処法としては、一度リモコンの運転スイッチを切ってから入れなおすと解消する場合があります。 再度、エラーコードが出る場合は、給湯器の取扱説明書に記載されているエラーコードに応じた対処が必要になります。 給湯器本体の電源が入らない2. ガスの供給が停止している 大きな地震を感知したり、一定の時間以上にガスが流れ続けた場合などの異常を検知するとガスの供給が停止されます。 ガスメーターを確認して、表示ランプが赤く点滅していないか確認しましょう。 ガスメーターの復帰方法 ガスメーターの復帰は以下の操作で行うことができます。 【ガスメーターの復帰方法】• すべてのガス機器の使用を中止します• ガスメーターの復帰ボタンのキャップを左に回して外します• 復帰ボタンをしっかり奥まで押し込み、ゆっくり手を離します• 赤ランプが点灯した後、再度点滅がはじまりますので3分程待ちます• 赤ランプの点滅が消えるとガスが使えるようになるので、キャップを元に戻して完了 給湯器本体の電源が入らない3. ガス栓が閉まっている ガスメーターとは別に、給湯器の本体の下にもガスの元栓があります。 この元栓が閉まっていると給湯機は燃焼しません。 給湯器本体の電源が入らない4. 給水バルブが閉まっている 給湯器本体の下の給水バルブが閉まっていると、水が流れず給湯機は燃焼しません。 新築物件や給湯器交換後に、ガス栓や給水バルブが閉まっているケースがあります。 他にはイタズラで閉められているケースもあります。 給湯器本体の電源が入らない5. 水圧不足 給湯器の種類ごとに、点火するために必要な水の量が決まっています。 お湯の蛇口の流量をしぼることで水圧が低下したり、水の量が少ないために点火しない場合があります。 蛇口を全開にして、点火するかどうか確認してみましょう。 給湯器本体の電源が入らない6. 凍結 冬場の寒い時期に配管内部で水が凍ってしまうと、水の流れを検知できず給湯機は作動しません。 配管の凍結の場合は、自然に解凍するのを待つのが基本です。 給湯器本体の電源が入らない7. 給湯器本体の部品故障 給湯器の電装基盤などの部品が故障している場合、給湯器が動作しない状態になります。 この場合は、業者に点検を依頼し給湯器の修理、もしくは交換が必要となります。 給湯器の電源が入らないときの対処法まとめ 今回は、給湯器の電源が入らない場合、リモコン・液晶パネル、給湯器本体のどちらに原因があるのかの対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 給湯器の電源が入らない場合、リモコン・液晶パネルが原因か、給湯器本体が原因かによって確認する内容が異なります。 適切な対処を行えば改善する場合がありますので、落ち着いて確認しましょう。 ただし、本体や部品の故障・不具合の場合は、修理や交換が必要になりますので、専門の業者に依頼しましょう。 生活救急車では給湯器の修理・交換作業を承っております。 お困りの際はお気軽にご相談ください。 まずは、現地にてご相談・お見積りから承っております。

次の

給湯器の電源が入らない・リモコンの電源や液晶がつかない原因と直し方

給湯 器 つか ない

Contents• 給湯器の電源が入っているか まず確認すべきは 「給湯器の電源が入っているかどうか」です。 電源が入っていなければ、燃焼ランプが付くこともありません。 「馬鹿にしないでくれ」と思うかもしれませんが、意外と「電源が入っていないかったことに気付かなかった」というケースも少なくないんですよ。 これまで見てきたケースだと「外設置のお家で宙に浮いた状態のコンセントの上に雪が落ち、その勢いでコンセントプラグが抜けていた」ということもありましたし、 落雷があったので気になった家族の一員がコンセントプラグを抜いていたということもありました。 給湯器の電源は入るのかどうか、もし入らないならコンセントプラグが差さっているのかどうかを確認するのは初歩的なことなので、絶対に確認するようにしてください。 実際にお湯が出るかどうか あまり見ないパターンですが「燃焼ランプが付かないだけで、実際には給湯器が動いている」というパターンも存在します。 この場合、実際にお湯が出るのであれば 表示部分 燃焼ランプ のみの不具合です。 あまり見ないパターンですが、無いことは無いという感じで、この場合であれば無理に修理する必要もないでしょう。 この場合であれば、もし「台所リモコンの燃焼ランプが付かない」という場合なら、 お風呂リモコンの燃焼ランプを確認してみるというのも1つの手段です 追い炊き機能付きで、お風呂にもリモコンが設置されている場合に限る。 エラー番号が出るかどうか あとはお湯の蛇口を開けっ放しにしてもお湯が出てこないという場合に、 エラー番号が出るかどうかも大きな指標の1つです。 前項で紹介した「表示ランプの問題だけで、機械には何ら影響がない」という場合は、エラーが出ないことが大多数ですし、ここでエラーが確認できるということは、大なり小なり何かしらの不具合が生じているということになります。 ちなみにエラーを出すタイミングは機種によって違いますが、一部のガス給湯器だと7回とか8回リトライしても火が付かなかったときにエラーを出すというものもあるので、 1分間くらい蛇口を開けた状態にして確認する必要があります。 もし点火不具合系のエラーが出るようであれば、燃料の確認をしましょう。 参考 エラーが出た場合は… もし何かしらのエラーが出た場合は、取扱説明書でそのエラーを確認しましょう。 もし燃料不足など 「お客さんで対応可能なエラーの場合」は、何をチェックすればいいかまでしっかりと書かれています。 もしエラー番号が記載されていない場合は、残念ながらお客さんの方でどうにかできるエラー番号ではない可能性が高いので、そういう場合は修理依頼をするといいです。 よくお客さんから 「何で載ってない番号があるの?」と聞かれることがありますが、それは載せたからといってお客さんにどうにかできる問題じゃないからで、そういうのを細かく載せてたら説明書が分厚くなって読む気が無くなってしまうということを考えての結果だと私は思っています。 エラーが出ない場合は… ずっと蛇口を開けていてもエラーが出ず、給湯器本体を確認してもうんともすんとも言わないという場合、多くの場合は 「水量センサ」と呼ばれる水流を検知する部品に不具合が出ていて、給湯器が 「蛇口を開けている お湯を使おうとしている ということを認識できていない」という可能性があります。 給湯器は、お客さんが蛇口を開けたと気付いて初めて燃焼動作に入るのですが、それに気付くためのセンサーが壊れていて、蛇口を開けていると認識できていない場合は、エラーも出さず、燃焼ランプが付くこともありません。 もちろん基盤が悪い可能性もありますが、基盤が悪ければ多くの場合はリモコンの電源すら入らないことが多く、蛇口を開けたタイミングで基盤のエラーを出すことも多いので、ちょっと考えにくいですね 絶対に無いとは言えませんが。 もし節水のためにバルブを絞っているというような場合は、水量を多くして試してみてください 給湯器は一定の水量がないと燃焼動作に入らないため。 まとめ.

次の