カルロス バルデラマ。 カルロス・バルデラマ

【フッティスタ使用感評価A】カルロス・バルデラマ(WCCF 16

カルロス バルデラマ

58 ホーム平均評価点 3. 1379 アウェイ平均評価点 2. 9813 まさにライオンの鬣のような金髪のアフロヘアーという特異な風貌と、それ以上に印象的な正確 で創造力に富むパスワークで一躍世界にその存在を知らしめた。 世界大会で代表出場試合数も111を越え、コロンビアでは最多となり、実績でも実力でも、コロン ビアが生んだスターと言える 年齢 出場 評価 スピ テク パワ スタ ラフ 個性 PK FK CK CP 交換 知性 感性 個人 組織 27歳 259223 3. 08 1 10 1 1 9 8 4 9 9 9 B 0 3 0 0 28歳 309156 3. 16 1 10 1 1 9 8 4 9 9 9 B 0 3 0 0 29歳 276320 3. 12 1 10 1 1 9 8 4 9 9 9 A 0 3 0 0 30歳 229728 3. 09 1 10 1 1 9 8 4 9 9 9 A 0 3 0 0 31歳 156064 3. 04 1 9 1 1 9 8 4 9 9 9 B 0 3 0 0 32歳 114638 3. 00 1 9 1 1 9 8 4 9 9 9 B 0 3 0 0 33歳 84292 2. 94 1 9 1 1 9 8 4 9 9 9 B 0 3 0 0 34歳 59012 2. 89 1 9 1 1 9 8 4 9 9 9 B 0 3 0 0 35歳 17402 2. 43 1 7 1 1 9 8 4 9 9 9 B 0 3 0 0 36歳 6810 2. 15 1 5 1 1 9 8 4 9 9 9 B 0 3 0 0 シーズン別成績.

次の

カルロス・バルデラマ(Carlos Valderrama)

カルロス バルデラマ

プレースタイル スピードや運動量は無いが、蟹股のインサイドキックから必殺のスルーパスを繰り出す、古典的な司令塔タイプの MF。 金髪のアフロヘアという特異な風貌から類稀な存在感を放ち、絶大な人気を誇る。 コロンビアサッカーの象徴的存在。 得意のスルーパスから PSGのオウンゴールを生むなど活躍。 母国コロンビアのナシオナルとの対戦に両雄登場。 バルデラマ、マルチン・バスケス VSマクブライド、フリーデル( GK)。 バルデラマ不出場。 ブルース・アリーナ監督指揮。 点の取り合いとなり、バルデラマ2年連続の活躍 MVP。 イースタンは、エチェベリ(10番)、バルデラマ(8番)、 ドナドーニ(7番)の豪華中盤に、 DF ララス、 GKゼンガ出場。 バルデラマ出場。 バルデラマ、マイアミ・フュージョン初ゲーム。 マルコ・エチェベリ VSカルロス・バルデラマ、南米を代表する10番対決。 バルデラマ活躍大会での両雄対決。 コロンビアが南米の強豪国として認知され、バルデラマは同年の南米最優秀選手に輝いた。 チラベルト VSバルデラマ、イギータ。 イギータ、ドリブルでボールを奪われ敗北。 バルデラマ率いるコロンビア代表 VSサビチェビッチ、ボバン。 WC では実現しなかった夢の対決。 優勝候補と言われたコロンビア、この敗戦でグループリーグ敗退決定。 ドゥンガ直接 FK。 ジーコ5度のスルーパス。 ストイコビッチもドリブルやチャンスメイクを見せ活躍。

次の

コロンビア代表はどれだけ強いのか?【サッカー】

カルロス バルデラマ

国内リーグ戦に限る。 ( ) 経歴 クラブ で1985-86シーズン、1986-87シーズンと2連覇を果たす。 その後、コロンビア国内のクラブを渡り歩き、1988年にフランスのに入団した。 ここで3シーズンを過ごし、スペインリーグのに移籍したが、欧州サッカーにいまひとつ馴染めず、国内リーグに戻った。 1995年にはでベスト4進出。 準決勝においてを擁する(アルゼンチン)と対戦し、PK戦までもつれた末に敗退した。 晩年はアメリカ合衆国のクラブで過ごし、では1996-97シーズンに東カンファレンスでリーグ制覇し、年間最優秀選手を獲得した。 2003年に現役を引退。 日本の治安の良さに興味を持ち、に移籍するのではないかという話があったが、実現しなかった。 代表 ではので、を破り、C組1位で準決勝に進出。 準決勝ではに敗れたが、3位決定戦でを擁するに勝利した。 その活躍が評価されて同年のを受賞した。 以後、(以下W杯)では中心選手(いずれも主将で背番号10)として活躍し、コロンビアを、、出場へと導いた。 1993年アメリカW杯南米予選最終戦では、アルゼンチンを5対0と歴史的大差で下しW杯本大会出場を決めた。 バルデラマは同年、2度目の南米年間最優秀選手賞を獲得している。 彼のW杯のハイライトは1990年イタリア大会の1次リーグである。 戦で自身初ゴールをあげ2-0とW杯初勝利する。 2戦目のを0-1と落とし、最終戦に引き分け以上でなければ1次リーグ敗退が決まるコロンビアは、やを擁すると対戦する。 試合終了間際の88分に西ドイツののゴールが決まり、コロンビアの1次リーグ敗退が濃厚となった。 しかし、直後の90分にバルデラマからへスルーパスが通り、リンコンはゴールキーパーのの股を抜く同点ゴールが決めた。 この得点により決勝トーナメント進出を決めた。 対戦した西ドイツ主将マテウスは「彼のパスはシルクの糸のようだった」と評した。 、 誌ので78位に選出された。 、『』ではコロンビアから唯一選定された。

次の