あさ がく 2021。 あさがくナビ2021登録会員対象「就職活動意識調査」レポート 2020年4月版|新卒・第二新卒採用サービス 学情

あさがくナビ2021登録会員対象「就職活動開始前意識調査」レポート 2019年8月版|新卒・第二新卒採用サービス 学情

あさ がく 2021

今後、どのようなセミナーに参加したいですか? 複数選択可 「面接受験社数」は、5社以下の回答が64. 6%と昨年同時期を18. 5pt上回った。 6社以上の回答が軒並み前年割れをしており、4月下旬までの面接機会が大幅に減っていると言える。 セミナー未参加の学生は4. 5%のみとなり、大半の学生がセミナーに参加していることがわかる。 また、セミナー参加者のうち、73. 9%が「1~10社」、19. 3%が「11~20社」Webセミナーに参加したと回答。 Webセミナーの参加数は全セミナー参加数と比較してやや少なく、リアルなセミナーに参加した学生も一定数いるようだ。 どのようなセミナーに今後参加したいか質問したところ、「職種別の説明が詳細に聞ける」が最多となり、次いで「業界について詳しい説明が聞ける」となった。 また、「Webでセミナーに参加できる」という回答が36. 3%となり、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、外出を嫌って、Webで参加できるセミナーを希望する学生もいる。 就職活動を行っていく上で、どのような企業を志望されていますか? 複数選択可 学生が最も知りたい情報は「仕事内容について具体的に」で73. 「社風、社内の雰囲気」 「面接での質問内容について」がそれに続いた。 昨年と同じく、具体的な仕事内容や働く環境とともに選考に関する情報も求めている傾向がある。 志望する条件については「安定していそうな企業」「休日・休暇がしっかり取れる企業」が2020年卒学生への調査と変わらず、1位、2位に。 安定志向でプライベートを重視する傾向にある。 ただ、昨年と比較し、「転勤のない企業」が 6. 3pt減少し、 「社会貢献性の高い企業」が4. 0pt増加、 「海外で活躍出来る機会のある企業」が3. 8pt増加。 「転勤をいとわず海外にも出ていきたい」、「社会に貢献したい」という学生が増えているようだ。 インターンシップ先の企業を選ぶ基準は「志望業界であること」がトップ。 また、インターンシップに参加して良かった点としては、約7割 69. 4% の学生が「参加企業の業界・職種への理解が深まった」を選んでおり、志望業界への理解・就職を意識して参加し、目的を果たして満足している学生が多いことが伺える。 インターンシップ参加企業から参加者に対して、「選考やセミナーの案内」が多くあり、8割 80. 7% の学生が選考やセミナーに参加しているようだ。 インターンシップに参加していない理由は、 「スケジュールが合わなかった」が昨年から20. 9pt増え、42. 6%で最多。 逆に「インターンシップの内容に魅力を感じなかった」が昨年から34. 2pt減り、21. 7%という結果となった。 内定 内々定 を得た企業に、応募したいと思ったのはいつ頃ですか? 単一回答 内定 内々定 の獲得について、「自信がない あまり自信がない+全く自信がない 」を選んだ学生が50. 0%と、昨年より回答割合が増加。 説明会や選考などの採用活動が中止や延期なるなど、新型コロナウイルスの影響が表れているようだ。 内定 内々定 獲得希望時期については、45. 1%の学生が「6月末まで」としており、昨年同様に6月の選考解禁に合わせ、活動を終えたいと考えていることが伺える。 また、「1社以上」既に獲得している学生は昨年とほぼ同割合おり、選考解禁前に企業の内定 内々定 出しが行われているようだ。 8割を超える 87. 7% 学生が内定 内々定 企業を「2月以前」に応募したいと思ったと回答しており、インターンシップ時期の出会いが内定 内々定 につながっているようだ。

次の

兼工業株式会社の採用情報|あさがくナビ2021

あさ がく 2021

新卒向け就職情報サイト「あさがくナビ」ユーザーへのアンケートを実施しました。 株式会社学情(本社:東京都中央区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、2021年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施しました。 内定獲得について「自信がない」と回答した学生が半数を占め、新型コロナウイルスの影響で、就職活動を不安視する学生が増加していることが分かります。 面接受験社数も減少傾向にありました。 【TOPICS】 (1) 内定獲得について「自信がない」という回答が半数を占める。 (2) 面接受験社数は減少傾向。 一方、セミナー参加社数は増加傾向。 (3) 安定志向は堅調なものの「転勤をいとわない」「社会に貢献したい」という学生が増加。 [画像1: ] (1) 内定獲得について「自信がない」という回答が半数を占める。 「内定(内々定)獲得の自信」の程度を聞く設問では、「自信がない」(18. 3%)と「あまり自信がない」(31. 7%)の回答が半数を占め、昨年同時期に実施した2020卒の調査と比較すると、5. 4ポイント増加しました。 新型コロナウイルスの影響で、景気の先行き不透明感や、説明会や選考が例年と同じようには実施されていないことを受け、就職活動を不安視する学生が増加していると推察されます。 (2)面接受験社数は減少傾向。 一方、セミナー参加社数は増加傾向。 面接受験社数は、調査を実施した4月下旬時点で「0~5社」の回答が最も多く、昨年同時期比18. 5ポイント増加しました。 「6社以上の面接に参加した」という回答が減少しており、面接受験社数が減少していることが分かります。 一方、現在までのセミナー参加社数(対面でのセミナーだけでなく、オンラインで参加するWebセミナー含む)は、「1~10社」と「11社~20社」の回答が、昨対同時期比7. 3ポイント減少。 「21社以上参加した」という人が増加しました。 今年は、時間と場所を選ばずにオンラインで視聴できるWebセミナーの参加が増えたことや、緊急事態宣言の影響を受け面接などの選考を一時中断した企業も一定数あったことから、セミナー参加に時間を割く学生が増加したと考えられます。 [画像2: ] [画像3: ] (3)安定志向は堅調なものの「転勤をいとわない」「社会に貢献したい」という学生が増加。 就職活動時の企業選びのポイントは「安定している企業」「休日・休暇がしっかり取れる企業」がトップとなり、「安定志向」や「プライベート重視な志向性」は堅調であることが分かります。 一方、「転勤のない企業」が5ポイント以上減少し、「海外で活躍出来る機会のある企業」や「社会貢献性の高い企業」が増加に転じました。 「転勤をいとわず海外での活躍も視野に入れる学生」「社会貢献性の高い仕事を希望する学生」が増えていることが分かります。 景気の先行き不透明感から、内定獲得のためには「転勤のある求人」も選択肢に入れる学生が微増し、海外でも通用する語学力やビジネススキルを身に着けたいと考える学生が増加していると推察されます。 新卒学生の3割が3年以内に離職するともいわれるなか、「あさがくナビ」は学生と企業のマッチングを促進するサイトとして構成しています。 「あさがくナビ2021」(2021年3月卒業者対象)からは、グローバルスタンダードな職種別採用機能を実装するなど、マッチング精度のさらなる向上に取り組んでまいりました。 また、朝日新聞のその日の記事から社会や業界に関してのトピックスを就活目線でわかりやすく解説した「今日の朝刊」など、単なる就活ノウハウの提供ではなく、社会や世の中を知るためのコンテンツを提供しています。 法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資。 15年以上前から、「20代通年採用」を提唱。 会員数40万名以上の、【業界初】通年採用対応型 新卒採用サイト「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」や、会員数120万名以上の「20代専門転職サイトNo. 1の〈Re就活〉」を軸に、業界で唯一20代の採用をトータルにサポートする大手総合就職・転職情報会社です。 また1984年に日本で初めて「合同企業セミナー〈就職博〉」を開催して以降、合同企業セミナーのトップランナーとして、年間延べ来場学生20万名以上の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、20代動員数No. 1の「20代・30代対象の合同企業セミナー〈転職博〉」を運営。 2019年には外国人材の就職・採用支援サービス「Japan Jobs」を立ち上げるなど、若手人材の採用に関する多様なサービスを展開しています。 [創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会] プレスリリース提供:PR TIMES.

次の

アバター就活「あさがくナビインターンシップ2021」開始

あさ がく 2021

新卒向け就活・就職情報サイト「あさがくナビ2021」の公式アプリです。 まだ知らない「隠れた優良企業」に出会える! 人事に直接会える「全国のイベント情報」満載! 聞きたくても聞けない「詳しい企業情報」を掲載! アプリを使って効率的に「未来のスキを見つけに行こう」。 プッシュ通知をオンにしておくことで、最新情報を受け取ることができます。 【注意事項】 本アプリの利用には、モバイルネットワーク、またはWi-Fiが必要です。 【プッシュ通知について】 お得な情報をプッシュ通知でお知らせします。 アプリの初回起動時にプッシュ通知を「ON」に設定するようお願いします。 なお、オン・オフの設定は後から変更もできます。 【位置情報の取得について】 近くのショップを探す目的、その他の情報配信の目的で位置情報取得の許可をアプリからさせて頂く場合がございます。 位置情報は個人情報とは一切関連するものではなく、また本アプリ以外での利用は一切行いませんので安心してご利用ください。 【著作権について】 本アプリに記載されている内容の著作権は株式会社学情に帰属し、いかなる目的であれ無断での複製、引用、転送、頒布、改編、修正、追加など一切の行為を禁止いたします。

次の