いのちの食べ方 eve 解釈。 Accessoire & WC

Accessoire & WC

いのちの食べ方 eve 解釈

歌詞の意味を解説 ここからは『 いのちの食べ方』の歌詞中で使用されている言葉の読み方や それらの意味について、私なりの解釈を交えながら解説していきます。 バックパッカー 英語「backpacker」 バックパックを背負って(徒歩)旅行をする人。 現在は低予算で個人旅行する人を指すことが多いようです。 待ち望んでは(待ち望む) そうなることを期待して待つこと。 募 つの る 勢いなどがいっそう激しくなること。 「焦りが募る」「募る思い」など 握 にぎ りしめる 手に力を入れて強く握る・しっかりと握ること。 漢字で書くと「握り締める」になります。 温 ぬく もり 暖かい感じ・あたたかみ・ぬくみ 「心のぬくもり」など 貧 まず しくなって(貧しい) 質や量、内容などが少ないこと。 心まで満たされなくなって…と解釈することができます。 グレイ 英語「gray」• 鉛(なまり)色• ネズミ色 しばしば良くないイメージを暗示する言葉として使われます。 彷徨 さまよ った(彷徨う) あてもなく(迷って)あちこち歩きまわること。 また、一か所にとどまらずに行ったり来たりすることを意味します。 満 み ち 溢 あふ れている =あふれんばかりに満ちている 「満ちる」はいっぱいになる という意味ですので、 周りには溢れそうなほどいっぱいあるというニュアンスが感じられます。 見過 みす ごす 見ていながら気づかないでしまう・見落とすこと。 また、見て気づきながら そのままにしておくことを意味します。 盲目 もうもく 目が見えないこと。 また、理性を失い 適切な判断ができないことを意味する言葉です。 退屈 たいくつ 当面することがなく、時間を持て余すこと。 マッドハッター 童話「不思議の国のアリス」の登場人物 ちなみにマッドハッターは俗称で、本来は帽子屋(ハッター)と呼ばれていたようです。 (いかれ帽子屋も俗称) 経 た っちまった =時が経過してしまった。 空想 くうそう 現実を離れて頭の中であれこれと想像すること。 空想上=想像の上で 現実 げんじつ 現在、事実として存在している事柄や状態を指します。 狭間 はざま 物と物との間の狭いところ。 歌詞のつながりを考えると、空想と現実のはざま と解釈することができますね。 棘 とげ 人の心を突き刺すような悪意・皮肉などのたとえ 「言葉の棘」「棘のある言い方」など 滑稽 こっけい おかしかったりばかばかしかったりして、笑いの対象になること。 カトラリー 英語「cutlery」 ナイフ・フォーク・スプーンなど 食卓用の金物類を指します。 至福 しふく =この上ないしあわせ 至福の時間 なんて言われますよね。 真理 しんり 確実な根拠に基づいて、普遍的に正しいと認められる事柄。 揺 ゆ らめく ゆらゆらと動く・揺れ動くこと。 「ゆらぐ」とも言われる言葉です。 篝火 かがりび 夜間に照明・警護・漁猟などのために燃やす火のこと。

次の

【Eve/いのちの食べ方】歌詞の意味を徹底解釈!孤独な主人公の祈りの歌…?

いのちの食べ方 eve 解釈

Eveのニューアルバム『Smile』が2月12日にリリースされた。 JR SKI SKI、ガーナ チョコレートのバレンタインデーキャンペーンなど、お茶の間で鳴り響くタイアップソングを次々に放つ一方、本作はこれまでよりも深い内省と孤独が綴られているアルバムでもある。 ネット発の歌い手からシンガーソングライターへ変化を果たし、パーソナリティーをヴェールに包んだままでいながら、信頼するクリエイターとともに作り上げてきた物語性に富むMVも含めた総合芸術として存在感を発揮してきたEve。 認知の拡大が急激に進む中、彼が「泣きながら笑う」アルバムジャケットに託したものと、心の内を吐露した歌に込めた願いとはなんなのか。 音楽的な刷新も多くうかがえる作品を通じ、クロスレビューでEveの今を探求する。 Eve(いぶ) 2枚の自主制作アルバムを経て、2016年に全国流通盤『OFFICIAL NUMBER』をリリース。 2018年~2019年は、12,000人を動員したワンマンツアー『winter tour 2019-2020 胡乱な食卓』を含めて全公演が即完。 2019年2月発売の『おとぎ』はオリコンデイリー2位を獲得した。 2020年2月12日にニューアルバム『Smile』を発売し、5月23日にはアリーナワンマンライブ『Eve Live Smile』を予定している。 かつて『NHK紅白歌合戦』に出場したサカナクションが、自らの立ち位置を「マジョリティの中のマイノリティ」と定義したことを思い出したりもした。 新作『Smile』は、オーバーグラウンドの世界に一歩足を踏み入れたという意味でも、音楽家としてのさらなる挑戦という意味でも、Eveにとって重要な「成長痛」のアルバムだと感じた。 ただ、あえて意地悪なことを言わせてもらうと、バンドサウンドからクラブミュージック的なプロダクションへと移行すること自体は既定路線で、彼にとっては明確な新境地だが、他の誰もやっていない新境地を見せた、というわけではない。 「オリジナリティ」ということで言えば、まだまだ先があるように思う。 ただ、この曲は「本作は一作では完結しない」という印象を与えるもので、それはアレンジの面において、Eveがまだ現在の路線に伸び代を感じているからこそなのかもしれない。 SpotifyでEve『文化』を聴く() Eveはここ数年でシンガーソングライターとして急成長して見せたわけだが、アレンジは自分よりもキャリアの長いNumaこと沼能友樹をパートナーとしている。 秋田ひろむもシンガーソングライターとして、詩人として、非凡な才能を見せつつ、アレンジに関しては出羽良彰をパートナーとし、匿名性や、ビジュアルも含めたもの作りなど、両者には共通する部分が多い。 また、青森出身の秋田は過去に東京で成功できずに地元に戻った経験があり、「都市」に対する「地方」を自らのアイデンティティとしている。 それはEveが「アンダーグラウンド」という言葉で表現したネットカルチャーというアイデンティティと通じるものがあり、つまり、彼らには「反骨精神」という共通点もある。 1から10までを自分一人で作れるスーパーマンではないし、きらびやかな衣装に身を包んでポーズを決めることもない。 それでも、そんな自分にできることがあるなら、それに対して真摯に取り組むことで、自分の可能性を知りたいし、広げたい。 そして願わくば、多くの人と関わりながら、それを実現していきたい。 そんな姿勢があるからこそ、彼らの音楽は「僕らの音楽」なのであり、多くのリスナーの共感を生んでいるのではないかと思う。 doublet 2. LEO 3. レーゾンデートル 4. 虚の記憶 5. いのちの食べ方 6. 闇夜 7. 朝が降る 8. 心予報 9. 白銀 10. バウムクーヘンエンド 11. mellow 12. ognanje 13. 胡乱な食卓• イベント情報 『Eve Live Smile』 2020年5月23日(土) 会場:神奈川県 ぴあアリーナMM プロフィール Eve(いぶ) 2枚の自主制作アルバムを経て、2016年に全国流通盤『OFFICIAL NUMBER』をリリース。 2018年~2019年は、12,000人を動員したワンマンツアー『winter tour 2019-2020 胡乱な食卓』を含めて全公演が即完。 2019年2月発売の『おとぎ』はオリコンデイリー2位を獲得した。 2020年2月12日にニューアルバム『Smile』を発売し、5月23日にはアリーナワンマンライブ『Eve Live Smile』を予定している。

次の

Eveの歌詞一覧リスト

いのちの食べ方 eve 解釈

Eveのニューアルバム『Smile』が2月12日にリリースされた。 JR SKI SKI、ガーナ チョコレートのバレンタインデーキャンペーンなど、お茶の間で鳴り響くタイアップソングを次々に放つ一方、本作はこれまでよりも深い内省と孤独が綴られているアルバムでもある。 ネット発の歌い手からシンガーソングライターへ変化を果たし、パーソナリティーをヴェールに包んだままでいながら、信頼するクリエイターとともに作り上げてきた物語性に富むMVも含めた総合芸術として存在感を発揮してきたEve。 認知の拡大が急激に進む中、彼が「泣きながら笑う」アルバムジャケットに託したものと、心の内を吐露した歌に込めた願いとはなんなのか。 音楽的な刷新も多くうかがえる作品を通じ、クロスレビューでEveの今を探求する。 Eve(いぶ) 2枚の自主制作アルバムを経て、2016年に全国流通盤『OFFICIAL NUMBER』をリリース。 2018年~2019年は、12,000人を動員したワンマンツアー『winter tour 2019-2020 胡乱な食卓』を含めて全公演が即完。 2019年2月発売の『おとぎ』はオリコンデイリー2位を獲得した。 2020年2月12日にニューアルバム『Smile』を発売し、5月23日にはアリーナワンマンライブ『Eve Live Smile』を予定している。 かつて『NHK紅白歌合戦』に出場したサカナクションが、自らの立ち位置を「マジョリティの中のマイノリティ」と定義したことを思い出したりもした。 新作『Smile』は、オーバーグラウンドの世界に一歩足を踏み入れたという意味でも、音楽家としてのさらなる挑戦という意味でも、Eveにとって重要な「成長痛」のアルバムだと感じた。 ただ、あえて意地悪なことを言わせてもらうと、バンドサウンドからクラブミュージック的なプロダクションへと移行すること自体は既定路線で、彼にとっては明確な新境地だが、他の誰もやっていない新境地を見せた、というわけではない。 「オリジナリティ」ということで言えば、まだまだ先があるように思う。 ただ、この曲は「本作は一作では完結しない」という印象を与えるもので、それはアレンジの面において、Eveがまだ現在の路線に伸び代を感じているからこそなのかもしれない。 SpotifyでEve『文化』を聴く() Eveはここ数年でシンガーソングライターとして急成長して見せたわけだが、アレンジは自分よりもキャリアの長いNumaこと沼能友樹をパートナーとしている。 秋田ひろむもシンガーソングライターとして、詩人として、非凡な才能を見せつつ、アレンジに関しては出羽良彰をパートナーとし、匿名性や、ビジュアルも含めたもの作りなど、両者には共通する部分が多い。 また、青森出身の秋田は過去に東京で成功できずに地元に戻った経験があり、「都市」に対する「地方」を自らのアイデンティティとしている。 それはEveが「アンダーグラウンド」という言葉で表現したネットカルチャーというアイデンティティと通じるものがあり、つまり、彼らには「反骨精神」という共通点もある。 1から10までを自分一人で作れるスーパーマンではないし、きらびやかな衣装に身を包んでポーズを決めることもない。 それでも、そんな自分にできることがあるなら、それに対して真摯に取り組むことで、自分の可能性を知りたいし、広げたい。 そして願わくば、多くの人と関わりながら、それを実現していきたい。 そんな姿勢があるからこそ、彼らの音楽は「僕らの音楽」なのであり、多くのリスナーの共感を生んでいるのではないかと思う。 doublet 2. LEO 3. レーゾンデートル 4. 虚の記憶 5. いのちの食べ方 6. 闇夜 7. 朝が降る 8. 心予報 9. 白銀 10. バウムクーヘンエンド 11. mellow 12. ognanje 13. 胡乱な食卓• イベント情報 『Eve Live Smile』 2020年5月23日(土) 会場:神奈川県 ぴあアリーナMM プロフィール Eve(いぶ) 2枚の自主制作アルバムを経て、2016年に全国流通盤『OFFICIAL NUMBER』をリリース。 2018年~2019年は、12,000人を動員したワンマンツアー『winter tour 2019-2020 胡乱な食卓』を含めて全公演が即完。 2019年2月発売の『おとぎ』はオリコンデイリー2位を獲得した。 2020年2月12日にニューアルバム『Smile』を発売し、5月23日にはアリーナワンマンライブ『Eve Live Smile』を予定している。

次の