メール お忙しいところ。 「お忙しいところ恐縮ですが」は英語でなんて言う?シーン別に例文を紹介します

「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味とは?上司に使える?電話やメールでの使用・類語・英語表現を解説

メール お忙しいところ

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方とは? 「お忙しいところ恐縮ですが」とはクッション言葉 「お忙しいところ恐縮ですが」は相手に何かお願いをしたいときに使われるクッション言葉です。 お願い事だけを相手に伝えるのは相手の都合を考えていないという横柄な印象を与えてしまう可能性があります。 しかし、「お忙しいところ恐縮ですが」というクッション言葉が入ることによって相手にへりくだる柔らかい印象を与えることができるのです。 「お忙しいところ恐縮ですが」は暇でも使える 「お忙しいところ恐縮ですが」をもっと分かりやすい言葉にすると「お忙しいのに申し訳ない」となります。 言葉の意味を考えると忙しい人に対して使う言葉なのかと考えてしまいますが、相手が忙しいか忙しくないかは関係なく、明らかに暇だと分かっている相手に対しても使うことができるのです。 「お忙しいところ恐縮ですが」はこちらがお願いをすることで相手に面倒をかけることから、謝罪の意味を込めて使います。 「お忙しいところ恐縮ですが」の言い換えと例文とは? 「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文 ビジネス使いのポイントとは? 「お忙しいところ恐縮ですが」で感謝を伝えつつ内容は簡潔に 日本人ははっきりとは言葉にせず遠回しに伝えるのが良いとされる場面もあるのですが、ビジネスメールにおいては簡潔に内容を伝えることが良いとされています。 ポイントは、「件名で何の要件なのかが分かるようにすること」「内容は文章の頭に結論を持ってくること」です。 文章全体の柔らかさは文末に「お忙しいところ恐縮ですが」があれば十分です。 社内メールであっても命令はマナー違反 ビジネスメールでは依頼内容は簡潔に伝えるのが良いと説明しましたが、命令したり制限を設けるような書き方はマナー違反です。 いくら「お忙しいところ恐縮ですが」と一言添えたとしても相手に対して失礼なメールとなってしまいます。 例えば、一方的に期限を決めてしまうのは相手にだって都合がありますので、配慮が足りないといえますし、依頼についても「〇〇してください」ではなく「〇〇していただければ幸いです」といった表現を使うようにしましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」を電話で使う場合 メールで使う場合と同様で、「お忙しいところ恐縮ですが」は感謝や労いの意味で使います。 例えば、「お忙しいところ恐縮です。 私株式会社〇〇の山田と申しますが・・・」と話し初めに使ったり「お忙しいところお時間をいただき恐縮です。 それでは失礼いたします。 」と話の締めに使うこともできます。 「忙しい」という言葉は嫌がられることもある 「忙しい」という言葉は縁起の悪い言葉とされています。 「忙」という字は「心」を「亡くす」と書くため冠婚葬祭では使ってはいけない言葉となっていますが、ビジネスシーンでは、「忙しい」という言葉を使っても問題はありません。 しかし、ビジネスでは縁起担ぎをすることもありますので、人によっては良く思わないこともあるということを覚えておきましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」の類語 「お忙しいところ恐縮ですが」の類語は「お忙しいところ」と「恐縮ですが」に分けて説明していきます。 「お忙しいところ」の類語 ご多忙・ご多用 「ご多忙・ご多用」どちらも頭に尊敬を表している「ご」がついていることから目上の方が忙しくしているという意味になります。 「恐縮ですが」の類語 失礼ですが 「失礼」は「無礼な振舞いをする」という意味なので、これから相手に礼儀を欠くようなことを聞く相手に「失礼ですが」と前置きをします。 お手数ですが 「お手数ですが」は自分が依頼したことで相手に手間をとらせてしまうときに労いや感謝を表す言葉として使われます。 まとめ 「お忙しいところ恐縮ですが」は特にビジネスシーンでは定型文のようなものですが、これからは相手に感謝や労いの気持ちを込めて使うようにしましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」などのクッション言葉は上手に使うことで文章全体を感じの良いものに仕上げることができます。 これは人間関係を円滑にするためのテクニックであるともいえるのではないでしょうか。

次の

「お忙しい中ありがとうございます」意味と使い方・ビジネスメール例文

メール お忙しいところ

「お忙しいところ」が最も使われるのは、依頼のシーンではないでしょうか。 仕事は頼む・受けるで進行していきます。 業務をいくつも抱えているのはビジネスパーソンならお互い様ですね。 これから必要な、新たなこの任務のために、相手に時間を作らせるにあたって、その負担をじゅうぶんわかっています、という意味を伝えて印象をやわらげます。 ・お忙しいところ大変申しわけありませんが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところ誠に恐縮でございますが と、このようなフレーズで始め、依頼内容を書きます。 このひと言があると、負担感なく仕事を引き受けられる印象になります。 「お忙しい」を「ご多忙」とする表現もあります。 「お忙しいところxxですが」の後に続くフレーズ お願いをするときに「お忙しいところ」に合わせてよく使われるのが「恐縮です」という言い方です。 日常会話では少ないと思いますが「恐縮です」はビジネスではよく使われます。 「恐縮」とはもともと以下のような意味です。 「恐縮です」は「恐れ入ります」ともなります。 謝る言葉でよくある「すみません」は少し簡単すぎる印象があり、ビジネスシーンではあまり上手な謝りかたではないとされているので、注意しましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」例文.

次の

「お忙しいところ」ビジネス敬語のメールなどでの正しい使い方を例文で解説

メール お忙しいところ

"To-Take-time-out " means that someone has specialy chosen to make time for you even though they had other things to do during that time. We can also use "I appreciate" which means that you understand the hectic schedule that the other person has and that you are truly grateful and thankful that they have chosen to help you instead. I really appreciate your time, I know you are very busy. 私はあなたの時間を本当に感謝します、私はあなたが非常に忙しいことを知っています。 You can let the person know that you value their time, even though they are busy. Value is another word for appreciate. Thank you for helping me despite your busy schedule. 忙しいスケジュールにもかかわらず、私を助けてくれてありがとう。 To thank someone is to express gratitude for something they have done. "Thank you for your honest effort" または、 "Thank you for your hard work"と言うこともできます 彼らの仕事が「正直」であったことを人に伝えることは、聞いてもらってとてもいい言葉になります。 「これらの箱を運ぶのに貴重な時間をとってくれてありがとう」 「私のためにその論文を編集する貴重な時間をとっていただきありがとうございます」 「休暇中に私の犬に餌を与える貴重な時間をとっていただきありがとうございます」 この表現はとても丁寧に聞こえます。 If your colleague is always busy, then a short and concise message is all that may be appropriate. You simply acknowledge that he has helped you by saying thanks. Such messages could even be said as you pass each other in the corridor, or come across each other briefly in the lift - or even the washroom! Someone who is usually very busy with one's own tasks, may hardly find time to help someone else who is similarly inundated with a lot of work. Its a difficult decision to make to temporarily abandon your equally urgent tasks in order to help another person. So, if you get such a favor from someone, you may say: Thank you so much for according me your time despite your busy schedule. or Thank you so much for helping me out even though you are very busy. or Thank you so much for according me your time out of your busy schedule. 大体みんな自分の仕事で忙しいけれど、その合間を縫って手伝ってもらった時はお礼を言いたいですよね。 相手も同じように重要な仕事を抱えている場合は、手助けをすることがとても難しいと思うので、そんな状況でも助けてもらった場合はこのような表現が使えます Thank you so much for according me your time despite your busy schedule. (忙しい中、私の事を手伝ってくれてありがとう) Thank you so much for helping me out even though you are very busy. (忙しいのに手伝ってくれてありがとう) Thank you so much for according me your time out of your busy schedule. (忙しい中私のために時間を使ってくれてありがとう) 1 Thank you very much for your time despite your busy schedule. は"despite"をつかった「〜にもかかわらず」を使用した表現です。 例えば、Thank you for assisting me today despite your busy schedule. 「今日はお忙しいにもかかわらずお手伝いいただきありがとうございました。 」など。 despite your busy schedule「お忙しいにもかかわらず」を口頭ではなくどちらかといえばメールや書面で表す表現です。 2 例えば Thank you for your taking your precious time for the interview today. 「本日は面接にて貴重なお時間をいただきありがとうございます。 」というようにこちらもビジネスでよく使います。 お手紙やメールでも使えます。 Sincerely means genuinely, and shows that you really do feel this way. You could also use the word 'truly', which would mean the same thing. ''I am truly grateful for your effort on my behalf. '' Appreciate means to recognise the value of. In these examples, you are making it clear what you are thanking the other person for their time. You could also use the word 'precious' or 'valuable' to describe their time. ''Thankyou for donating your valuable time to my project'' ''I know your time is precious, so thankyou. '' "Sincerely"は「真心を込めて」または「誠に」という意味で、「敬具」と同じように使います。 " (私のためにお力添えいただき、誠にありがとうございます。 " (プロジェクトに貴重なお時間を割いて頂き、ありがとうございます。 " (お忙しいのに、ありがとうございます。

次の