海外fx ib 比較。 海外FX会社 MYFXMarkets(マイエフエックスマーケッツ)IBプログラムとは?(アフィリエイトプログラム)

海外FX業者ごとの最小・最大取引通貨量の比較ランキング

海外fx ib 比較

新着マーケット情報• 国内FXの一時金キャッシュバックとは性質が異なり、継続的にキャッシュバックが発生するため、トレーダーが考えている以上にキャッシュバックが発生します。 確定申告や税金に関して キャッシュバックで気になる点としては、確定申告や税金などになりますが、海外FXの損益は雑所得扱いとなりキャッシュバックも同じ扱いになります。 海外FXで損失が出てしまい、キャッシュバックを受け取ったとしても相殺することが可能ですので、「キャッシュバック分の税金は支払わないといけない」ということもありません。 海外FXとキャッシュバックの損益の合算で税金も決まりますので、不明な方は専門家へご相談ください。 キャッシュバックサービス唯一のデメリット 海外FXのキャッシュバックを利用した際にデメリットとして、一般的には「入金ボーナスが付与されなくなる」という点です。 逆にいうとそれ以外のデメリットはなく、スプレッドが広がることも約定が遅くなることもありませんので、入金ボーナスを利用し終わったら、キャッシュバックサービスをご利用になられることをおすすめいたします。 ブローカーによっては、キャッシュバックサービスを利用しても入金ボーナスが付与される場合もあるので、詳細は各ブローカーの紹介ページをご参照ください。 キャッシュバック対象業者一覧 10万通貨毎にスタンダード口座及びマイクロ口座は最大9USD、ZERO口座は最大4. 5USDのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にスタンダード(STP)口座は4. 25USD(0. 425pips)、ブレード(ECN)口座は1. 275USD(153円)のキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) プレミアム口座は0. 72pips、Zero口座は0. 27pips、HFCopy口座は0. 54pipsのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にMT4スタンダード口座は4. 25USD、MT4ナノスプレッド口座は1. 7USD、cTraderスタンダード口座は2. 125USD、cTraderなのスプレッド口座は0. 85USD、MultiTrader口座は8. 5USDのキャッシュバック(法人口座のリベートは個人口座と同じになります、最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎に8. 51pips、プロ口座は1. 7AUDのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にクラシック口座は4USD、プロ口座は1. 6USD、VIP口座は0. 4USDのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にスタンダード口座は8. 5USD、ECN口座は2. 125USD、Currenex口座は2. 55USD、cTrader口座は2. 125USDのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生) 10万通貨毎にスタンダード口座は0. 56pips、FOCREX口座は4. 8pips、プロ口スプレッド口座は4USDのキャッシュバック、VIP口座にリベートはありません(最小取引単位からキャッシュバック発生) LiveまたはLPボーナス口座は0. 425pips、ECN口座は0. 085pipsのキャッシュバック(最小取引単位から、クレジットボーナスを消費した取引にもキャッシュバック発生) オールインワン口座は0. 8pips、ノースプレッド口座は0. 08pipsのキャッシュバック(最小取引単位からキャッシュバック発生).

次の

海外FX業者ごとの最小・最大取引通貨量の比較ランキング

海外fx ib 比較

もくじ• 海外FXのIBについて FX業界には IB業者(イントロデューシング・ブローカ)という業者があります。 この IB業者はFX業者を紹介して登録してもらうことが仕事となり、いわゆるFXキャッシュバックサイトで、アフィリエイトIB業者の一種となります。 ・継続的に報酬が得られる FXに興味を持ってもらい、キャッシュバック登録する人間がいる限り、継続して報酬が得られるチャンスがあるのがこのビジネスの特徴です。 たとえ紹介したトレーダーがそのトレード口座を作ったまま放置しておいたり、マイナス利益になってしまってむしろ損をしてしまったとしても、登録者に紹介、登録した時点で報酬が得られるので、非常に安定した利益を生み出せるIBビジネスモデルとなり、これをリベート報酬と言います。 そして我々利用者の方にも一定のキャッシュバック額が入ってくるので、FXサイトからそのまま入会するよりもお得で、FX業者側も含め皆が得をすることになります。 また開設口座からの取引量に応じた取引キャッシュバックなどもあります。 いずれにせよ、リベート率、つまりキャッシュバック還元率がいいとこに入りましょう。 ・日本で行うには免許が必要 海外FXのキャッシュバックサイトは金融商品の仲介斡旋業務に部類され、法律では店頭デリバティブ取引の媒介行為に該当に該当します。 なので日本でこの業務を行うためにはライセンスが必要なのです。 しかし、もちろん世界が舞台の 海外FXを紹介する海外の IB業者は、海外FX企業と同様、必ずしも日本の金融ライセンスを持っている必要はありません。 そのためほとんどの海外IB業者はライセンス無登録業者となります。 IBの収益モデル ではなぜ上に述べたIB業者はわざわざIBサイトで紹介とキャッシュバックという我々口座開設者にとって利益しかないことをやってくれるのでしょうか? IB業界は取引で生じたスプレッドの一部 手数料 の一部をFX証券会社からその紹介報酬としてコミッション報酬をもらっている代わりに、顧客を紹介しているIB契約というものをしているようです。 しかしそのIB報酬によってスプレッドが増えてしまうということはなく、例えFX取引での利益がゼロであったとしてもキャッシュバックのみで儲けることだって可能なのです。 ・キャッシュバックサイト キャッシュバックIB業者によるキャッシュバックサイトはポイントサイトみたいなFX会社一覧などが載っているサイトを運営しており、FX会社を紹介しているサイトで 提携先FX業者のリンクから飛ぶことで、IB経由となり、ユーザーに入金ボーナスやポイントがもらえるというものです。 そのサイトはどこが運営しているのかと言うとIB業者になります。 キャッシュバック業者は究極的にそのFX会社を「紹介」し、取引口座作成を促進していることになるのでそこからアファリエイト量をもらえるわけです。 登録業者数も多いので好きな業者があれば、条件などを確認した上でなるべくキャッシュバック率の高いところから選びましょう。 ・業者比較サイト 業者の口座タイプを手早く知ることができる口座比較サイトもIBとなり、紹介して、投資家が実際にユーザー登録すればアフィエリエイト量がもらえます。 どこかの誰かが善意でブログ記事を作ってくれているわけではなく、それは報酬が発生するとても良いビジネスだというわけです。 ここで出される期間限定のキャンペーンなどにも注目しましょう。 IBに適した海外FX業者のチェックポイント さてIBをするにはちゃんとその業者のいいところ知ってそれを紹介しなければなりません。 ここではそのおもな比較項目を紹介していきます。 ・資産保全 例えば、万が一そのFX会社が倒産してしまった場合にそのお金がまったくもどってこなかったとしたら大損害ですよね。 信託保全というFXサービスは、それがされていたら、FX業者が資金を信託銀行に分別管理してくれ、そのような場合でも資金が我々の手元に返ってきます。 さらに信託保全にも種類があるのでちゃんと抑えておきましょう。 大きく分けて「完全信託保全」、「一部信託保全」、「分別保管」の3つがあるのですが、「完全信託保全」を選びましょう。 「一部信託保全」「分別保管」だった場合証拠金の一部しか返ってきません。 安全性を確保する上でも、口座開設を検討している信託口座に我々の投資した資金を預け入れているかどうかは大事な項目となってきます。 もちろん登録FX業者でないからと言って必ず信託保全されていないわけではないことも伝える必要があるでしょう。 ・スプレッド スプレッドはある注文をしてから実際に注文されるまでに変化した通貨量に対する損失分の支払いのことになります。 実はFX為替取引では注文ボタンを押したからと行ってその瞬間注文が決まるわけではなく、実際に注文が決まるためにはその後裏でいくつもの処理をしているのです。 そして本当に注文が決まるまでにはその為替の値が表示されていたものと若干変わってきます。 これが本来のスプレッドの正体で、今では取引手数料と同じような役割を果たしています。 つまり取引手数料往復が無料と書かれてあっても、スプレッドでトレードコストはかかってきます。 その意味でもFXトレーダーは業者選びの際にスプレットの狭さというのは非常に大切な要素となってきます。 また固定スプレッド、変動スプレッド、リアルタイムスプレッドなど各種同じ会社でも口座により様々なスプレッドがあるのでそれも大事な要素になってきます。 ・約定率 スプレッドに関わることなのですが、約定率は注文してからどのくらいの速さで実際に注文通りの売買がされるかということです。 このことから約定スピードとも言われます。 注文してから実際の注文までに時間がかかりすぎるのは誰にとっても嫌なことです。 この点もFX業者選びで大事になってきます。 ・レバレッジ 国内FX業者と比較して海外FX口座でのFXトレードの魅力的な取引方法としてまず一番に上がるのは「ハイレバレッジ」でしょう。 さて、レバレッジはFX取引を進めていく中で非常に重要な概念となってきますが、レバレッジとはそもそもなんなのでしょうか? FXでは取引会社に自分のお金を取引証拠金としてFX口座に預け入れることができるのですが、その証拠金の何倍かの資金で取引をすることができます。 これをレバレッジと言います。 例えば10万円証拠金を預けいれてレバレッジが400倍だとしたならば4000万円の取引ができることになります。 このようなトレード方法において、もちろん取引額が多ければ多いほどリスクは大きくなるのですが、その分大きなチャンスにもなります。 このレバレッジが日本国内FX業者だとせいぜい25倍程度でレバレッジ規制がかかってしまうのですが、海外FXだと先ほど述べた400倍くらいが相場で、中には 最大レバレッジ1000倍などの国内業者が真似できないようなハイレバレッジを提供する業者もあるほどです。 すごい金利ですね。 取引資金が少なくても、短期戦略で儲けたい方にはハイレバ取引は見逃せない特徴です。 ・金融ライセンス 海外FX企業は基本的に日本の金融庁のライセンスには無登録です。 上に述べたように、日本の金融庁のライセンスに海外FXブローカーがライセンス登録してしまったとしたら、レバレッジ最大25倍の制限がかかり、ハイレバレッジの魅力が消えてしまいます。 このようなことからあえて登録しないFX業者が多いのです。 その代わり海外の金融庁に登録している業者は多くあります。 英国金融行為監督機構 FCA 、キプロス証券取引所 CySEC 、ニュージーランド金融市場庁 FMA 、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC などが主に海外FX業者に取って人気のライセンスとなっていますが、ひとえにライセンスといっても様々で、非常に安全性の高いライセンスから、あまりそうでもないライセンスまであります。 この中ではイギリスのFCAライセンスが一番信頼性の高いライセンスといえるでしょう。 しかし信頼性が高いということはその反面規制に縛られて、顧客にとっては儲けにくくなるということとも関連してきます。 これらのことを平均して、FX取引業者一覧を参照しながらどこがベストなのか見極める必要があります。 ・日本語サポート 地味なところですが日本人向けの日本語対応サービスがあると非常にコミュニケーションがスムーズになります。 口座開設時のサポートを始め、強制ロスカットによってマイナス口座になってしまった、ついに追証の請求がきたなどの問題が起きた時のカスタマーサポート、口座が凍結した、破産した、出金できないときの出金方法を確認するため緊急の時に電話をかけて担当者と英語で全て進めていくことができるでしょうか? 日本語サポートがあるととてもスムーズにことが進むことがご想像いただけると思います。 まとめ 基本的にアフィリエイトのビジネスモデルである、FXを紹介するIB業者の存在は我々トレーダーにとっても非常にありがたいものです。 有益な情報をもらえるだけでなく、キャッシュバックサービスはバカにできないほど多くもらえることもあります。 追加口座などとしても利用可能なので、これらのサイトを有効活用して、より良い海外FX生活を送っていきましょう。

次の

海外FX業者ごとの最小・最大取引通貨量の比較ランキング

海外fx ib 比較

トレード環境とバックオフィスの安定性が特徴。 プロ指向のトレーダーから人気が高いブローカー 日本でも人気の高いTitan FX(タイタン FX)は、トレードインフラに力を入れているFX業者の1つです。 その為、他のFX業者と比較して、インフラ障害の非常に少ない業者です。 また、ブレード口座(ECN)の1回あたりの取引手数料が安いことも、トレード回数の多いトレーダーには、高いメリットになります。 また、2018年のバヌアツへのライセンス移行を機に、会社全体での顧客情報の保護に非常に力を入れており、サポートスタッフ全てに、個人情報保護・AMLの運用資格を義務づけるなど、新興ブローカーの中では、最もコンプライアンスが優れているブローカーです。 ムーディーズの格付け「Aa3」の、ナショナルオーストラリア銀行に分別保全を行っているのも、その取り組みの1つです。 日本人の口座数 100,000を超える、日本で最も長い営業実績と知名度を誇る老舗ブローカー 日本市場で、最も長い営業実績があるFXDD(エフエックス DD)ですが、新興ブローカーの日本進出や、低スプレッド競争に完全に出遅れた感があり、今ではあまり口座開設のメリットを打ち出せないブローカーとなりました。 また、スイスフランショックの際、マイナス残高を抱えたユーザに規約を反故にし追い証を請求した一件により、悪評が広まり顧客離れが相次ぎ、また同時期に、NFA(全米先物協会)からの返還命令、CFTC(米国商品先物取引委員会)からの排除措置命令等により、業界からも敬遠されるブローカーとなりました。 現在、再起をかけてサービスを再構築中であり、今後の展開を注視するブローカーです。 自動売買やAI取引も可能 日本のFXブローカーの多くは、独自開発の数種類のトレーディングプラットフォーム(取引ツール)を提供しており、利用者は、サービス内容やツールの使い勝手によりプラットフォームを選択し利用します。 各ツール間での互換性はなく、操作方法や機能が大きく異なるため、ブローカー変更の際は骨の折れる作業が発生します。 海外のFX取引では、「MetaTrader(メタトレーダー)」という世界標準のプラットフォームが採用されており、どのブローカーであっても共通の操作方法で取引を行うことができますので、異なるブローカーへの乗り換えや複数ブローカーでのトレード比較の際、スムーズな利用が可能です。

次の