哺乳類。 「哺乳類とは」分類や定義、それに簡単な考察の為の基礎知識

哺乳類(ほにゅうるい)とは何? Weblio辞書

哺乳類

齧歯類において冬眠に似た状態を引き起こす神経回路が明らかになったことを報告する2編の論文が、今週、 Nature に掲載される。 冬眠様の状態を人工的に誘導することは、最終的にはヒトに対する医学的応用の可能性があるが、実際に人間の冬眠が誘導されるかは確かめられていない。 冬眠する動物は、食料を入手しにくい冬のような時期に体温を下げて、エネルギー消費量を減らすことができる。 これまでの研究から、冬眠の調節に中枢神経系が関与することが示唆されているが、関係する正確な機構は解明されていない。 今回、筑波大学の櫻井武(さくらい・たけし)教授たちの研究チームは、冬眠の駆動要因をさらに解明するため、実験用マウス(冬眠はしないが、休眠と呼ばれる冬眠様の一時的な低代謝状態を示す)を使って研究を行った。 実験の結果、視床下部に存在する独特なニューロン群(Qニューロンと命名)が特定された。 Qニューロンは、冬眠のような長期間(48時間以上)にわたる体温と代謝の低下を誘導できる。 櫻井教授たちは、Qニューロンを化学物質や光によって人工的に活性化させられることを示し、Qニューロンによる冬眠様の状態の誘導に関与する広域的な神経回路を明らかにした。 冬眠様状態が誘導されたマウスに、行動に対する有害な影響や組織・器官の損傷は観察されなかった。 さらに、櫻井たちは、この誘導された状態が休眠と異なるかを見極めるため、休眠も冬眠もしないラットを使って同じ実験を行った。 その結果、ラットでも、Qニューロンの活性化によって冬眠に似た低代謝状態が誘導されることが分かった。 一方、これとは独立した研究で、Michael Greenbergたちの研究チームは、マウスの休眠を制御する視床下部のニューロン群を特定した。 このニューロン群を刺激すると、食料不足が起こっていなくても、マウスは休眠状態になった。 このニューロン群の役割は、その活性を遮断することで確かめられ、これによって自然な休眠の開始が妨げられた。 これらの知見は、冬眠様の状態を調節する神経過程の解明に役立つ。 櫻井たちは、こうした神経回路がさまざまな哺乳動物(冬眠しない動物種を含む)に保存されている可能性があり、Qニューロンを選択的に操作することが可能だとする仮説を提起している。 ヒトで人工的な冬眠状態を誘導できれば、疾病状態の後の組織損傷を減少させ、移植のための臓器を保存できる可能性があるが、現在のところは憶測にすぎない。 doi:10.

次の

哺乳類

哺乳類

1)古生代オルドビス紀末(4億4000万年前) ・オルドビス紀は、生物の多様化がカンブリア紀並に進んだ時代です。 オウムガイの全盛期で三葉虫のような節足動物や筆石のような半索動物が栄えました。 甲冑魚のような魚類が登場したのもこの時代です。 ・地球の大半の地域で気候は温暖湿潤であり、海水面は現在よりも600メートルほど高かったといわれています。 広大な海には多様な海洋生物が繁栄し、陸地には最初の原始的な植物が登場しました。 2)古生代デボン紀後期(約3.65億年前) ・超大陸ゴンドワナが存在。 地表の気候は全体として温暖で、陸上にはシダ植物や昆虫が出現し、地球で最初の森林が登場します。 ・脊椎動物では魚類が繁栄(魚の時代とも呼ばれる)。 軟骨魚類や硬骨魚類が進化するとともに、淡水域には淡水魚や肺魚が出現します。 ・末期には原始的な両生類が登場。 四足の両生類イクチオステガも現れ、陸生化を始めた時期でもあります。 3)古生代ペルム紀末 2億5000万年前 ・様々な植物、巨大な両生類や爬虫類が生息していた。 その中には、恐竜や現生爬虫類の祖先となる双弓類もいた。 また、我々哺乳類の祖先に当たる単弓類(哺乳類型爬虫類)も繁栄し、陸上には豊かな生態系が築かれていた。 大量絶滅の引き金になったのが、約3億年前にできた巨大な超大陸パンゲアの分裂と考えられている。 分裂時にマントルの上昇流が発生し、大量に吐き出された二酸化炭素とメタンによって、気温の上昇と酸素濃度の著しい低下を引き起こした。 ・古生代に繁栄した多くの単弓類が死に絶え、低酸素環境に対する適用能力を身につけた恐竜が次の時代に繁栄していった。 4)三畳紀(2億5000万年から2億1000万年前) ・超大陸パンゲアが広がり、乾燥した気候だったと考えられています。 気温は徐々に上昇。 ジュラ紀頃までの約1億年もの間,低酸素状態が続きます。 ・低酸素状態に適応した爬虫類が急激に繁栄します。 三畳紀の中頃になると最初の恐竜が現れます。 でも最初のころの恐竜はまだ小さくて1m前後、大きな物でも体長が3mぐらいでした。 哺乳類の祖先である単弓類も世界中に見られましたが、徐々に衰退していきます。 植物ではシダ類、ソテツ類、イチョウ類、ベネチス類など裸子植物が栄えました。 ・海のなかでは魚竜とよばれる爬虫類が現れ、アンモナイトも繁栄していました。 1億年前): 種の絶滅79% ・絶滅は地上と海洋の両方でおき、地上の方が数百万年早かったと言われています。 アンモナイトの多くの種や爬虫類や単弓類などの大型動物の絶滅が目立ち、生物種の76% が絶滅したといわれています。 ・カナダに直径100kmにも及ぶ「マニクアガン・クレーター」があり、このクレーターをつくった巨大隕石が、ちょうどこの頃に落下しています。 また、現在の中央大西洋に溶岩が洪水のように噴出したとされる跡があり、パンゲア大陸が南北に分裂する境目に当たるため、この場所での大規模な火山活動が影響したのかもしれません。 低酸素状態に加え二酸化炭素濃度が急上昇したとも言われています。 ・当時、比較的小型だった恐竜が以降に急速に発展していきます。 種類も増え、おおきさも巨大化するようになりました。 なかでも草食の恐竜がとくに大きくなり、高い木の枝の葉も自由に食べることができました。 ・一方、草食の恐竜を餌とする肉食の恐竜もあり、地上はさまざまな種類の恐竜がくらしていました。 また、空には翼竜が飛び交い、始祖鳥も出現しました。 ・恐竜の足下では初期の哺乳類の多くがせわしなく走り回っていました。 ・植物ではイチョウやソテツなどの裸子植物が繁栄し、はじめて被子植物が現れたのはこの頃です。 5)白亜紀(1億4000万年から6500万年前) ・白亜紀の気温は地球の歴史のなかでもずっと高く、さまざまな植物が地上を覆っていました。 そのため草食の恐竜が増加し、それに伴って大型の肉食恐竜も現れるようになりました。 ・空には大型の翼竜が飛び交い、恐竜の全盛時代となりました。 哺乳類も影ながら繁栄しており、最初の有胎盤類も登場します。 被子植物は花をつけるようになり、昆虫とともに栄えるようになります。 原因は巨大隕石の衝突。 衝突で発生した火災と衝突時に巻き上げられた塵埃が太陽の光を遮ることで、全地球規模の気温低下を引き起こし、大量絶滅につながったと考えられています。 その後、哺乳類の繁栄へつながります。 その空白を埋めていったのは、齧歯類(げっしるい)ほどの大きさの哺乳類でした。 それまで夜間にしか活動できなかった小型の哺乳類が、恐竜などの大型爬虫類がいなくなった日の当たる表舞台に進出したのです。 その後の4200万年の間に、哺乳類は大きさ、数、多様性、すべての面で成長し繁栄していきました。 古第三紀が終わるころ、現在も見られる生命体が海に満ち、陸を覆い、空にも進出していました。 ・これから本シリーズの「哺乳類の起源と歩み」を追求していきます。 参考サイト:「」「」「」 「」「」 小山啓天 2015. 25 18:57 第1章 生命の起源 第2章 絶滅と再生 第3章 人類の旅路 第4章 文明の盛衰 第5章 輪廻する宇宙 無料電子書籍「遥かなる流れ・壮大な仮説」のご紹介です。 よろしければご笑読ください。 ( パソコンや ipad への取り込みは ) インターネットに[ipadzine小山啓天] ——-ウエッブ検索 「小山啓天」の書籍-ipadzine(電子書籍)——クリック 読みたい画面———————————クリック 啓天の無料電子書籍は2014年8月現在、6部あります。 新着順表示でない場合には下に隠れています。 カーソルで動かしてください。 直接ファイルを開く—————————クリック 保存—————————————-クリック 画面表示での読書は、縮小や横書き変換で読みやすい画面表示をお勧めします。 印字したい場合は、枚数に注意して用紙をセット・印字してください。 アーカイブ•

次の

日本哺乳類学会

哺乳類

兵庫県版レッドリスト2017(哺乳類・爬虫類・両生類・魚類・クモ類) 兵庫県では、絶滅の危機にある貴重な野生生物、地形、地質、自然景観などを保全し、生物多様性を確保するため、平成7年に他県に先駆けて、「兵庫の貴重な自然-兵庫県版レッドデータブック-」を作成した。 その後、貴重な生物のモニタリング結果等をもとに、平成10年度から改訂作業を進め、平成15年に「改訂・兵庫の貴重な自然-兵庫県版レッドデータブック2003-」(以下、2003年版)を作成した。 生物多様性の保全に対する関心が高まる中で、前回の改訂から相当期間が経過し、新たな生物情報の蓄積が進んできたことから、「生物多様性ひょうご戦略」(平成21年3月策定、平成26年3月改定)に基づく行動計画の重要な柱として、平成21年度からレッドデータブック改訂に着手しており、平成26年度から平成28年度にかけて哺乳類、爬虫類、両生類、魚類及びクモ類について改訂作業を行った。 哺乳類 番号 目名 科名 種和名 学名 ランク 1 食虫目 トガリネズミ科 Chimarrogale platycephala 要注目 2 Crocidura dsinezumi 要注目 3 モグラ科 Euroscaptor mizura 要調査 4 翼手目 キクガシラコウモリ科 Rhinolophus ferrumequinum 要調査 5 Rhinolophus cornutus 要調査 6 ヒナコウモリ科 Myotis macrodactylus 要調査 7 Myotis ikonnikovi Aランク 8 Myotis pruinosus Aランク 9 Vespertilio sinensis 要調査 10 Miniopterus fuliginosus 要調査 11 Murina hilgendorfi 要調査 12 Murina ussuriensis 要調査 13 食肉目 クマ科 Ursus thibetanus 要注目 14 イタチ科 Lutra lutra 絶滅 15 齧歯目 リス科 Petaurista leucogenys Aランク 16 Pteromys momonga Aランク 17 ネズミ科 Eothenomys smithii 要調査 18 ヤマネ科 Glirulus japonicus Aランク 爬虫類 番号 目名 科名 種和名 学名 ランク 1 カメ目 ウミガメ科 Caretta caretta Aランク 2 イシガメ科 Mauremys japonica Cランク 3 スッポン科 Pelodiscus sinensis 要調査 4 有鱗目 ヤモリ科 Gekko tawaensis Bランク 5 Gekko japonicus 要注目 6 タカチホヘビ科 Achalinus spinalis Cランク 7 ナミヘビ科 Euprepiophis conspicillatus 要注目 8 Hebius vibakari vibakari 要注目 9 Dinodon orientale Cランク 両生類 番号 目名 科名 種和名 学名 ランク 1 有尾目 サンショウウオ科 Hynobius abei Aランク 2 下記リスト追加参照 Hynobius nebulosus Bランク 3 Hynobius kimurae Bランク 4 Onychodactylus japonicus Bランク 5 オオサンショウウオ科 Andrias japonicus Bランク 6 イモリ科 Cynops pyrrhogaster 要注目 7 無尾目 ヒキガエル科 Bufo japonicus japonicus Cランク 8 アカガエル科 Rana tagoi tagoi Cランク 9 Rana sakuraii Bランク 10 Rana japonica Cランク 11 Rana ornativentris Cランク 12 Glandirana rugosa Cランク 13 Pelophylax porosus brevipodus Aランク 14 Rhacophorus schlegelii Cランク 15 Rhacophorus arboreus Bランク 16 Buergeria buergeri Cランク 魚類 番号 目名 科名 種和名 学名 ランク 1 ヤツメウナギ目 ヤツメウナギ科 Lethenteron sp. S Bランク 2 Lethenteron japonicum Aランク 3 ウナギ目 ウナギ科 Anguilla japonica Cランク 4 コイ目 コイ科 Tanakia lanceolata Bランク 5 Tanakia limbata Cランク 6 Acheilognathus rhombeus Bランク 7 Acheilognathus cyanostigma 要調査 8 Acheilognathus tabira tabira Aランク 9 Rhodeus ocellatus kurumeus Aランク 10 Rhodeus atremius suigensis 絶滅 11 Hemigrammocypris rasborella Aランク 12 Phoxinus lagowskii steindachneri Cランク 13 Sarcocheilichthys variegatus variegatus Cランク 14 Biwia zezera 要調査 15 Abbottina rivularis 要調査 16 ドジョウ科 Misgurnus anguillicaudatus 要注目 17 Cobitis minamorii saninensis Aランク 18 Lefua echigonia Aランク 19 Lefua sp. 1 要調査 20 ナマズ目 アカザ科 Liobagrus reinii 地域限定貴重種 21 サケ目 キュウリウオ科 Hypomesus nipponensis 要調査 22 シラウオ科 Salangichthys microdon Aランク 23 サケ科 Salvelinus leucomaenis pluvius 要調査 24 Oncorhynchus keta 要調査 25 Oncorhynchus masou masou 要調査 26 Oncorhynchus masou ishikawae 要調査 27 ダツ目 メダカ科 Oryzias sakaizumii Bランク 28 Oryzias latipes 要注目 29 サヨリ科 Hyporhamphus intermedius Aランク 30 トゲウオ目 トゲウオ科 Gasterosteus nipponicus Aランク 31 Pungitius kaibarae 絶滅 32 スズキ目 カジカ科 Cottus kazika Bランク 33 Cottus pollux Cランク 34 Cottus sp. Bランク 35 ケツギョ科 Coreoperca kawamebari Cランク 36 イソギンポ科 Omobranchus fasciolatoceps 要調査 37 ハゼ科 Apocryptodon punctatus Aランク 38 Periophthalmus modestus Aランク 39 Taenioides sp. B Aランク 40 Leucopsarion petersii Aランク 41 Luciogobius pallidus 要調査 42 Eutaeniichthys gilli Cランク 43 Gymnogobius urotaenia Cランク 44 Gymnogobius cylindricus Aランク 45 Gymnogobius scrobiculatus Aランク 46 Gymnogobius macrognathos Aランク 47 Gymnogobius uchidai Aランク 48 Gymnogobius castaneus Bランク 49 Pseudogobius masago Aランク 50 Redigobius bikolanus 要調査 51 Rhinogobius mizunoi Bランク 52 Rhinogobius fluviatilis Cランク 53 Rhinogobius brunneus 要調査 54 Rhinogobius sp. BF 要調査 55 Rhinogobius sp. OR 要調査 56 Tridentiger bifasciatus 要調査 クモ類 番号 目名 科名 種和名 学名 ランク 1 クモ目 ジグモ科 Calommata signata Bランク 2 カネコトタテグモ科 Antrodiaetus roretzi Aランク 3 トタテグモ科 Conothele fragaria Aランク 4 Latouchia typica Aランク 5 センショウグモ科 Ero furcata 要調査 6 ホラヒメグモ科 Nesticus nishikawai Aランク 7 ヒメグモ科 Phoroncidia altiventris 要調査 8 ヨリメグモ科 Conculus lyugadinus 要注目 9 サラグモ科 Fusciphantes nojimai Cランク 10 Herbiphantes longiventris Aランク 11 Nipponotusukuru spiniger 要調査 12 Sachaliphantes sachalinensis 要調査 13 Walckenaeria golovatchi 要調査 14 アシナガグモ科 Menosira ornata Cランク 15 Meta japonica 要調査 16 コガネグモ科 Araneus pinguis 要調査 17 Araneus seminiger Cランク 18 Argiope aetheroides 要調査 19 Larinia onoi 要調査 20 Larinioides cornutus 要調査 21 Ordgarius hobsoni 要調査 22 Ordgarius sexspinosus Cランク 23 Poltys illepidus 要調査 24 Pronoides brunneus Bランク 25 Alopecosa virgata Aランク 26 Hygrolycosa umidicola Aランク 27 Pardosa nojimai Aランク 28 サシアシグモ科 Shinobius orientalis Bランク 29 キシダグモ科 Dolomedes japonicus Cランク 30 タナグモ科 Coelotes eharai Cランク 31 Coelotes inabaensis Cランク 32 Coelotes sawadai 要調査 33 ナミハグモ科 Cybaeus tajimaensis 要調査 34 ハタケグモ科 Paratheuma shirahamaensis Bランク 35 ガケジグモ科 Taira flavidorsalis Cランク 36 ツチフクログモ科 Zora spinimana Bランク 37 ヒトエグモ科 Plator nipponicus Aランク 38 アシダカグモ科 Sinopoda stellatops Bランク 39 カニグモ科 Boliscus tuberculatus 要調査 40 Lysiteles maior Cランク 41 Phrynarachne katoi Cランク.

次の