スミカスミレ。 スミカスミレとは

スミカスミレ

スミカスミレ

あらすじ [編集 ] 如月澄は、厳格な父親に逆らえず、子供の頃から家の手伝いをし、祖母のと家事のために高校を中退、やがて父、母の介護をし続け、恋を知らないまま60歳になった。 母が亡くなってようやく自分のための時間が出来たと言われても、何をしたいのか分からなかった。 母の写真を探していた澄は、幼い自分が怖がり母がしまったままになっていたと黒猫が描かれた古びたを見つける。 縁(ふち)で指を切ってしまい、絵に血が飛んでしまうが、なぜか蒸発してしまう。 見間違いだったのだろうかと訝る澄だったが、その夜、屏風から現れた黒猫は、 黎(れい)と名乗り、男の形(なり)に姿を変え、封印を解いた主である澄の願い事を叶えるという。 黎から生気を分け与えられ、60歳から17歳の女子高生へと若返った澄は、如月すみれと名乗り、地元の高校へ転入する。 黎の助けを借りながら青春を謳歌するすみれは、クラスメイトの真白勇征と付き合うことになり、初めての男女交際に心を躍らせる。 ある日、勇征の自宅で犬の出産に立ち会ったすみれが感動のあまり発した言葉で、真白家の蔵にあった屏風から妖艶な女性・雪白がはい出てくる。 その屏風は、黎の屏風と対になっていた、黎の婚約者が封印されていたものだった。 雪白は、許嫁である自分よりすみれを優先する黎に苛立ちを覚えながらも、黎にならってこの世界で生きていくため、真白家の家政婦となる。 時は流れ、すみれは3年に進級。 大学進学を決めたすみれは、勇征と共に受験勉強に励む。 勇征が志望大学に合格を決めて間もなく、連絡が途絶え心配したすみれが自宅に電話をすると、勇征が入院したと知らされる。 しばらくして出た検査結果は、勇征が非常に珍しい心臓病にかかっているという知らせだった。 このままでは勇征の命が危ういと知ったすみれは、黎が自分のために分け与えた生気を勇征にあげてほしいと頼み込む。 雪白は、生気を勇征に与えれば、すみれは元の60歳の姿に戻るがそれでも良いかと念を押す。 祖母、父、母の介護をし続け、恋愛を知らないまま60歳になった。 赤面症。 愛猫の名は「じゅり」。 母の葬儀を終え、昔のアルバムを探していたところ、黒猫の屏風の縁で指を切ってしまい、屏風に血が飛び、黎(れい)と名乗る猫が現れ、「青春をやり直したい」という澄の願いを叶える。 澄の遠縁の 如月すみれという女子高生として、高校に通い始める。 黎(れい) カキツバタの屏風に封印されていた化け猫。 封印を解く鍵は、処女の生き血と願い事で、願い事が成就した時に完全に屏風の呪縛が解ける。 主であるすみれを様付けで呼ぶが態度は大きく、早々に願いが成就するように、すみれの恋の相手を真白と見当を付け、親しくなるきっかけを作るなど手助けをする。 対になる屏風に婚約者が封印されており、主の願い事が成就した時、もしくは主がある言葉を口にした時に封印が解ける。 真白 勇征(ましろ ゆうせい) すみれのクラスメイト。 背筋を伸ばして真剣に授業を聞くすみれの姿に惚れる。 母の葬儀を終え、バスで骨壷を抱えた澄に席を譲ってくれた好青年。 兄がいる。 市議会議員を務める父親とは確執がある模様。 豪邸に住んでいる。 由ノ郷 千明(よしのごう ちあき) すみれのクラスメイト。 亜梨紗にいじめらしき行為を注意し、逆に仲間外れにされるようになり、不登校になっていたが、すみれの話を聞いて登校を再開、下の名前で呼び合う仲になる。 幸坂 亜梨紗(こうさか ありさ) すみれのクラスメイト。 高飛車な性格。 真白のことが好き。 福屋(ふくや) すみれの隣の席のクラスメイト。 小倉(おぐら) 如月家の隣人。 澄の飼い猫が糞をしたなどと言いがかりをつけたり、すみれを訝しんだが、黎の術により好意的になる。 雪白(ゆきしろ) 真白家所有の屏風に封印されていた、黎の許嫁。 勇征から黎の匂いを感じ取り、封印を解く言葉を言わせるような状況に仕向けた。 経緯に無理があったためか、黎の人化の術にその影響が出てしまった。 書誌情報 [編集 ]• 『スミカスミレ』 集英社〈〉、全11巻• 2014年1月24日発売、ISBN 978-4-08-845164-0• 2014年7月25日発売、ISBN 978-4-08-845246-3• 2015年1月23日発売、ISBN 978-4-08-845339-2• 2015年5月25日発売、ISBN 978-4-08-845394-1• 2015年11月25日発売、ISBN 978-4-08-845468-9• 2016年2月25日発売、ISBN 978-4-08-845529-7• 2016年8月25日発売、ISBN 978-4-08-845627-0• 2017年1月25日発売、ISBN 978-4-08-845709-3• 2017年8月25日発売、ISBN 978-4-08-845815-1• 2018年1月25日発売、ISBN 978-4-08-845885-4• 2018年6月25日発売、ISBN 978-4-08-844059-0 ノベライズ• 香月せりか(著)・高梨みつば(原作・カバーイラスト) 『小説 スミカスミレ』集英社〈〉全1巻• 2016年1月20日発売、ISBN 978-4-08-680061-7 テレビドラマ [編集 ] スミカスミレ 45歳若返った女 ジャンル 原作 脚本 嶋田うれ葉 演出 () (MMJ) (MMJ) 出演者 ナレーター エンディング 「」 製作 プロデューサー 横地郁英(GP、テレビ朝日) 大江達樹(テレビ朝日) 神通勉(MMJ) 制作 放送 音声形式 ステレオ放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜 23:15 - 翌0:15(一部地域を除く) 放送枠 金曜ナイトドラマ 放送分 60分 回数 8 テンプレートを表示 『 スミカスミレ 45歳若返った女』(スミカスミレ 45さいわかがえったおんな)のタイトルで、からまで毎週金曜日23時15分 - 翌0時15分に、系の「」で放送された(ただし一部地域では放送時間が異なる )。 の主演。 キャスト [編集 ] 主要人物• 如月 すみれ〈20〉(澄が20歳になった姿・椿丘大学黒崎ゼミ所属) -• 如月 澄〈65〉 -• 黎(化け猫・澄を20歳の姿に若返らせる) -• 真白 勇征(2年生) -• 天野 早雲(住職) - 椿丘大学 黒崎ゼミ• 幸坂 亜梨紗(2年生) -• 辻井 健人(2年生) -• 由ノ郷 千明 -• 加藤 菜々美(亜梨紗の友達) -• 黒崎 明雄(教授) -• 大浦 玲那(亜梨紗の友達) -• 西原 美緒(1年生) - 天楽寺• 天野 慶和(早雲の息子) - その他• 雪白(化け猫・黎の許婚) -• 叶野 りょう(慶和の彼女) - 梶谷桃子• 小倉 富子(如月家の隣人) -• 如月 澄(幼少期) -• 河野 有紀子(会社の先輩) -• 栗原 知果(生徒) -• 西園寺 麗華(真白の見合い相手) -• 宮城 マリナ(大女優) -• 、クリス、クロス、生津徹、、、嘉悦恵都、真中乃亜、筒井絵理奈、秋山勇次、池田優菜、浦野知也、岡竜也、、永田隼人、長谷川拓巳、村上陽平、、 スタッフ [編集 ]• 原作 -• 脚本 - 、嶋田うれ葉• 音楽 -• ナレーション -• 屏風画 - 山﨑有美• スタントコーディネート -• 宣伝 - 尾木愛実• 編成 - 飯田爽、石田奈穂子• スケジュール - 川村直紀• 演出補 - 藤田智弘• 予告PR - 宮岡太郎• プロデューサー補 - 神田エミイ亜希子、佐々木裕美子• ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)• プロデューサー - 大江達樹(テレビ朝日)、神通勉(MMJ)• 演出 - ・・(MMJ)• 制作 - ・ 放送日程 [編集 ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 2月 05日 イケメン20歳と禁断の初恋!? お姫様だっこ 古家和尚 今井和久 7. 年下の彼と二人きりの夜… 4. 45歳下と涙のデート!? 遊園地で大パニック 小松隆志 6. 彼の家に婚約者が!? 余命わずかの初カレ…!! 最後のスキー旅行 宮岡太郎 6. 涙の告白!! 嶋田うれ葉 古家和尚 小松隆志 5. プロポーズは突然に!! 合コンで…年下カレと復活愛!? 古家和尚 今井和久 8. 涙の結末!! 駆け落ちで…大惨事!? ウエディングの奇跡 古家和尚 嶋田うれ葉 小松隆志 6. 澄の年齢が「65歳」、すみれの年齢が「20歳の女子大生」に引き上げられている。 そのため、若返って編入するのは、高校ではなく、若い頃に合格していた大学に変更された。 また、澄は高校を卒業して大学にも合格したが、家庭の事情で入学できなかった設定になっている。 「黎の封印が完全に解かれていない為、子(ね)の刻(午後11時から午前1時)の間は若返る前の本来の姿である「如月澄」に戻ってしまう」というドラマオリジナル設定が追加されており、澄とすみれが頻繁に入れ替わる(原作に入れ替わり要素はない)。 天野 早雲(住職)、天野 慶和(早雲の息子)、叶野 りょう(慶和の彼女)といったドラマオリジナルキャラが存在し、彼らの活躍エピソードが追加されている。 社会人編になっても、雪白は独身のまま。 (原作の社会人編では、雪白は結婚し、双子を出産している)• ドラマ7話までで、ストーリーが原作に追いついてしまったため、ドラマ8話は、原作を生かした、ドラマオリジナルストーリーとなっている。 原作では、高校卒業時に大学進学の学費を作る為住んでいた家を売却した。 そのため社会人編ですみれは賃貸アパートに住んでいるがドラマでは、家は売却せず社会人編になってもすみれは生家に住み続けている。 前番組 番組名 次番組• 2013年8月28日. 2015年7月4日閲覧。 集英社. 2018年6月25日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月19日. 2015年11月19日閲覧。 tv asahi. 2016年3月20日閲覧。 Yahoo! JAPAN. 2016年3月20日閲覧。 ドラマちゃんねる 2016年3月18日. 2016年3月20日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月1日. 2015年12月1日閲覧。 ORICON STYLE 2016年1月5日. 2016年1月5日閲覧。 2016年2月12日. 2016年2月12日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月10日. 2015年12月10日閲覧。 2016年1月21日. 2016年1月21日閲覧。 日刊サイゾー サイゾー. 2016年2月18日. 2016年2月20日閲覧。 外部リンク [編集 ]•

次の

【スミカスミレ】結末ネタバレ!最終回の感想も|女性まんがbibibi

スミカスミレ

あらすじ [編集 ] 如月澄は、厳格な父親に逆らえず、子供の頃から家の手伝いをし、祖母のと家事のために高校を中退、やがて父、母の介護をし続け、恋を知らないまま60歳になった。 母が亡くなってようやく自分のための時間が出来たと言われても、何をしたいのか分からなかった。 母の写真を探していた澄は、幼い自分が怖がり母がしまったままになっていたと黒猫が描かれた古びたを見つける。 縁(ふち)で指を切ってしまい、絵に血が飛んでしまうが、なぜか蒸発してしまう。 見間違いだったのだろうかと訝る澄だったが、その夜、屏風から現れた黒猫は、 黎(れい)と名乗り、男の形(なり)に姿を変え、封印を解いた主である澄の願い事を叶えるという。 黎から生気を分け与えられ、60歳から17歳の女子高生へと若返った澄は、如月すみれと名乗り、地元の高校へ転入する。 黎の助けを借りながら青春を謳歌するすみれは、クラスメイトの真白勇征と付き合うことになり、初めての男女交際に心を躍らせる。 ある日、勇征の自宅で犬の出産に立ち会ったすみれが感動のあまり発した言葉で、真白家の蔵にあった屏風から妖艶な女性・雪白がはい出てくる。 その屏風は、黎の屏風と対になっていた、黎の婚約者が封印されていたものだった。 雪白は、許嫁である自分よりすみれを優先する黎に苛立ちを覚えながらも、黎にならってこの世界で生きていくため、真白家の家政婦となる。 時は流れ、すみれは3年に進級。 大学進学を決めたすみれは、勇征と共に受験勉強に励む。 勇征が志望大学に合格を決めて間もなく、連絡が途絶え心配したすみれが自宅に電話をすると、勇征が入院したと知らされる。 しばらくして出た検査結果は、勇征が非常に珍しい心臓病にかかっているという知らせだった。 このままでは勇征の命が危ういと知ったすみれは、黎が自分のために分け与えた生気を勇征にあげてほしいと頼み込む。 雪白は、生気を勇征に与えれば、すみれは元の60歳の姿に戻るがそれでも良いかと念を押す。 祖母、父、母の介護をし続け、恋愛を知らないまま60歳になった。 赤面症。 愛猫の名は「じゅり」。 母の葬儀を終え、昔のアルバムを探していたところ、黒猫の屏風の縁で指を切ってしまい、屏風に血が飛び、黎(れい)と名乗る猫が現れ、「青春をやり直したい」という澄の願いを叶える。 澄の遠縁の 如月すみれという女子高生として、高校に通い始める。 黎(れい) カキツバタの屏風に封印されていた化け猫。 封印を解く鍵は、処女の生き血と願い事で、願い事が成就した時に完全に屏風の呪縛が解ける。 主であるすみれを様付けで呼ぶが態度は大きく、早々に願いが成就するように、すみれの恋の相手を真白と見当を付け、親しくなるきっかけを作るなど手助けをする。 対になる屏風に婚約者が封印されており、主の願い事が成就した時、もしくは主がある言葉を口にした時に封印が解ける。 真白 勇征(ましろ ゆうせい) すみれのクラスメイト。 背筋を伸ばして真剣に授業を聞くすみれの姿に惚れる。 母の葬儀を終え、バスで骨壷を抱えた澄に席を譲ってくれた好青年。 兄がいる。 市議会議員を務める父親とは確執がある模様。 豪邸に住んでいる。 由ノ郷 千明(よしのごう ちあき) すみれのクラスメイト。 亜梨紗にいじめらしき行為を注意し、逆に仲間外れにされるようになり、不登校になっていたが、すみれの話を聞いて登校を再開、下の名前で呼び合う仲になる。 幸坂 亜梨紗(こうさか ありさ) すみれのクラスメイト。 高飛車な性格。 真白のことが好き。 福屋(ふくや) すみれの隣の席のクラスメイト。 小倉(おぐら) 如月家の隣人。 澄の飼い猫が糞をしたなどと言いがかりをつけたり、すみれを訝しんだが、黎の術により好意的になる。 雪白(ゆきしろ) 真白家所有の屏風に封印されていた、黎の許嫁。 勇征から黎の匂いを感じ取り、封印を解く言葉を言わせるような状況に仕向けた。 経緯に無理があったためか、黎の人化の術にその影響が出てしまった。 書誌情報 [編集 ]• 『スミカスミレ』 集英社〈〉、全11巻• 2014年1月24日発売、ISBN 978-4-08-845164-0• 2014年7月25日発売、ISBN 978-4-08-845246-3• 2015年1月23日発売、ISBN 978-4-08-845339-2• 2015年5月25日発売、ISBN 978-4-08-845394-1• 2015年11月25日発売、ISBN 978-4-08-845468-9• 2016年2月25日発売、ISBN 978-4-08-845529-7• 2016年8月25日発売、ISBN 978-4-08-845627-0• 2017年1月25日発売、ISBN 978-4-08-845709-3• 2017年8月25日発売、ISBN 978-4-08-845815-1• 2018年1月25日発売、ISBN 978-4-08-845885-4• 2018年6月25日発売、ISBN 978-4-08-844059-0 ノベライズ• 香月せりか(著)・高梨みつば(原作・カバーイラスト) 『小説 スミカスミレ』集英社〈〉全1巻• 2016年1月20日発売、ISBN 978-4-08-680061-7 テレビドラマ [編集 ] スミカスミレ 45歳若返った女 ジャンル 原作 脚本 嶋田うれ葉 演出 () (MMJ) (MMJ) 出演者 ナレーター エンディング 「」 製作 プロデューサー 横地郁英(GP、テレビ朝日) 大江達樹(テレビ朝日) 神通勉(MMJ) 制作 放送 音声形式 ステレオ放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜 23:15 - 翌0:15(一部地域を除く) 放送枠 金曜ナイトドラマ 放送分 60分 回数 8 テンプレートを表示 『 スミカスミレ 45歳若返った女』(スミカスミレ 45さいわかがえったおんな)のタイトルで、からまで毎週金曜日23時15分 - 翌0時15分に、系の「」で放送された(ただし一部地域では放送時間が異なる )。 の主演。 キャスト [編集 ] 主要人物• 如月 すみれ〈20〉(澄が20歳になった姿・椿丘大学黒崎ゼミ所属) -• 如月 澄〈65〉 -• 黎(化け猫・澄を20歳の姿に若返らせる) -• 真白 勇征(2年生) -• 天野 早雲(住職) - 椿丘大学 黒崎ゼミ• 幸坂 亜梨紗(2年生) -• 辻井 健人(2年生) -• 由ノ郷 千明 -• 加藤 菜々美(亜梨紗の友達) -• 黒崎 明雄(教授) -• 大浦 玲那(亜梨紗の友達) -• 西原 美緒(1年生) - 天楽寺• 天野 慶和(早雲の息子) - その他• 雪白(化け猫・黎の許婚) -• 叶野 りょう(慶和の彼女) - 梶谷桃子• 小倉 富子(如月家の隣人) -• 如月 澄(幼少期) -• 河野 有紀子(会社の先輩) -• 栗原 知果(生徒) -• 西園寺 麗華(真白の見合い相手) -• 宮城 マリナ(大女優) -• 、クリス、クロス、生津徹、、、嘉悦恵都、真中乃亜、筒井絵理奈、秋山勇次、池田優菜、浦野知也、岡竜也、、永田隼人、長谷川拓巳、村上陽平、、 スタッフ [編集 ]• 原作 -• 脚本 - 、嶋田うれ葉• 音楽 -• ナレーション -• 屏風画 - 山﨑有美• スタントコーディネート -• 宣伝 - 尾木愛実• 編成 - 飯田爽、石田奈穂子• スケジュール - 川村直紀• 演出補 - 藤田智弘• 予告PR - 宮岡太郎• プロデューサー補 - 神田エミイ亜希子、佐々木裕美子• ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)• プロデューサー - 大江達樹(テレビ朝日)、神通勉(MMJ)• 演出 - ・・(MMJ)• 制作 - ・ 放送日程 [編集 ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 2月 05日 イケメン20歳と禁断の初恋!? お姫様だっこ 古家和尚 今井和久 7. 年下の彼と二人きりの夜… 4. 45歳下と涙のデート!? 遊園地で大パニック 小松隆志 6. 彼の家に婚約者が!? 余命わずかの初カレ…!! 最後のスキー旅行 宮岡太郎 6. 涙の告白!! 嶋田うれ葉 古家和尚 小松隆志 5. プロポーズは突然に!! 合コンで…年下カレと復活愛!? 古家和尚 今井和久 8. 涙の結末!! 駆け落ちで…大惨事!? ウエディングの奇跡 古家和尚 嶋田うれ葉 小松隆志 6. 澄の年齢が「65歳」、すみれの年齢が「20歳の女子大生」に引き上げられている。 そのため、若返って編入するのは、高校ではなく、若い頃に合格していた大学に変更された。 また、澄は高校を卒業して大学にも合格したが、家庭の事情で入学できなかった設定になっている。 「黎の封印が完全に解かれていない為、子(ね)の刻(午後11時から午前1時)の間は若返る前の本来の姿である「如月澄」に戻ってしまう」というドラマオリジナル設定が追加されており、澄とすみれが頻繁に入れ替わる(原作に入れ替わり要素はない)。 天野 早雲(住職)、天野 慶和(早雲の息子)、叶野 りょう(慶和の彼女)といったドラマオリジナルキャラが存在し、彼らの活躍エピソードが追加されている。 社会人編になっても、雪白は独身のまま。 (原作の社会人編では、雪白は結婚し、双子を出産している)• ドラマ7話までで、ストーリーが原作に追いついてしまったため、ドラマ8話は、原作を生かした、ドラマオリジナルストーリーとなっている。 原作では、高校卒業時に大学進学の学費を作る為住んでいた家を売却した。 そのため社会人編ですみれは賃貸アパートに住んでいるがドラマでは、家は売却せず社会人編になってもすみれは生家に住み続けている。 前番組 番組名 次番組• 2013年8月28日. 2015年7月4日閲覧。 集英社. 2018年6月25日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月19日. 2015年11月19日閲覧。 tv asahi. 2016年3月20日閲覧。 Yahoo! JAPAN. 2016年3月20日閲覧。 ドラマちゃんねる 2016年3月18日. 2016年3月20日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月1日. 2015年12月1日閲覧。 ORICON STYLE 2016年1月5日. 2016年1月5日閲覧。 2016年2月12日. 2016年2月12日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月10日. 2015年12月10日閲覧。 2016年1月21日. 2016年1月21日閲覧。 日刊サイゾー サイゾー. 2016年2月18日. 2016年2月20日閲覧。 外部リンク [編集 ]•

次の

「スミカスミレ」のキャスト紹介!登場人物・出演者情報まとめ!

スミカスミレ

スミカスミレ ネタバレ 46話(ココハナ2018年3月号)感想考察 最新コミック10巻は発売されたばかり!!好評発売中!! 黎はすみれを置いて閉じ込めたまま、紅林とタクシーに乗り込みます。 すみれ<このままだときっと黎は、監督のお母さんを若返らせて そのままいなくなってしまう・・> すみれは119番に電話をし、消防に閉じ込められてしまったと助けを求めます。 そして祈るような気持ちで白雪に電話をかけます。 すると・・白雪が電話に出て、白雪と子供の二人の無事が確認できます。 すみれは会社の先輩に電話をして、紅林のプライベートを尋ねますが・・心当たりがないと言われてしまいます。 すみれ「先輩・・・私が無事だったら、全部話しますから」 そう言って紅林のいつもそばにいた、スタッフの連絡先を教えてもらいます。 黎は父と母と三人で、人里離れた山中で静かに生活をしていました。 感情が高ぶると獣の姿になってしまう黎の一族。 人に会っても良いのは父だけで、山の恵みをいただいては人里に下り、必要なものと交換して生活をしていました。 黎にはお気に入りの祠があり、そこで一人の正雄という少年と出会います。 正雄とはすっかり仲良くなりました。 学校に行っていない黎は、父から読み書きを習っていたのでスラスラと字が読めました。 そんな黎に正雄は学校の教科書を貸してくれていたのです。 正雄は黎にとって、初めて出来た友達という存在でした。 それから正雄は来るたびに本を貸してくれ、代わりに黎は正雄の病の母に滋養に効く薬草などを渡したり、時には一緒に山の実を取ったりと楽しい時間を過ごしていました。 しかし母親にそれを見られてしまいます。 父親はもう人の子供と会うのをやめなさいと黎に言います。 黎のひいおじいさんは、もうひとつの姿を見られ人に襲われ、命を落としたと言います。 そのためひっそりと暮らしていたのに、人を信頼してはいけない・・あの子もお前のもうひとつの姿を見れば、態度が豹変してお前を傷つけるだろう・・と父に言われてしまいます。 黎「あの子は他の人とは違う。 もうひとつの姿を決して見せたりしない。 いつも冷静でいられるよう、姿が変わらぬよう、鍛えるよ。 あの子と一緒にいると心が温かくなるんだ」 そんな黎の姿に、父親は正雄と会うことを許してくれたのです。 黎は一族の中でも、とりわけ賢い子供でした。 もしかすると自分たちにできなかった、人との新しい関わり方ができるかもしれない・・そう父親は思ったのです。 黎の父「難儀なことだ・・心は人と同じなのに」 黎の母「ご先祖様を恨めしく思ってしまいます。 元は人だったものを、過ちを犯して呪いでこのような獣に変わる体に」 黎の父「そのことは・・子供たちには伏せておこう。 その身が呪われた一族などと伝えるのは忍びない」 正雄との交流は何年も続きましたが、正雄は東京の学校へ行くと言い、そのまま黎のもとには来なくなってしまいました。 いつも正雄と会っていた祠に黎が行くと・・そこに白雪がやってきました。 白雪「なんや黎、こんなとこにおったんか」.

次の