フライング ヒューマノイド。 フライングヒューマノイドみたいな?何かを抱えてながら空飛んでる黒い人影のような浮遊物体が目撃される(ニュージーランド)

フライングヒューマノイドみたいな?何かを抱えてながら空飛んでる黒い人影のような浮遊物体が目撃される(ニュージーランド)

フライング ヒューマノイド

【出典:】インドで撮影されたフライングヒューマノイド 世界中で目撃されている人の形をした未確認飛行物体フライング・ヒューマノイド。 その正体は宇宙人によるものか、それとも偽物なのかで常に物議を醸している。 メキシコでの目撃情報が多いとされているが、2004年にメキシコの警察が深夜のパトロール中に 空から飛んできた「何者」かが警察車両に向かって飛んできたという。 そしてフロントガラスを何度も殴り始めたため、応援を要請し仲間の警察官に救助されたとのことだ。 なお、この警察官に精神分析をした結果、異常はなかったという。 2013年に東京目黒区の上空に縦長の物体が垂直に飛行している様子が捉えられている。 撮影者のコメントによると肉眼で5メートルほどあるように見え、色は赤かったという。 物体は音もなくかなりの速さで平行移動していたとのことだ。 この動画を見るとわかるのだが撮影しているカップルの会話が、 リアルに驚きを隠せない様子がひしひしと伝わる。 まず このフライング・ヒューマノイドの映像を見て頂きたい。 (動画 00:09) この映像を視覚情報だけで、詳しい情報がなければ、まるで不思議な、UFO映像として人々は信じることであろう。 しかしこの 映像はCGIで制作されたショートフィルムである。 (投稿者のコメントにCGIと記載) 他にもメキシコで目撃されたという下の写真だがこれも 人型の凧と何もない空の写真を合成したものだったことが後に判明した。 しかしイギリスメディアの『Daily Star』などでは、 「物体は空に30分ほど浮いており、その間人々は逃げ惑った」と伝えているが動画を撮った者は一人も確認できなかった。 ちょうど、この頃1999年にカナダのDraganfly Innovations社、から 電動マルチコプターが販売され研究者の間で広まった頃でもある。 また次のような人の形をしたドローンも存在する。 これは 韓国の研究所で開発されたものだが垂直飛行を可能としている。 【出典:】韓国の研究所が開発した人型ドローン もし、このヒューマノイド・ドローンが飛行しているのを遠くから目撃したら、間違いなくフライング・ヒューマノイドだと思ってしまうだろう。 他にも垂直型ドローンで「マーティン AUV」という小型の無人ドローンが存在する。 『Defense News』によると実際に販売されているとのことだ。 「フライ・ボード・エア」と言う実際に強力な噴射力を利用して人が垂直に空を飛んでいる。 【出典:】フライ・ボード・エア (下につづく) 実際に私達が知らないところで高度な小型飛行物体が存在しているのは確かなようだ。 もしかしたら世界で目撃されているフライング・ヒューマノイドと呼ばれている物は、蓋を開けると他愛のない者かもしれない。

次の

フライングヒューマノイドの正体

フライング ヒューマノイド

この謎の物体を「フライング・ヒューマノイド」と呼んでいますが、最初の目撃は1999年にメキシコのテオティワカン遺跡でした。 この時は、春分の日の儀式が行われていたため、数千人もの人が集まっている場所で、目撃されています。 ネットで探してみましたが、残念ながらこの時の映像や写真は見つかりませんでしたので、この時はだれも写真などに収めてはいなかったのかもしれません。 しかし、翌年の2000年3月に今度はメキシコシティでフライングヒューマノイドが現れ、そこにいたアマチュアの天文家が動画を撮ることに成功しています。 この謎の物体は、黒っぽい色をしていて、水平に移動していたそうで、風船や鳥との見間違いなどではないということです。 この一件以来、フライング・ヒューマノイドの存在は一躍有名になり、その後も目撃情報がいくつも報告されています。 2004年にはパトロール中の警察官がフライング・ヒューマノイドに襲われたという情報もあります。 警官が乗っていたパトカーめがけて飛んできたかと思ったら、ボンネットに着地し、フロントガラスを殴り警官につかみかかろうとしたという話です。 また、2012年には中国の北京で、ホテルに宿泊していた客のビデオカメラが捉えた映像に空を飛ぶ、謎の物体が写っていました。 人気の記事• 今回は、ちょっと痛い話です。 この手の内容が得意でない方は閲覧に注意してください。 パプアニューギニアのセ... 31 views• まずはこの写真を見ていただきましょう。 銃を片手に持つ男性の左手に見えるのは、バッタです。 30 views• 巨人症は、おもに成長期の子供に成長ホルモンが過剰に分泌されて起こる症状です。 これに対して、末端肥大症と... 25 views• カメルーンとナイジェリアの国境に近いある村では、女の子が思春期を迎えて、胸が大きるなる頃にその膨らみかけた胸に... 18 views• 空を飛べる鳥の中で、世界一大きな鳥は何でしょうと、聞かれたら、どんな鳥を想像しますか? 多くの方は、ワシ... 18 views• ローペンは空を飛ぶ未確認生物(UMA)で、パプアニューギニアで目撃されています。 鳥のように空を飛びますが、... 14 views• 下の写真は、2010年にフランスの湖で釣り上げられた体長1メートルにもなる超巨大な金魚ということで、海外のメデ... 14 views• 巨大なイカの伝説は数多くありますが、タコのほうも負けてはいません。 世界最大のタコとされている種類は「ミ... 14 views• 現代においても、ビッグフットやイエティなどの大きな類人猿の話はありますが、ギガントピテクスは、はるか昔に実在し... 11 views• 都会で生活している人だと、見たことないかもしれませんが、ムカデほどゾッとする虫はいませんね。 もちろん、... 10 views• 現代の世界で生存しているカメの中で最大の種類は、体重が1トン近くにまでなるウミガメの「オサガメ」です。 9 views• アメリカの一部の地域では、異常に発育する野生の豚がたまに発見されるそうです。 9 views• 日本国内では、オオカミは100年以上前に絶滅してしまいましたが、北米やカナダでは今でも野生のオオカミが生息して... 9 views• 世界中の鹿の種類で、一番大きいのは「ヘラジカ」ですが、その大きさは、異様なほどです。 平均的な肩までの高... 8 views• 現在における世界最大の魚は「ジンベイザメ」で平均的な大きさは約11メートルです。 その次に大きい魚も同じ... 8 views• 世の中には、我々の感覚では、考えられないような風習を持つ地域がたくさんあります。 このブログでもいくつか... 7 views• エイリアン・ビッグ・キャットは1960年代から、主にイギリスで目撃されている体長150センチもあるクロヒョウの... 7 views• あなたは「オヒョウ」という魚を知っているだろうか? ネーミングのイメージからすると、なんだか可愛らしい雰... 6 views• ナマケモノといえば、木にぶら下がって、動きの遅いあの動物をイメージすると思いますが、1万年前のナマケモノの先祖... 6 views• 1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招く生き物が描かれていますが、一... 5 views• カテゴリー•

次の

【フライング・ヒューマノイド】実在する!?その真相・正体とは

フライング ヒューマノイド

空を飛ぶ人間? フライング・ヒューマノイド ロシアに出現したフライング・ヒューマノイドの映像を、画像で確認してみましょう。 人間が空を飛んでいる? 本当に人間(フライング・ヒューマノイド?)が空を飛んでいるのでしょうか? 写真を見ると、人間の頭部と胴体のシルエットのように見えます。 マントを羽織った人間? この写真では、人間が頭からすっぽりと大きなマントを羽織っているように見えます。 実際に形を変えながら飛んでいるのか、それとも、見る角度によって見え方が異なっているのでしょうか? 修道士に似たフライング・ヒューマノイド ビデオを解説しているハイメ・マウサン氏は、このフライング・ヒューマノイドは伝統的な修道士の姿に似ていると述べています。 秘術を使った「空飛ぶ修道士」となると、魔女や超能力者の類いになりますね。 ひょっとするとホウキに乗って空を飛ぶ魔女なども、フライング・ヒューマノイドの一種だったのかもしれません。 フライング・ヒューマノイドの正体は? フライング・ヒューマノイドのイメージ 「フライング・ヒューマノイド」の正体は何なのでしょうか? フライング・ヒューマノイドを直訳すれば、「人間によく似た空飛ぶもの」という意味になり、実際に人間の姿に似ていています。 フライング・ヒューマノイドと似た種類には、細長い虫のように動いて空を飛んでいるフライング・ワームや、フライング・ホース、スカイフィッシュなどと呼ばれるものもいます。 それぞれに姿は異なりますが、大きく分類すれば、「UFC(未確認飛行生物)」という括りになります。 冒頭の動画でもそうですが、黒いマントを羽織って飛んでいるようにも見えるので、フライング・ヒューマノイドの正体は、魔女や超能力者という説があります。 また、軍事技術の遺伝子操作で生まれたヒューマノイド説や、飛行能力を持ったエイリアン説もあります。 但し、風に飛ばされた風船(バルーン)の見間違えや、明らかにCG合成されたフライング・ヒューマノイドの映像も見られます。 実際には、身間違えや合成映像が多いと思われますが、メキシコを中心に世界中でフライング・ヒューマノイドの目撃報告が増えており、その正体は未だに不明とされています。

次の