フロー 図 作成 ツール。 Excelフローチャート作成支援ツールの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

データフロー図ソフト

フロー 図 作成 ツール

ベクターの業務フロー記号が組み込まれています。 豊富な業務フローテンプレートを無料で利用できます。 操作は学びやすくて、使いしやすい。 MSプログラムのような直観的なインターフェース設計、さらにドラッグ&ドロップの操作で、作図苦手の方にもすぐに使えるようになります。 自動接続、自動配置、クイック書式設定などパワフルでスマートなツールが搭載され、業務フローの自動生成は可能です。 図形にハイパーリング、注釈、ファイルなどを添付することはできます。 ワンクリックでPDF、Word、PPT、PNG、Htmlページ、SVGなど他のファイルにエクスポートできます。 クラウド保存、共同作業もサポートし、社内の情報の共有、コミュニケーションなどに役に立ちます。 業務フローのほかに、基本のフローチャート、BPMN、部門連係フローチャート、ワークフローなど様々なフロー図とも作成できます。 Part3:ベクターの業務フロー記号 ソフトには業務フロー図を作成するために必要の、部門やステップ(業務)などの業務フロー記号が組み込まれています。 すべての記号はベクターなので、色、サイズなどのカスタマイズは可能です。 記号の上で右鍵をクリックして図形を変更することもできます。 ホームメニューにける「配置」、「間隔調整」はいくつかのデフォルトの整列方式をご利用いただけます。 ご要望によって、ワンクリックで選んで、業務フローのレイアウトをよりわかりやすくてきれいに見せます。 業務フローテンプレートを無料でダウンロード:.

次の

業務フローツール

フロー 図 作成 ツール

ベクターの業務フロー記号が組み込まれています。 豊富な業務フローテンプレートを無料で利用できます。 操作は学びやすくて、使いしやすい。 MSプログラムのような直観的なインターフェース設計、さらにドラッグ&ドロップの操作で、作図苦手の方にもすぐに使えるようになります。 自動接続、自動配置、クイック書式設定などパワフルでスマートなツールが搭載され、業務フローの自動生成は可能です。 図形にハイパーリング、注釈、ファイルなどを添付することはできます。 ワンクリックでPDF、Word、PPT、PNG、Htmlページ、SVGなど他のファイルにエクスポートできます。 クラウド保存、共同作業もサポートし、社内の情報の共有、コミュニケーションなどに役に立ちます。 業務フローのほかに、基本のフローチャート、BPMN、部門連係フローチャート、ワークフローなど様々なフロー図とも作成できます。 Part3:ベクターの業務フロー記号 ソフトには業務フロー図を作成するために必要の、部門やステップ(業務)などの業務フロー記号が組み込まれています。 すべての記号はベクターなので、色、サイズなどのカスタマイズは可能です。 記号の上で右鍵をクリックして図形を変更することもできます。 ホームメニューにける「配置」、「間隔調整」はいくつかのデフォルトの整列方式をご利用いただけます。 ご要望によって、ワンクリックで選んで、業務フローのレイアウトをよりわかりやすくてきれいに見せます。 業務フローテンプレートを無料でダウンロード:.

次の

画面遷移図の書き方と作成に便利なツール

フロー 図 作成 ツール

仕事やプライベートでも、何かの 手順などを分かりやすく把握するのに役立つのがフローチャートです。 「フロー」は「流れ」、「チャート」は「図」という意味なので、物事の手順などの流れを表現した図のことを言います。 図を作成するので「フローチャート専用の有料ソフトが必要なの?」「無料で作れるソフトはないの?」と思われるかもしれません。 ありがたいことに、無料でフローチャートを作成できるツールは web 上にいくつもあります。 その中でも今回は3つのお勧めツールをご紹介いたします。 draw. io 無料なのに高機能で使いやすいと評判なのが『draw. io』というツールです。 登録不要でオンライン上で使用することができ、操作性もとても良いのが特徴です。 使用するには下記の URL へアクセスするだけ!すぐにフローチャートを作り始めることができます。 また様々なパーツ(図形など)やテンプレートも用意されているのも特徴と言えるでしょう。 左メニューにあるパーツを右側のキャンパスへドラッグするだけの操作で、サクサクとフローチャートを作成することができます。 データの保存は Google ドライブ・OneDrive・Dropbox・端末へ可能です。 PNG や SVG 形式での出力もできます。 『draw. io』の特徴まとめ どのツールを使ったら良いか分からない・迷っている方はとりあえず『draw. io』を使ってみましょう! スポンサーリンク 2. CaCoo(カクー) 『CaCoo』も『draw. io』と同様にオンライン上でフローチャートを作成できる無料ツールです。 複数のメンバーでファイルを共有して同時編集することができたり、チャット機能によりチャットをしながら作成することができるなど、複数のメンバーで使用することが可能なのが特徴です。 スマートフォン用のワイヤーフレームが用意されていたり、マインドマップやプレゼンなど豊富なテンプレートが用意されています。 たくさんのパーツがあるので、カラフルでクリエイティブなフローチャート等の図を描くことができると思います。 ただし『CaCoo』の場合はプランがあり、無料で使用するには制限があります。 例えば無料のフリープランでは作成可能シートが6枚までとなっています。 また出力できるのも PNG のみで、図の共有数にも制限があります。 いつまでも完全無料で使いたいという方には不向きかもしれません。 『CaCoo』の特徴まとめ 複数のメンバーで同時編集したい場合にはお勧めです。 無料で使用できる(制限付き)• 登録が必要(SNSでのログイン可能)• 日本語対応• 高機能でパーツも豊富&カラフル• 複数のメンバーで同時編集が可能• チャット機能がある 3. Google スライド Google ドライブ内で無料で使用ができるプレゼン用ツールである『Google スライド』でもフローチャートの作成が可能です。 完全無料で使用ができ、安全にデータを共有し観覧してもらうことも共同編集することも可能です。 プレゼンテーションを行うためのスライドツールのため、フローチャートを作成するパーツの数は少ないです。 そのためシンプルなチャートを作るのに向いています。 図形からフローチャートのためのパーツを使用できます。 [挿入]からご自身の写真等の画像を入れることもできますし、意外に自由に作成していくことができるのが魅力です。 YouTube 動画でも作成手順を紹介しております!(無音).

次の