プロテイン ダマ に ならない 振り 方。 初めてでもよくわかる!プロテインの基礎知識と飲み方をやさしく解説

プロテインがダマにならない方法を紹介!熱湯で溶かすのはアリ?

プロテイン ダマ に ならない 振り 方

なかやまきんに君です。 先日、ジムでトレーニング仲間の人達と「 プロテイン」について話をしていました。 その中で盛り上がった話題はプロテインを飲む時の『泡』でした。 (素晴らしい内容で盛り上がるんですね 尊敬します) 最近「プロテイン」を飲みだした人は意外にも「プロテインの泡」が気になるという方もいました。 僕にとって「プロテイン」は『神の粉』ですので、まさに『神の泡』とでも言えます。 スポンサードリンク そこで皆さん、 「プロテインの泡って気になりますか?」 ほとんどの方は、シェイカーで牛乳、豆乳、水、またはジュース等に混ぜて飲まれていると思いますが、その時に多かれ少なかれ「プロテインの泡」は出来ますよね。 そんな細かい事と思われるかもしれませんが、プロテインを毎日2〜3回飲まれる方は気になってもおかしくはありません。 僕はそんなに気にならないと思っていましたが、それは自然となかやまきんに君のオススメ『神の泡』対策していたからです。 その方法も紹介させていただきます。 (やっぱり カッコイイ) オイ、オレの筋肉!! プロテインの泡を消す&抑えるいい方法はあるのかい!? それともないのかい!? どっちなんだい!? あーーーーーる!!(完璧に 大爆笑) さぁー、という訳で今回は 3つに分けて説明いたします。 それは 「プロテイン ドリンク はなぜ泡立つの?」、 「プロテインの泡を消す方法はあるの?」、そして 「なかやまきんに君のオススメ『神の泡(プロテインの泡)』消し対策」です。 プロテインドリンクはなぜ泡立つの? 「プロテインドリンク」は、シェイカーで作って飲まれると思いますが、その際に空気と液体がぶつかり合って、「泡」が出来てしまいます。 液体に空気が混ざって出来た「泡」は、その液体の表面張力によって保たれているとの事です。 「泡」は、その液体の粘り気(粘度)によって変わってくるみたいですね。 例えば、水を容器に入れて振ってもその「泡」は出来ますがすぐに消えてしまいます。 水はサラサラなので表面張力が弱く、「泡」が出来てもすぐに弾けるという事ですね。 牛乳、豆乳、水、ジュースどれと混ぜても「泡」は出来ますが、表面張力(粘り気)が関係しているので、液体的に消えやすいのは(表面張力の弱い)水やジュースだと思いますが、「プロテインパウダー」の種類によっても変わってきます。 詳しい事は分かりませんが、僕の個人的な感想では、「プロテインパウダー」の粉の粒子が細かいモノ程、シェイカーで混ぜた時に「泡」が出来やすいかと思います。 「プロテインドリンク」を作る時に出来る「泡」は害があるとは聞いたことがないですが、人によっては大量に飲むとゲップが出たりはあるかと思います。 では、「泡」は捨てればいいのかと言えばそれも違います。 その「泡」を飲まないとせっかくの「プロテイン」がもったいないと、あの『平尾さん』も言っていました。 (ザ・健康ボーイズネタのオチで出てくる元トレーナーの平尾さん さすがです 爆笑) プロテインの泡を消す&抑える方法はあるの? 僕の経験、そして今回の改めて実験をしてみましたので、 5つの有効な 方法を書かせていただきます。 1、温度を上げる 上記で説明しましたように、液体と空気が強くぶつかると「泡」は出来ますので、 優しく振ればいいという事になります。 冷たい飲み物でプロテインを作ると、粉を溶かす為に必然的に強く振らなければいけません。 そこで、液体を温かくしておくと粉は溶けやすい為、優しく振るだけで済みます。 「 泡」は液体の表面張力と関係しているので、その液体の温度を上げると 出来た「泡」が消えやすくなるとの事です。 かといって、高温の液体をシェイカーで振るとの容器内の圧力が高まり、ふたを開ける際に中身が飛び出る恐れがありますので、温度はほどほどにしましょう。 それに、あまりに高温でプロテインパウダーを混ぜると「たんぱく質」の損傷の可能性もありますので、やや温かいくらいにしましょう。 2、シェイカーの振り方を変える 普通、シェイカーの振り方は以下の写真のように縦方向に行っていると思います。 この場合は縦にふるので、空気と液体が激しくぶつかって「大きな泡」が出来てしまいます。 よって、縦振りではなく手首を旋回させて、 シェイカーを回すように振ってみて下さい。 もちろん強く振れば「泡立ち」ますが、縦振りよりも弱めに振っても溶け具合も悪くなく、泡立ちも少なく出来上がります。 3、ミキサーで混ぜる シェイカーは縦に振ると空気と液体がたくさんぶつかり、「泡」が出来ると「2、」でも言いましたが、ミキサーを使うと、空気と液体がぶつかると言うよりも、混ざり合う感じになります。 よく見ると「細かな泡」はたくさん出来ますが、表面ではなく液体自体に出来ているので、飲む時に気にはなりません。 むしろ、パウダーもしっかり溶けて、「泡(空気)」が取り込まれ口当たりも優しく、 味もシェイカーで振るよりも格段に美味しいです。 ミキサーなので、その中にバナナなどを入れて栄養や味をさらにプラスする事ができます。 ただ、毎回の準備や後片付けは手間が入ります。 なかやまきんに君監修、世界一美味しい。 ) 4、直接口に入れる プロテイン歴の長い人なら「プロテインパウダー」をそのまま口に入れて飲まれた事はあると思います。 シェイカーも使わず一番楽な方法でもありますが、こぼさずに行うにはそれなりのテクニックが必要になります。 順序は、まずは 「1、液体を口に入れて」から「2、プロテインパウダー」を入れます。 その逆の順序で行うと、喉に直接粉が付いて咳き込んだり、(口の奥側に液体が届きにくく)粉が中々溶けなくなって飲みこむのに一苦労してしまいます。 もう一つのテクニックは、「プロテインパウダー」の スプーンの形に合わせて口を開けましょう。 5、液体とプロテインパウダーの割合を変える 上記の説明で「泡」は粘度(表面張力)によって保たれると書きましたが、これは「泡」が出来てしまってその「泡」は粘度のある液体の方が消えにくいという意味です。 という事は、そもそもの液体に粘度があれば「空気とぶつかっても泡は出来にくいのではないか?」と思いました。 そこで実験をしてみました。 それは 「液体に対して、プロテインパウダーの量を多めにする。 」です。 うまく調整できれば(割合はちょうどいい頃合いはあります)、少しドロっとしたプロテインドリンク(密度あり)になります。 液体自体に粘度(密度)がありますので、空気とぶつかっても「泡」が出来にくいのではと推測しました。 実際にやってみると、(細かい)泡は少なめでした。 これはプロテインの種類にもよると思いますので、皆さんも試してみて下さい。 スポンサードリンク なかやまきんに君のオススメ『神の泡(プロテインの泡)』消し対策 オススメは 『温める&直接口に入れる』です。 まずは 「温める」方法ですが、僕は自然とこの方法を行っていました。 と言いますのも、普段から冷たい物は飲まないようにしているからです。 腸だけは冷やさないよ。 (真剣な眼差し カッコイイ) もし、腸を冷やさないランキングがあれば、僕は世界第8位くらいだと思います。 (さすがですね 尊敬します) 僕はシェイカーで「プロテインドリンク」を作る時は、いつも100mlの豆乳(冷たい)と100mlのお湯を混ぜて温かくした豆乳にプロテインをシェイカーで混ぜて飲んでいます。 冷たい豆乳で作るよりも、優しく振っても溶けるので「泡立ち」は穏やかです。 そして 「直接口に入れる」方法です。 時間がない時や、外出先でシェイカーを使えない時はこの方法です。 注意点としましては、溶けにくいパウダーは難しくなります。 例えば、粉が細かく空気中に舞いやすいパウダーは口に入れにくいし、溶けにくいのでやりいにくくなります。 僕は直接口に入れる場合は、比較的溶けやすい「ホエイ」と「ソイ(大豆)」を混ぜた「プロテイン」を使用しています。 まとめ 「プロテイン」を飲む以上、『泡』の問題は必ずおきます。 特に、粒子の細かなプロテインパウダーは「泡」が出来やすいと思います。 確実に「泡」を発生させない事は難しいですが、工夫によってその「泡」を抑えたり、消えやすくなって気にならない程度にする事は可能です。 その方法とは、 温度を上げる、 シェイカーの振り方を変える、 ミキサーで混ぜる、 直接口に入れる そして、 液体とプロテインパウダーの割合を変えるの 5つを紹介しました。 その中でも僕が特にオススメなのは、『 温度を上げる』と『 直接口に入れる』の2つです。 僕は、温かい飲み物で「プロテイン」を飲むと、腸も冷えませんので働きがよくなり消化吸収を助けたり、体が冷えないので怪我予防にもつながると考えております。 そして、時間のない時は直接口に入れて飲みます。 この方法は動きが目立つので、新幹線などでやるとよく周りの人に2度見されますが、それも筋肉達の為です。 皆さんも、『神の泡』こと、「プロテインの泡」を 消す対策を参考にしてみて下さい。 あー、腸を冷やさないランキング世界第8位か、、、 もし、選考委員会にギャグでスベってその場の空気は冷やしてるのがバレたら、そのランキングはグッと下がるだろうなー なかやまさん、あなたは結構スベってますね。 よって、世界第68億5928万飛んで29位です!! えーーー!! ってやかましわ!!(笑いの神も驚く 大爆笑) そこまで下がるかー!! 以上、 なかやまきんに君でした。 パワーー!! スポンサードリンク•

次の

プロテインシェイカーでダマができないおすすめのものはコレ!良く溶ける方法は?

プロテイン ダマ に ならない 振り 方

プロテインシェーカーは、プロテインを飲むときに使われる専用容器です。 国内や海外メーカー製など、多種多様なものが販売されています。 プロテインの活用を検討している方やプロテインが溶けにくいと感じている方など、シェーカーを買おうか検討している方もいるのではないでしょうか? そこで本記事では、シェーカーの必要性や、シェーカーを使うメリット、使用方法などを解説します。 シェーカーは必要? シェーカーはプロテインを飲むのに必須のものではありません。 プロテインは、水や牛乳などの液体に溶かして飲みますが、コップやタンブラー、マグボトルなど、飲み物を入れる器があれば、プロテインを溶かすことができます。 そのため、必ずシェーカーを用意しなければならないわけではありません。 もっと手軽に混ぜたいならシェーカーの利用がおすすめ コップで作るときは、水とプロテインを入れたあとに、スプーンやマドラーでよく混ぜ合わせます。 しかし、よく混ぜたとしても、プロテインが溶け残ることがあります。 また、コップからあふれださないように、慎重に混ぜ合わせるケースもあるでしょう。 シェーカーを使うと、水とプロテインを手軽に混ぜ合わせられます。 日常的にプロテインを飲む人は、コップよりも使いやすさを実感できると思います。 シェーカーを使うメリット 専用容器のシェーカーには、さまざまな工夫がほどこされています。 持ちやすさや飲みやすさなど、シェーカーを使うメリットを5つご紹介します。 粉が溶け残りにくい ウイダープロテインの1食分は、約200mlの水に20~30gのプロテインを溶かします。 このプロテインの量は、ウイダー専用スプーンで2~3杯となります。 初めてプロテインを飲むときは、想像よりも粉末の量が多いと感じるかもしれません。 プロテインの改良が進んで溶けやすくなっているとはいえ、専用スプーン2~3杯の粉末をスプーンで残らず混ぜ合わせるのが難しい場合もあります。 しかし、シェーカーを使えば、振って混ぜることが可能なので、粉末と水が混ざりやすく、コップで混ぜるよりも、素早く溶かすことができます。 混ぜるときにこぼれにくい フタを閉めて上下に振ってプロテインを溶かせるシェーカー。 コップに入れてスプーンで混ぜ合わせると、こぼれる可能性がありますが、用法どおりにシェーカーを使えばその心配はありません。 ただし、シェーカーでも、フタをしっかりと閉めていない場合は、すきまから漏れてしまいますので注意が必要です。 また、フタに飲み口のあるシェーカーもあります。 飲み口があるとペットボトルのような感覚で飲めるのがメリットです。 一方で、形状が複雑になり、洗いにくいとの声も聞かれます。 自分の用途に合う、フタの形状を選びましょう。 プロテインを入れやすい プロテインをこぼさずに混ぜ合わせる目的であれば、フタ付きのマグボトルを使えば良い、と思うかもしれません。 もちろん、マグボトルを使用しても問題ありません。 100円ショップなど、身近なお店で取り扱われているマグボトルは、購入しやすさもあります。 マグボトルとシェーカーの違いの一つは、口の広さです。 マグボトルよりもシェーカーの口は広くなっています。 実際にシェーカーを使用してみて気がつくのは、プロテインの入れやすさです。 必要以上に慎重にならずとも、プロテインをこぼさずに入れて混ぜ合わせられます。 また、口の広さは、飲み終わったあとの洗いやすさにもつながります。 目盛り付きで計量しやすい シェーカーには容量の目盛りが付いているものが多く、わざわざ計量カップを出して水を量る手間がかかりません。 特に朝などの忙しい時間帯では、水を量って入れるという一手間がないだけでも、シェーカーの利便性を感じるのではないでしょうか。 シェーカーの使い方 プロテインの作り方の基本は、液体にプロテインを加えて混ぜ合わせます。 これは、シェーカーへ先にプロテインを入れると、ダマや溶け残りができやすいからです。 【使い方】 1. シェーカーに水や牛乳を既定の量入れ、プロテインを加える 2. フタをしっかりと閉める 3. フタを軽く指で抑えて上下に10回ほど振る 4. シェーカーの底を見て、溶け残りがないか確認する 5. フタを開けて飲む 使い終わったあとは、中性洗剤を付けたスポンジで洗って水ですすぎ、しっかりと乾かします。 スポーツジムなど、自宅以外でプロテインを飲んだ場合は、水で軽く洗い流し、帰宅したら早めに洗剤で洗いましょう。 さまざまな栄養素が配合されたプロテインを放置すると、雑菌が繁殖する原因になります。 シェーカーについてよくある質問 シェーカーを初めて使う場合に、よくある質問をまとめました。 購入するときや使用するときの参考にしてください。 シェーカーを食洗機で洗っても良いですか? シェーカーの形状は、製品によって異なります。 食洗機で洗えるかは、メーカーの取り扱い説明書を確認してください。 ウイダーが取り扱っているシェーカーは、変色や変形する可能性があり、食洗機を使用できません。 容器のまま電子レンジで温められますか? 取り扱い説明書を確認してください。 ウイダーのシェーカーは、電子レンジでは使用できません。 温かいプロテインを飲みたい場合は、シェーカーで混ぜ合わせたあと、耐熱性の器に移し替えてから温めましょう。 プロテインシェーカーに中身を入れて凍らせることはできますか? 冷凍の可否は、取り扱い説明書で確認してください。 ウイダーのシェーカーは、凍結させると変形・破損する原因となります。 シェーカーからプロテインがこぼれることはありませんか? 強く振ったり、逆さまにするとまれに液漏れすることがあります。 フタをしっかりと閉め、フタを軽く押さえて振りましょう。 ウイダーのシェーカーは、 フタがきっちり閉まるとカチッという感触があり、しっかり閉まっているかを確認できる設計になっています。 利便性を追求したウイダーのシェーカー ウイダーから販売されているシェーカーは、円柱状のシンプルなフォルムです。 中央部分が少しくびれており、手で持つときにフィットします。 飲む量を調整しやすい500mlサイズで、本格的に体作りをしているアスリートから、食事で不足したタンパク質を補う目的のユーザーまで、幅広く活用できます。 高さが約3cmあるフタは握りやすく、開け閉めがしやすいです。 最後までフタを回すと、カチッとはまった手ごたえがあり、閉め加減の分かりやすさも特徴です。 しっかりと閉まりつつも軽い力で開けられます。 また、フタに飲み口はありませんが、飲みやすく設計されています。 フタの下半分のみに溝が付けられていることで、飲むときにボトルの溝が口に触れません。 さらに、口に触れる部分は薄く作られており、口当たり良く飲むことができます。 飲み終わったあとは、スポンジで洗いやすいシンプルな形状のシェーカーです。 【商品サイズ】 容量:500ml 直径:7. 6cm 高さ:15. 6cm まとめ シェーカーは、プロテインを溶かすときに便利な容器です。 混ぜやすさはもちろん、持ちやすさや飲みやすさを考慮して作られているものが多いでしょう。 手軽にプロテインを摂取できるアイテムとして活用できます。

次の

プロテインがダマになる7つの原因!│十代ブログ【元警察官・元RIZAPパーソナルトレーナー】

プロテイン ダマ に ならない 振り 方

「まずいプロテインを飲み続けるのは段々つらくなる... 」 楽しく飲みたいそして 痩せたい! プロテインをアレンジすれば、なかなか痩せない停滞期も楽しく過ごせるんです。 だからこそ、美味しい飲み方を工夫するのはおすすめ! この記事には• プロテインの美味しい飲み方• より痩せる組み合わせ• 逆に増量期(太りたい時)向けの掛け合わせ これら3パターンを載せています。 すごく簡単なレシピなので、料理に混ぜるのが得意じゃなくてもできますよ。 鉄板の水や牛乳割り以外のメニューもあり、全部で14種類のアレンジを用意しました。 不味かったものも、同じ失敗を犯さないように記載しています。 ホット• 炭酸水• コーヒー• 野菜ジュース• オレンジジュース• 飲むヨーグルト• ココア お菓子部門から4つ。 パンケーキ• クッキー• アイス• バー 増量部門から1つ。 カロリー爆弾シェイク 目次• 使用するプロテイン= プロテインパウダー本来の味にはチョコレート、ココア、バニラ、抹茶、バナナやベリーといった果物系に、無味のプレーンまで色々あります。 その中から 使うプロテインパウダーは、のチョコレート味。 特に人気のあるチョコを選びました。 この記事ではより痩せやすくするため、マイプロテインダイエットホエイを使用しています。 プロテインダイエットにおいて、質の高さとコスパは重要だからです。 プロテインの美味しい飲み方 プロテインを美味く飲めるメニューは6つあります。 2つは液体を混ぜるだけで完成する簡単なアレンジ。 あとの4つは料理をして作るものです。 オレンジジュース• パンケーキ• クッキー• アイス• バー プロテインの美味しい飲み方 牛乳 オレンジジュース パンケーキ クッキー アイス バー 美味しさ 栄養素 簡単さ おすすめ順位 3位 4位 6位 5位 2位 1位 人気の王道 プロテインの牛乳割り 1番簡単かつ、美味しいのがプロテインの牛乳割り。 牛乳を混ぜるだけのシンプルな組み合わせはプロテインアレンジの王道。 どんなフレーバーでも不味くならない安定感は、本当にすごいんですよね。 プロテインの味は何十種類もあり、種類によって合わないアレンジがあります。 例えばストロベリー味のプロテインとヨーグルトは合いません。 しかし、牛乳割りはどんな味の種類でも大丈夫。 「プロテインを美味しく飲みたい!色々アレンジはあるけど、どれにしよう... 」と 迷ったら安定のミルクがおすすめ!とにかく万能なんですよね。 牛乳で割っても美味しくなかったら、そのプロテイン自体があなたにとっては不味い証拠です。 その時はプロテインを替えたほうが良いですよ。 用意するもの• マイプロテインダイエットホエイ• 牛乳(低脂肪乳や無脂肪乳のほうが痩せる)• シェイカー 割り方• シェイカーに牛乳を350ml入れる• 柑橘のオレンジやグレープフルーツにはクエン酸が含まれているからです。 クエン酸は筋肉内の糖を回復させ、効率よく筋肉疲労を取り除ける優れもの。 だからプロテインとオレンジジュースの組み合わせは、太りたい時やアスリートにおすすめできるんです。 プロテインと同時に糖分を摂ればいいので、オレンジジュースに限らず他のジュースでも効果的ですよ。 りんご、ぶどう、グレープフルーツジュースも試してみました。 一言でいえば、とにかく甘い。 ぶどうジュースで割った場合 ぶどうもただただ甘い。 ぶどう感はほぼ無くなるので、もはやプロテインと混ぜる良さが無い。 パイナップルジュースで割った場合 プロテインをパインジュースで割っても、かなり甘かったです。 まるでただの砂糖ジュース。 香りだけはパイナップルなので、匂いは心地よかったですね。 グレープフルーツジュースで割った場合 あらゆる果物系ジュースをプロテインで割ってみた結果、グレープフルーツが1番美味しい!!プロテインの甘さとグレープフルーツの酸味がマッチして、かなり美味しさが増します。 プロテインがチョコレート味なので、お菓子のオレンジピールやオランジュに近い味になりました。 用意するもの• マイプロテインダイエットホエイ• オレンジジュース(果物系ならなんでもよい)• シェイカーにオレンジジュースを200ml入れる• オレンジジュース200mlに水200ml、そこにプロテイン粉末を60g入れるのがおすすめの割合です。 糖質ゼロ プロテインパンケーキ 朝食やおやつにおすすめのプロテインパンケーキ!小麦粉の代わりにプロテインパウダーを使っています。 つまり、 小麦粉の糖質無しでパンケーキを食べられる優れもの。 ふつうのパンケーキと比べると 食感が軽く、スフレっぽい柔らかさ。 腹持ちもいつものパンケーキと同じ。 小麦粉特有の味わいはなく、プロテインフレーバーの味を活かせます。 さすがにパンケーキ専門店より美味しいプロテインパンケーキは作れません。... しかし、小麦粉の糖質ゼロでここまで味わえるパンケーキは他にないんですよね。 用意するもの• プロテイン30g• 卵 2個• 炭酸水30ml• 油 小さじ2杯• シェイカー 水、牛乳や豆乳ではなく炭酸水を使うことによって、ふわふわのパンケーキを作れます。 はちみつを付けてもOK、ダイエットならシロップよりはちみつ 作り方• シェイカーにプロテインと炭酸水を入れて優しくシェイクする• 卵を黄身と白身に分けてそれぞれボウルに入れる• 白身を泡立て器で混ぜて、つのが立つメレンゲを作る• 卵黄を泡立て器で混ぜてから、1の液体を加えてさらに混ぜる• 4のボウルにメレンゲの半分を入れて、メレンゲをつぶさないように優しくヘラで混ぜる• 5に残りのメレンゲを入れて優しく混ぜる• フライパンに油小さじ2杯をしき、中火で温める!• 6の生地をフライパンに流し入れる• 3~4分後、表面がフツフツとしてきたらひっくり返して、両面に焼き色がつくまで焼く• お皿に盛り付けて完成! プロテインパンケーキを上手に作るコツは、時間をおかずに素早く完成させること。 途中で洗濯したり出掛けたりすると、作った生地がだれてドロドロになってしまうんですよね。 ふつうのアイスと比べてプロテインアイスは砂糖を使っていないので、太る心配は必要なし。 市販のアイスはほぼ100%砂糖を使っており、食べ続けるとどうしても太るんですよね...。 でもこのプロテインアイスなら、砂糖を使わずプロテインで代用! どんな味がするかというと、氷菓のようなシャーベット。 「カリカリッ」「シャキシャキッ」とした食感はホロホロと崩れるガリガリ君。 もしなめらかな舌触りのアイスクリームを楽しみたいなら、生クリームが必須なんですよね。 今回のプロテインアイスの完成品は一切生クリームを使っておらず、最高に低カロリー。 もしクリーム的なふんわり感が欲しいなら、生クリームを混ぜると食感が一気に変わりますよ。 用意するもの 3本分を作る場合、下記の量を用意します。 プロテイン45g• 牛乳300ml(豆乳を使用するとよりあっさりした食感に)• お好みで好きなフルーツ(写真はバナナ、ラズベリー、黄桃を使用)• アイス容器 作り方• プロテインと牛乳、果物をミキサーにかける(シェイクで混ぜてもよい)• アイス容器に1を半分まで注ぎ、冷凍庫で15分冷やす• 残りのプロテイン液を注ぎ、固まるまで冷凍庫で冷やす• 完成! 2と3の手順を分けることによって、アイス1本で2つの味を楽しめます。 1の手順で果物の種類を変えると、味を大きく変えられますよ。 下の写真は上から黄色がバナナ、ピンクがラズベリー、茶色が黄桃と混ぜた時のものです。 便利な間食 プロテインクッキー おやつ好きな人にたまらない、プロテインクッキー!常備しておくと便利な間食第1位。 ふつうのクッキーとは違って砂糖を使っていないので、中毒的な甘さがありません。 ほんのりとした甘みが付いており、食べやすさはピカイチでした。 焼きたてのプロテインクッキー はココナッツがふんわり香るこうばしさ! 冷めてからはしっとりクッキーに変身! 一緒に紅茶かコーヒーを並べたら、高級住宅街に住むマダムのティータイムにそっくりの時間を堪能できますよ。 用意するもの• プロテイン30g• 米粉パウダー50g• 大豆粉 50g• ベーキングパウダー小さじ1杯• 豆乳 100ml• エリスリトール大さじ1杯• ココナッツオイル50g(固形の場合は液状に溶かしておく)• ビニール袋 作り方• ボウルに全ての材料を入れてヘラや泡立て器などで混ぜる• ある程度混ざったら、ビニール袋に入れて生地がまとまるまで手で揉む• 5~7ミリ程の厚さになるよう袋の上から綿棒でのばす(厚めより薄めのほうが、後でカットする際に切りやすい)• 袋を破り、キッチン包丁でカットする• 完成! 持ち運べるお菓子 プロテインバー 外にも持ち運べるおやつ、プロテインバー! ふつうのプロテインバーは砂糖や水飴を使っていますが、これなら ムダな糖分一切無し。 毎日食べても大丈夫な素材を厳選しています。 自分で作るので経済的にも良し。 ザクザクッと 食べ応え抜群!最強の1本満足バーに大変身。 この満腹感にはダイエッター歓喜! ダイエット中にあったら幸せな間食ですよ。 オートミールを使ったプロテインバーなので、お口の中の水分が持っていかれます。 一緒に飲み物を用意するのを忘れずに! 用意するもの• プロテイン45g• オートミール100g• 生おから30g• 無糖ピーナッツバター大さじ3杯• 牛乳 or 豆乳 大さじ3杯• お好みでナッツ、チアシード、グラノーラ、ドライフルーツ• はちみつ(甘さ調節用) 作り方• ボウルで全て混ぜ合わせて、ひとまとまりにする• まとまったものをラップで包み、1. 5cmほどの厚さにする• バーの形になるように包丁で切る• オーブンシートの上に乗せ、180度15分~20分間焼き上げる ガチで不味かったプロテインとの掛け合わせメニュー 今まで体験した失敗作をシェアします。 もう一生作りたくないプロテインアレンジの数々...。 作っても絶対に後悔するので、これらは避けるのをおすすめします。 ホット(温め)• 炭酸水• 野菜ジュース• ヨーグルト• 果物系フレーバーなら普通に食べられる美味しさでした。 ダマ地獄 温めたホットプロテイン ホットプロテインは飲まないほうがいい飲み物です。 変性すると プロテインが溶けにくくなり、固まった粉末が残りやすくなるんですよね。 そう、ダマ地獄。 とにかく粉が溶けない!!! ダマが好きなら温かいプロテインはおすすめなんですが、ダマ嫌いにとっては大敵。 ぬるい温度ならいつものように溶けてくれるので、 ぬるま湯プロテインは大丈夫ですよ。 お湯に混ぜるとマジで不味い。 用意するもの• マイプロテインダイエットホエイ• シェイカー 割り方• シェイカーにぬるま湯350mlを入れる• プロテイン粉末を60g入れる シュワシュワ感ゼロ プロテインの炭酸水割り シュワシュワっとした炭酸の爽快さが好きなら気になるプロテインの炭酸水割り。 効果は水割りと一緒ですが、 鬼のように不味いぞ!!! もはプロテインパウダーを炭酸水に溶かす前から、不気味に泡立っていました。 その後にシェイクして混ぜますよね。... そう、これらの行為によって 炭酸がすべて抜けていたんです。 炭酸が抜けきった後の炭酸水はつらい...。 用意するもの• マイプロテインダイエットホエイ• 炭酸水• シェイカー 割り方• シェイカーにぬるま湯100mlを入れる• プロテイン粉末を20g入れる もし試したいなら、確実に不味いので量を少なめに。 激マズ青汁 プロテインの野菜ジュース割り プロテインと野菜ジュースは混ぜるな危険!! 鬼のように不味い。 飲んだ後、無意識に武者震い「ぶるぶるっ」とするほどヤバい。 まるで身体が拒否しているみたいでした。 「味が喧嘩(ケンカ)するってこの事なんだな」と実感できますよ。 野菜ジュース割りは美味しく飲むものではなく、昔の激マズ青汁と同じ。 もう飲みたくない。 水分の無いサバンナにいない限り絶対に飲まない。 用意するもの• マイプロテインダイエットホエイ• 野菜ジュース• シェイカー 割り方• シェイカーに野菜ジュース200mlを入れる• プロテイン粉末を30g入れる 果物フレーバー限定 プロテインの(固形 or 飲む)ヨーグルト割り プロテインとヨーグルトを混ぜる組み合わせは、ダイエットに効果的!なぜならヨーグルトから乳酸菌が摂れるかつ、カロリーの高い脂質が少ないから。 しかもタンパク質の吸収速度が遅くなり、 腹持ちも良くなるんです。 ヨーグルト割りは、最強のプロテインダイエットドリンク。 ただし!プロテイン フレーバーを間違えると激マズアレンジに早変わり。 チョコレート味のプロテインとヨーグルトを混ぜたら、すごく不味かったんですよね...。 ヨーグルトの酸味とチョコレートの甘さが喧嘩して、もはや何味か分からない結果に。 (この後、水分の割合を飲むヨーグルト3対水7にしたら、まあまあ美味しかったです。 といっても好んで飲むレベルではありません。 ) この体験から、 チョコやバニラ、キャラメルフレーバーのプロテインとヨーグルトを混ぜるとだいたい不味いと判明しています。 酸味のマッチするものなら合う可能性が高いので、 ストロベリーやブルーベリーといった果物系のプロテインフレーバーをヨーグルトで割ると美味しいですよ。 固形のヨーグルトにプロテイン粉末をかけて食べることも出来ます。 ズボラな時におすすめ! 用意するもの• 果物系のプロテインフレーバー• 飲むヨーグルト(低糖質ならもっと痩せやすい)• シェイカー 割り方 飲むヨーグルトから作る場合• シェイカーに水250mlと飲むヨーグルト100mlを入れる• プロテインの粉末を入れる• シェイクして混ぜる 水を入れずに飲むヨーグルトだけで作ると、かなりとろみが出て満足感があります。 美味しさを重視した黄金比は、水7対飲むヨーグルト3でした。 固形ヨーグルトから作る場合• シェイカーの中に水350mlと固形ヨーグルト100gを入れる• 混ぜる• 混ざってからプロテインの粉末を入れて混ぜる• 完成! 混ぜるメリット無し プロテインのココア割り プロテインのココア割りは絶対に美味しいと思っていました。 プロテインの味の種類にココアもあるので、それくらい合うと予想。 しかし、実際ココアを混ぜたプロテインを飲んでみると... 美味しくはない。 どちらかといえば美味しかったけど、ココア単体で飲んだほうが美味しい。 わざわざプロテインを混ぜるメリットはなかったです。 不味くはないが、ココアの良さがまったく活かされていない!! カロリーも高くなるので、まさに百害あって一利なし。 用意するもの• マイプロテインダイエットホエイ• ココア• シェイカー 割り方• シェイカーにココア200mlを入れる• プロテイン粉末30gを入れる かなり甘ったるくなるので、水を足すと飲みやすくなります。 上記の割り方にプラス水200ml、プロテインパウダー30gを合わせるとちょうどよかったですよ。 より早く痩せるプロテインの組み合わせ 少しでも早く痩せたいなら、これらのアレンジがおすすめ。 コーヒー プロテインを水、豆乳、もしくはコーヒーで混ぜると、他のどのレシピよりも即効性が高いですよ。 ただ、プロテイン自体が激痩せできるダイエット方法ではないので、急激に痩せるのは期待できません。 あくまで 健康的に、かつなるべく早く痩せるためのアレンジです。 即効性の高いプロテインの飲み方 水 豆乳 コーヒー ダイエット効果 満足度 おすすめ順位 3位 2位 1位 とにかく簡単 プロテインの水割り プロテインを飲んだことがあるなら1度は体験する水割り。 どんなプロテインの飲み方よりも、摂取カロリーを減らせます。 プロテインを水で混ぜるやり方の良いところは、とにかく簡単であること。 ウォーターサーバーの置いているジムならプロテイン粉末だけ持っていけばいいので、重たい水分を背負わずに済みます。 水割りの 悪いところは、プロテインの味の種類によっては不味いこと。 美味しくないプロテインフレーバーの水割りはつらい...。 逆にいえば、美味しいものなら簡単な水割りでも飲みやすいですよ。 用意するもの• マイプロテインダイエットホエイ• シェイカー 割り方• シェイカーに水を350ml入れる• そしてイソフラボンもあるので 特に女性におすすめ!生理時期は女性ホルモンが乱れやすいので、豆乳割りのプロテインはピッタリですよ。 人によっては牛乳より、豆乳にプロテインを溶かしたほうが美味しいと思えるかも。 牛乳のほうが甘さは強く、豆乳のほうがまろやかさは強いです。 また、豆乳の味はブランドによって大豆感の強弱が変わってきます。 今回プロテインに混ぜたキッコーマンの特濃調整豆乳味は、ほぼ牛乳に近い味でした。 豆乳はあまり好きじゃないけど飲みたいなら、このアレンジを選べば失敗しません。 用意するもの• マイプロテインダイエットホエイ• 豆乳(低脂肪乳や無脂肪乳のほうが痩せる)• シェイカー 割り方• シェイカーに豆乳を350ml入れる• と思っていました。 プロテインパウダーを溶かすためにシェイクするので、コーヒーは酸化するんですよね。 でも、飲んでみるとすごく美味しかった!!!プロテインの甘味が合わさって酸味がなくなり、まるでカフェモカ。 コーヒーの風味を兼ね備えたココアになったんです。 気をつけておきたいのが プロテインフレーバーとコーヒーの相性。 どんな味でも合うアレンジではないんです。 こんなに痩せるカフェモカはないですよ。 コーヒーのクロロゲン酸とカフェインのおかげで、ダイエット効果を底上げできる掛け合わせなんですよね。 参考: 用意するもの• マイプロテインダイエットホエイ• コーヒー(のほうが痩せる)• シェイカー 割り方• シェイカーにコーヒーを200ml入れる• シェイカーにプロテイン粉末を30g入れる 太りたい時(増量期)のプロテインアレンジ ボディビルやフィジークといった、筋肉競技に参加しているなら必ず増量期があります。 痩せる目的ではなく太るため。 そこで、増量用のプロテインアレンジも追記しました。 メニューは1つだけですが、確実に太るものを厳選した結果です。 まさにチートレシピ! 確実に太る ホイップとココアのプロテインシェイク 作り方は簡単で、プロテインとココア、そしてホイップクリームを用意するだけ。 味について言うと、甘党にはたまらない甘さがあり、美味すぎる!!本場アメリカのジャンクフードのような馬力はまさに、プロテインアレンジ界のマクドナルド。 このプロテインシェイクは飲みながら「あぁ、今太っている」と感じられるくらいヤバいですよ。 これ 1杯のカロリーは推定600kcal!1杯飲むだけで1食分のカロリーを摂取できるんです。 間違いなく太る。 用意するもの• ホエイプロテイン• ココア• ホイップクリーム• シェイカー 割り方• シェイカーにココアを350ml入れる• シェイカーにプロテイン粉末を60g入れる• 最後にホイップクリームを足す プロテイン粉末のダマを極力減らす方法 プロテインを美味しく飲みたいのにジャマをしてくるのが、混ぜた後に残る粉末の塊『ダマ』ですよね。 何回振ってもダマがなくならない!! 今まで何度ダマに悩まされたことか...。 あらゆる試行錯誤を重ねた結果、やっと答えが出ました。 下記の方法をおこなえば、プロテインを混ぜても無くならないダマを極力減らせますよ。 先に水分を入れて後からパウダーを入れる• ミキサーボールを使う• 水分の割合を多くする• ここでは、どのプロテインにも共通するダマを消すやり方を伝授します。 先に水分を入れて後からパウダーを入れる 先に水を入れて、後からプロテイン粉末を投入します。 すると 粉末全体に水が行き渡りやすくなるので、溶けやすくもなるんですよ。 逆に、もし後から水を入れるとパウダーが底に溜まり、水分が底まで届きにくいのでダマができやすいんです。 ブレンダーボールを使う プロテインシェイカーの中に入れる銀色のとぐろのことを、ブレンダーボールと言います。 これをシェイカーの中に入れて混ぜるだけで、大きなダマは確実に無くなりました。 シェイクする時にこのブレンダーボールもミキサーのように暴れてくれるので、大きな粉末の塊を壊してくれるんです。 ブレンダーボールは小さなダマを溶けやすくすることが出来ません。 しかし、 デカくてうっとうしい塊を無くしてくれる、裏の立役者なんですよね。 もし持っているシェイカーにブレンダーボールが付いていなかったら、Amazonで簡単に手に入ります。 Amazon: 針金をくるくる巻いて代用することも可能です。 代わりにビー玉のように重量のあるものを入れると、シェイカーが破壊するので注意! 水分の割合を多くする プロテインメーカーの規定量より多く水分を入れます。 シンプルなんですが、意外と効果ありますよ。 逆に、水分の割合を少なくすると溶けにくくなります。 泡の量はシェイカーを横に振れば減らせる 縦に振るか横に振るか、たったこれだけの差で泡の量は半分近く減ったんです。 1番美味しいプロテインの飲み方は牛乳! 色んなプロテインのアレンジ方法を試した結果、 1番美味しい飲み方は牛乳割りとなりました。 とにかく安定感がスゴイ! プロテインはバニラやココア、ストロベリーのように味の種類が沢山あります。 なのでフレーバーによっては合わない掛け合わせもあるんですよね。 でも、牛乳に溶かすと どんなフレーバーも美味しい組み合わせになったんです。 飲み物で牛乳割りより合うものは無い。 もし料理が得意なら、プロテインバーやアイスのほうが美味しく作れますよ。 ただフレーバーの相性を考える余裕がなかったら、その時は牛乳で混ぜるのをおすすめします。 プロテイン粉末それ自体が激マズじゃないかぎり、牛乳割りで不味くなるのは有り得ません。 1番おすすめのプロテインの飲み方は豆乳!運動後だけはオレンジジュース割り! 味で選ぶなら牛乳でした。 しかし、 効果も含めると豆乳割りが最強です。 豆乳には牛乳と違い、大豆ペプチドやイソフラボンが入っており、ダイエットにも良いんですよね。 豆乳の味が苦手じゃないなら、選ばない理由はありません。 牛乳のほうが甘さは強く、豆乳のほうがまろやかさは強いです。 また、激しい運動や筋トレをした後に限っていえば、オレンジジュース割りがおすすめなんです。 なぜなら、糖分とプロテインを同時に摂取することによって、タンパク質の吸収率を高められるから。 ジュース割りにこだわらなくても、プロテインの水割りと他の食べ物から糖分を得るのも大丈夫! 使用したプロテイン= この記事ではより痩せやすくするため、マイプロテインダイエットホエイを使用しています。 プロテインダイエットにおいて、質とコスパは重要だからです。

次の