皇室批判ブログ。 菊のカーテンが明かされる? 「小内誠一」は、現代の「大内糺」か?(宮本タケロウ)

デヴィ夫人 愛子さま、雅子さま批判/芸能/デイリースポーツ online

皇室批判ブログ

権利(けんり)とは、一般に、ある行為をなし、あるいはしないことのできる資格。 法律上は、一定の利益を主張または享受することを法により認められた地位、あるいは、他人に対し一定の行為・不作為を求めることができる地位をいう。 対語は義務。 各個人が有する権利とは、通常は社会などの制度との関係において、それが保障されるか否かが問われるものであることから、法治主義のもとにおいては、権利は法に基づき各個人に付与される特権として理解される。 権利の一つの区分けとして人権と呼ばれるものがあり、基本的人権などの用法においては、社会や国家などの制度に先行して存在するものとして理解されることがある。 なお、より一般的な用語法として、各人が何らかの個人の見解・要求を主張できる根拠があることをして、「権利がある」という用いられ方をすることがある。 属国(ぞっこく)とは、近代国家における主権の一部を外国により制限されている国や地域を指す。 または保護国という。 封建国家の崩壊とともに誕生した領土・国民・主権を基本的概念とした国家、いわゆる近代国家間の国際関係の一形態。 日本の中世末期(戦国時代)においても、同盟関係にある勢力間で力関係に大きな差があった場合などに類似の関係が認められたが、中世は近代国家成立以前であり、各地の大名権力に基づく地域的な独立領主の勢力圏は、近代国家とは見なされないため、通常、このような関係を属国という近代的概念では言わない(織田氏と徳川氏などが好例)。 現代では宗主国が形式的に占領地を独立させるが、条約で縛り政治的あるいは軍事的に支配するいわゆる傀儡国の形をとったり、国連の了解の下で信託統治の形をとる場合もある。 現在の日本は軍事、経済の両面でアメリカ合衆国の強力な影響下にある為、「日本は米国の属国である」と言う認識を示す識者がいる。 大和魂(やまと-だましい)は、外来の学問・知識を日本に採り入れる際に必要な判断力・能力、または情緒(もののあはれ)を理解する心などを指す用語・概念。 右記に示すとおり、性格・能力・品性もしくはそうした性質そのものを指す極めて広い概念・用語である。 平安時代中期ごろから「才」「漢才」と対比的に使われはじめ、上記のような諸内容を包含するきわめてひろい概念であったが、江戸時代中期以降の国学の流れのなかで、「漢意」と対比されることが多くなり、「日本古来から伝統的に伝わる固有の精神」「万邦無比の優れた日本の精神性」「日本国家のために尽くす清い心」といった誤用がむしろ主流となっていった。 この傾向は明治時代以降、ナショナリズムや民族主義の興隆とともに過剰な意味が付与されるようになり、第二次世界大戦期には軍国主義的な色彩を強く帯び、そちらの意味で使われることが主となった。 そのため日本の敗戦後は、日本の文化・思想界の主潮流から追いやられている。 南無妙法蓮華経は「なむみょうほうれんげきょう」と読む。 仏教で用いられる言葉である。 「南無」はnamo サンスクリット語 の漢語への音写語で「わたくしは帰依します」と意味し、「妙法蓮華経」の五字はサンスクリット語の「サッダルマ・プンダリーカ・スートラ saddharmapuNDariika-suutra 」を鳩摩羅什(くまらじゅう、クマーラジーヴァ、略称: 羅什(らじゅう)または什(じゅう))が翻訳した版の法華経の正式な題名(題目)である。 「南無妙法蓮華経」の七字で「法華経の教えに帰依をする」という意味である。 妙法蓮華経を久遠実成の本仏釈迦如来の名号ととらえる見解も有る。 これらの文字を五字七字の題目とも呼ぶ。 関東軍(かんとうぐん)は、大日本帝国陸軍の総軍の一つ。 南満州鉄道附属地警備を目的とした守備隊が前身で、1919年(大正8年)に関東軍と改称する。 司令部は当初旅順に置かれたが、満州事変後は満州国の首都新京(現・吉林省長春)に移転。 名称は警備地の関東州に由来する。 張作霖爆殺事件や満州事変の画策・実行は、20年代からの既存の国家外交安全保障戦略を、現地の佐官級の参謀陣が自らの判断で武力転換させたことを意味し、その後の太平洋戦争に至る日本の政治外交過程を大きく左右する端緒となった。 また、これら一連の行動は参謀本部・陸軍省等当時の軍中央での国防政策の指針からも逸脱しており、その後の陸軍内の「下克上」的な組織体質、「手続軽視・結果重視」といった軍の運用体質を作りあげていった、という批判もある。 アドルフ・ヒトラー(独: Adolf Hitler, 1889年4月20日 - 1945年4月30日)はドイツの政治家。 国家社会主義ドイツ労働者党党首として民族主義と反ユダヤ主義を掲げる。 1933年首相となり、1934年にヒンデンブルク大統領死去に伴い、国家元首に就任した。 正式の称号は「指導者兼国首相」であり、これは通例、総統と邦訳されている。 軍事力による領土拡張を進め、第二次世界大戦を引き起こしたが、ドイツ降伏前日にベルリンの総統地下壕自室で自殺した。 「指導者原理」を唱えて民主主義を無責任な衆愚政治の元凶として退けたため、独裁者の典型とされる。 日本語表記は、現在では「ヒトラー」が通例だが、「ヒットラー」と表記されることも多い。 また、戦前には「ヒットレル」とされたこともある。

次の

皇室ブログウォッチング

皇室批判ブログ

皇室ブログをネットサーフィンするとなかなか面白く見ているだけで書く事を忘れてしまう。 わたしなど毎日更新は出来そうもないのだが、毎日5から6記事更新している皇室ブログ好きな人だけでなく特に皇室に関心のない人でも知る人は知るブログがあった。 当時の東宮批判、秋篠宮批判ブログなどとても適わないほど秋篠宮家に対しての酷い誹謗中傷ブログでその名は論断net、長くは続かず崩壊してしまったがちゃっかり別の皇室ブログを作った。 その名は菊の門ニュース。 以前より誹謗中傷もトーンダウンしたが作り話が相当に多いブログで皇室ブログ、他ネット界隈では評判が悪い。 評判は悪いがGoogle砲を飛ばしていたのでアクセス数は相当なものだろうと推測できる。 菊の門ニュースを主軸としてななめ読み、縦読み、こうろぜん、皇室ニュース「れいわ」を作り菊の門ニュースの記事をクリックするとあっちこっちに飛ばされてしまうのであった。 同じ菊の門だと思うと違う感じでよく見るとアドレスがnewsからcomに変わっていた。 同じブログを2つ作って良ものなのかわたしには分からない。 今は主に皇室TODAYに飛ばされることが多くなったが、記事の中身は殆ど同じ変わり映えしない。 相変わらず作り話が多く真面目に読むよりコント、ブラックジョークとして読むべきだろう。 しかしコメントしている人達は真面目なのか集団ヒステリーのように秋篠宮家叩きを展開している。 時折りタケロウ氏が秋篠宮家擁護記事を投下するとヒステリーコメント集団は寄ってたかってタケロウ氏を批判をしているが当の タケロウ氏は仕事と割り切っているので気にもしない、寧ろ喜んで叩かれているのではないかとすら思う、飴と鞭の世界ですな。 論断netは皇室特化ブログにしてからわずか4ヵ月くらいで崩壊してしまったが、果たして9月に立ち上げた菊の門ニュースは何年継続できるだろうかとウォッチングするのが楽しい。 論断netには反論断netという正義感に溢れた人がいてnoteにいろいろ書いているのも参考にはなるがわたしは高みの見物の方が合っている。 もうひとつ、元宮内庁職員のつぶやきブログも一時期勢いがありGoogle砲飛ばしていたがある日突然更新を止めた。 やめた理由がGoogle砲が飛ばずアクセス減少したからだった。 それをまことしやかに宮内庁から圧力があったと書いていた。 そこで今は読者参加型のブログとして自分では記事を書ずに広告収入を得る方法は実に商魂逞しく羨ましいくらいだ。 今は本当にやる気をなくしたのかネタ切れになったのかたまにしか更新しなくなった。 なかなか面白い人物でアクセスが少なくなったGoogleNewsに載らない、読まれてナンボの世界で読まれなければ書いても意味がないと正直に書いているところが実に面白い。 さて、わたしは上記に秋篠宮家批判、叩きの激しいブログを書いたがこれは批判ではなく皇室ブログウォッチングの感想だと思っていただきたい。 今までは眞子内親王と小室圭さんの結婚問題と上皇上皇后陛下の退位と天皇陛下の即位で皇室ブログも注目を浴びたと思うが今後はそれほど関心が高くなることはないだろうと見ている。 眞子内親王が5月頃に発表するのではないか、と週刊誌に書かれている小室圭さんとの結婚問題がピークで暫くその話題が続いたあとは落ち着くだろうと思っている。 今マスコミは新型コロナウィルス騒ぎで大忙しで皇室どころではない、次にオリンピックが無事に開催されればオリンピックに注目がいく。 皇室特化ブログで今後20年30年と生活するにはなかなか厳しいところだろう。 長く皇室ブログをやっている人達は別に仕事を持っているかブログ収入で生活をしている人達ではなさそうでありいわゆる皇室好きのオタクな人達のようである。 わたしは皇室オタクではないが皇統は男系男子で繋ぐべきと思っていることと、男系男子で皇統を繋げたいブログが少なくなったと感じた危機感もあり皇室のことを書いている。 枯れ木も山の賑わいの枯れ木の存在で良しとしている。 afpbb.

次の

皇室ブログウォッチング

皇室批判ブログ

(私のコメント) 紹介するブログの内容は、皇太子と雅子妃を批判した記事だ。 相当おかしな奴らが皇室の中枢にいるようだ。 ブログの記事は長いので要約するが、是非元記事を読んで欲しい。 証拠の写真などあるので、元記事全部読んだほうが分かりやすいだろう。 二つ目の紹介ブログは問題のありかを教えている。 髪もボサボサだし、メークも杜撰。 体型を保つのはヨーロッパ王族では責務なのにブクブクに太っている。 嬉々として出かけたオランダで太った王族なんて一人も居なかったはず。 本人もお飾りは嫌だ、と言っているから彼らの言うことは間違っている。 ご本人もそう言うからにはやるべきことをやったらどうか。 皇太子が力を入れる「世界水会議」は政治色の強い世界組織で、 水の民営化志向が強く、批判されている。 尊崇が必要だということもわからないのではないのか。 実父のからしての持ち主だから皇室に尊崇の念はないだろう。 お茶会のニュースに出てくる皇族の挨拶場面で皇太子夫妻だけお辞儀をしない。 映像を見れば一目瞭然だ。 両陛下ももの犠牲者供養の式に出ているのに皇太子夫妻だけ出席しない。 「「御紋付金蒔絵御扇子」は雅子妃のお手元にあるはず。 それがなぜに150万の値が付けられ出されていたのでしょうね。 当然のは偽物ですよね。 偽物に150万では詐欺です。 」 「国家の財産であるティアラや「御紋付金蒔絵御扇子」で、それが今どこにあるのか。 なんとこのから皇室に伝わる扇子がに出たというから驚き。 」 「 雅子が身につけるものはブローチ一つが皇室備品で、国家が雅子には貸与している。 なのに、あろうことか母親の小和田優美子が雅子のブローチを 堂々胸につけている写真が掲載されている。 これは横領だ。 「は最低でも 4100万円するが、 金持ちが最低ランクのオプション抜きのクルマに乗るはずがなく、 なんだのかんだの付けると1億円にもなるそうだ。 最高レベルで1億 4000万円も。 」 「拙ブログでは、皇太子殿下妃殿下の廃妃、そして両殿下へのご移譲を主張しています。 ちなみに「」という言葉は昔から存在していて、今になって言われているわけではありません。 過去数例があります。 」 「の「ご病気」にとってもを離れられ養生専一に、また批判されることもなく お遊び食べ歩きにと、のびのびされるほうがよろしいかと存じます。 問題をお抱えのようにお見受けするのご教育にとっても。 皇太子ご夫妻、国民双方に取って最も幸いな帰結が廃妃ではないでしょうか。 」 (要約引用終了) remmikkiのブログ (引用開始) 東宮夫妻の擁護者が、ひょっとして批判者も、案外知らないのではないかと 思われるのが、におけるの御役割です。 祭主・のサポーターとしての御役目はむろんのこと、 ご自身がおすべらかしに御身をただし、神事に臨まれる祭祀がございます。 ご公務の有無と多寡など本来は些末事で、を基軸にことは論じらねばなりません。 小林某の言う如く、好き嫌いや公務の有る無しで、廃妃論が盛んなわけではありません。 問題を究極につづめるなら、から神事を絶やしてよいのか、 悪いのかという選択になります。 皇室の存在意義は極度に約(つづ)めれば、唯一、祭祀です。 それを絶やして良いかどうかというのが問いかけとして先行すべきです。 その選択肢を置き去りに、問題の本質をわきまえぬ議論が多過ぎ、 基軸を忘れた論議は不毛無益です。 皇太子殿下と雅子妃の擁護者は、必然的により皇后両陛下によるご親祭が消滅、 2600年来の神事の伝統が絶えてもよい、 という立場になるのですが自覚していらっしゃるでしょうか。 逆にこの問いかけに、あなたは、「はい」と答えられますか? 「日本開国以来の伝統である神事を、から絶やすことに賛成ですか?」 雅子妃者の方々は、雅子妃がとして即位あそばされた時は、 の関わるが絶えるという現実を受け入れねばなりません。 詳細は上記ブログへ。 (引用終了) mkozuka.

次の