ヘイスト 武器。 【パズドラ】ヘイストスキルを持つキャラの一覧と効果|ゲームエイト

ヘイスト装備/二刀流効果アップ/マーチ/魔法ヘイスト

ヘイスト 武器

アビリティやペットコマンドのリキャストには反映されませんが、「魔法」のリキャストや、攻撃間隔に影響します。 ヘイスト装備は取得TPには影響しません。 ヘイストプラス装備 とかそういう名前で一般化されていれば混乱は少なかったかも……。 《Lv10 0. 90》 《Lv25 0. 85》 《Lv45 0. 75》 《Lv65 0. 70》 二刀流効果アップは、取得TP、攻撃間隔に影響します。 二刀流効果アップは、二刀流をしていなければなりません。 素手、格闘武器、両手武器時は効果が発揮されません。 また、片手武器であっても二刀流していなければ効果はありません。 基本的にレベルが上がる毎に取得TPは減り、攻撃間隔は早くなります。 2006年12月現在、素破の耳、乱波鎖帷子、甲賀袴の3つに『二刀流効果アップ』がついていますが、1つにつき -0. 05 であるようです。 サポ忍時 二刀流効果アップ -0. 01 だそうで……。 ヘイストと魔法のリキャストの関係を表にまとめてみました。 Haste-Recast tableにおいて「実際の値」は、小数点第二位まで計算しています。 00 30. 00 1 44 29 44. 65 29. 77 2 44 29 44. 12 29. 41 3 43 29 43. 77 29. 18 4 43 28 43. 24 28. 83 5 42 28 42. 89 28. 59 6 42 28 42. 36 28. 24 7 42 28 42. 01 28. 01 8 41 27 41. 48 27. 66 9 40 27 40. 96 27. 30 10 40 27 40. 61 27. 07 11 40 26 40. 08 26. 72 12 39 26 39. 73 26. 48 13 39 26 39. 20 26. 13 14 38 25 38. 85 25. 90 15 38 25 38. 32 25. 55 16 37 25 37. 97 25. 31 17 37 24 37. 44 24. 96 18 36 24 36. 91 24. 61 19 36 24 36. 56 24. 38 20 36 24 36. 04 24. 02 21 35 23 35. 68 23. 79 22 35 23 35. 16 23. 44 23 34 23 34. 80 23. 20 24 34 22 34. 28 22. 85 25 33 22 33. 75 22. 50 26 33 22 33. 40 22. 27 27 32 21 32. 87 21. 91 28 32 21 32. 52 21. 68 29 31 21 31. 99 21. 33 30 31 21 31. 64 21. 09 31 31 20 31. 11 20. 74 32 30 20 30. 76 20. 51 33 30 20 30. 23 20. 16 34 29 19 29. 71 19. 80 35 29 19 29. 36 19. 57 36 28 19 28. 83 19. 22 37 28 18 28. 48 18. 98 38 27 18 27. 95 18. 63 39 27 18 27. 60 18. 40 40 27 18 27. 07 18. 05 41 26 17 26. 72 17. 81 42 26 17 26. 19 17. 46 43 25 17 25. 66 17. 11 44 25 16 25. 31 16. 88 45 24 16 24. 79 16. 52 46 24 16 24. 43 16. 29 47 23 15 23. 91 15. 94 48 23 15 23. 55 15. 70 49 23 15 23. 03 15. 35 50 22 15 22. 50 15. 武器の隔は、1ターンの攻撃を考慮すると右手の武器の隔 メインウェポン +左手の武器の隔 サブウェポン =武器の隔として扱います。 70 - 0. 910…[隔] となります。 ヘイストとマーチの関係の詳細は の『ヘイストとマーチの実験』をご参照ください。 05 の比較をします。 この両者は『白虎佩楯 Lv75〜』、『甲賀袴 Lv71〜』であり二刀流効果アップは《Lv65 0. 70》が適応されることが約束されています。 素の状態で双方の装備の比較• 魔法ヘイストを受けた状態で双方の装備比較• 基本値が忍者65以上ですと魔法ヘイストを受けていても「0. 85」が基本式。 甲賀袴と白虎佩楯の 0. 05 をどちらの数値に関与させるかの差ともいえます…。 無論 0. 70 から 0. 05 関与させる二刀流効果アップの甲賀袴のほうが単体では優秀なんですが、上記の通り、ケースバイケースかなーって感じがしました。 アサルトの土竜作戦とかでは甲賀袴のほうがちょっと優勢ですね。

次の

リネージュM(リネM)【反王ブログ】:#3 ナイトの魅力

ヘイスト 武器

ヘイスト te とは、• 「急ぐこと」や「速」等の意味を表す英単。 「行動や攻撃回数」を高めるの事。 、、、、等でや名として登場する。 本項で解説。 2の概要 大抵のにおいて、 「最優先もしくはその次点くらいに優先順位が高い」強なとなっている。 例えば「1にできるようになる」効果であれば、はもちろん回復や補助を配り終えるも2倍となる。 それがどれだけ強かは言うまでもないだろう。 最近ではではなくでが行われる作品も増えており、そうした作品では 「で効率を突き詰めるのが当たり前」となっている。 その参考例として下記の2作品について解説する。 Diablo2におけるヘイスト 各種行動において「入から発生までの値」が設定されており、 攻撃ならば• 「の重さ(軽いは振りが速い=攻撃発生がい。 とその逆)」• 「毎の基礎値(攻撃を得意とするは発生もい)」• 「攻撃のをめる『Ired (S)』」 の3項が、攻撃ならば• 「するの基礎値(強な程時間が長い=攻撃発生が遅い)」• 「毎の基礎値(攻撃を得意とするは了もい)」• 「のをめる『 Re(R)』」 の3項が関係している。 両方とも上2つは固定なのでどうしようもないが、3つの関連を高めることで、発生までの値を短縮できる。 DPSに与える影響 上記を踏まえたうえで、実際にがどのような事を考えて装備を選択しているのか解説してみよう。 消費10、1発、攻撃発生まで7の攻撃があったとする。 これを強化したいのだが、「装備でを1ブーストして、消費11&1発0に上げる」のと、「装備でRをブーストして、攻撃発生を6に短縮する」のでは、どちらが(間期待値)が上になるだろうか? 結果を表にまとめると下記のようになる。 基礎 間消費 強化 1. 7 ブースト 0 5. 2 Rブースト 66. ただし、Rを上げれば他ののもめられるため、「や効の敵に対するのも上げたい」という場合はRブーストも一考の余地がある。 その他、時間当たりの消費量増加にも注意したい。 切れの頻度が上昇することを考慮し、回復手段を用意しておく(それも、できれば複数)必要が生じてくる。 ファイナルファンタジーでのヘイスト などの初期作品では攻撃回数を増加させるだが、以降では行動時間を短縮するになっている。 補助効果や時間経過による効果も短縮される。 上位は「ヘガ」「ヘジャ」。 効果はによって異なるが、会・回数を減らすスと対して機会・回数を増やすとしてのは不変。 ファイナルファンタジーシリーズでのヘイストの所属• I・:法• ・・・X・:• V・・・I・:時(じかん、時も含む)• ・:補助 FF11におけるヘイスト のヘイストの効果は下記の通り。 近接によるの攻撃間隔を、ヘイスト値の分だけ短縮する。 全てののャスト(再可待ち時間)を、ヘイスト値の半分だけ短縮する。 全てのには「隔」という数値が設定されており、「隔1=1=分の1」となっている。 例えば隔の近接ならば「4に1回を繰り出す」と読める。 4に1回を繰り出せる」ようになる。 ヘイストを積み重ねることによって短時間で多く攻撃することができるようになり、それにより時間あたりの得TPも増えてウェの発動回数も増え、結果として大幅な上昇が見込める。 また、ャスト短縮効果により、術「の術」や妨「スタン」等にも多大な恩恵がある。 の術は「敵の攻撃に対するとなる分身を作る」効果なのだが、分身が切れても較的くり直したり、前の分身が切れる前に次の分身をり直すことができるようになる。 スタンは「短時間だけ敵の動きを止める」効果で、敵の強な特殊技を止めてを抑えるのに用いられる。 ただしャストがと非常に長く、当然ながら敵の特殊技はなんてもんじゃない短い間隔で繰り出される。 そこで、ヘイストとスャスト(の時間とャストを短縮する)を積んでなるべくく唱えられるようにする必要がある。 やコが得意とする攻撃に対してはヘイストは効果を発揮しない。 ただし、後年のにて、攻撃版ヘイストといえる強化「スナップ」や攻撃の間隔を短縮する「スナップ」が追加されている。 関連動画 かつては攻撃間隔短縮に上限が設けられていなかったため、凄まじい勢いでを繰り出すことができた。 上記のではヘイストをまで積むことで、物凄い手数上昇を達成している。 ヘイスト0の時と較すると、なんと14. 2倍もの増加率となっている。 ここまで来るとヘイスト1の重みがとてつもないことになっており、仮に ヘイストならヘイスト0との較時で16. 6倍、なら20倍の手数上昇となる。 で、当然ながらされた。 修正後の。 「ヘイストやといった攻撃間隔短縮は、『の攻撃間隔の』を上限とする」という修正が加えられた。 ヘイスト換算するならば(ヘイスト0との較時で5倍)相当になる。 関連コミュニティ 関連項目•

次の

クロノトリガー 最強装備 メンバー 技考察

ヘイスト 武器

ヘイストとは、対象者の動作の速度を上昇させる運動系の呪文です。 クイックネス、スピードなど呪文の名前は色々ありますが、効果はだいたい似たようなものです。 上昇する速度の度合いは、およそ倍程度になります。 類似呪文のなかには、術者の魔力に応じて変化するものもありますが、どちらかといえばこれは少数派です。 術者の魔力が影響するのは、術の効果時間くらいのものでしょうか。 この呪文をたとえば戦闘中に使えば、通常の倍の速度で動き回り、倍の手数で打ち込むことができる手練れの戦士になることも可能です。 しかし、注意しなければいけない点は、相手の動きが遅くなるわけではないということです。 つまり、相手の攻撃を見切ることができなければ、それを避ける間もなく打ち倒されてしまうでしょう。 もっとも、世の中に普及しているこの呪文の多くが、ある程度は動体視力や反射神経も強化する効果を持っているのでそれほどの心配はいらないのですが。 もし不安ならば、相手の動作を鈍くしてしまう呪文スローを使用するのも手だと言えます。 ヘイストは強力な呪文ですが、それなりの代償と覚悟も必要となります。 倍の速度で動くことができる間、呪文の対象者の時間もまた倍の速度で流れてしまう場合があるからです。 全ての術がこういった副作用を持つわけではなく、疲労の度合いが倍以上になるという程度で済む呪文もあります。 これも下手をすれば命に関わる場合があるので、やはり乱用は慎むべきでしょう。 運動や変化の呪文の多くがそうであるように、ヘイストの呪文にもその効果を打ち消してしまう対抗呪文が存在します。 それが、スローです。 対象者の動作の速度を鈍らせてしまうという、ほぼ正反対の効果をもつこの呪文には注意を払うべきでしょう。 ヘイストの影響下にある対象に、スローの呪文を発動させると互いに打ち消しあい、両者の呪文の効果はかき消えてしまいます。 この場合、ヘイストの使用者はもとの速度に戻ってしまっていることに気がつかなくてはいけません。 スローを唱えた側も、相手の速度が元に戻ったに過ぎないことに気をつけなくてはいけません。 どんな呪文も、術をかけるタイミングと知恵次第というわけですね。

次の