和風 煮込み ハンバーグ。 和風煮込みハンバーグ キノコおろし餡かけ

簡単!人気の煮込みハンバーグレシピ

和風 煮込み ハンバーグ

7 鍋のふたを取り、ハンバーグだけ保存容器に移します。 お好みで小ねぎを散らします。 お料理メモ メモ1:材料について <ひき肉> 合びき肉や牛ひき肉でもよいです。 豚ひき肉の割合が高いほど、あっさりめのハンバーグになります。 <きのこ> きのこの種類は何でもよいですが、分量は100gくらいだとバランスがよいです。 ものによりますが、エリンギとまいたけの場合、1/2パックで約50gです。 メモ2:肉だねづくりのポイント• まず卵を潰して、それから全体をよく混ぜ合わせます。 こねたら、冷蔵庫で少なくとも30分~1時間くらいは寝かせるとよいです。 味がなじみ、成形もしやすくなります。 メモ3:成形のポイント• 両手で肉だねをキャッチボールするようにして空気を抜きます。 成形したら、真ん中を少しくぼませます。 フッ素樹脂加工(テフロン)などの焦げつかないフライパンをお使いであれば、油はひかなくてもよいです。 すべてフライパンに並べてから焼きます。 メモ4:焼くときのポイント• 煮込むときに中までしっかりと火が通るので、そんなにじっくり焼かなくてもよいです。 裏返す以外はほとんど動かさないようにします。 メモ5:煮込むときのポイント ハンバーグときのこがどちらも煮えるよう、まんべんなく散らします。 メモ6:仕上げのポイント.

次の

つくれぽ100特集!和風ハンバーグ人気レシピ【20選】|クックパッド殿堂入りレシピ集

和風 煮込み ハンバーグ

タマネギはみじん切りにして、飴色になるまで炒める。 ボウルに豆腐、パン粉を入れて良く混ぜ合わせる。 シイタケは厚めのスライス、エノキタケは石づきを切って半分にしてほぐし、しめじも石づきを取り ばらしておく。 マイタケも同様にばらす。 大葉とミョウガは千切りにしておく。 ボウルに合いびき肉を入れて、塩・コショウで味付けし、タマネギ、豆腐とパン粉、卵を入れて しっかり粘りが出るまで混ぜ合わせる。 5を空気を抜きながら形を作る。 フライパンを熱し、ハンバーグを入れて両面をしっかりと焼く。 焼き目がついたら、かつおだし、 濃口しょうゆ、みりんもを加え、キノコも入れて約15分煮込む。 7のフライパンに大根おろしを入れ、沸いたら器にハンバーグを盛り込む。 キノコおろし餡をかけ 大葉とミョウガを盛り付ける。

次の

煮込みハンバーグ(和風の簡単レシピ/作り方):白ごはん.com

和風 煮込み ハンバーグ

煮込みハンバーグの具材と出汁 玉ねぎの粗熱を取っている間に 煮込みハンバーグの具材を用意し、簡単に出汁も取ってしまいます。 まず、きのこは2〜3種類くらいあれば十分。 今回は しめじ50g、えのき茸50g、椎茸2枚を使いました。 それぞれ石づきを切り落とし、えのきは長さを3等分に、椎茸は薄切りにします。 ブロッコリーも加えると彩りがよく、 きのこと一緒に煮汁の中で直に入れて火を通せるので手間もさほどかかりません。 小房に切り分け(大きければ縦に半分に割って)、ため水の中で洗います。 それから、煮込むためのだし汁は、カツオ節の小袋パックに熱湯を注ぐだけでOKなので、ぜひだし取りしてみてください。 耐熱容器にカツオ節を計4gほど入れて熱湯を400mlそそぎ入れます。 はじめは手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして全体を混ぜ、全体が混ざったらぐるぐるとかき混ぜるように練ってタネを作ります。 ひき肉250gなら大さじ4、ひき肉300gなら大さじ5が目安となります。 タネが出来上がったら、作る個数にざっくりとボウルの中で切り分け、手に取って成形していきます(今回は3つに分けましたが、煮込みハンバーグなら4〜6個の小ぶりにしてもOK)。 楕円形に軽くまとめたら 表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます(10回くらい)。 最後に、楕円形のハンバーグの中央部分を軽く押さえたら成形の完了です。 火加減を少し落として片面2〜3分ずつ焼いて、両面に焼き色をつけます。 焼き色がつけばハンバーグを端に寄せて、Bのだし汁、醤油、みりんを加えます。 続けて空いたところにきのこを入れ、沸いてきたら火を少し弱め、 ぐつぐつと煮汁が軽く煮立つ状態で8〜9分煮ていきます。 4〜5分経ったタイミングで、一度ハンバーグの上下を入れ替えます。 その時にブロッコリーも加えます。 厚みのあるハンバーグの中央に竹串を刺して、透明な肉汁が出るかを確認し、火通りがOKなら器にハンバーグとブロッコリーだけ取り出します。 あとは煮汁にとろみをつければ完成です。 小さめの容器にCの片栗粉と水を合わせてよく溶き、沸騰させた煮汁を混ぜながら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 とろみがついた後にも、弱火で1分ほどぐつぐつと煮立つ状態を保ち、とろみを安定させるとよいです。 先に盛り付けたハンバーグの上にあんをかけてできあがりです。

次の