手洗い うがい ガラガラ ひ ー。 手洗い・うがいは正しいやり方で効果が変わる?ポイントはココ!

風邪予防に効果的なうがいをする上で重要な4つのポイント

手洗い うがい ガラガラ ひ ー

どうも! さんせんです! 今回は、STAYHOMEに関しての日向坂46の活動についてお話したいと思います。 先日、日向坂46の公式Twitterに、2本の動画がアップされました。 メンバー全員が 「手洗いうがいガラガラヒー!」「STAYHOME!」と、リズムに合わせて歌を繋げる動画でした。 オリコンの記事によると、 2期生の富田鈴花が作曲した曲にあわせて、ジェスチャー付きで歌って呼びかける。 動画編集は 2期生の丹生明里が担当した。 外出自粛要請を続くなか、 「少しでもメンバーの気持ちが届けば」との想いから制作された と書かれていました。 メンバー自ら曲を作り、家で動画を撮影し、編集したということですね。 この取り組みですが、先日 9の記事でもお伝えした、 「個のアピール力」というものが今回は結集して現れた結果だと個人的に思っております。 HINABINGO!で小籔さんへのバースデーソングを作曲するなど、持ち前のセンスを生かす富田鈴花と、メッセージでゲーム実況をするために動画編集にハマっている丹生明里。 それぞれお仕事でやっているのではなく、趣味程度の興味から始めたものが、 今回はグループとしてのコンテンツに結集した形になりました。 それぞれのメンバーの進む道は違えど、お互いにできることを掛け合わせて出来た今回のこの動画はまさに日向坂らしさが発揮されており、 STAYHOMEを呼びかける運動としても素晴らしい役割を果たしていると思います。 日向坂46としては、デビューして以来多忙な毎日を過ごしてきましたが、ここにきて、握手会やライブなどの活動は完全にとまってしまっています。 しかしながら、メンバー自らが考えて、 こういう期間だからこそファンの皆さんが新たに楽しめるコンテンツや、特技を伸ばしており、彼女たちの探究心には目を見張るものがあると思います。 ファンとしても、この自粛期間に、今までメンバーが出演するも見れなかった番組やドラマなどを見て、 新たな一面を発見したりするのも良いかもしれませんね。 私はメッセージアプリで過去のメッセージを振り返ったりして懐かしんでますが、昔の思い出に浸るのも良いかもしれませんね笑 では、今回はここまで!🐸🥕 さんせん.

次の

風邪予防に効果的なうがいをする上で重要な4つのポイント

手洗い うがい ガラガラ ひ ー

グチュグチュ、ペッ!• ガラガラ、ペッ! の2種類です。 子供にうがいを教える最初のステップ まずは、「グチュグチュ、ペッ」から練習をしましょう。 すでに、「グチュグチュ、ペッ」はマスターしている人は、この項目は飛ばしてください。 まだ、できていない人はこちらの「」の記事を参考に、まずは「グチュグチュ、ペッ」をできるように、練習をしましょう。 できるようになった後すぐに「ガラガラ、ペッ」の練習を始めてしまうと、子供が「グチュグチュ、ペッ」を忘れてしまうことがあります。 2週間程度は、「グチュグチュ、ペッ」だけを毎日行い、安定してできるようになったら、 ガラガラ、ぺッの具体的な教え方 「ガラガラうがい」は3つのステップで教えていきます。 エアーうがい• 正面を向いてうがい• 上を向いてうがい 詳細を見ていきましょう! ステップ1 エアーうがい 最初は、水を口に含まない状態でうがいをやってみましょう。 ガラガラさせるところは、「あ~~~」と声に出して言わせるところがポイントです。 まずは正面を向いて口を大きく開けた状態で「あ~~~~」 次は、上を向いて口を大きく開けた状態で「あ~~~~」です。 慣れてきたら、「ぺっ」も付け加えるといいでしょう。 ステップ2 正面を向いてうがい エアーうがいができるようになったら、次は口に水を含みます。 そして、そのまま正面を向いた状態でステップ1でやったように「あ~~~~」と言わせましょう。 このとき、正面を向いているため、水は口の下のほうに溜まった状態だと思います。 この状態で「あ~~~~」と言えるようにして、それと同時に「ぺッ」もできるようにしましょう。 ステップ3 上を向いてうがい 最後は、口に水を含んだ状態で、徐々に上をむいていき、「あ~~~~」と言えるようにしましょう。 いきなり真上を向くとできない場合もあるので、上を向く角度は、少しずつ上げてくのがポイントです。 また水を大量に入れすぎるとやりづらいので、最初は水の量を少なくして練習してください。 うがいを教える4つのコツ 僕が、子供にうがいを教えるときに使った4つのテクニックを紹介します。 すこしでもできたら褒める• お手本を見せる• スモールステップアップ• 練習はうまくできたところで終わる 詳細を見ていきましょう! 1、すこしでもできたら褒める とにかく、ちょっとでも成長したり、ステップアップしたなとおもったら褒めてあげてください。 逆にできなくても怒ることは禁止です。 褒められると子供は楽しく練習することができ、モチベーションアップにもつながります。 2、お手本を見せる 「学ぶ」の語源は「真似る」だそうです。 パパやママの背中をいつも子供は見ています。 子供が練習している間は、何度でもお手本を見せてあげましょう。 また習慣化するためには、親が率先して手洗いやうがいをやらなければいけませんよ。 3、スモールステップアップ 早く教えたいあまりに、ステップアップを急いではいけません。 少しずつ少しずつ確実に3つのステップを上がっていきましょう。 また子供ですから、今までできていたことが、急にできなくなることがあります。 理由は、ド忘れしているときもあれば、注意散漫なときもあります。 その時は、ステップを一段階戻って、そこができるようになったら、またステップアップしましょう。 4、練習はうまくできたところで終わる 1回の練習は、長くても5分ほどがいいでしょう。 時間の長さより回数のほうが重要なので、短い時間を見つけて何回も練習をしていきましょう。 そして、終わるときは必ず、少しでもステップアップした時にしましょう。 失敗したところでおわると、その悪いイメージのままになってしまいます。 逆に良いイメージで終わると、次の練習が楽しみになります。 まとめ:子供にうがいを教えるのは簡単 最新の研究では、イソジンなどのうがい薬は使わなくても、水道水で十分な風邪予防になるそうです。 うがいができるようになれば、風邪予防だけでなく、虫歯予防にもなりますよ。 関連記事 関連記事.

次の

手洗い・うがいは正しいやり方で効果が変わる?ポイントはココ!

手洗い うがい ガラガラ ひ ー

グチュグチュ、ペッ!• ガラガラ、ペッ! の2種類です。 子供にうがいを教える最初のステップ まずは、「グチュグチュ、ペッ」から練習をしましょう。 すでに、「グチュグチュ、ペッ」はマスターしている人は、この項目は飛ばしてください。 まだ、できていない人はこちらの「」の記事を参考に、まずは「グチュグチュ、ペッ」をできるように、練習をしましょう。 できるようになった後すぐに「ガラガラ、ペッ」の練習を始めてしまうと、子供が「グチュグチュ、ペッ」を忘れてしまうことがあります。 2週間程度は、「グチュグチュ、ペッ」だけを毎日行い、安定してできるようになったら、 ガラガラ、ぺッの具体的な教え方 「ガラガラうがい」は3つのステップで教えていきます。 エアーうがい• 正面を向いてうがい• 上を向いてうがい 詳細を見ていきましょう! ステップ1 エアーうがい 最初は、水を口に含まない状態でうがいをやってみましょう。 ガラガラさせるところは、「あ~~~」と声に出して言わせるところがポイントです。 まずは正面を向いて口を大きく開けた状態で「あ~~~~」 次は、上を向いて口を大きく開けた状態で「あ~~~~」です。 慣れてきたら、「ぺっ」も付け加えるといいでしょう。 ステップ2 正面を向いてうがい エアーうがいができるようになったら、次は口に水を含みます。 そして、そのまま正面を向いた状態でステップ1でやったように「あ~~~~」と言わせましょう。 このとき、正面を向いているため、水は口の下のほうに溜まった状態だと思います。 この状態で「あ~~~~」と言えるようにして、それと同時に「ぺッ」もできるようにしましょう。 ステップ3 上を向いてうがい 最後は、口に水を含んだ状態で、徐々に上をむいていき、「あ~~~~」と言えるようにしましょう。 いきなり真上を向くとできない場合もあるので、上を向く角度は、少しずつ上げてくのがポイントです。 また水を大量に入れすぎるとやりづらいので、最初は水の量を少なくして練習してください。 うがいを教える4つのコツ 僕が、子供にうがいを教えるときに使った4つのテクニックを紹介します。 すこしでもできたら褒める• お手本を見せる• スモールステップアップ• 練習はうまくできたところで終わる 詳細を見ていきましょう! 1、すこしでもできたら褒める とにかく、ちょっとでも成長したり、ステップアップしたなとおもったら褒めてあげてください。 逆にできなくても怒ることは禁止です。 褒められると子供は楽しく練習することができ、モチベーションアップにもつながります。 2、お手本を見せる 「学ぶ」の語源は「真似る」だそうです。 パパやママの背中をいつも子供は見ています。 子供が練習している間は、何度でもお手本を見せてあげましょう。 また習慣化するためには、親が率先して手洗いやうがいをやらなければいけませんよ。 3、スモールステップアップ 早く教えたいあまりに、ステップアップを急いではいけません。 少しずつ少しずつ確実に3つのステップを上がっていきましょう。 また子供ですから、今までできていたことが、急にできなくなることがあります。 理由は、ド忘れしているときもあれば、注意散漫なときもあります。 その時は、ステップを一段階戻って、そこができるようになったら、またステップアップしましょう。 4、練習はうまくできたところで終わる 1回の練習は、長くても5分ほどがいいでしょう。 時間の長さより回数のほうが重要なので、短い時間を見つけて何回も練習をしていきましょう。 そして、終わるときは必ず、少しでもステップアップした時にしましょう。 失敗したところでおわると、その悪いイメージのままになってしまいます。 逆に良いイメージで終わると、次の練習が楽しみになります。 まとめ:子供にうがいを教えるのは簡単 最新の研究では、イソジンなどのうがい薬は使わなくても、水道水で十分な風邪予防になるそうです。 うがいができるようになれば、風邪予防だけでなく、虫歯予防にもなりますよ。 関連記事 関連記事.

次の