エフエム 横浜。 マリンFM 公式サイト

コミュニティ放送局一覧

エフエム 横浜

業務用ワックス、洗剤、はく離剤、清掃機器類、掃除機、ビルメンテナンス商品、 家庭用清掃用品販売、ハウスクリーニング用品、カーワックスなど取り揃えております。 こちらのサイトはエムエフワン運営の厳選クリーニングショップMFONEへリンクします。 【送料】 税抜20,000円以上お買い上げで 送料無料。 (すべて価格表示は 税込み価格です。 ) 【掛売り】 安心決済の審査が最短1日で完了。 【重要】 迷惑メール防止でフィルターしているとメールが届かなかったり迷惑フォルダーに入ってしまうことが場合がありますのご注意ください。 携帯アドレスご使用の場合、メールのなりすまし規制を【高】の設定しているとこちらからのメールは届きません。 (自動返信メール到着後、必ず営業時間内に【ご注文確認のメール】をいれております。 メールが届かない場合はお問い合わせください。 ) 【土曜日出荷OK】 通常土曜日 祝は除く は商品発送できます。 在庫が揃っている場合に限ります。 当サイトはエムエフワン運営の厳選クリーニングショップMFONEへリンクします。 事前に御了承ください。 その後、『確認のメールです【株式会社エムエフワン】』と当社よりメールをお送りしております。 メールこない場合、アドレスの記載を忘れている可能性があるかアドレスの記入ミスがある可能性がありますのでご注意ください。 注文したのに確認のメールが届かない時は045-547-9939までご連絡ください。 ビルメンテナンス業界のヒト・モノ・コトがつながる場を提供するビルポ スマホアプリで出先でもサクサク操作。 ビルメンテナンス業界に関連する企業や人が、ありとあらゆる条件でつながることができる「ビルメンテナンス業界のビジネスポータルサービス」です。 ハウスクリーニング定期開催セミナー 清掃歴15年のベテランが教えてくれるセミナー。 売上アップ方法・集客方法・洗剤の使い方まで丁寧に教えてくれます。 対面セミナーの他、オンラインによるライブセミナーも随時開催しております。 【厳選PROショップ内商品検索】.

次の

住まいと店舗の清掃用品販売 【株式会社エムエフワン】〜清掃用品/ビルメン用品/ハウスクリーニング用品を揃えるならエムエフ通販

エフエム 横浜

概要 [ ] 出身。 、卒業。 藤木企業の創業者である藤木幸太郎 の長男。 横浜港運協会会長のほかに、社団法人日本港運協会副会長、財団法人横浜港湾福利厚生協会会長などを務めている。 略歴 [ ]• 5月 - 藤木企業株式会社代表取締役社長• 6月 - 株式会社代表取締役会長(現職)• 4月 - 株式会社取締役• 6月 - 社団法人日本港運協会副会長(現職)• 7月 - 社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団理事(現職)• 4月 - 神奈川県野球協議会会長(現職)• 6月 - 株式会社代表取締役社長(現職)• 4月 - 財団法人横浜市体育協会名誉会長(現職)• 4月 - 株式会社横浜スタジアム取締役会長(現職)• 2月 - 藤木企業株式会社代表取締役会長(現職• 3月 - 同社代表取締役会長(現職)• 5月 - 会長(現職) 著書 [ ]• (、ゲスト) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 藤木幸太郎は明治25年に現在の横浜戸部に生まれた港湾事業家。 明治末に神戸から横浜に来た酒井信太郎(後の鶴酒藤兄弟会の創設者)が地元業者の縄張り意識から孤立した際に「港で働く人間はみんな仲間だ」と一人だけ酒井を助けたが、結果としてここから運を掴み、また京浜の港湾も新しい時代に入った。 土木や荷役の世界は親方が仕事の先頭に立つと腕利きの幹部が集まり企業の風土としてまとまる習いがある。 神奈川県大百科にも写真つきで人物の記事があり、執筆者の白井秀次による藤木幸太郎の伝記のタイトルは異称でもある『ミナトの親父』。 息子の自叙伝のタイトルが『ミナトのせがれ』。 ちなみに大正期の京浜の荷役業ではナイガイの賭場から博徒がテラを取らないようにする目的もあり親方が博徒となった例がある。 その後は元請けとの関係もあり、多くは堅気になっているのが昭和初期の京浜の特徴である。 このため藤木幸太郎も埋地一家初代とされているが、藤田五郎の『任侠百年史』の任侠家系図p 415では埋地ではなく浅田大吉(横浜の大親分である松本辰三郎の系譜)の系統にある。 出典 [ ].

次の

番組リクエスト

エフエム 横浜

概要 [ ] 出身。 、卒業。 藤木企業の創業者である藤木幸太郎 の長男。 横浜港運協会会長のほかに、社団法人日本港運協会副会長、財団法人横浜港湾福利厚生協会会長などを務めている。 略歴 [ ]• 5月 - 藤木企業株式会社代表取締役社長• 6月 - 株式会社代表取締役会長(現職)• 4月 - 株式会社取締役• 6月 - 社団法人日本港運協会副会長(現職)• 7月 - 社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団理事(現職)• 4月 - 神奈川県野球協議会会長(現職)• 6月 - 株式会社代表取締役社長(現職)• 4月 - 財団法人横浜市体育協会名誉会長(現職)• 4月 - 株式会社横浜スタジアム取締役会長(現職)• 2月 - 藤木企業株式会社代表取締役会長(現職• 3月 - 同社代表取締役会長(現職)• 5月 - 会長(現職) 著書 [ ]• (、ゲスト) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 藤木幸太郎は明治25年に現在の横浜戸部に生まれた港湾事業家。 明治末に神戸から横浜に来た酒井信太郎(後の鶴酒藤兄弟会の創設者)が地元業者の縄張り意識から孤立した際に「港で働く人間はみんな仲間だ」と一人だけ酒井を助けたが、結果としてここから運を掴み、また京浜の港湾も新しい時代に入った。 土木や荷役の世界は親方が仕事の先頭に立つと腕利きの幹部が集まり企業の風土としてまとまる習いがある。 神奈川県大百科にも写真つきで人物の記事があり、執筆者の白井秀次による藤木幸太郎の伝記のタイトルは異称でもある『ミナトの親父』。 息子の自叙伝のタイトルが『ミナトのせがれ』。 ちなみに大正期の京浜の荷役業ではナイガイの賭場から博徒がテラを取らないようにする目的もあり親方が博徒となった例がある。 その後は元請けとの関係もあり、多くは堅気になっているのが昭和初期の京浜の特徴である。 このため藤木幸太郎も埋地一家初代とされているが、藤田五郎の『任侠百年史』の任侠家系図p 415では埋地ではなく浅田大吉(横浜の大親分である松本辰三郎の系譜)の系統にある。 出典 [ ].

次の