マツキヨ エーユーペイ。 マツモトキヨシ・どらっぐぱぱすで使えるコード決済

【2020年7月最新版】「マツモトキヨシ」でLINE Pay(ラインペイ)・QRコード決済は支払いに使える?

マツキヨ エーユーペイ

5%還元 食べログ掲載の対象店舗で支払い:5%還元 三太郎の日(毎月3・13・23日)に支払い:5%還元 ————— 合計10. 5%還元 通常、200円ごとに1ポイントのところ、auスマートパスプレミアム会員は42ポイント、au STAR会員は19ポイントを獲得できます。 無料のau STAR会員でもau Payを利用すれば、実質9. 5%OFFで買い物ができるのは、かなりお得です。 また4月15~30日の期間限定で、 au PAYポイントをau PAY 残高にチャージすると残高が10%増額する 「10%増額キャンペーン」も行なわれます。 こちらのキャンペーンは、チャージ額が100億円に達した時点で終了します。 au Payが使えるお店は?夏からは楽天ペイやメルペイ加盟店もOKに au Payが使えるお店は以下の通りです。 コンビニ ローソン、ミニストップ、ポプラ ドラッグストア ウェルシア、クスリのアオキ、サンドラッグ、Vドラッグ 家電量販店 エディオン、ジョーシン、100満ボルト、ケーズデンキ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヤマダ電機 生活 IKEA、GEO、セカンドストリート、てもみん ファッション Right-on、マックハウス アミューズメント 自遊空間、ジャンカラ 飲食店 スシロー、松屋、はなまるうどん 居酒屋 モンテローザ系列(笑笑、白木屋、魚民、千年の宴)、ワタミ系列(和民) また2019年夏頃には、楽天グループの 「楽天ペイ」、メルカリの 「メルペイ」加盟店でもau Payが使えます。 そのため、新規決済サービスでありがちな、加盟店が近くにないので全然使えない心配がありません。 楽天ペイとメルカリが使えるお店については、下記記事を参考にどうぞ。 メルペイの詳細 おサイフケータイが使えないスマホでも支払いが可能 コード決済では、アプリ画面にあるバーコードをお店の読み取り端末でスキャンしたり、お店に提示されているQRコードをカメラ機能で読み取ったりすることで、お会計が完了します。 au PAYは 「au PAY アプリ」で利用できます。 アプリをインストールして利用登録をすれば、おサイフケータイ非対応の端末でも、スマホ一つで支払えるのがメリットです。 auのスマホやケータイの中にも、おサイフケータイ非対応の端末がいくつか存在します。 近い将来、おサイフケータイ非対応端末への機種変更を考えている人でも、au Payは使いやすいです。 また2019年夏には、auサービスがキャリアフリーになるので、今後はauユーザー以外でもau Payが使えます。 すでにNTTドコモでは「dアカウント所有者であれば、誰でもdサービスが使える」状態になっているので、それと同じような状況になると思われます。 スマホを活用した決済サービスについては、下記の記事も参考になると思います。 コード決済サービスはPayPay(ペイペイ)、LINEペイ、Origami Payなどもあるので、自分に合ったものが選びやすくなっています。 スマホ決済サービス比較: au PAY アプリで支払いOK au Payは専用アプリではなく、 au PAY アプリで使えます。 2019年4月にau PAY アプリの大型アップデートがあり、その際にau Payが追加されます。 ちなみに、Yahoo! JAPANアプリにもPayPayの支払い機能が追加されています。 専用アプリをインストールしなくても、Yahoo! のアプリからPayPayのコード決済を利用できます。 そのため、新しくアプリをインストールする必要がなく、残高確認やチャージができるのはメリットです。 利用金額の支払いはau PAY残額を利用 コード決済の利用金額の支払い方法は、サービスによって異なりますが「先払い」、「即時払い」、「後払い」が使えます。 前払い 利用前にチャージ(入金)をして支払う チャージ方法は、銀行口座、コンビニ、銀行ATMなど 即時払い 銀行口座を登録して、利用金額は口座残高からすぐに引き落とされる 後払い 紐付けたクレジットカードの利用額と一緒に請求、後日、口座から引き落とされる au PAYは 前払い(プリペイド)タイプです。 au PAY プリペイドカードと同じく、事前にチャージした 「au PAY 残高」から利用金額を支払います。 現在、au PAY 残高のチャージ(入金)方法には、以下が利用できます。 au PAY サイトやアプリ auかんたん決済、auじぶん銀行、クレジットカード、WALLET ポイント(auポイント)、au PAY チャージカード auショップ、コンビニ(ローソン) 現金 また2019年夏には、セブン銀行ATMから現金チャージができたり、残高不足時にau かんたん決済で自動チャージしたりも可能になります。 数あるチャージする方法の中でも、特にau PAYは au PAY カードとの提携が強化されると思います。 auの場合、それに当てはまるのが、au PAY カードなので、ポイントアップなどの優待特典が期待できます。 au PAY カードの詳細は、下記の記事が参考になります。 カード詳細 貯まったWalletポイントも充当可能 au Payを使うメリットの一つに WALLETポイントがコード決済に使えることが挙げられます。 WALLETポイントとはau携帯電話やauひかり、au PAY プリペイドカード、au PAY カードの利用金額に応じて貯まるauのポイントのことです。 貯まったWALLETポイントの使いみちとしては「1ポイント=1円相当」として、主に以下のようなことに利用できます。 WALLET プリペイドカードにチャージして、Mastercard加盟店の支払いに使う• auかんたん決済の利用金額や機種変更時の端末料金にポイントを利用する• 景品と交換する 上記の利用以外にも、WALLETポイントが使える選択肢が増えたという訳です。 また貯まったポイントを利用した au PAY ポイント運用も開始されます。 ちなみに、現段階では au PAYポイントと楽天ポイントの交換はできません。 楽天ポイントの使い方としては、楽天グループや楽天ポイント加盟店、楽天ペイでの支払い、楽天Edyの交換があります。 あわせて読みたい: au PAYポイントが貯まる(2020年5月以降はPontaポイントに変更) 楽天ペイは楽天ポイント、PayPay(ペイペイ)はPayPayボーナス、LINE PayはLINEポイント…というように、コード決済サービスを利用すると独自のポイントが付与されます。 au Payの利用で貯まるポイントは、 au利用で貯まるau PAYポイント(旧:auポイント)です。 au PAYポイントは200円ごとに1ポイントで還元されて、もちろん、au PAYの利用金額に充当もできます。 1ポイント=1円相当の価値があるので、 ポイント還元率は0. 5%と、他のスマホ決済サービスのポイント還元率と同じです。 ただし、 auスマートパスプレミアム会員は200円ごとに3ポイント付与されて、 ポイント還元率は1. 5%にアップします。 そのため、au PAYの利用で貯まるポイントも、Pontaポイントになります。 利用でのPontaポイント付与条件については、まだ情報が出ていないので、分かり次第、追記します。 au Payの今後に期待 携帯大手3社の中で最も遅い導入になったのが、KDDIのau Payです。 コード決済サービスは、お得感や使い勝手の良さだけではなく「どれだけのお店で支払いに使えるか?」も重要なので、 楽天ペイ加盟店でau Payが使えるのは大きなメリットです。 まだまだ公開されていない情報が多いのですが、おそらくauユーザーにとって得られる特典が多いコード決済になるように思います。 進展ありましたら、当サイト「電子マネーの虎」でも随時更新していく予定です。

次の

スマホ決済アプリau PAYとは?特徴、メリット、今後の見通しなど解説!

マツキヨ エーユーペイ

au WALLETとは、KDDIが提供する電子マネーサービスのことであり、auユーザーにとってお得なサービスを提供しています。 au WALLETの主なサービスである「au WALLETカード」には、au WALLETプリペイドカードとau WALLETクレジットカードの二種類があり、どちらもauユーザーならお得に利用できるカードです。 そこで今回は、 au WALLETの各カードについての特徴 使えるお店や支払い方法など やメリット・デメリットを徹底的に調査しましたので、ご紹介していきたいと思います。 また、 カードを使うことで貯まっていくWALLETポイントの使い道についても、ご説明しています。 もし、これからWALLETカードを作ろうかどうか考えていたり、今すでに持っていているけど使い方が分からない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね! Contents• au WALLET プリペイドカードの使い方 略称で WALLET カードと呼ばれている、au WALLET プリペイドカードは、KDDIが提供するプリペイドカードです。 前払い方式 チャージ して使うプリペイドカードは、ついつい使いすぎてしまう方や、クレジットカードを持っていない方にとって、おススメできるカードです。 そんなau WALLETプリペイドカードの使えるお店や支払い方法、チャージ方法など、詳しく見ていきましょう! 1. 使えるお店 au WALLET プリペイドカードは、 世界各国のMastercard加盟店もしくはWebMoneyのお店で使うことができますので、クレジットカードと同じように、わざわざお金を出さずに買い物することができるため、大変便利です。 以下には、WALLETカードが使えるお店の一覧を示します。 コンビニエンスストア• セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• サークルKサンクス• ミニストップ 代表的なお店• イオン• マツモトキヨシ• ガスト• バーミヤン• ジョナサン• ヤマダ電機• ゲオ ネットショッピング• Amazon• 楽天市場• iTunesストア WALLETカードは、 ほとんどのコンビニエンスストアで使えるうえに、ネットショッピングで有名な、AmazonやiTunesストアなどでも利用可能です。 ここまで、多くのお店で使えることは大変便利ですね。 支払い方法 au WALLET プリペイドカードは、 お店での支払いもしくはネット決済ができます。 各支払い方法については、以下の通りです。 お店で使う場合 レジに行った時、 一回払いでプリペイドカードで払うことを店員に伝えるだけで、あとは店員に任せれば支払いが完了しますので、クレジットカードと同じ要領で、かなり簡単で便利です。 海外でも、同様の使い方ができますが、海外サービス手数料として4%が上乗せされるので、残高には注意が必要ですね。 ネット決済の場合 Mastercardで支払う場合は、 カードの表面に書かれたMastercard番号を入力して、支払いを行います。 一方、WebMoneyの場合、 カードの裏面に書かれたWebMoneyプリペイド番号を入力して、支払いが完了します。 チャージ方法 au WALLET プリペイドカードのチャージ上限は10万円となっています。 以下には、各チャージ方法の説明をしていきます。 決済方法としては、 au かんたん決済やクレジットカード、じぶん銀行、WALLETポイントでチャージができます。 チャージ方法は、最寄りのローソンで、店員にチャージすることを伝え、チャージ金額分の現金を渡すだけでOKです。 以下の表には、買い物で付いてくるポイントについて示しています。 審査に通るか不安であったり、学生の身分だからカードを作れないと思っている方でも、こちらのカードは誰でも簡単に作ることができるうえに、年齢も12歳以上なら、どなたでも作ることができます。 入会金や年会費もないため、余計な料金もかかりません。 毎月支払うにも関わらず、その分のWALLETポイントが貯まりませんから、ここは大きなデメリットとなります。 そのため、支払いで貯まるWALLETポイントが貯まりませんから、お得ではありませんね。 au WALLET クレジットカードの使い方 こ こまで、au WALLETプリペイドカードにつ いて見てきま したが、ここからはクレジットカードについて見ていきたいと思います。 au WALLETクレジットカードは、auユーザーが使えるクレジットカードのことで、クレジット決済ができるうえに、auユーザー限定のお得なサービスがあります。 支払い方法 店頭での支払いの場合、店員にカードを渡すだけで支払いは完了します。 ネットショッピングの場合は、カード名義、カード番号、有効期限を入力するだけでOKです。 ただし、 支払い方法については、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いの5種類がありますので、以下の表より、各支払い方法について詳しく確認しましょう。 支払い方法 方法の説明欄 1回払い 支払い月の翌月10日に口座から引き落とし 手数料無料 2回払い 支払い月の翌月および翌々月の10日にそれぞれ引き落とし 手数料無料 ボーナス一括払い 夏または冬のボーナス月に一括して支払う方法 手数料無料 リボ払い リボ払いにした利用額を毎月定額で支払う方法 手数料が15% 分割払い 支払い回数を3回~24回までの間で指定する方法 支払い回数によって手数料は異なる 2. 使えるお店 au WALLET クレジットカードは、 VISAもしくはMastercardのどちらかのブランドを作ることができます。 ですので、それぞれの加盟店で使うことが可能です。 以下には、クレジットカードを使うことができる一例を示します。 コンビニエンスストア• ネットショッピング Amazon,楽天市場など• auの月額料金• 公共料金• 飲食店や家電量販店 どちらのブランドも、ほとんどのコンビニエンスストアで利用できるうえに、Amazonなどのネットショッピングや auの月額料金に支払いが可能です。 以下が、その比較表となります。 支払い クレジットカード プリペイドカード コンビニやスーパー、ネットの買い物 200円ごとに2ポイント 200円ごとに1ポイント ポイントアップ店 200円ごとに3ポイント 200円ごとに2ポイント au月額料金 1,000円ごとに10ポイント 支払い不可 表に示す通り、クレジットカードで支払うと、付いてくるポイントが高いと分かります。 特に、 au月額料金を支払えるクレジットカードでは、ポイントも付いてきますから、非常にお得です。 プリペイドカードは、 入会審査が不要で、誰でも持てることが大きなメリットですが、クレジットカードを問題なく作れる方は、こちらのカードを使うことをおススメします。 そのため、チャージするという面倒な手続きがないため、簡単に支払いができます。 そのため、余計な料金がかからないので、費用を抑えることができますね。 そのため、誰でも作れるカードではありません。 また、年齢制限として18歳以上の方しか作ることができませんので、高校生までの学生はこちらのカードは持てません。 そのため、支払いの滞納をしてしまい、カード会社との信頼関係を崩しかねません。 クレジットカードを持つ際は、きちんとしたお金の管理をすることが重要です。 au WALLETポイントの使い道 au WALLETポイントの使い方については、以下の通りとなります。 au WALLETクレジットカードの請求額に充てる• auユーザー限定の商品と交換する• ネットショッピングに使える AmazonやWoWma! 、モバオクなど• KDDI提供のブックパスやビデオパスに利用• 携帯電話の機種変更や修理、オプション品の購入に利用• au WALLETプリペイドカードにチャージする 以上のように、多くの使い道があるので、ぜひWALLETポイントを有効に利用していきましょう。 まとめ 今回は、au WALLETの電子マネーサービスである、プリペイドカードおよびクレジットカードについて詳しくご紹介してきました。 au WALLET プリペイドカードは、12歳以上のauユーザーなら誰でも持つことができるカードである• au WALLETプリペイドカードは、 MasterCard加盟店である店ならどこでも使え、ほとんどのコンビニエンスストアで利用できる• WALLET カードを使えば、 WALLETポイントが付いてくるので、かなりお得である• au WALLETの各カードは 年会費が無料である• クレジットカードを作れる方は、プリペイドカードと比較してWALLETポイントがたくさんつくので、こちらのカードがおすすめ au WALLETのサービスには、以上のようなサービスがたくさんあり、auユーザーにとっては、大変お得で便利なものばかりでした。 auをお得に利用するためにも、じっくり検討したり、使い方をマスターしましょう。

次の

au WALLET(auウォレット)カードの使い方とメリット・デメリットを徹底分析!WALLETポイントでお得に利用しよう!

マツキヨ エーユーペイ

5%還元 食べログ掲載の対象店舗で支払い:5%還元 三太郎の日(毎月3・13・23日)に支払い:5%還元 ————— 合計10. 5%還元 通常、200円ごとに1ポイントのところ、auスマートパスプレミアム会員は42ポイント、au STAR会員は19ポイントを獲得できます。 無料のau STAR会員でもau Payを利用すれば、実質9. 5%OFFで買い物ができるのは、かなりお得です。 また4月15~30日の期間限定で、 au PAYポイントをau PAY 残高にチャージすると残高が10%増額する 「10%増額キャンペーン」も行なわれます。 こちらのキャンペーンは、チャージ額が100億円に達した時点で終了します。 au Payが使えるお店は?夏からは楽天ペイやメルペイ加盟店もOKに au Payが使えるお店は以下の通りです。 コンビニ ローソン、ミニストップ、ポプラ ドラッグストア ウェルシア、クスリのアオキ、サンドラッグ、Vドラッグ 家電量販店 エディオン、ジョーシン、100満ボルト、ケーズデンキ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヤマダ電機 生活 IKEA、GEO、セカンドストリート、てもみん ファッション Right-on、マックハウス アミューズメント 自遊空間、ジャンカラ 飲食店 スシロー、松屋、はなまるうどん 居酒屋 モンテローザ系列(笑笑、白木屋、魚民、千年の宴)、ワタミ系列(和民) また2019年夏頃には、楽天グループの 「楽天ペイ」、メルカリの 「メルペイ」加盟店でもau Payが使えます。 そのため、新規決済サービスでありがちな、加盟店が近くにないので全然使えない心配がありません。 楽天ペイとメルカリが使えるお店については、下記記事を参考にどうぞ。 メルペイの詳細 おサイフケータイが使えないスマホでも支払いが可能 コード決済では、アプリ画面にあるバーコードをお店の読み取り端末でスキャンしたり、お店に提示されているQRコードをカメラ機能で読み取ったりすることで、お会計が完了します。 au PAYは 「au PAY アプリ」で利用できます。 アプリをインストールして利用登録をすれば、おサイフケータイ非対応の端末でも、スマホ一つで支払えるのがメリットです。 auのスマホやケータイの中にも、おサイフケータイ非対応の端末がいくつか存在します。 近い将来、おサイフケータイ非対応端末への機種変更を考えている人でも、au Payは使いやすいです。 また2019年夏には、auサービスがキャリアフリーになるので、今後はauユーザー以外でもau Payが使えます。 すでにNTTドコモでは「dアカウント所有者であれば、誰でもdサービスが使える」状態になっているので、それと同じような状況になると思われます。 スマホを活用した決済サービスについては、下記の記事も参考になると思います。 コード決済サービスはPayPay(ペイペイ)、LINEペイ、Origami Payなどもあるので、自分に合ったものが選びやすくなっています。 スマホ決済サービス比較: au PAY アプリで支払いOK au Payは専用アプリではなく、 au PAY アプリで使えます。 2019年4月にau PAY アプリの大型アップデートがあり、その際にau Payが追加されます。 ちなみに、Yahoo! JAPANアプリにもPayPayの支払い機能が追加されています。 専用アプリをインストールしなくても、Yahoo! のアプリからPayPayのコード決済を利用できます。 そのため、新しくアプリをインストールする必要がなく、残高確認やチャージができるのはメリットです。 利用金額の支払いはau PAY残額を利用 コード決済の利用金額の支払い方法は、サービスによって異なりますが「先払い」、「即時払い」、「後払い」が使えます。 前払い 利用前にチャージ(入金)をして支払う チャージ方法は、銀行口座、コンビニ、銀行ATMなど 即時払い 銀行口座を登録して、利用金額は口座残高からすぐに引き落とされる 後払い 紐付けたクレジットカードの利用額と一緒に請求、後日、口座から引き落とされる au PAYは 前払い(プリペイド)タイプです。 au PAY プリペイドカードと同じく、事前にチャージした 「au PAY 残高」から利用金額を支払います。 現在、au PAY 残高のチャージ(入金)方法には、以下が利用できます。 au PAY サイトやアプリ auかんたん決済、auじぶん銀行、クレジットカード、WALLET ポイント(auポイント)、au PAY チャージカード auショップ、コンビニ(ローソン) 現金 また2019年夏には、セブン銀行ATMから現金チャージができたり、残高不足時にau かんたん決済で自動チャージしたりも可能になります。 数あるチャージする方法の中でも、特にau PAYは au PAY カードとの提携が強化されると思います。 auの場合、それに当てはまるのが、au PAY カードなので、ポイントアップなどの優待特典が期待できます。 au PAY カードの詳細は、下記の記事が参考になります。 カード詳細 貯まったWalletポイントも充当可能 au Payを使うメリットの一つに WALLETポイントがコード決済に使えることが挙げられます。 WALLETポイントとはau携帯電話やauひかり、au PAY プリペイドカード、au PAY カードの利用金額に応じて貯まるauのポイントのことです。 貯まったWALLETポイントの使いみちとしては「1ポイント=1円相当」として、主に以下のようなことに利用できます。 WALLET プリペイドカードにチャージして、Mastercard加盟店の支払いに使う• auかんたん決済の利用金額や機種変更時の端末料金にポイントを利用する• 景品と交換する 上記の利用以外にも、WALLETポイントが使える選択肢が増えたという訳です。 また貯まったポイントを利用した au PAY ポイント運用も開始されます。 ちなみに、現段階では au PAYポイントと楽天ポイントの交換はできません。 楽天ポイントの使い方としては、楽天グループや楽天ポイント加盟店、楽天ペイでの支払い、楽天Edyの交換があります。 あわせて読みたい: au PAYポイントが貯まる(2020年5月以降はPontaポイントに変更) 楽天ペイは楽天ポイント、PayPay(ペイペイ)はPayPayボーナス、LINE PayはLINEポイント…というように、コード決済サービスを利用すると独自のポイントが付与されます。 au Payの利用で貯まるポイントは、 au利用で貯まるau PAYポイント(旧:auポイント)です。 au PAYポイントは200円ごとに1ポイントで還元されて、もちろん、au PAYの利用金額に充当もできます。 1ポイント=1円相当の価値があるので、 ポイント還元率は0. 5%と、他のスマホ決済サービスのポイント還元率と同じです。 ただし、 auスマートパスプレミアム会員は200円ごとに3ポイント付与されて、 ポイント還元率は1. 5%にアップします。 そのため、au PAYの利用で貯まるポイントも、Pontaポイントになります。 利用でのPontaポイント付与条件については、まだ情報が出ていないので、分かり次第、追記します。 au Payの今後に期待 携帯大手3社の中で最も遅い導入になったのが、KDDIのau Payです。 コード決済サービスは、お得感や使い勝手の良さだけではなく「どれだけのお店で支払いに使えるか?」も重要なので、 楽天ペイ加盟店でau Payが使えるのは大きなメリットです。 まだまだ公開されていない情報が多いのですが、おそらくauユーザーにとって得られる特典が多いコード決済になるように思います。 進展ありましたら、当サイト「電子マネーの虎」でも随時更新していく予定です。

次の