ポケモン剣盾 ゴースト 弱点。 【ポケモンGO】ゴース・ゴースト・ゲンガーおすすめの技や弱点まとめ【ハロウィン大量出現】

ゴースト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 ゴースト 弱点

【ポケモンGO】ゴース・ゴースト・ゲンガーおすすめの技や弱点まとめ 3段階進化となるゴース系ポケモンは、ハロウィンイベント期間中は大量に出現しているとあって人気が急上昇していますので情報をまとめてみました。 スポンサーリンク 目次• ゴース・ゴースト・ゲンガーの個体値(総合的な強さは?) 3段階進化となり、ゲンガーまで進化すれば CP2078まで育つ強キャラになります。 幽霊だからかHPは少なめですが、攻撃力は全ポケモン内でも上位クラスとなります。 しかしながら進化がしずらいのが難点です。 1匹ゴースを捕まえるとき6個、博士に送ると2個なので 1匹で計8個もらえます。 出現率もかなり高く、すぐに100個以上集まることでしょう。 進化させる前の技は、進化後と関係がないので最終形であるゲンガーの「おすすめの技」について紹介します。 スポンサーリンク ゲンガーの通常技/強技 通常技 名前 タイプ 威力 DPS EPS ふいうち あく 7 10 12. 86 シャドークロー ゴースト 11 14. 48 8. 42 2分の1の確率で覚える「シャドークロー」が当たりです。 強技 名前 タイプ 威力 DPS あくのはどう あく 45 10. 25 シャドーボール ゴースト 45 14. 13 ヘドロばくだん どく 55 19. 57 どくタイプの「ヘドロばくだん」がおすすめの技となります。 ゲージの増加効率 ゲンガーの弱点は? ゲンガーについては、弱点が多くタイプとしては「ノーマル・くさ・かくとう・どく・むし・フェアリー」には、 こうかはいまひとつとなります。 なので カビゴンやベロリンガ、カイリューがゲンガーに対する対抗ポケモンとなります。 最後に ゴース系は相棒ポケモンに選ぶと3kmでアメ1個なので他の相棒を選ぶことをおすすめします。 次は、おすすめの相棒ポケモンについて紹介します! いま人気の記事はこちら! yomu0007.

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

ポケモン剣盾 ゴースト 弱点

ゴルーグの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 89 124 80 55 80 55 タイプ タイプ1 タイプ2 じめん ゴースト 特性 てつのこぶし パンチ技の威力が1. 2倍になる ぶきよう 持った道具を使えなくなる ノーガード(夢特性) お互いの攻撃が必ず当たるようになる 長所・短所 鋼タイプにしか見えない外見に反し、 地面・ゴーストという珍しいタイプ構成のポケモンです。 このタイプは弱点こそ多いものの耐性も多く、 3タイプの技を無効化できるという強烈な強みがあります。 特に格闘タイプに対しては、 一致技無効の上にサブウェポンとして使われやすい岩が半減と滅法強い格闘タイプの天敵です。 種族値はゴーストタイプとしては珍しく高い攻撃を持ち、逆に素早さが低い 典型的な鈍足物理アタッカーです。 技も 特性と相性のいいものが揃っており、他のゴーストタイプとは 攻撃範囲が一線を画す広さを誇ります。 ですが、その代わりに 変化技は非常に少なく、どちらかと言えば地面タイプの方が近いと言えるでしょう。 特に ロックカットが無くなったのは大きすぎる痛手で、素早さを上げて行動順を逆転させる戦法がほぼ使えなくなったのは厳しいところ。 また、 弱点となるタイプが軒並み使用率の高いタイプなので弱点を突かれやすく、特に堅いわけでもないので 弱点を突かれたらそのまま倒されかねないのが最大の弱点です。 育成論 てつのこぶし型 努力値 HP:252(実数値196) 攻撃:252(実数値193) 特防:4(実数値101) 技構成 解説 特性をてつのこぶしにして、サブウェポンの性能を高めた物理型です。 てつのこぶしが機能するパンチ技を多く覚え、それらの技のタイプも多種多様なゴルーグ。 それらの技の弱点である威力不足をてつのこぶしで補い、さらに たつじんのおびで補強します。 多くのゴルーグは夢特性の ノーガードと ばくれつパンチを併用するので、この構成なら 相手の意表を突いて高い負荷をかけられるでしょう。 素早さは壊滅状態なので、もちろん 努力値はHPと攻撃に全振り。 余った分は特攻と素早さ以外のどこかに回しておきましょう。 この時 素早さの個体値0、性格ゆうかんなら素早さがかなり低くなるので トリックルームでの運用も可能になります。 技構成はメインウェポンとなる じしんとサブウェポン3種。 特に一致技の シャドーパンチと、この2つと相性のいい れいとうパンチは必須です。 最後の1つは今回 ほのおのパンチにしましたが、パンチ技に拘らなければ ストーンエッジという手もあるのでそこはお好みでどうぞ。 実演してみた では、このゴルーグが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 この構成なら、結構活躍はできるんじゃないかなと思います。 対戦、よろしくお願いします。 今回は途中からの登場。 初手がキリキザンとガオガエンの対面だったので、キリキザンでは厳しいと判断して交代したところからの出番となります。 初手のねこだましはノーマルタイプだったので、 タイプ相性で無効化。 次のターンのDDラリアットも耐え、返す刀でじしんを使います。 タイプ一致、弱点、たつじんのおび補正。 これだけ乗ったなら確1にもなりますよね。 その後のエルフーンは 特性・弱点・たつじんのおびの補正込みでれいとうパンチで確2でした。 ですが 不一致れいとうパンチ自体の威力の低さと エルフーンは大抵耐久に努力値を振っているという点を考えれば十分な威力は出ているかと。 対戦、ありがとうございました。 まとめ ある意味ポケモンという概念にケンカを売ったポケモン、ゴルーグの育成論でした。 無効化できるタイプが多く、交代で後から出しやすいゴルーグ。 そこから繰り出す高威力の物理攻撃で、大半のポケモンに大きな負荷をかけていけるポケモンです。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】最速ストーリー攻略チャート【ソードシールド】

ポケモン剣盾 ゴースト 弱点

『こだわりスカーフ』を持たせるケースでは『いじっぱり』にすることもあります。 特性は『せいぎのこころ』! テラキオンの特性は『せいぎのこころ』しか存在しません。 あくタイプの攻撃を受けた際に攻撃が1段階上がる特性となっており、あまり活きる機会はないのですが、テラキオンはそれを補って余りあるポテンシャルを誇るポケモンなので我慢しましょう。 持ち物は『いのちのたま』や『きあいのタスキ』がおすすめ! テラキオンは高い素早さから火力を押し付けていくタイプのポケモンであるため、火力を上げる『いのちのたま』などを持たせるのが良いでしょう。 行動保証をつけられ砂でも削られない『きあいのタスキ』、弱点の多さを逆手に取れる『じゃくてんほけん』などもおすすめです。 ダブルで『ふくろだたき』コンボを狙う場合には、防御も上げる目的で『アッキのみ』も候補となります。 努力値は基本的にAS特化で! テラキオンは高い火力を押し付けていくタイプのポケモンであるため、攻撃は可能な限り上げ、素早さも最速にすると良いでしょう。 テラキオンは耐久の低いポケモンではないため耐久に振りたくなる気持ちもあるのですが、弱点の多さゆえに耐久が活きてくるケースは多くありません。 「『じゃくてんほけん』持ちのダイマエースとして運用したい!」「ダブルの叩きパでは火力が過剰になってしまう」といったケース以外では、基本的に火力振るのが良いと思います。 おすすめの技 テラキオンのおすすめの技を紹介します。 いわなだれ・ストーンエッジ・がんせきふうじ ダブルにおける岩技は全体技である『いわなだれ』でほぼ確定ですが、シングルでは火力重視の『ストーンエッジ』や後続を動きやすくする『がんせきふうじ』なども候補となるでしょう。 命中不安なのがネックですがダイマックスすることでカバーでき、『ダイロック』の砂により自身の特防が1. 5倍になるほか襷持ちも処理できたりとかなり強力な動きができるようになります。 インファイト タイプ一致で威力の高い『インファイト』も基本的に採用することになるでしょう。 他の格闘技としては『せいぎのつるぎ』もありますが、特殊な事情がない限りは『インファイト』が安定です。 じしん ギルガルドやドヒドイデに対する安定打点が欲しい方、『ダイアース』による特防アップを狙いたい方は地面技の『じしん』を採用するのも良いかもしれません。 しかし、格闘と岩の攻撃範囲があれば地面技を撃ちたい機会はほとんどないため、優先度はそれほど高くありません。 アイアンヘッド 対フェアリーとして優秀な『アイアンヘッド』も候補となります。 素の状態では等倍の岩技と大差ない威力ですが、ダイマックス技の『ダイスチル』であれば高い威力を出せて防御アップの追加効果も嬉しいので採用の価値はあります。 でんこうせっか 先制技が欲しい方に! ステルスロック テラキオンはステロ撒きもできます。 シングルでは『がんせきふうじ』との組み合わせで後続を動きやすくするのも良いでしょう。 ちょうはつ 相手の補助技を止める『ちょうはつ』ですが、テラキオンは多くの相手に先制できるので刺さる場面は多いです。 しかし、弱点も多いため読み間違いで攻撃を受けてしまうと致命傷になりかねない点にも注意しましょう。 つるぎのまい 弱点の多いテラキオンで『つるぎのまい』を積むのは難しいですが、一度でも積めればテッラキオンの攻撃を受けるのは至難の業となります。 コーチング ダブルで味方を強化できる『コーチング』も使えます。 素早さも高いので色々なコンボを狙えそうですね。 まもる ダブルでは『まもる』があると非常に動きやすくなります。 技スペースの余りがちなテラキオンで採用しない理由は特にないでしょう。 テラキオンの対策 テラキオンの対策は『いわなだれ』による怯みも考慮すると、受け身でいくよりも上を取っていくのが安定となります。 テラキオンより素早さの高いポケモンを採用する テラキオンは上を取れている相手にはめっぽう強いですが、上を取られると弱点の多さゆえ打たれ弱いポケモンとなります。 テラキオンはやや高速帯のポケモンになりますが、上を取れるポケモンも少なくないため構築に1枚は早いポケモンを入れておくと良いでしょう。 先制技持ちのポケモンを採用する テラキオンは『アクアジェット』や『バレットパンチ』、『グラススライダー』に『マッハパンチ』など多くの先制技が抜群となっています。 ローブシンやゴリランダーなどのポケモンであれば撃ち合っていけるでしょう。 まとめ テラキオンはアタッカーとしての圧力もさるものながら、積み技や補助技も備えているため相手にするととても厄介なポケモンです。 テラキオンより先に行動できるポケモンを構築に入れて対策を怠らないようにしましょう!•

次の