パーゴラ シェード。 リレーリア パーゴラ サンシェードカーテン付きの施工例一覧

暑熱対策製品 | 株式会社サカヱ

パーゴラ シェード

はじめに フレームDIYラボではアルミフレームやアルミパイプを使ったDIYを紹介していますが、 興味がある人と一緒に という共同DIYも行なっています。 これは実際にアルミフレームやパイプを使った DIY を一緒に協力しながら行う活動です。 アルミフレームやアルミパイプはとても便利な材料で木材にはない優れた特性がありますが、 普段身近にないため使い方がわからないという欠点があります。 そこでアルミフレームやアルミパイプの使い方や選定、設計などをアドバイスしながら 初めての人でも安心してDIYできるようにするものです。 これまで行なってきた共同DIYの様子はこちらから見る事ができます。 アルミパイプやアルミフレームを使ってみたいという方と一緒に共同 DIY を行っています。 これらの材料はとても便利ですが入手性の悪さからあまり知られていません。 そのため部品選定や使い方、加工、組立方法など初めての人はわかりにくいです。 そこで共同 DIY では誰もが扱えるようにサポートしています。 今回のご相談は大阪在住のSさんです。 (庭のベンチの上にシェードを張りたい) 表記の件、イレクターパイプでの作成を考えていましたが、特に屋 外での使用では、 強度やサビ、加工、価格の面でアルミパイプの方 が適しているとわかり、考え直しました。 固定方法やどのコネクタを使えば良いのかなど、 アドバイスをいた だければと思い相談させていただきました。 住宅の壁側から木製のフェンスに向けて、ポールを渡し、 そこにシ ェードをつれないかと考えています。 できれば、手動で構わないので、収納できるようにしたいと考えて います。 ただ、縦のポールはなるべく立てたくないという条件で考えたいと 思っています。 自宅の窓から庭にかけてパーゴラ屋根をDIYしたいという内容です。 パーゴラ屋根とはシェードや布を上に張って日よけにするものです。 パーゴラがあると日陰ができるため夏場の強い日射が部屋に入りません。 また近くのマンションなど高い場所からの目隠しにもなります。 テラス屋根を作るよりも手軽で簡単に取り外せるため台風などの災害時も安心です。 こちらがSさんと2人で完成させたパーゴラとなります。 住宅と庭フェンスの間にアルミパイプを設置してシェードを取り付けています。 シェードには紐を付けて引っ張って動かせるようになっています。 そのため使わない時は寄せてまとめておけるので強風時も大丈夫です。 脚立なども使わずに作業できるためとても簡単です。 それではこのパーゴラ屋根のDIYの様子をご覧下さい。 パーゴラ屋根のDIY構想 まずはSさんから希望のパーゴラのスケッチや自宅の写真を頂きました。 Sさんはスケッチが上手なのでとても分かりやすく助かります。 自宅壁から庭フェンスに向かって幅約3. 5m、縦3. 5mのシェードを 掛けたいとの内容です。 住宅側と庭フェンス側の高低差は約1. 3mあります。 また自宅側には邪魔にならないように柱を設置したくないとの事でした。 そのため住宅側には柱を建てずに壁からシェードを取り付けることにしました。 柱を建てずに壁から直接取り出すと邪魔にならず、スッキリしていいですね。 シェードは固定ではなく動かせるようにして、使わない時はまとめられるようにします。 そうすれば取り外しなどの手間がかかりません。 パーゴラ屋根のDIY設計 3. 1 パーゴラ屋根の材料 このパーゴラDIYではシェードを可動できるようにするため アルミパイプを使用します。 そしてアルミパイプにリングを入れてパイプを滑らせて動かし、 このリングにシェードを取り付ける事でシェードが動く仕組みです。 カーテンと同じ仕組みで簡単なものです。 アルミは雨に濡れても錆びないため、このように屋外で使用することができます。 シェードが3. 5mと大きいため強度を考慮して直径28mmのアルミパイプを使います。 家庭DIYで利用する金属パイプにイレクターパイプがあります。 アルミパイプも同様な用途で利用できますが、 イレクターパイプよりも優れた特徴 がいくつもあります。 ここではイレクターパイプとの比較やアルミパイプの種類について、詳しく紹介しています。 2 パーゴラ屋根のCAD設計 アルミパイプやアルミフレームはメーカから 専用の 3D CADが提供されており、 自分で設計することができます。 これを使う事で作る前にどのような構造になるかを様々な角度から見る事ができます。 このCADについてはこちらで詳しく動画を使って紹介しています。 ( アルミフレームやアルミパイプには専用の 3D CAD が無料で提供されています。 そのためこれを使えば作る前に色んな角度から見ることが可能となり、設計ミスが少なくなります。 さらに 部品の長さや種類、数なども自動で計算してくれる ので部品手配ミスや加工ミスも低減することができます。 こちらがSさんと一緒に設計した図面です。 図の右側が住宅壁側、左側が庭フェンス側になります。 住宅壁には短いパイプを縦に固定して、そこに角度調整付きコネクタを使って アルミパイプを斜めに連結させて、庭フェンスに固定したパイプと連結します。 これだと柱が不要でしかもパーゴラ傾斜を自由に調整することができます。 住宅壁やフェンスへのアルミパイプの固定には サドル部品を使います。 このようにアルミパイプには便利なコネクタやパイプを固定するサドルなど 様々な部品が充実しています。 アルミパイプどうしを連結する部品がコネクタです。 コネクタにはたくさんの種類があり、 連結方向も直角、水平、クロスなど様々な用途に利用できるようになっています。 また パイプに沿って動いたり、パイプを軸に回転したりという可動できるコネクタもあります。 これを利用すればDIYの幅が広がりますよ。 ただ注意する点は壁に取り付けた短いパイプの向きです。 今回は縦に取り付けていますが、これを90度倒して横につける事も可能です。 しかし横にするとコネクタの取付強度が弱くなるため敢えて縦向きに取り付けました。 このようにコネクタの連結強度を考慮しながら設計する事が大切です。 アルミパイプで構造物を作ったときに強度的に最も弱くなるところはパイプどうしを連結するコネクタです。 そのため設計するときに想定荷重を考えて、それに耐えうるコネクタや構造を考える必要があります。 コネクタ強度には3つの強度があり、全ての考慮してコネクタの選定をします。 至ってシンプルな構造ですが、これでパーゴラの設計は終了です。 パーゴラ屋根の製作 CADによる設計が終わるとメーカから見積もりを取って手配します。 5mと長いアルミパイプも含まれていますが、全て無料で自宅まで届けてもらえました。 全ての部品を一括で注文できて、自宅まで無料配達してもらえるためとても助かります。 Sさんは初めてアルミパイプを使われますが、無事に取付けが完了してパーゴラの完成です。 自宅壁から庭フェンスまで大きなシェードが取付けられています。 構造自体はシンプルですが、しっかりとシェードを支えておりたわむことはありません。 シェードも紐を付けて下から引っ張って開閉できるようになっています。 これだと台風のように風が強い日にはシェードを収納できますね。 庭フェンスと住宅壁へのパイプ固定はこのようにサドルを使えば簡単に取付できます。 とても簡単な方法ですが、しっかり固定できるのでよほどのことがないと外れません。 このサドル取付作業はこちらの動画で見ることができます。 取付作業では庭フェンスと住宅壁が予想よりも少し斜めになっていたようで 角度調整に手こずられたということでした。 距離が離れていると微妙な角度の違いに気付きにくくなります。 ただアルミパイプを連結するコネクタには角度を自由に調整できる物もあるので、 事前に選定しておけば現場での調整がとても楽になります。 Sさんは初めてアルミパイプを扱われましたが、アルミパイプの切断から取付けまで 大きな問題もなく完成されました。 金属なので加工が難しい、扱いが難しいと思われるかもしれませんが、 共同DIYでは初めて触れる方がほとんどです。 実はこのアルミの取扱いの良さや技術が不要な点が共同DIYを可能としています。 もし木材のように加工技術や経験が必要だとこのように遠方に居ながら 一緒にDIYすることは難しいと思います。 アルミフレームは 木材よりも強度があるので同じ耐久性の物でもコンパクトに作れます。 その反面、 木材に比べて加工が少し大変で木材ほど簡単に切断できません。 そこで様々な工作機やハンドソーで実際に切断して比較しました。 その結果、 特別な工作機は必要なく簡単に入手できるもので加工できました。 アルミフレームやアルミパイプの組立ては六角ボルトを締めこむだけの簡単作業です。 六角レンチ1本あれば全てを組み立てることができます。 ウチの小学2年生の子供でもこの通り。 誰が作っても同じように組みあがるので技術が要らず、初めての方やDIYしない人も安心して利用できます。 今年の夏はこのシェードが大活躍してくれると嬉しいですね。 さいごに 庭にパーゴラをDIYする記事は如何だったでしょうか? 同じような事がワイヤーでもできますが、 アルミパイプを使うとシェードをたわまずに張ることができます。 それにシェードを紐で引いて畳むときもパイプの方が滑りやすく、 途中で引っかかるような事がありません。 とても手軽に取付けできる方法なので、もし興味がある方は試してみて下さい。 この記事か皆さんの参考になれば幸いです。 アルミフレームやパイプを使ったDIYを一緒にしてみませんか? DIYする時間や工具がない 普段DIYをしないので自信がない そんな方にも安心で手間がかからず欲しい物が手に入る共同DIYです。 一人で考えるよりも複数人で考えた方がよりいいアイデアも生まれます。 まず設計や構想は御自分で考えて 欲しいものをイメージしてください。 もし自分で加工から組み立てまでされる方は 必要に応じてアドバイスを致しますし、 手間な部品手配や加工をしたくない方は こちらで実施して組み立てる状態の部品を お送りすることもできます。 初めて使う材料で不安な方も安心してチャレンジすることができますよ。 気に入った物が見つからない場合は試してみては如何でしょうか? サポートやアドバイスは無料で実施しているためできる事、できない事があります。 詳しいサポート内容や進め方はこちらで説明しています。 「 」 これまでのサポート事例はこちら。 「」 より詳しくアルミフレームやアルミパイプを知りたい方は動画で実物を使った説明や 実際にDIYしている様子を見ることができます。 「 」 サンルームやテラス屋根や関連する共同DIY事例などはこちらからご覧ください。 アルミパイプを初めて使われる方ばかりですが、皆さん無事に完成されています。 住宅のベランダに観葉植物用サンルームを共同DIYしました。 ベランダ窓を開ければそこは植物園のようなサンルームとなっています。 アルミフレームとアクリル板を使ってベランダに突っ張って固定して取り付けています。 六角レンチやスパナなどで組立て可能な造りとなっています。 自宅横のカーポートスペースに屋根がなく不便だったのでアルミパイプと波板でカーポート屋根をDIYしました。 奥行き約2. 5m、幅2. 0m、高さ2. 5mのカーポートです。 地面がコンクリートのためアンカーで柱パイプを固定し、屋根の梁を住宅壁に固定しています。 雨どいも取り付けてもう雨が降っても大丈夫です。 扉を開けるとそこは雨・・・ 涙) そんな状況を克服するために勝手口に幅5m、高さ2. 5mの屋根をアルミパイプで共同DIYしました。 隣家までの距離が0. 6mしかありませんが、屋根があることでゴミ箱など置ける便利なスペースに早変わり。 土日で完成するくらいの誰でもできる内容となっています。 子供の自転車を保管する場所がなく玄関内に置いていましたが、場所を取るので玄関が狭い・・・。 そんな悩みから玄関のすぐそばに屋根を付けて自転車置き場を共同DIYしました。 元々屋根がなかったので特に使っていなかったスペースが屋根を付けることで便利なスペースへと生まれ変わりました。 マンションの庭を全て覆うようなテラス屋根を共同IDYしました。 アルミパイプで枠組みを作りポリカ波板を貼り付けた屋根となっています。 5mと非常に大きく、基礎ができない場所にそれぞれ柱を立てています。 このように規格品にないテラス屋根を自分の好きなように作ることができます。 木製のテラス屋根が古くなったためアルミパイプと波板を使ってテラス屋根を共同DIYしました。 幅3m、奥行き8m、高さ3mのテラス屋根 で地面には芝生、壁は緑で目隠しをした隠れ家的な空間です。 私も欲しいと思うほどの快適空間が実現。 初めてアルミパイプを扱う方ですが、立派なテラス屋根を作られています。 カーポートと既設屋根の間に隙間があり、雨で濡れてしまいます。 そこでアルミパイプを使って屋根を新たに追加することになりました。 しかしカーポートと既設屋根は高さが異なるため斜めになってしまいます。 このような場所でもアルミパイプであれば簡単に作ることができます。 カーポートと壁の間に隙間があり雨が入り込むため、 ポリカ板とアルミフレームで隙間屋根を共同DIYしました。 幅700mm、長さ3,300mmの屋根を2枚のポリカ板を貼り合わせて作ります。 屋根には傾斜を付けて雨水を一か所に流します。 これで雨が降りこむことなく快適に車に乗ることができますね。 ウッドデッキを作りたいけど難しそう・・・。 そんな方にオススメの 釘やノコギリを一切使用しないアルミフレームを使ったウッドデッキのDIYです。 幅5m、奥行き4mと非常に大きなウッドデッキですが、 電動ドライバーと六角レンチだけでほとんど作れました。 土台をアルミで作っているので耐久性も安心です。 住んでいる賃貸住宅には軒や屋根がなく、洗濯物を干したり自転車を雨から避ける場所がありません。 そこでアルミパイプを使って幅4mもあるテラス屋根を作りました。 特徴は壁を傷付けたりコンクリートを使用せずに いつでも元に戻せること、目隠し壁まで取り付けても費用は4万円台という点です。 アーネストワン住宅の2Fベランダにテラス屋根をDIYしました。 この窓の上には軒もなく日差しや雨が容赦なく部屋の中に入ってきます。 そこでアルミパイプと波板で 幅3m、奥行き1. 5m、高さ2. 5mのテラス屋根をDIYしました。 特殊な工具不要でたった1日で作れる初心者向けのDIYです。 屋上の縁に雪が積もらないように逆勾配のポリカ屋根を共同DIYしました。 幅が10mもある長い屋根で、先端を90度曲げで屋根の下にも雪が入らないように考えました。 アルミフレームで枠組みを作って、そこにポリカ板を設置します。 ポリカ板を取り付けるにはアルミフレームが使いやすくて最適です。

次の

シェードルーバーパーゴラ®

パーゴラ シェード

オーニングとは、おしゃれなカフェや雑貨屋さんなどのお店の軒先などでよく見かける、日除けテントのようなもののことです。 専門の業者に注文し取り付けを依頼することも、もちろんできますが、最近では突っ張り棒でつけるだけの簡単なオーニングも発売されているので、自分で手軽に簡単自作DIYすることもできます。 オーニングという言葉の意味は、直訳すると「日除け」や「雨よけ」という意味になります。 ベランダや庭などに取り付け、日除けとして使用したり、雨をよけたりする為のテントのことをオーニングと呼びます。 このような本来の使用方法はもちろんですが、見た目もおしゃれなので、人気のガーデンインテリアの1つです。 急な雨にも安心なオーニング オーニングは日除けだけではありません。 オーニングは、ベランダや庭に干した洗濯物や、植木、ペットを突然の雨から守ってくれます。 また、雨の日でも、ベランダや庭で、子供たちを遊ばせることも可能です。 外出中に、いきなり土砂降りになってしまっても、オーニングを取り付けておけば安心ですね。 最近は、ベランダやバルコニーをおしゃれに飾って、ガーデンリビングを作ることが人気です。 ガーデンリビングとは、アウトドアファニチャーと呼ばれる外でも使用可能なソファやテーブルを並べて、まるでリビングのような空間を作ることです。 オーニングがあれば、こんな空間も雨から守ってくれますね。 また、ベランダやバルコニーをもっと充実させたい方は、このようなサンルームを自作DIYしてみてはいかがですか?大きい庭でなくても、ベランダでも簡単にDIYできるサンルームの作り方が記載されています!ぜひ参考にして、快適なベランダライフを過ごしましょう! 次に必要なものはオーニング専用金具です。 オーニングの専用金具はコンクリート壁に直接打ち込むタイプが多いです。 こちらは壁に穴を開けるので、賃貸マンションの方は使用不可となります。 そんな時は強力粘着シールになっている金具を用意しましょう。 こちらは貼るだけなので簡単に取り付けれます。 また最近では、突っ張り棒タイプのオーニングもあります。 こちらはかなり手軽にDIYすることができます。 自分で設置する時は、必ず2人以上での設置をおすすめします。 突っ張り棒タイプのオーニングは簡単に設置できて、機能面でもかなり良いので、高さのあるベランダにはおすすめです。 オーニングやサンシェードは、日除けだけでなく外からの目隠しにもなります。 特に1階に居住部分がある方は、外から、部屋の中が見えたりしないか心配ですよね。 こちらの記事には、オーニングまで本格的ではないベランダの目隠し方法が記載されています。 簡単なDIYのアイデアも載っているので、ぜひ参考にしてください。 オーニングは、ベランダなどの室外に取り付けするものなので、当然ですが常に雨風にさらされます。 設置する際は、きちんと固定されていなければ、風で飛ばされたりなど非常に危険です。 特に上部は、風に煽られた場合かなり負荷がかかり、外れやすいのでしっかり固定できる専用の金具を使用しましょう。 上部がきちんと固定されていないと、オーニング自体がたるんだりしてしまい、役割を果たせなくなります。 上部は高所の作業となるので、自分でDIYするときは注意して取り付けましょう。 また、サンシェードタイプのものなら、下部はベランダの枠組みなどに直接紐でくくり付けるだけなので簡単に取付けれます。 庭先などであれば、直接地面に金具を差し込むタイプもあります。 非常に簡単に設置できるので、来客などで今すぐオーニングが必要!という場合はとても便利です。 最近はサンシェードが人気になっており、ホームセンターなどでもたくさんの種類があります。 手軽に自作したり、DIYできるのは嬉しいですが、購入前はサイズや必要なものなどを必ず確認しましょう。 強い日差しや雨風にさらすので、丈夫な素材のものを選んだほうが長く使用で来ますよ。 こちらは日除けはもちろんですが、居住部分の目隠しにもなるのでとても便利です。 自作DIYする場合は、このようにベランダにぴったりのサイズで作ることができます。 サイズを正確に計り、自分の家に合った手作りオーニングを作りましょう! 日除けやサンシェードのタイプによっては、外からの視線を遮る目隠し機能のあるタイプもあります。 遮光タイプのものだと、目隠し機能の他、日差しを遮られるので、室内の温度の上昇を抑える効果も期待できます。 しかし、このタイプはオーニング自体が暗い色のものが多いので、色を選ぶことができないのがデメリットです。 目隠しはベランダだけではありません。 窓も外からの視線が気になったことはありませんか?そんな時は、昔ながらのすだれも効果的ですよ。 こちらの記事には、すだれを使った目隠しの方法が載っています。 今は、100均でもすだれは手に入ります。 コスパもよく、風通しも良いすだれで、しっかりと目隠ししましょう!.

次の

DIYで開閉式のシェードを作りたい!

パーゴラ シェード

自然を活用して快適に暮らすために「パッシブデザイン」を取り入れる ここは私の活動拠点「花音の森」。 2019年12月、埼玉県熊谷市にオープンしました。 熊谷市は日本一暑い街。 (詳しくは、「」) 通常、パッシブ住宅デザインというと、ソーラーシステムなどの設備を使用しますが、ここではそれを使用せず、植物でどこまで快適に暮らせるかにチャレンジしています。 それには、家の性能と植物をうまく組み合わせて活用していく必要がありましたので、建築士・造園士とタッグを組んで、約1年半かかけて企画施工していきました。 ウッドデッキは楽しみが広がる5つ目の部屋! まだ住んで4カ月ほどですが、ウッドデッキはかなり居心地がよくて、お気に入りの場所になりました。 冬でも、暖かい日はデッキでヨガをしたり、夜は星空観賞もできました。 暖かくなってきた春には、ハーブティーを飲んでリラックスしたり… ハンモックでお昼寝をしたり… 朝ごはん・昼ごはん共にデッキで食べたりと、大活躍! デッキ空間を有効活用できると、ぐっとリビングは広く感じるし、植物とも距離が近くなります。 ますます庭に出るのが楽しみにもなりますね。 ウッドデッキを、リビング・ダイニング・キッチン・ベッドルームに続き、5番目の部屋「フィフスルーム」として捉えると、新型コロナウイルスの自粛中でも、ホッとできる空間になると思います。 快適な空間にするために、シェードを使おう! ウッドデッキで快適に過ごす方法としておすすめなのが、「シェード」と呼ばれる、日よけを設置すること! 4月に入れば紫外線もかなり強くもなりますし、デッキ自体も、直接太陽に照らされると高温になります。 アルミなど使用している素材によっては、かなり高温になってしまって、出られない…という方も多いはず。 それを防ぐために、シェードを使ってみませんか? 我が家の場合を紹介してみますね。 涼しく暮らすためには、窓に夏の暑い日差しが当たらない工夫が必要でした。 ですので、デッキを広く取り、上にはぶどうや藤などつる性の植物を絡ませられる棚・パーゴラを作りました。 ゆくゆくはぶどうが這って、パーゴラ全体を覆ってくれる予定です。 冬に植えたヤマブドウがどんどん大きくなっていますが、パーゴラを覆うまでには、早くとも2年くらいはかかりそうですので、シェードに助けてもらうことにしました。 シェードを選ぶ時にチェックしたことは? というわけで、あれこれシェードをリサーチしていくのですが、ホームセンターに行って、シェードコーナーをのぞいてみたら、厚いもの・薄いもの、ポリエチレン・布地などの材質や、シェード・オーニング・タープ・すだれなど、形状や素材も様々でした。 手に取りやすい価格だったことと、遮光率が85~90%(UVカット率約85%)、形状記憶加工もされていて、「5年以内の紫外線劣化によるやぶれはありません」と5年保証付きな点も安心で、購入するポイントとなりました。 こちらの商品はホームセンターやウェブショップで購入できます。 付属していたひもを使用してシェードを付ける シェードに開いているハトメ穴に、付属しているひもを通して、ハンドルに括り付けます。 最初、ひもでやってみたのですが、シェードをぴんと張るのが難しかったので、このナスカンを使用してみることに。 ハトメ穴にナスカンを通して… パチンとはめればOK! シェードは、強風注意報が発令された場合には取り外さないといけませんので、取り外しが簡単な方法を考えてみました。 4カ所すべて設置したら完成! できました。 所要時間は60分弱でした。 自分でシェードを取り付けてみて思ったこと じつは…このシェードは、我が家にぴったりサイズ! ではありませんでした。 違う商品にすると足りなくて、仕方なく、少し大きいものを購入したのです。 余った部分は、ミシンで縫ったのですが、厚みがあり結構大変でした。 シェードの先にある帯がその証拠… 笑。 我が家の場合は、ぶどうが育つまでの限定使用なので、既製品でどうにかしたい思いがあり、自分で設置しましたが、シェード単体での使用をお考えなら、施工を専門業者にお任せするのがよいと思います。 専門業者しか手に入らない素材に加えて、サイズもオーダーメイドでカットしてくれるので、自分の家のデッキにぴったり合ったものを作ってくれますよ。 一般社団法人日本ガーデンセラピー協会専門講師。 生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。 植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。 植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。 埼玉県熊谷市在住。

次の