ダッジ チャレンジャー ヘルキャット。 マフィア梶田×ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット「インドア派こそクルマが好きになる」

2019 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット

ダッジ チャレンジャー ヘルキャット

基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット・レッドアイ 試乗 ザ・マッスルカー

ダッジ チャレンジャー ヘルキャット

クライスラーが別ブランドで販売するダッジ・チャレンジャーはいわば伝説的なモデルである。 フォード・マスタングやシボレー・カマロが直接的なライバルとなり、この関係は約50年続いている。 初代チャレンジャーは1969年に市場に投入され、2008年から現行モデル 3代目 が販売されている。 チャレンジャーのボディは、クライスラー300Cに使用される初採用からかなりの月日が経ったLXプラットフォームを短くしたものの上に被せられるため、最新のマスタングGTの方がかなり短く軽くなっている。 2015年版のチャレンジャーSRTヘルキャットは最大のニュースとも言うことができ、ダッジの擁するマッスルカー・ラインナップの中でも最も突出した立ち位置なのである。 スーパチャージド6. 9kg-mを発揮、6速のオートマティック・トランスミッションが標準ではあるが、テスト車両にはオプションの8速オートマティックが組み合わされていた。 言うまでもないけれど、紛れも無いワイルド・カーである。 その証として、58. スーパーチャージャーは92mmものスロットルボディを介して空気をこれでもかと吸い込むし、ツインスクロールのブロワーを回すのにもフォード・フィエスタ1台分 つまりは80ps の力が必要なのだ。 排気量6. と言わんばかりに詳細数値は未公表だ。 20インチのホイールはマット・ブラックかダーク・ブロンズから選択が可能。 フロントには大きな穴がいくつも刳り貫かれ、空気を渇望するエンジンにたっぷりと送り込む。

次の

DODGE チャレンジャー SRT ヘルキャット

ダッジ チャレンジャー ヘルキャット

パワステ• パワーウィンドウ• Wエアコン• キーレス• スマートキー• TV: -• 後席モニター• ミュージックプレイヤー接続可• ETC• ベンチシート• 3列シート• ウォークスルー• 電動シート• シートエアコン• シートヒーター• フルフラットシート• オットマン• 本革シート• アイドリングストップ• 障害物センサー• クルーズコントロール• ABS• 横滑り防止装置• 盗難防止装置• 衝突被害軽減ブレーキ• パーキングアシスト• LEDヘッドライト• ディスチャージドランプ• 電動リアゲート• サンルーフ• フルエアロ• アルミホイール• ローダウン• リフトアップ• 寒冷地仕様• 過給機設定モデル• スライドドア -.

次の