吉本 興業 やくざ。 吉本興業がヤクザのフロント企業は本当?本当に芸人の給料(ギャラ)は安い?|Media Sunshine

天下を獲った吉本興業と山口組 「100年の関係」 (2011年8月27日)

吉本 興業 やくざ

なんばグランド花月ビル 本社所在地 〒542-0075 11-6 : 設立 事業内容 タレントマネジメント・並びにソフト・・及び演芸・演劇の制作・配給・興行 代表者• (代表取締役)• (代表取締役副社長) 資本金 1,000万円(3月31日時点) 売上高• 333億8,034万3,000円 (期) 営業利益• 15億1,849万2,000円 (2009年3月期) 純利益• 14億6,200万円 (2010年3月31日時点) 総資産• 120億2,900万円 (2010年3月31日時点) 従業員数• 305人 (2007年12月31日時点) 決算期 毎年 主要株主• 吉本興業(よしもとこうぎょう、:Yoshimoto Kogyo)は、・に本部(登記上の本店は大阪)を置くの芸能プロダクション・プロモーター・テレビ番組制作プロダクションである。 旧社名はよしもとクリエイティブ・エージェンシー。 この会社の設立に伴い、2007年10月1日付で同日時点在籍の旧・吉本興業所属タレント全員(約800人以上)が「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」へ継承・移管となった。 旧・吉本興業の持株会社制への移行に伴う同社の設立後も、テレビ番組の制作クレジットは(旧)吉本興業のままとなっており(ただし、スタッフ個人の所属としての名義は別。 また、「」の制作協力クレジットにも当社名の表記が見られる)、タレントの所属事務所名義においても同様のケースが見られる(「」のNHKすべり芸自慢コーナーの様に同社の名義が見られる場合もある)。 2016年3月1日、「」を吸収合併。 2019年6月、親会社の「(旧)吉本興業」が「吉本興業ホールディングス」に社名変更したのに伴い、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」から「(新)吉本興業」に社名変更。 政治との関わりが強く、特に大阪維新の会との関係が深く、吉本興業の所属タレントが、選挙において大阪維新の会の候補の応援演説をすることもしばしばある。 一方、吉本興業は「住みます芸人」などが、自治体のイベント、広報紙などに登場することで、行政から多くの仕事を受注している。 所属タレント [ ].

次の

吉本興業ホールディングス株式会社

吉本 興業 やくざ

芸能界はほとんどヤクザです。 吉本興業は山口組。 バーニングは稲川会。 レコード大賞審査委員長が焼死してからバーニングが優勢で、ジャニーズもバーニングに詫びた という状況です。 稲川会はKCIAの町井とその子分の児玉が在日化しました。 創価はKCIAが作ったものなので、バーニングは創価もやってるということです。 児玉やその戦犯CIA工作員仲間がロックフェラーの指示で作ったのが統一教会の政治部である自民党。 戦犯工作員の統一教会担当の岸が作ったのが電通。 元警察官僚で戦犯工作員の正力松太郎の子分が統一教会民団のパチンコ利権と警察をおさえています。 ヤクザの仲間でない芸能人でテレビに頻繁に出られるのはタケシとかよほど実力のある人だけです。 ジャニーズはヤクザではありませんが、ヤクザに屈した形です。 そのご褒美が近藤まさひこのレコード大賞歌唱賞 テレビというのはヤクザが主催している学芸会です。 和田アキコはバーニングのスホウの仲間で朝鮮人なので最強です。 ミヤネというのもスホウの子分。

次の

吉本興業、過去の反社会勢力とのトラブルは? レコード会社乗っ取り事件、島田紳助の引退騒動など

吉本 興業 やくざ

の電撃引退から数日がたち、会見で語られなかった真実が次々と明らかになっている。 そうした中で徐々に浮かび上がる島田と山口組系暴力団との親密な関係。 だが、そもそも吉本興業と山口組には、明治期から関係があったのは歴史的事実といえる。 現在、組織同士のつながりはないとは言え、100年のよしみから個人的な付き合いに発展した輩は島田ひとりだけではないだろう。 そこで今回の記事では、共に天下を獲った吉本興業と山口組の因縁浅からぬ関係を紹介したい。 明治40年頃、山口組初代組長の山口春吉は、神戸の港に沖仲士としてやってきた。 沖仲士とは船舶の荷揚げ荷下ろしを行う労働者のことである。 春吉は、持ち前の頑強な肉体と寡黙な人柄で人望を集め、神戸にやってきて数年後、沖仲士仲間を集めた労働者組織のとなった。 これが後の山口組へと発展していくことになる。 一方、吉本興業の出発は明治45年。 吉本吉兵衛・せい夫妻の寄席経営に始まる。 無名のや流派に属さない師を一手に引き受け、さまざまな演目を披露することから人気を集め、次々と点在する寄席を買収。 起業から10年余りで、上方演芸界を掌握するほどに成長した。 神戸山口組と吉本興業の接点は、お互いにそれぞれの地域で頭角を現して来たころになる。 今からおよそ100年前に当たる大正初期、港湾労働者を集めて山口組を組織した春吉は、対立していた労働者組織の瓦解や三菱商船などとの大口契約という幸運に恵まれ、一気に組織の規模を大きくした。 ついに神戸港の顔役にまでなった春吉は、日々過酷な労働を続ける労働者をねぎらうため、浪曲や漫才といった寄席を開くことを決めた。 その依頼先が同じ関西圏で勢力を伸ばしつつある吉本興業であったのは言うまでもない。

次の