神様 と 飛べ ない 使い。 「神の使い」とも言われるヘビ そのご利益と魅力についてご紹介

神社の動物「神使」について解説します

神様 と 飛べ ない 使い

伊勢神宮で放し飼いにされている神使である鶏 神使(しんし)は、においての使者(使い)もしくは神の眷族で神意を代行して現世と接触する者と考えられる特定ののことである。 「神の使い(かみのつかい)」「つかわしめ」「(みさき)」などともいう。 時には、神そのものと考えられることもある。 その対象になった動物は哺乳類から、鳥類・爬虫類、想像上の生物まで幅広い。 特定の動物が神の意志を伝えるという説話はの中にも見られる。 『』の記には、の荒神(あらぶるかみ)が大蛇に化身しての前に現れたのを、尊は「大蛇は荒神の使いだろう」と言ったという記述がある。 『紀』の記(4年正月条)には、姿は見えないが猿の鳴き声がしたため、人々が「伊勢大神の使」として、その声で吉凶を判じたという記述がある。 また同記では、自身が蛇の姿でに訪れるくだりがある。 中期成立の『』の記述として、伊勢神宮の近辺で白専女(しらとうめ)=白狐を射殺した者が配流になったとあり、古代では霊狐信仰があったとみられる。 時代が下ると、神使とされる動物は、その神の神話における記述や神社の縁起に基づいて固定化されるようになり、その神社の境内で飼育されるようにもなった。 さらには、稲荷神社の狐のように、本来は神使であるものが祀られるようにもなった。 これは、神とは無関係に、その動物自体が何らかの霊的な存在と見られていたものと考えられる。 神使とされる動物には、以下のようなものがある。 ・・ ・ ・ ・など奥多摩・秩父地方の神社 ・ 参考画像 [ ]•

次の

神社の動物「神使」について解説します

神様 と 飛べ ない 使い

目次一覧• 神使とは? 例えば、神社の神様といえば代表的なのが• オオクニヌシノミコト• スサノオノミコト• アマテラスオオミカミ といったように人格神、人柄を持った神様として 描かれるわけなんですが、一応その人格神の神様の使いの動物たちが存在します。 一番代表的な動物が、 「狛犬」ですね。 狛犬意外にも、神使となる動物は色んなパターンがあります。 狛狐(コマギツネ)も有名です。 「稲荷」ですね。 稲荷は、神様の使いとしての狐様なのです。 他にも神の使いとなる動物に、色んなパターンがあるんです。 各地の神社の神使い 大豊神社 京都にある大豊神社には 「狛鼠(こまねずみ)」がいます。 何で狛鼠なのかと言ったら、 オオクニヌシ神話のなかで火責めですよね。 炎で苦しんでいるオオクニヌシノミコトを 鼠の神様が救ったという伝説があり 鼠は神様の使いとして狛鼠となった説がございます。 太宰府天満宮 太宰府天満宮の神使は、 「牛」です。 牛さんが 神使って珍しいというか かなり変わっていますよね。 だから私も印象に逆に残ったんですけどね。 何で牛なのかと言うと 太宰府天満宮の神様でございます菅原道真公、天神様は 牛によって道案内して牛と一緒に太宰府へ向かったという説があります。 牛が菅原道真公を守ったという伝説がございます。 だから、太宰府天満宮では牛が神使となっている説が有力です。 鞍馬寺 神使は、 「寅」です。 何で寅なのかと言いますと、 毘沙門天の使いが寅だからという説がありまして そこから神使となったと言われています。 住吉大社 住吉大社の場合は、 「狛兎(こまうさぎ)」ですね。 何で兎なのかと言いますと、 実は 住吉大社は「卯の年、卯の月、卯の日」…つまり、 ウサギの年、ウサギの月、ウサギの日に 建てられたという事で狛兎だという話もあります。 カラスの神様の使いという話もあります。 八咫烏(やたがらす)ですね。 神武天皇の道先案内の神様だと言われております。 こう話していくと神社で動物に会うのは 歓迎されているサインなのかという話も飛び交っているのですが そういう場合もあるし、そうでもない場合もありますね。 神社で動物に合うのは歓迎されているサインなの? 神社で動物に会うのが良いサインの一例として• 鳥がぶわーっと舞いだした• すごいニワトリの声、聞こえ出した• 猫が目の前に来て、くつろぎだした メッセージとなっている場合もあるんですけども 偶然なだけの場合もあったりする事も多いです。 その他とセットで見なければ意味がないのです。 「おみくじ」とか、「その後に起こった現象」とセットで見ていかないと その動物と会うのが歓迎されているサインかどうかっていうのは 分からないということです。 神社では、動物禁止になっている所も多いです。 これはフンの処理問題が出るためです。 犬の散歩とかで参拝すると、 動物散歩する場所みたいな感じになっちゃって空気が悪くなります。 神社は祈りし、お参りするための場所なんですけども やっぱりねマナーのわるい参拝客の方もいたりするので 動物を連れてくることに対して厳しい神社もあります。 神社で動物禁止になってる神社は普通にあるので そういうところは注意し、ペットを連れ込まないようにするというのは 当たり前のようにやっていって下さい。 今回は、神社と動物の関係「神使」についてお話をしました。 橋本ユリでした。

次の

『小説の神様 君としか描けない物語』公開延期のお知らせ|松竹映画|note

神様 と 飛べ ない 使い

「蜘蛛」と言えば皆さんご存知の虫だと思いますが、色々と不思議な部分も多い虫では無いかなと思います。 と言うのも、タイトルにもある様に縁起の良い虫と言われているかと思いきや、かたや縁起悪い虫と言われたりしてますからね。 まず見た目が無理、って言う方も多いでしょうね、私も正直蜘蛛は苦手です・・・。 グロテスクな感じがするので、少しサイズが大きいのが視界に入ると卒倒しそうなレベルです。 昔からある程度の虫は触れたのですが、この蜘蛛とゴキブリだけは触る事は出来なかったですね。 まあまあ、そんな話は置いといて今回は「蜘蛛」に関する迷信?的な事に関して色々ご紹介していきたいと思います。 要するに蜘蛛についての生態とかでは無くて、 言い伝え的な方面の話です。 皆さんも一度は耳にした事がある話かも知れません、それに関して「何故?」と言う部分を掘り下げられる事が出来れば、と思います。 それではお付き合い下さいませ。 この項のタイトルにもある様に、蜘蛛は縁起が良い生き物と言われている事があると言うのはご存知でしょうか? もしかしたら、 おじいちゃん・おばあちゃんにその様な話を聞いた記憶がある方もいらっしゃるかも知れませんね。 蜘蛛が縁起が良いと言われる所以は「金運上昇」をもたらしてくれるから、と言われています。 正直見た目がグロテスクな感は否めないので何故金運が上がるのか?と言う点に関しては不思議な気がしなくも無いですが、これに関しては迷信・言い伝えの部分が大きいと思われます。 蜘蛛の巣って近づいてきた物(虫)を張り巡らされた糸で搦めとるじゃないですか? 様々な物を捕まえる事から縁起担ぎの様な感じで「蜘蛛を見ると幸せを引き寄せる」と言われていたみたいです。 これに関しては、 ネイティブアメリカンの「ドリームキャッチャー」と言う物が有名ですね。 ドリームキャッチャーとは蜘蛛の巣を模した様なネイティブアメリカンの装飾品です。 「悪い夢をいい夢に変えてくれる」との言い伝えがあり、寝床に飾っているみたいですよ。 蜘蛛が神様の使いと言われている事もある!? 皆さんは蜘蛛が神様の使いである、と言う事は聞いた事があるでしょうか? 神の使いまではいかなくとも、 上記の様に「縁起の良い生き物」として認識を持たれている方は多いかも知れないですね。 また、日本では「朝の蜘蛛は殺すな、夜の蜘蛛は殺せ」と言う言い伝えを聞いた事はありませんか? 地域によって言い方や文言は多少違いがあるかも知れませんが、内容・意味としては大差無いと思います。 上記の言い伝えは若干、縁起関係寄りな言い伝えな気がしなくもないですけどね(笑)。 蜘蛛が神の使いと言われている部分の側面として、 「芥川龍之介」の小説の影響もあるかも知れませんね。 そう、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」ですね。 小学校くらいの時に国語の授業で読んだ事がある方も多いのでは? 内容に関しては万が一読んでいない方がいれば、詳細を書くとネタバレになりかねないので詳細は書きませんが、一部分だけ説明すると、 蜘蛛がお釈迦様の使いとして書かれているんですよね。 まあ、詳細を書くまでも無く内容を知っている人、何となくわかる人の方が多いかと思いますが、一応ざっくりと書くと上記の様な感じです。 これだけで「神の使い」と言われるのか、と思われるかも知れませんが、 神の使いとする事で例え小さな虫でも無用な殺生は避けなさい、と言う意味を含んでいるのかも知れませんね。 まあ、これに関しては個人的見解なので的外れな可能性もあるので特別気にしないで下さい(笑)。 殺さない方が良い?益虫としての蜘蛛 上記項目の最後の方に蜘蛛に対する無用な殺生を避ける、と記載しましたが、 蜘蛛は無暗に殺さない方が良いと言われているのは確かです。 それは「益虫」としての側面があるからなんですよね。 ここまではどちらかと言うと、迷信や言い伝え、スピリチュアルな匂いが漂っていましたが、ここでご紹介する事は我々にとってどちらかと言うと得をすると言うか有難い部分があります。 と言うのは、室内で出現した蜘蛛に関してなのですが、我々人類の大敵とも言える「ゴキブリ」を食べてくれるからなんですよね。 ゴキブリを食べる蜘蛛と言っても蜘蛛にも色々種類が存在しますので、 その中でも「アシダカグモ」が「ゴキブリキラー」として名を馳せています。 とは言え、害虫であるゴキブリを捕食してくれる点は紛れもなく益虫と言えるでしょう。 また、小さな蜘蛛でもダニや蚊・ハエなんかを捕食してくれる 「ハエトリグモ」と言う蜘蛛たちも存在しています。 ただ正直、目の前に蜘蛛が現れたら例え「益虫」と言われていようが退治してしまう可能性は私は否定出来ません(笑)。 蜘蛛はコーヒーを飲むと酔っ払う.

次の