パロアルトネットワークス 決算。 5G関連銘柄:パロアルトネットワークスの企業分析

パロアルトネットワークス【PANW】:業績(通期)/株価

パロアルトネットワークス 決算

次世代ファイアウォールなどサイバーセキュリティ製品を扱うパロアルトネットワークスが四半期決算を発表しました。 パロアルトネットワークス(PANW)の概要 パロアルトネットワークス(Palo Alto Networks, Inc. )は、ネットワーク用セキュリティー・ソリューションのプロバイダー。 アプリケーションの識別と制御、コンテンツのスキャンによる脅威の防止、データ漏えいの防止、アプリケーション、ユーザー、コンテンツの総合的な可視化を実現するファイアウォールを提供。 世界中で事業を展開。 パロアルトネットワークスはサイバーセキュリティ製品を扱う企業です。 昨今、ランサムウェアやデータ漏洩などますます物騒になってきていますから、パロアルトネットワークスのようなセキュリティ企業の需要は高まっていると思います。 パロアルトネットワークスはネットワークセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、クラウドセキュリティを提供し、さらにサードパーティと連携してより広範なクラウド向けのセキュリティプラットフォームを構築しています。 クラウドがIT基盤のデファクトとなった今、クラウド上でアプリ開発とサービス提供をする企業は増え続けるでしょう。 パロアルトネットワークスの価値はさらに増していくでしょうね。 パロアルトネットワークスの2018年第3四半期決算• EPS: 0. 99ドル(予想を0. 03ドル上回る)• 売上高: 5. 671億ドル(予想を2,142万ドル上回る)• ガイダンス:Q4 売上高 6. 25〜6. 35億ドル(予想:6. 18億ドル)• ガイダンス:Q4 EPS 1. 15〜1. 17ドル(予想:1. 21ドル)• ガイダンス:2018年通期 売上高 22. 4〜22. 5億ドル(予想:22. 1億ドル)• ガイダンス:2018年通期 EPS 3. 86〜3. 89ドル(予想:3. 89ドル) パロアルトネットワークスのFY2018年Q3の決算は、EPS・売上高がコンセンサス予想を上回りましたが、ガイダンスはEPSが予想と比べて弱気でした。 売上高は大きく伸びそうですが利益面で不安が残ります。 パロアルトネットワークスといえば、先日に元ソフトバンクのアローラ氏がCEOに就任すると発表されたばかりですね。 アローラ氏の就任によりパロアルトネットワークスのさらなる成長に期待が募りますね。 株価の推移を見てみると、2015年後半までは好調な推移でしたが、2016〜2017年あたりがちょっと停滞していますね。 しかし2017年に入ってからは再び上昇トレンドを描いています。 この勢いがどこまでキープできるかが見ものです。 671億ドルでした。 全体的にQ3決算は好調だったと思いますね。 売上高の内訳(単位:百万ドル) パロアルトネットワークスの売上高の内訳は、大きくは製品とサブスクリプション&サポートの2つです。 バランスよく伸びていますね。 EPSの成長率 非GAAPでのEPS推移と成長率を見てみます。 FY16Q4〜FY17Q3まではおよそ0. 6ドル前後でしたが、その翌四半期に0. 9ドル台にまで伸びましたね。 FY18Q1でちょっと下げてますがその後は再び0. 9ドル台に戻しました。 このまま順調に成長するかどうかですね。 売上高に対する各コストはほぼ横ばい 売上高に対する営業費、研究開発費、販管費の割合を見てみます。 あまり大きな変化はしていませんが、しいて言えば少しずつ減少しているようにも見えます。 これらもほぼ横ばいですね。 コスト的には大きく増えることもなければ削減されることもない状況のようです。 Q3決算は好調でしたが、Q4ガイダンスと年間ガイダンスでEPSが予想に届かなかったのが嫌気されたのでしょうか。 パロアルトネットワークスは投資対象としても興味あるのですが、状況がはっきりするまでは投資は待とうと思います。

次の

パロアルトネットワークス株式会社

パロアルトネットワークス 決算

5-7月期決算を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回った。 ただ、今期の見通しについてはいずれも予想を下回る弱気な見通しを示しており、決算発表直後は時間外で株価は下落していた。 しかし、その後のアナリスト説明会で同社のクラウドへの移行戦略の説明を受けて流れは変わっている。 一部のアナリストは、同社のクラウド・セキュリティプラットフォームの成長変化から、積極的な拡大戦略が確認され、経営陣が3年後を目途としている20%超の成長目標のための強力な基盤が形成されていると評した。 (5-7月・第4四半期) ・1株利益(調整後):1. 47ドル(予想:1. 42ドル) ・売上高:8. 06億ドル(予想:8. 6億ドル ・前受金:29億ドル ・サポート収入:5億ドル ・研究開発費:1. 58億ドル (8-10月・第3四半期見通し) ・1株利益(調整後):1. 02~1. 04ドル(予想:1. 32ドル) ・売上高:7. 6~7. 7億ドル(予想:7. 9億ドル) (通期見通し) ・1株利益(調整後):5. 00~5. 10ドル(予想:6. 24ドル) ・売上高:34. 4~34. 8億ドル(予想:34. 5億ドル) (NY時間11:39) パロアルト 207. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

パロアルトネットワークス【PANW】クラウド型の次世代セキュリティプラットフォーム

パロアルトネットワークス 決算

2017-11-29 15:31 Palo Alto Networksの売上高・キャッシュフローなどの最新データを整理 Palo Alto Networksの特徴は高いフリーキャッシュフロー・マージン。 売上高成長率+FCFマージンが60を超える。 セキュリティベンダーの多くは全体的にFCFマージンが高い ファイアウォールなどのプロダクト販売にサブスクリプション製品をバンドルしている。 競合のセキュリティベンダーのFortinet NASDAQ:FTNT も伸びているが、Palo Alto Networksの伸びが著しい。 詳しい補足情報は徐々に追記していく。 7M フリーキャッシュフロー・マージンがガタついてるが、以下を参照の上。 20 5GおよびIoT移行に向けた次世代ファイアウォールを2019年には利用可能になる予定。 パロアルトネットワークスによると業界で唯一5GとIoTのセキュリティ要件を満たす企業とのこと。 10月にRedLockを1億7300万ドルで買収。 RedLockはデータを露呈するような危険なユーザエラーを監視・保護するクラウド・セキュリティサービスで、以前3億ドルで買収していたパブリッククラウド向けセキュリティのEvident. ioと相補的な組み合わせで、この2社のサービスを2019年1月には統合完了するという。 ニケシュ・アローラCEO「多くの顧客と話し合ってきたが彼らはハイブリッド・クラウド、マルチクラウド環境について話したがる。 誰もクラウド環境を長期的にどう落とし込んでいくかまだはっきりしていないからね。

次の