尼崎 維新。 図説 尼崎の歴史

図説 尼崎の歴史

尼崎 維新

明治初年、廃城直前の尼崎城 (地域研究史料館蔵、ガラス乾板写真) 尼崎城本丸を南東より望む。 正面手前に見えるのが武具櫓〔ぶぐやぐら〕、右手奥の松の影になっているのが天守。 廃藩置県〔はいはんちけん〕直後の明治4年(1871)8月、政府は全国の城郭を兵部省〔ひょうぶしょう〕の管理下に移します。 明治6年1月、兵部省から管理を引き継いだ陸軍省が必要とする施設を除き、すべての城郭を大蔵省に移管したうえで処分する方針が示されます。 大蔵省は府県に各城郭の図面や代価などを報告させたうえで廃城とし、付属地ともども払い下げていきます。 尼崎城の場合も廃城が決まって間もなく取り壊され、跡地の大部分や建物・部材などは民間に払い下げられました。 昭和5年に市が刊行した『尼崎志』によれば、城主松平家の菩提寺深正院〔じんしょういん〕が本丸御殿の「金の間」を買い取り明治7年7月に移転改築して本堂としています。 この本堂は残念ながら昭和20年の戦災により焼失し、目にすることはできませんが、ほかにも藩領の旧家などには御殿の一部を移築した、あるいは部材を引き取り転用したという話が伝えられており、現存する家屋もあります。 また明治12年に尼崎町費と町民有志の寄付により尼崎港が修築された際には、本丸石垣900余坪が無償で払い下げられ、防波堤の石材として利用されました。 建物撤去に続いて、濠〔ほり〕も徐々に埋め立てられていきます。 明治半ばまでに二の丸西側と松の丸東側の一部が埋め立てられ、続いて明治後半には北側外濠が六島新田として宅地開発されます。 さらに大正7年(1918)から15年にかけて、尼崎市が国から内濠の払い下げを受けて埋め立て、市庁舎・学校用地などに利用していきます。 本丸部分には明治26年に小学校が設置され、のちに南半分を占める城内小学校(現明城小)となったほか、大正2年には高等女学校が北側部分に開設され、その後市立尼崎高等学校、さらには城内中学校となりました。 高等女学校敷地内に残っていた天守山は、鉄筋校舎建設のため昭和6年に敷地北東隅に移築され、その築山も昭和30年代後半には姿を消しました。 こうして尼崎城は失われ、わずかに城内という地名や明城小南側・櫻井神社境内などに立つ旧城橋脚の柱石を利用した石碑、同じく櫻井神社境内にある瓦などにその名残りを残しています。 また旧城地における現中央図書館建設工事や震災復興工事などに際しては、城の遺構や生活用具などの遺物が出土しています。 大正5年頃の城内、第一尋常小学校(現明城小)と濠 (「御大典紀念献上 尼崎市写真帖」より) 尼崎城天守の棟板瓦と伝えられる大瓦 縦90cm、横幅75cm、厚さ17cm。 藩主松平家代々を祭る櫻井神社境内に一対がのこる。 同社境内には、旧城の濠にかかっていた橋の石柱を利用した石碑も建てられており、松平家3代目藩主忠告〔ただつぐ〕(俳号・一櫻井亀文〔いちおうせいきぶん〕)の句が刻まれています。

次の

尼崎藩(あまがさきはん)とは

尼崎 維新

江戸時代、 摂津 せっつ 国川辺 かわべ 郡尼崎(現、 兵庫県 尼崎市)に藩庁をおいた、初め外様 とざま 藩、のち譜代 ふだい 藩。 藩校は正業館 せいぎょうかん。 豊臣秀吉 とよとみひでよし に仕えていた建部 たけべ 氏が 江戸時代に入っても尼崎 郡代 ぐんだい を勤めていたが、1615年(元和 げんな 1)、建部政長 まさなが の 大坂の陣での軍功により1万石の大名に取り立てられ、立藩した。 しかし17年に はりま 国林田 はやしだ 藩に移され、代わりに 近江 おうみ 国 膳所 ぜぜ 藩から譜代の戸田氏鉄 うじかね が5万石で入った。 その後、35年(寛永 かんえい 12)に青山氏5万石、1711年(正徳 しょうとく 1)には松平(桜井)氏4万石が入封 にゅうほう 、以後は明治維新まで松平氏が7代続いた。 この間、綿や菜種、灘の酒造などが興隆、それに目をつけた幕府は、69年(明和 めいわ 6)に今津、西宮、兵庫などの裕福な村を収公、尼崎藩には播磨国に替地を与えた。 そのため実収入は激減、藩領も分断されて藩政は傾き、そのまま 明治維新を迎えた。 1871年(明治4)の 廃藩置県により、尼崎県を経て兵庫県に編入された。 出典 藩名・旧国名がわかる事典について の解説 江戸時代、摂津尼崎(兵庫県尼崎市)周辺を領有した藩。 尼崎郡代であった建部 たけべ 氏が、関ヶ原の戦い後も引き続き徳川氏の郡代を務めていたが、1615年(元和1)建部政長 まさなが が大名に取り立てられ播磨 はりま へ転じ、かわって近江 おうみ 膳所 ぜぜ から戸田氏鉄 うじかね が5万石で入封立藩。 氏鉄は尼崎城を新築して城下町の形成に努め、1635年(寛永12)美濃 みの へ移封。 同年遠江 とおとうみ 掛川から青山氏が入封し、幸成 ゆきなり 、幸利 よしとし 、幸督 よしまさ 、幸秀 よしひで と4代続いたあと、1711年(正徳1)信濃 しなの へ移封された。 ついで遠江掛川から松平忠喬 ただたか が4万石で入封し、忠名 ただあきら 、忠告 ただつぐ 、忠宝 ただとみ 、忠誨 ただのり 、忠栄 ただなが 、忠興 ただおき と7代160年にわたり在封、この間、藩内の諸産業は大いに興隆した。 その豊かな経済力に注目した幕府は、1769年(明和6)今津 いまづ 、西宮 にしのみや から兵庫津までの灘目 なだめ の村々を収公し、播磨に替地を与えた。 所領の主要部分を失った尼崎藩は、財政窮乏のまま明治維新に至り、廃藩後、尼崎県を経て兵庫県に編入された。 [藤本 篤] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について 世界大百科事典 内の尼崎藩 の言及 【摂津国】より …概括的にいえば,大坂城に近接した半径10km以内の東成・西成・住吉3郡はおおむね直領で固め,その周縁とくに大坂から西へ淀川を渡った川辺・豊島郡に旗本の知行地をおいた。 さらにその外方10~20kmの圏内に大坂城代領や定番大名領,地元尼崎藩領を配置した。 大坂城代阿部正次に1626年 寛永3 摂津4郡のうちで3万石を加増し,48年 慶安1 に定番大名保科正貞,内藤信広にそれぞれ摂津で1万石を加増したが,これを初例として,以後10~20km圏内,島上・島下・豊島・川辺の諸郡には歴代大坂城代以下の大坂関係役職大名の飛地を配したのである。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

むろい邦彦事務所

尼崎 維新

明治初年、廃城直前の尼崎城 (地域研究史料館蔵、ガラス乾板写真) 尼崎城本丸を南東より望む。 正面手前に見えるのが武具櫓〔ぶぐやぐら〕、右手奥の松の影になっているのが天守。 廃藩置県〔はいはんちけん〕直後の明治4年(1871)8月、政府は全国の城郭を兵部省〔ひょうぶしょう〕の管理下に移します。 明治6年1月、兵部省から管理を引き継いだ陸軍省が必要とする施設を除き、すべての城郭を大蔵省に移管したうえで処分する方針が示されます。 大蔵省は府県に各城郭の図面や代価などを報告させたうえで廃城とし、付属地ともども払い下げていきます。 尼崎城の場合も廃城が決まって間もなく取り壊され、跡地の大部分や建物・部材などは民間に払い下げられました。 昭和5年に市が刊行した『尼崎志』によれば、城主松平家の菩提寺深正院〔じんしょういん〕が本丸御殿の「金の間」を買い取り明治7年7月に移転改築して本堂としています。 この本堂は残念ながら昭和20年の戦災により焼失し、目にすることはできませんが、ほかにも藩領の旧家などには御殿の一部を移築した、あるいは部材を引き取り転用したという話が伝えられており、現存する家屋もあります。 また明治12年に尼崎町費と町民有志の寄付により尼崎港が修築された際には、本丸石垣900余坪が無償で払い下げられ、防波堤の石材として利用されました。 建物撤去に続いて、濠〔ほり〕も徐々に埋め立てられていきます。 明治半ばまでに二の丸西側と松の丸東側の一部が埋め立てられ、続いて明治後半には北側外濠が六島新田として宅地開発されます。 さらに大正7年(1918)から15年にかけて、尼崎市が国から内濠の払い下げを受けて埋め立て、市庁舎・学校用地などに利用していきます。 本丸部分には明治26年に小学校が設置され、のちに南半分を占める城内小学校(現明城小)となったほか、大正2年には高等女学校が北側部分に開設され、その後市立尼崎高等学校、さらには城内中学校となりました。 高等女学校敷地内に残っていた天守山は、鉄筋校舎建設のため昭和6年に敷地北東隅に移築され、その築山も昭和30年代後半には姿を消しました。 こうして尼崎城は失われ、わずかに城内という地名や明城小南側・櫻井神社境内などに立つ旧城橋脚の柱石を利用した石碑、同じく櫻井神社境内にある瓦などにその名残りを残しています。 また旧城地における現中央図書館建設工事や震災復興工事などに際しては、城の遺構や生活用具などの遺物が出土しています。 大正5年頃の城内、第一尋常小学校(現明城小)と濠 (「御大典紀念献上 尼崎市写真帖」より) 尼崎城天守の棟板瓦と伝えられる大瓦 縦90cm、横幅75cm、厚さ17cm。 藩主松平家代々を祭る櫻井神社境内に一対がのこる。 同社境内には、旧城の濠にかかっていた橋の石柱を利用した石碑も建てられており、松平家3代目藩主忠告〔ただつぐ〕(俳号・一櫻井亀文〔いちおうせいきぶん〕)の句が刻まれています。

次の