ツァーリ ボンバ。 ツァーリ・ボンバとか言うキチガイ爆弾wwwwwwwwww

世界最強の爆弾ランキングTOP10 威力強すぎて実験不可!?

ツァーリ ボンバ

実験指示 [編集 ] ソ連のは、第22回大会開催中の10月下旬にこの爆発実験を行うよう指示を出した。 その時点で実施日まで15週しかなかったが、実験に用いるAN602はすでに完成していた。 この当時、世界情勢は極めて緊迫した状態にあった。 1961年8月の建設開始、数ヶ月前に発表されたソ連による核実験の中止、後のに結びつくへの核配備計画実施などのためである。 そのような状況下での実験は世界中を震撼させた。 設計 [編集 ] ツァーリ・ボンバは本来、--核分裂という3段階の反応により100メガトンの威力を実現する(Staged Radiation Implosion Bomb)である。 しかし、100メガトン級の爆発ともなればソ連領内の人口密集地へ多量の(死の灰)が降ってくることが予想されたため、実験にあたっては第3段階目の238の核分裂を抑えるようにタンパーがに変更され、出力は50メガトンに抑制された。 この結果、放出される放射性物質の量はその出力の割にはかなり小規模なものとなった。 設計はソ連の核開発でのを中心とし、後に「ソ連水爆の父」とも呼ばれる、ヴィクトル・アダムスキー、ユーリ・ババエフ、ユーリ・スミルノフ、ユーリ・トゥルトネフなどのメンバーが参加した。 サハロフはツァーリ・ボンバの爆発実験の後、核兵器反対を唱えるようになったという。 実験 [編集 ] 火球サイズの比較、中心から ツァーリ・ボンバ 午前11時32分、ツァーリ・ボンバはにあるソ連領(73. 投下高度は10,500メートルで、内蔵された によって高度4,000メートル(海抜4,200メートル)に降下した時点で爆発した。 一次放射線の致死域(500rem)は半径6. 6キロメートル、爆風による人員殺傷範囲は23キロメートル、致命的な火傷を負う熱線の効果範囲は58キロメートルにも及んだと見られている。 爆発による火球の下部は地表まで届き、上部は投下高度と同程度まで到達した。 火球は1,000キロメートル離れた地点からも観測された。 生じたは高さ60キロメートル、幅30-40キロメートルであった。 上述の通り、核分裂による放射性汚染はわずかだった。 この爆発による衝撃波は地球を3周してもなお空振計に記録され、の測候所でも衝撃波到達が観測された。 当初、アメリカはツァーリ・ボンバの爆発力を57メガトンと推測していたが、に公開されたソ連の関連資料により実際は50メガトンであったことが判明した。 威力を半分に抑えた当爆弾ではあるが、その威力は単一の兵器として人類史上最大である。 ちなみに、アメリカが開発した最大の核爆弾の核出力は最大で25メガトンであるとされ、核爆発実験では1954年3月1日の(ブラボー実験)の15メガトンが最大である。 50メガトンの爆発では2. 爆発中の平均は5. 3YW)に相当し、のの約1. 4パーセントにあたる。 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• Zaloga, The Kremlin's Nuclear Sword, Smithsonian Institution Press, Washingthon and London, 2002, p51-52• Sakharov, Andrei 1990. Memoirs. New York: Alfred A. Knopf. 215—225. ISBN 0-679-73595-X. 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 Tu-95搭載時の写真あり• 微気圧計の変位を示す画像を掲載• ロシア ツァーリ・シリーズ ツァーリ・ボンバ.

次の

ツァーリ・ボンバ

ツァーリ ボンバ

概要 が生み出した人類史上最大の。 その規模は実に50メガトン、 あの悪名高きの三倍以上にも及ぶ。 、というかそもそも人類が手にした兵器の中では最強(最凶?最狂?)の破壊力を有する。 というより こいつよりも高威力の兵器など存在してはいけない。 なお、当初は 100メガトンにする予定だったとか。 ちなみにツァーリ・ボンバとは「の」という意味である。 さらにこの名称、実は西側諸国で付けられたコードネームだったりする(ちなみに旧ソ連側での開発コードは『』、完成品は『AN602』という名称)。 …が、現在ではロシアでも「ツァーリ・ボンバ」で通るらしい。 ・に展示されている有名な「ツァーリ・プーシュカ(の皇帝)」「ツァーリ・コロコル(の皇帝)」を思わせるからだろうか。 なんでこんなものを作ったんだ? 結論から言ってしまえば「テキトーに落としても目標を確実に吹っ飛ばせるようにするため」というのが核兵器の高威力化の目的の一つである。 ツァーリ・ボンバはこの発想の行き着く先といってもいい。 また、その他にも「ソ連の国力を見せつけるため」という側面もあると言われている。 ツァーリ・ボンバ最強伝説• 本来は 100メガトンにする予定だったが放射性物質の飛散を抑制するため鉛を入れるなどして 50メガトンに抑えた。 それでも爆発の威力が大きすぎて 衝撃波がを3周以上もした。 爆発時の火球は投下した高度(10,500メートル)にまで達した。 爆発時のエネルギーはで 210ペタジュール・に直すと 5. 3ヨタワットに達した。 これは計算上 を跡形も無く破壊できる火力である。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-21 23:20:25• 2020-07-21 23:19:33• 2020-07-21 23:18:46• 2020-07-21 23:18:03• 2020-07-21 23:18:00 新しく作成された記事• 2020-07-21 23:18:54• 2020-07-21 23:08:07• 2020-07-21 22:34:39• 2020-07-21 22:07:33• 2020-07-21 22:04:30•

次の

ツァーリ・ボンバとは

ツァーリ ボンバ

概要 からにかけてが開発した史上最大の。 核出は換算でと、に落とされたの0倍であり、までに開発されたの中では最も出が大きい。 にヤゼムリャにてを実施。 ツポレフVに搭載され、分に高度10,mで投下、高度4,000m(抜4,200m)で。 火球直径は2. 3km、は直径kmに広がり、高度kmまで達した。 一次による殺傷範囲は半径6. 6km、爆による殺傷範囲は半径km、熱線による殺傷範囲は半径kmに及び、はを3周するという記録を残している。 ちなみにで、爆心地周辺をすると、未だにそのが確認できるのでがある人は 一度する事をお勧めする。 参考までに、上に直撃させたとすると、からまで跡形もなく吹き飛び、爆や熱線は、、、、、まで届き、一回のでを壊滅させられる威を誇る。 しかし、級のともなれば領内の人口密集地へ多量の放射性降下物()が降ってくる事が予想されたため、実際のにあたっては第三段階の8のを抑えるようにタンパーがに変更され、出は約に抑制された。 この結果、する放射性物質の量はその出の割にはかなり小規模なものとなった。 なぜ水爆はこれほどまでに強力なものになったか? この時代、ソ両は盛んにの威を競い合った。 理由のひとつはの誇示。 このツァーリ・ボンバもの日時を党大会直前にあわせ、場所や威をあらかじめ開するという異例の措置をとったことによりの誇示を示したのである。 もうひとつの理由は当時、などが技術が発達していなかったための標となる地点のが曖昧になってしまっていた。 そこで「標のができないなら、強なで周囲のものごと吹き飛ばしてしまえ!」…という乱暴なでソはより強なを作ったのである。 だが、の威の強化にも限度があった。 最大の理由はその。 ツァーリ・ボンバの装重量は27。 当時のにはこれを打ち上げるためのをつくる技術はなかった(開発はしていたようだ。 これは後に重量級打ち上げのになった)。 これがが内容を開した第二の理由。 ツァーリ・ボンバはの誇示以外に使いのない非実用的なだったのである。 やがての発達との命中率の強化により強なを作る必要は薄れ、また標を広範囲に破壊する手段も多弾頭が開発されたことで小の弾頭を多数ばらまく方が効率的だと分かり、ソの威の競争も終りを迎えることとなったのである。 重量 : 27,000 kg• 全長 : 8 m• 最大直径 : 2. 1 m• 核出 : 換算、換算2. 6)の記録である。 関連項目• - - - ()• (『』の収録曲).

次の