ソロ ストーブ キャンプ ファイヤー。 焚き火に!調理に!驚異の燃焼効率!【ソロストーブキャンプファイヤー】

【楽天市場】Solo Stove Campfireソロストーブ キャンプファイヤー【正規品】:UPI 楽天市場店

ソロ ストーブ キャンプ ファイヤー

ネイチャーストーブ派のソロキャンパーから、ガッツリ焚き火のグループキャンパーまで いろんなサイズで、いろんなシーンに使えるシリーズとなっております。 燃やしてみます まずは焚き火から。 なんといっても、ソロストーブの魅力である燃焼効率の良さが焚き火の概念を変えるかもしれません。 簡単に言うと、『とても良く燃える!!!』 一度燃えだすと、燃焼室の熱せられた空気の上昇によって下部空気孔からどんどん空気が供給されて、燃焼室内の燃料をガンガン燃やします。 また2重構造内部の熱せられた空気が、上部の空気孔より燃焼室側に戻ることで本来燃えきれなかったガスを再燃焼させ、いわゆる『2次燃焼』が起こる仕組みとなっております。 出典: 2次燃焼中のソロストーブ この時、空気孔から2次燃焼している炎を見るとソロストオーナーは、『グフフ、2次燃焼してやがる』とニンヤリしてしまいます。 この2次燃焼が始まると、あら不思議。 ほとんど煙が出なくなります。 本来、焚き火からモクモク上がる煙は不完全燃焼のガスなのですが、2次燃焼でこのガスまで燃やすので目に見える煙が出にくいんですね。 また、ニクロムワイヤーの網がロストルとして機能するので灰が自動的に灰受けに落ち、いつまでも高い燃焼効率を持続する仕組みとなっております。 調理の実力はいかに? クッキングリング(ゴトク)を装着すると、うまく火を収束してくれるので、とても調理しやすくなります。 さらに燃焼効率が高いので比較的少ない燃料で調理が出来るんです。 そして、クッキングリングは風防の機能もあるので多少の風にもビクともしません。 キャンプファイヤーのサイズで、ちょっとしたポットの湯沸かしから中サイズのフライパン調理まで、オールマイティーにこなします。 もちろん、上に網を置くと、ちょっとした焼き物も可能です。 キャンプ場へ到着後、ソロストーブにすぐ着火して燃料の投入をしてください。 そうすると諸々準備している間に勝手に火が回ってくれるので、設営後はすぐに調理や焚き火が出来ます。 大きな焚き火台のように調理の火加減も、あまり気にせずに簡単に出来てしまうのはソロストーブの良いところですね。 小さめの薪をどんどん入れれば、かなり大きな火力を得ることも可能です。 後片付けがカンタン!!! 消火を確認したら逆さ向きにし、灰を取り出して収納するだけ。 ちなみに、1泊のキャンプで数時間続けて焚き火をすると、残る灰はほんの一握りのみ。 別の焚き火台の時は、燃え残りや炭の処理をどうしようかな~なんて困っておりました。 それに比べてソロストーブは燃え残りが少なくゴミの量も少ないので、後片付けが本当に楽チンです。 無料キャンプ場などのゴミ処理設備の無い場所では、火が消えて本体が冷めていることを確認し、 そのまま収納袋に灰の入ったまま持ち帰り、自宅で灰を処理することも可能です。 油などが飛び散る直火調理をしない場合、冷めたら灰を取り出して収納するだけ。 私は通常キャンプをする場合、すす汚れだけなので清掃すらしません。 設営・撤収に時間の余裕がないキャンプやデイキャンプなど、ちょっと気軽に焚き火をしたい時は本当に便利! 気になる点もあります さて、ここまでソロストーブを褒めちぎって参りましたが気になる点もあります。 本体が分解式でないため、収納サイズが微妙。 本体の中に別のギアを収納するという猛者もいらっしゃいますが、灰だらけになってしまいます。 もちろん、分解式ではないので先述の組み立ては簡単なメリットはありますが… 掃除がしにくい 分解できない、ということは掃除がしにくい。 内部のニクロムワイヤーも非分解となってますので、水洗いの際はニクロムワイヤーの裏側や、灰受け、2重構造の内側は全く手が届きません… 暖をとるには不向きかも また、冬キャンプ大好きな方には要注意ですが焚き火で暖を取ろう、というのにはやや不向きです。 本体燃焼室が2重構造のため横方向への放射熱、輻射熱はほとんどありません。 このサイズ(キャンプファイヤー)であれば足の間に置いて覗き込むようにして、なんとか上半身が暖かいという感じです。 焚き火を囲んでのんびり…は暖を取らなくても良い季節に行いましょう。 また、焚き火台なので仕方がないのですが外側も底面も表面温度はそれなりの高温となります。 写真でも燃焼時は台に載せておりますが、下が芝などの緑地の場合は地面へのインパクトを考え、カーボンフェルト等を敷くようにすると良いと思います。

次の

ソロストーブのレンジャーで調理できるの?調理するために必要なアイテムと注意点を経験談から。

ソロ ストーブ キャンプ ファイヤー

出典: ウッドバーニングストーブやネイチャーストーブとも呼ばれ、小枝さえあれば使えるストーブをつくっているメーカーです。 ガスやガソリンも使わず、たき火の火力+燃焼効率だけで安定した火力が維持できるスグレモノなんです。 元々アメリカ テキサスで開発されたソロストーブは、アウトドア愛好家であった開発者が「限られた装備の中で環境に優しく、効率の良い軽くて丈夫なストーブが無いかな」と色々探していた末に、当時は自分の思うようなストーブが見つからず、自分で作りあげてしまったアイテムなんです。 使いやすさと手ごろなサイズから、ベテランのバックパッカーからビギナーキャンパーまで幅広い方が簡単に使え、その高い燃焼効率を実現させている独自の構造はアウトドア人口の多いアメリカでも高い評価を得ています。 ソロストーブの魅力! 出典: その魅力は何といっても熱源がたき火であることではないでしょうか。 普通アウトドアでは、できるだけ使い勝手がよくコンパクトなギアが求められます。 もちろん火力調整や使い勝手で言えばガスバーナーの方が圧倒的に便利ですよね。 そんな中ソロストーブが人気なのは「自然にあるもので、純粋な炎の力だけ」で使えるからです。 自然に逆らわず自分自身も自然と一体化する。 煌々と燃える炎を眺めながら調理をし、暖をとる。 そんな「大人の火遊び」が楽しめるところが人気の秘訣ではないでしょうか。 もちろんガス缶や液体燃料を持たなくてよい手軽さで、火と小枝さえあればいつでも使えるので、燃料が手に入らない災害時でも使えるアイテムとして活躍します。 しかし、ソロストーブはただのたき火台ではありません!!調理にも使える火力を生み出す秘訣をご紹介!! 二次燃焼 ソロストーブは二重構造になっており、その間を空気が通り抜けます。 底部分の通気口から取り込まれた空気はまずストーブ下部の燃焼部分で1次燃焼を起こします。 そこで暖められた空気は2重壁の間を上昇。 ストーブ上部の燃焼部分から出てきて、2次燃焼を起こすという極めて燃焼効率の高い構造となっています。 特許も取得したこの構造により、少ない燃料でも十分な火力を生み出せます。 高い耐久性 丈夫で軽いスレンレス製なので耐久性も高く、コンパクトです。 まさにどこにでも持って行きたくなくるストーブです。 また、外壁・内部のファイヤーボックス・ゴトクは溶接でつないでおらず、ワンピース工法と呼ばれるつなぎ目を作らない製法でつくられており、つなぎ目での破損や劣化を防ぎます。 丈夫で永く使える画期的なストーブです。 その他便利機能 ゴトク部分は薪をくべる用の隙間が空いていますので、いちいち鍋をはずして薪をくべる必要がありません。 鍋をのせたまま火力を調整できます。 燃焼室の底にはニクロムワイヤーが網状に張られ、燃え尽きた灰が灰受け皿に落ちる仕組みです。 非常に燃焼効率がよく薪がしっかり燃え尽きるので、最後に残る灰が極端に少なく済みます。 使ってみよう! 出典: それでは詳しい使い方をご紹介。 ビギナーでも使える簡単さですよ。 燃えやすい乾いた小枝や枯れ葉を集めます。 できるだけ平らな場所を見つけ、通気口をふざがないよう落ち葉等を取り除き、設置場所を確保します。 ストーブ本体に内蔵されているゴトクを取りだし、本体に燃料を入れ、火をつけます。 火のつきやすい新聞紙等と合わせて燃やしてください 4. 本体にゴトクを水平に乗せます。 すぐに炎が出て燃焼が始まります。 5分ほど燃やし続けると「二次燃焼」が起こり火力が一層強くなります。 ご覧の通り「入れて燃やす」だけ!!ややこしい薪の組み方や火のつけ方なんてありません。 使用後の燃料は、必ず水で完全に消火してください。 「火気厳禁」など使用を禁じられている場所や周囲に燃えやすいものがある場所での使用はやめてください。 保護者の方は使用中に子供が近づかないよう十分注意してください。 上記の通りソロストーブは二重構造で空気の層によって囲まれていますので、外へ熱が伝わりにくく、地面や周りの草が燃えにくい構造になっています。 しかしそこを過信すると、思わぬ火事や災害を招いてしまう可能性が。 「燃え移りそうな枯れ木や草を除けておく・消火用水を必ず用意しておく・思わぬ突風に煽られることを考えて広めに安全ゾーンを作っておく」など利用者の安全対策が必須になります。 ハンドルにポットグリッパーを採用することで、コンパクトなオールインワンを実現しています。 調理中の熱い鍋も付属の鍋つかみで調理はラクラク! 使用用途も鍋だけではなく食器やフライパン、ボールなどにもなり、一回の使用でより多くの料理が作れます。 鍋の底部は、ソロストーブタイタンのゴトクに合わせて加工されており、安定感が抜群。 ソロキャンプでの使用はもちろん、2~4人でのファミリーキャンプにも対応できるポテンシャルを備えています。 大鍋サイズ:19.

次の

ソロストーブでペレット運用│そろソロ行きますか?

ソロ ストーブ キャンプ ファイヤー

に物欲センサーが反応し、購入しました。 いつ使うのか分からないけども、2ポットコンボを・・・ 直径:約18cm、高さ:23. 5cm、でかいです。 燃焼室は直径:16cmと広いのですが、 空気穴までは8cmぐらいしかありません。 薪はさらに細切れにしないと使えないか・・・ ただ広いので、前回の薪であれば、 鋸で長ささえ短くすればどんどん放り込めます。 同じようにウッドペレット用の網を探しました。 本家はニクロムワイヤー(本当に細いワイヤー)を、 格子に組んだ奴で燃料をうけますので、 ペレットの直接投入は、 そのまま灰受けに直行してしまいます。 これ、程よくメッシュが荒く、 直径がぴったりの16cm! 専用ですね。 (加工が面倒な場合、15cmなら前回と同じく焼き網があります。 ) これの取っ手をのこぎりで切り落とし(面倒くさい)、 使用しようと考えました。 中華の時と同じように、換気筒を作ろうと試みましたが・・・ 失敗しました、非常に固いです。 で加熱しながらやってみましたが、曲がりません。 イライラがMAXになって無理やり曲げたら、 枠の部分から網外れました。 と言う訳で、再購入して別プランを採用。 換気筒造り を切り抜く。 を糸代わりに使用し、 のようなラジオペンチでチマチマと縫製作業。 こんな感じに仕上げる。 底面に固定 同じステンレス線で底部分に縫い付ける。 四方から引っ張り固定 リングを作って四方向から固定し、 2本の線の間に棒やクリップ等を入れて、 グリグリ回して捩ってテンションを掛ける。 これで筒に倒れのモーメントが多少掛かっても、 底からもげなくなる、と思う。 取手を金ノコで切断 を使用して、ブッツリと切断。 詳細は後日。 やすりでバリ取り を使って、ソロストーブの燃焼筒の内側を、 傷付けないようにバリを除去して完成。 蓋つけるの面倒だなぁとか考えていたら、 缶コーヒーのキャップがシンデレラフィット() ただ、以前作った吸殻収集缶と、 ペール缶を使った中型ウッドガスストーブ、 ツルを止めていた金具のアルミリベットが、 加熱しすぎ?で溶けてたからなぁ・・・ 多少ペレット入ってもいいから撤去しよう・・・ あと、ステンレス線細すぎたかなぁ・・・ 太いと縫製大変そうだしなぁ・・・ 焼き切れないことを祈る。 ちなみに、ペレットを入れるとこんな感じになります。 前回の、中華ストーブで燃えまくったのと、 加工ミスした網で燃やした結果(写真撮り忘れた)より、 当然こちらでもウッドペレットに関して、 問題なしなのは間違いないのですが・・・ いざ!燃焼!! ・・・とは行かず。 まだ燃焼テストできていません。

次の