ユーチューブ 履歴 消去。 YouTubeで再生履歴を削除する方法と履歴が残らない時の対処方法

YouTubeの検索履歴と視聴履歴の保存設定と削除のやり方

ユーチューブ 履歴 消去

再生履歴に関するTIPS 再生履歴は他人からバレる? まず初めに一番気になるのが、YouTubeの再生履歴が他人にバレるかどうかです。 結論から言うと他人から再生履歴がバレることは絶対にありません。 ただし一つ気をつけてもらいたいのが、自分のチャンネルページの概要についてです。 このチャンネルページには、デフォルト状態で自分が高く評価した動画や登録したチャンネル、作成した再生リストが表示されてしまいます。 このチャンネルページから自分の趣味嗜好が他人からバレてしまう可能性があるので、できればチャンネル設定のプライバシーを「本人のみ視聴可能」にして他人に見られないように非公開にするのがベストです。 非公開方法は簡単で、自分のチャンネルページを開きチャンネル登録ボタンの横にある歯車アイコンをクリックします。 すると、チャンネル設定のポップアップ画面が表示されるので、プライバシー欄を全て非公開ONにチェックを入れて完了です。 これで他人から自分の趣味嗜好がバレることはなくなるので、他人にバレるのが嫌な方は絶対に設定しておきましょう。 再生履歴を表示する方法 次に、YouTubeの再生履歴がどこに表示されているのか知らない方もいると思いますので、ここで紹介しておきます。 PC版YouTube まずはPC版YouTubeから。 YouTubeトップ画面の左側メニュー内の中央辺りに「 履歴」という項目がありますのでクリックしてください。 すると自分の再生履歴を確認することが出来ます。 赤枠で囲んだものが再生履歴です。 ここには過去に再生した動画がズラッと並びます。 もしも再生履歴を削除する前に「前に見たあの動画だけは保存しておきたいな」と思った方は再生履歴一覧をスクロールして探すのではなく、画面右上の青枠で囲んだ「再生履歴を検索します」からキーワードで検索すると良いでしょう。 こちらは再生履歴のみを検索してくれますので、過去に見た動画を効率的に探し出すことができます。 スマホアプリ版YouTube 次にスマホの公式アプリでも再生履歴を表示してみましょう。 YouTube公式アプリのトップページ画面右下にある「 ライブラリ」をタップします。 画面の一番上に「 履歴」と表示されますので、こちらをタップして履歴画面に進みます。 すると、履歴が表示されました。 ここでも再生履歴一覧から動画を検索できるように画面の一番上には「 再生履歴を検索します」が表示されています。 必要に応じて動画を検索して保存すると良いでしょう。 再生履歴を削除する方法 それでは本題のYouTubeの再生履歴を削除する方法を解説します。 デフォルトの状態では再生履歴が残るようになっていますので、状況に応じて削除をしてみてください。 PC YouTubeトップページから画面左側中央にある「 履歴」をクリックします。 全ての再生履歴を削除したい場合は、赤枠の「 全ての再生履歴をクリア」をクリックします。 最終確認のポップアップが表示されますので「 すべての再生履歴をクリア」をクリックして作業完了です。 削除すると自動で再生履歴の画面に戻ります。 先ほどまであった再生履歴は綺麗に削除されていることが確認できますね。 スマホアプリ スマホ公式アプリでも再生履歴の方法を見ていきましょう。 まずはスマホ版公式アプリトップページ画面右下の「 ライブラリ」をタップし、次の画面の一番上に表示される「 履歴」をタップします。 すると再生履歴が表示されますので、特定の動画のみ再生履歴から削除したい場合は赤枠のボタンをクリックします。 ポップアップメニューが表示されるので「 【再生履歴】から削除」をタップして動画を削除します。 全ての再生履歴を削除したい場合は青枠のボタンをタップします。 ポップアップメニューが表示されますので「 再生履歴をクリア」をタップして履歴の削除は完了です。 簡単な設定で再生履歴を削除できることが分かりました。 再生履歴が残らない時の対処方法 もしかすると人によっては再生履歴が残らないので困っているパターンもあるかと思います。 そんなときは 再生履歴が一時停止になっていないか確認しましょう。 再生履歴画面を開くと、履歴一覧の一番上に2つのボタンがあります。 そのうちの一つが「 再生履歴の記録を再開」と表示されている場合は、再生履歴が残らないように設定されています。 このボタンをクリックすると再度再生履歴の記録を再開して、今度はボタンが「 再生記録の一時停止」ボタンに変化します。 もし、再生履歴が残らないで困っている場合は、一度この部分の設定を見直してみてください。 最後に 以上が、YouTubeの再生履歴を削除する方法と履歴が残らない時の対処方法の紹介でした。 再生履歴は他人からバレることはないですが、自分の登録したチャンネルなどは他人からバレることがありますので、見られたくない人はきちんと設定してあげましょう。 検索履歴を削除する方法と検索結果を残さない方法もコチラの記事にて紹介しています。 参考:.

次の

AndroidスマホでYouTubeの再生履歴を削除する方法

ユーチューブ 履歴 消去

【 本記事のターゲット 】• パソコンでWindows 10 を家で利用している• 家族で共有して利用している• それぞれが利用した閲覧履歴や検索履歴を残さないようにしない 1975年に設立されたMicrosoftの創業者のビル・ゲイツが掲げた目標「世界中にある全ての机と家庭にコンピュータを届ける」と言ったときから40年以上が経過致しました。 今現在、2018年はどうでしょうか... 1家に1台、殆どの過程でPCは1台以上あるのが普通になりました。 mog家もPCだけ数えれば3台、スマホやタブレットなどを入れれば7台保有しています。 そして、最近Windows PCはWindows 10 というOSになり、こちらのPCを家族間で共有して使っている方も多いかと。 そんな時、自分がウェブで検索したり閲覧した内容を見られたくない... 履歴を探られたくないという事があるかと。 そんな時に、検索閲覧履歴の消去方法や、そもそも履歴に残らないようにする手順(Windows 10 版)をご紹介したいと思います。 Microsoft Edge の閲覧履歴を消去&残さないようにする方法 何もしないと履歴が全て保存され、簡単に閲覧履歴を辿られる... Windows 10 PCの場合、インターネットで色んなお店や情報などを検索する際は標準ブラウザである「Microsoft Edge」を使う事になります。 Google ChromeとかFIreFoxなど他ブラウザを使っているという方も大勢いらっしゃるかと思いますが、今回はWIndows 10を特にカスタマイズせず使い続けている方向けにご紹介します。 まずMicrosoft Edgeですが青色で「E」のロゴをしています。 画面下のタスクバーにも標準で登録しているので、こちらを起動して色々検索してみましょう。 検索って本当に便利ですよね。 まぁ全てが正しい情報ではないですが... 無料で色んな情報を把握出来るという事は素晴らしい事かと。 mogが子供の頃なんでこういったシステムなかったですからね... で、色々検索して色んなページを見るとおもうのですが、特に何も設定していない場合は全ての閲覧履歴が保存されてしまっているんですよね... Edgeを起動した際、下記画像のように右上に星のようなマークがあるかと思います。 そちらをクリックして、左タブの「履歴」をいう項目をクリックしてみると... 上記のように、いつ何時何分、どこのページにアクセスしたのかが全て履歴として残っています。 見られてもいいやと思っている人もいるとは思いますが、恐らく大抵の人は他の人には見られたくないな... と思うはず。 履歴を削除するには、「履歴のクリア」か「閲覧データのクリア」を実施 こちらの閲覧履歴を消去するには、先ほどの画像の右上に表示されている「履歴のクリア」を選択すればOKです。 が、実はそれ以外にも様々な履歴って残っていますよね。 そんな場合、下記手順を一度試してみて下さい。 まずは右上の点が3つ付いているマーク「・・・」をクリックし、その中の「設定」をクリックします。 すると下記画面になりますので、「閲覧データのクリア」という項目の「クリアするデータの選択」をクリックします。 下記画面が表示されます。 デフォルトでは「閲覧の履歴」「キャッシュやCookieなどのデータ」「保存して閉じたタブや最近閉じたタブ」が選択されています。 先ほど記載したパスワード情報を消去する際は「パスワードの項目」にチェック、ダウンロードした履歴なども残っているので、その情報を削除したい場合は「ダウンロードの履歴」を選択した上で「クリア」をクリックしましょう。 履歴やパスワード保存など、特に消去されても問題ない&気にしないという方は全部チェック入れてクリアを実施しても良いかと思います。 TIPS:「閉じる時に常にこれを消去する」を設定しておけば閲覧履歴は残らない 上記記載した手順を毎回実施するのは面倒ですよね... そこで、先ほどの設定画面を再度見てみると... 「ブラウザーを閉じる時に、常にこれを消去する」というボタンが一つあるかと思います。 上記消去する項目にチェックを入れた状態で、こちらのボタンを「ON」にしておけば、ブラウザを閉じる度、パソコンを再起動する度に閲覧履歴等を自動で消去してくれるようになります。 手間をかけたくないという方はこちらを試してみて下さい。 Microsoft Edge の検索履歴を削除する方法 ブラウザは閲覧履歴だけではなく検索履歴も残っている 先ほど閲覧履歴の消去&履歴が残らなくする手順をご紹介しましたが、意外と忘れがちなのが「検索履歴」という部分です。 検索履歴って何処に残っているの?と思うかもしれませんが、たとえは下記画像のようにアドレスバーをクリックすると、今まで自分がどんなキーワードで検索していたのか履歴が一覧となって表示されます。 こちらの検索ですが、Windows 10 の設定を特にいじっていない場合は、MIcrosoft の検索エンジンである「bing」が利用されています。 こちらの検索履歴、どうやったら消去出来るのか... 下記に手順をご紹介します。 Windows 10はbingが標準、Microsoft アカウントに検索履歴が保存されているので消去 最初mog家もちょっとわからなかったのですが... Windows 10 からMicrosoftの便利なクラウドサービスを利用する際に「Microsoft アカウント」というのを無料で作成してパソコンに登録する形になります。 iPhoneでいうApple IDみたいなものですね。 で、どうもこちらのアカウントにbingの検索履歴が全て保存されているらしく... 先ほどの画面右側に表示されていた「検索履歴の管理」をクリックすると下記画面が表示されます。 その中の「検索履歴の表示と削除」という項目をクリックします。 上記画面になりますので、先ほど記載したMicrosoft アカウントでサインインします。 上記画面になりますので、下部へスクロールします。 すると、「検索履歴を表示および消去する」という項目がありますので、こちらをクリックします。 こんな所に保存されていたのか... 先ほどアドレスバーでクリックした際に表示された項目一覧がこちらに掲載されています。 右上に表示されている「アクティビティの消去」をクリックします。 上記画面で「クリア」をクリックします。 めちゃくちゃ階層が深いではないですか。 これは流石に毎回実施して消去するのは大変そうだ... 閲覧・検索履歴を残さない、Microsoft Edge の InPrivate ウィンドウを活用 閲覧履歴&検索履歴がそもそも残らないようにする方法はないのか? という事で、何か方法がないのか?と思っていたのですが、先ほど最後検索履歴をクリアする画面にて下記記述がありました。 検索履歴が保存されないようにする場合は、いつでもMicrosoft Edge の InPrivate ウィンドウを開くことができます。 ん??「InPrivate ウィンドウ」って何だ?どこにその項目があるの? と色々調べていると、下記画面の通り、Edgeの「・・・」マークをクリックした際に上から二つ目に表示されていましたね。 こちらをクリックする事で「InPrivate ウィンドウ」が利用出来ます。 InPrivate ウィンドウの場合、閲覧検索履歴・入力パスワード含めて一切履歴が残らない という事で、早速クリックして利用してみましょう。 下記がInPrivate ウィンドウになります。 ??何が違うの?と思うかも知れませんが、左上に青色の帯で「InPrivate」という記述が表示されているのが分かるかと。 こちらの状態でブラウザで検索したり閲覧したり、パスワード等を入力したりと... 様々な事を実施した後、一度ブラウザ(Edge)を閉じて再度Edgeを起動してみて下さい。 そう、InPrivate ウィンドウの場合は、一切こういった情報を残さずにブラウザを利用する事が可能なんです。 最後に 今回はWindows 10 PCにて、検索・閲覧履歴の消去方法と、そもそも履歴が残らないようにする方法をご紹介しました。 簡単な設定で実現出来ますので、履歴を見られたくないなと思っている方は本記事を参考にしてみて下さいね。

次の

YouTubeの再生履歴を表示する方法

ユーチューブ 履歴 消去

広告 まずは iPhoneの標準メールアプリでメールを削除するやり方をご紹介します。 iPhoneで1つのメールを削除する方法 単純に1つのメールを削除したい場合は、消したいメールを 左フリックして「 ゴミ箱」のアイコンを選択すればOKです。 iPhoneでメールを一括削除する方法 大量のメールから複数のメールを削除したいとき、1つ1つメールを削除するのはかなり面倒ですよね。 そんなときは削除したいメールを選択して、 複数のメールを一括で削除する方法がおすすめです。 メールアプリの画面右上にある「 編集」をタップして、削除したいメールをタップして選択し、「 アーカイブ」を選択すれば完了です。 iPhoneに保存された全てのメールを全削除する方法 保存された全てのメールを全削除したい場合、メールを選択するのも中々面倒なことでしょう。 以前まではiPhoneのメールを簡単に全削除できたのですが、 iOS12の現仕様では全てのメールを一発で全削除することはできなくなりました。 もし全てのメールを削除したい場合は、上記で紹介した方法で全てのメールを選択した上で一括消去する必要があります。 削除したメールを完全に削除する方法 メールBOXから削除したメールをゴミ箱に一定期間保存されるので、 完全に削除したい場合はゴミ箱に保存されたメールを削除する必要があります。 ゴミ箱に保存されたメールを削除するには、「 ゴミ箱」フォルダをタップして開き、「 すべて削除」を選択すれば完了です。 メッセージアプリを開いた画面右上にある「••• 」をタップし、「 メッセージを選択」をタップすれば完了です。 削除したいメッセージをタップしてチェックをつけ、「削除」を選択すればメッセージの削除は完了です。 全てのメッセージを全削除する方法 iPhoneに保存された全てのメッセージを全て削除したい場合、 現仕様では一発でメッセージを全削除することはできません。 そのため複数のメッセージを削除するのと同様に、全てのメールを選択した上で一括削除する必要があります。 最後に iPhoneのメール・メッセージの削除について解説しましたが、いかがだったでしょうか? 大量のメールやメッセージが溜るとiPhoneの動作が重くなったりもするので、不要なメール・メッセージは定期的に削除するといいですよ。 もし今回の記事で分からなかったことがあれば、コメントで気軽に質問していただけたらと思います。 以上、 iPhoneのメール・メッセージを削除・一括削除・全削除する方法でした。 最後まで読んでいただき感謝!感謝!.

次の