すけ さん かく さん。 ねこあつめ・うみすけさんのえさは何?私「うすみけさん」だってば!

水戸黄門の歴代の助さん・格さん!スターが勢ぞろい!

すけ さん かく さん

この節のが望まれています。 (助さん)と共にに仕える家臣。 モデルは実在の士・(通称、覚兵衛)といわれている。 の達人という設定である。 TBS系列の時代劇『水戸黄門』 [ ] の『』では、助さんとは逆で、 まじめで実直という設定である。 八兵衛曰く「助平助さん、堅物格さん」。 その性格上、光圀一行の中ではストッパー的な役目を担い、時に頑固で酔狂の過ぎる光圀や、遊び人気質な助さん、食いしん坊なトラブルメーカーの八兵衛に振り回され、その都度、一人苦心する羽目になって、弥七やお銀(お娟)から同情されたり、からわれたりする。 ナショナル劇場版(現在ではパナソニックドラマシアター)の初期では妻に深雪(演:)がいる。 深雪は水戸藩家老の娘として第1部から登場しており、同最終回で格之進と結婚。 第3部では息子の格之助が誕生した。 深雪は第1~4部と第6部までの登場だが第7部以降も設定はそのまま残っている。 キャストがに変更された第14部以降は独身に戻る。 第43部最後の最終回スペシャルでは、光圀の重臣 安積厳兵衛(演:横内正 )の娘・深雪(演:)と結婚して1男1女の父親となっている。 現在では格さんは女性に弱いというイメージが強いが、初期では女性に対して強く接したりもしている。 第1部で本人の口から生い立ちが語られている。 旅に同行した当初から奔放な光圀に理解があった。 第14部以降は母に幾度も縁談を勧められる。 ドラマの乱闘シーンでは、助さんが剣で戦うのに対し格さんは主にで戦う。 彼が体得するは、柔術、剣術、居合術も伝承するため、助さんには及ばないものの、実際には剣の腕も一流である他、棒術、槍術などの刀剣以外の武器の扱いにも長けている。 また、総合的な身体能力は助さんをも凌ぎ、、、といった柔術以外の格闘技にも秀でている事から、や風の鬼若(演:)といった特に腕っぷしの強い隠密が登場しないシリーズでは、光圀一行が格闘技の腕前を競う大会などに参加した際に切り札的存在に立つ事が多い。 また、最後の決め台詞とともに印籠を取り出す役は主に格之進が担う。 このため、まじめで実直で堅物であるが度々印籠の盗難、紛失に遭ってしまう。 また、水戸老公一行の道中の路銀(旅行費)を管理しているのも格之進である。 渥美格之進を演じた俳優 [ ] 映画・テレビドラマ [ ]• (映画『』)• (映画『』1959年)• (映画『』1961年)• (映画『』1961年)• (テレビドラマ『』1964~65年)• (映画『』1969年)• (テレビドラマ『』1969~78年)• (テレビドラマ『水戸黄門』1978~83年、映画『』1978年)• (テレビドラマ『水戸黄門』1983~2000年、テレビドラマ『』1995年)• (テレビドラマ『』1984年)• (役名は、テレビドラマ『』1988年)• (役名は渥美格之丞、テレビドラマ『』1992年)• (役名は安積覚兵衛、NHK大河ドラマ『』2000年)• (テレビドラマ『水戸黄門』2001~03年)• (テレビドラマ『水戸黄門』2003~10年)• (映画『』2008年)• (テレビドラマ『水戸黄門』2010~11年)• (BS-TBS版時代劇「水戸黄門」2017・19年) 他多数 アニメ [ ]• (『』1981年~1982年) 註 [ ]• ただし『スーパーフライデー 水戸黄門スペシャル』(TBS、2003年7月25日放送)にて二代目格之進を演じたが「自分が加入した時点で、独身という設定に戻された」と発言している。 テレビドラマ『』で1969~78年にかけて格さんを演じた.

次の

渥美格之進

すけ さん かく さん

初代格さん:横内正 よこうちただし 1969年 昭和44年 ~ 東野英治郎ご老公、杉良太郎助さんとともに初代格さんとしてレギュラーを演じられたのがこのベテラン俳優さんです。 名 前:横内正 よこうちただし 生年月日:1941年 昭和16年 7月1日 出 身:満州国大連 出演年数:8年5ヶ月 出演期間:1969年8月~1978年1月 出演部数:第1部~8部 出演年齢:28歳~36歳 コンビを組んだ助さん 佐々木助三郎 役 杉良太郎 1部~2部 里見浩太朗 3部~8部 横内正さんですね。 とにかく素晴らしい声を持つ美声の持ち主ですよね。 あの美しく響く声で発する印籠を出す前の口上は、間違いなくこの水戸黄門を大人気時代劇にした大きな要因だとわたしは思いますね。 初代助さんの杉良太郎さん、二代目の里見浩太朗さんとのツーショットは本当に見栄えがするコンビでしたよね。 水戸黄門と並ぶ国民的時代劇の松平健主演「暴れん坊将軍」でもレギュラーとして大岡忠相 ただすけ 役を約20年演じられたように、時代劇ファンの間ではもはや大御所中の大御所といっても過言ではない名優・横内正さん。 これからも時代劇を次世代に伝えるためにもまだまだ現役バリバリで頑張ってもらいたい俳優さんですね。 二代目格さん:大和田伸也 おおわだしんや 1978年 昭和53年 ~ 初代格さん役の横内正さんが8部限りで降板、9部から二代目渥美格之進の座を引き継いだのが、現在ではバラエティなどでも活躍するこの俳優さんです。 名 前:大和田伸也 おおわだしんや 生年月日:1947年 昭和22年 10月25日 出 身:福井県敦賀市 出演年数:4年8ヶ月 出演期間:1978年8月~1983年4月 出演部数:第9部~13部 出演年齢:30歳~35歳 コンビを組んだ助さん 佐々木助三郎 役 里見浩太朗 9部~13部 大和田伸也さんといえば、弟も俳優の大和田獏さん、妻は女優の五大路子さん、息子も俳優の大和田健介さんと大和田悠太さん、義妹に岡江久美子さん、姪に大和田美帆さんという芸能界きっての芸能一家であり、大和田ファミリーといわれている一族です。 敦賀の大実業家で大和田銀行を設立した二代目大和田荘七の子孫という、福井県有数の名士の家系でもある、まさにサラブレッドですね。 初代格さんの横内正さんに負けず劣らず、この大和田伸也さんも素晴らしい美声の持ち主です。 声の良さ・美しさは格さん役の肝とも言えるほどに重要な要素だったのかもしれませんね。 最近ではその明るいキャラクターを生かしたバラエティ番組などでの活躍が多い大和田伸也さんですが、NHK大河ドラマにはこれまで9作品に出演するなど、俳優さんとしてもやはり素晴らしい実績を残されています。 これからも時代劇などで濃厚な演技を見せてほしいですね。 三代目格さん:伊吹吾郎 いぶきごろう 1983年 昭和58年 ~ 大和田伸也さんの後の三代目渥美格之進を演じたのはこちらのベテラン俳優さんですね。 名 前:伊吹吾郎 いぶきごろう 本 名:伊吹勝敏 いぶきかつとし 生年月日:1946年 昭和21年 1月2日 出 身:北海道爾志郡熊石町 出演年数:17年1ヶ月 出演期間:1983年10月~2000年11月 出演部数:第14部~28部 出演年齢:36歳~53歳 コンビを組んだ助さん 佐々木助三郎 役 里見浩太朗 14部~17部 あおい輝彦 18部~28部 二代目水戸黄門役の西村晃さん、三代目の佐野浅夫さん、この二代に渡った水戸黄門のすべての回で格さん役を演じた伊吹吾郎さん。 その出演年数はなんと17年1ヶ月!その出演期間は歴代格さん役の中でも断トツのナンバーワンです。 まさに「ミスター渥美格之進」といってもいい存在かもしれません。 大和田伸也さんと同じく、最近では本業の俳優さんとして以外にも、バラエティ番組などでの活躍が目立っている伊吹吾朗さん。 しかし二代目大和田伸也さんと同様、これまでにNHK大河ドラマに9作も出演なさっているように、本業である俳優さんとして活躍しながらの仕事の幅を広げていらっしゃるという状態ですね。 個人的な伊吹吾郎さんの中での大好きな役といえば、やっぱり大好きな必殺シリーズ、その中でも屈指の人気作品である「必殺仕事人」での畷左門 なわてさもん 役ですね。 中村主水、秀とともに仕事人として悪を葬る姿は大人気を得、仕事人のその後の人気を決定づけました。 最初は刀での仕事だったのが、途中からは怪力悪人真っ二つ折りたたみ(笑)になったのにはビックリしましたけどね。 これからもいろいろなフィールドで頑張ってほしい俳優さんですね。 個人的にはバラエティの進行をもっと見たいですね。 一生懸命やってる伊吹さんには申し訳ないですが、何度見ても笑ってしまうんですよねえ(笑)。 スポンサーリンク 四代目格さん:山田純大 やまだじゅんだい 2001年 平成13年 ~ 水戸黄門史上最長で格さんを演じた伊吹吾朗さんが三代目ご老公の佐野浅夫さん、三代目助さんのあおい輝彦さんとともに降板して迎えた四代目格さんがこの人です。 名 前:山田純大 やまだじゅんだい 本 名:山田純大 やまだすみひろ 生年月日:1973年 昭和48年 2月14日 出 身:東京都 出演年数:2年0ヶ月 出演期間:2001年4 月~2003年3月 出演部数:第29部~31部 出演年齢:28歳~30歳 コンビを組んだ助さん 佐々木助三郎 役 岸本祐二 29部~31部 この人も次代の時代劇を担う事になると期待されている俳優さんですね。 お父さんは初代助さんを演じた不世出の時代劇スター、杉良太郎さんです。 時代劇界のサラブレッドといっていい存在でしょう。 そんな山田さんは、四代目水戸黄門役となった石坂浩二さん、さらに同じく四代目助さんとなった岸本祐二さんとともに2001年4月から始まった第29部より登場。 新時代の水戸黄門として大きな期待を受けましたね。 そんな期待に応えるように、石坂浩二版の水戸黄門はそれまでのシリーズとは大きく設定を変えた意欲作となりました。 しかし主演の石坂さんが直腸がんを患ってわずか2部で降板、新助さん格さんコンビの岸本祐二・山田純大もわずか3部での降板となってしまいました。 一番悔しいのは山田さんたちでしょうが、視聴者の間からも岸本・山田コンビの降板を惜しむ声は多かったですね。 わたし的にもこの二人のコンビはフレッシュながら時代劇らしさ満開で素晴らしい若手コンビだと思っていたので、本当に残念でしたね。 ちなみにこの山田純大さん、この水戸黄門出演中に知り合った元女優の田京恵 たきょうけい さんと2016年に結婚、二人の間には同年12月には第一子となる女の子が生まれました。 水戸黄門が縁となった結婚。 何か運命的なものを感じますよね。 五代目格さん:合田雅吏 ごうだまさし 2003年 平成15年 ~ 伊吹吾郎さんが53歳で降板後、一気に25歳若返った山田純大さんを経て5代目格さんとなったのがこの俳優さんでした。 名 前:合田雅吏 ごうだまさし 本 名:合田雅史 ごうだまさし 生年月日:1970年 昭和45年 1月9日 出 身:神奈川県秦野市 出演年数:7年0ヶ月 出演期間:2003年7 月~2010年6月 出演部数:第32部~41部・2015スペシャル 出演年齢:33歳~40歳 コンビを組んだ助さん 佐々木助三郎 役 原田龍二 32部~41部 2003年7月開始の第32部より、原田龍二さんと助さん格さんの新コンビを結成したのが、この合田雅吏さんです。 183㎝の長身でイケメンのモデル出身俳優さんであり、早稲田大学教育学部出身のインテリ俳優さんでもあります。 前任者の岸本祐二&山田純大コンビもかなり良かったのですが、その跡を継いだこの原田龍二&合田雅吏の助さん格さんも華があって見栄えの良い、素晴らしいコンビでしたね。 7年という長丁場続いたのがその人気を裏付けているといえるかもしれません。 個人的に言わせてもらえるのであれば、最近時代劇の映像のお仕事から遠ざかっていらっしゃるのが残念ですね。 時代劇における立ち居振る舞いなども素晴らしい俳優さんなのでもっと時代劇で見たい役者さんですね。 とはいってもその時代劇自体が大幅に減っているのが大問題なんですけどね・・。 本当に寂しい時代になったものですね。 六代目格さん:的場浩司 まとばこうじ 2010年 平成22年 ~ 現時点 2017年4月現在 での最後のレギュラー格さんはこの俳優さんです。 名 前:的場浩司 まとばこうじ 生年月日:1969年 昭和44年 3月28日 出 身:埼玉県上尾市 出演年数:1年2ヶ月 出演期間:2010年10 月~2011年12月 出演部数:第42部~43部 出演年齢:41歳~42歳 コンビを組んだ助さん 佐々木助三郎 役 東幹久 42部~43部 2010年10月の第42部から助さん役とともに一新となったコンビで格さん役に抜擢されたのが、人気俳優の的場浩司さんです。 この的場浩司さんも最近ではドラマ・映画以外にバラエティ番組などでの活躍が目立つ俳優さんですね。 ちょいヤンキーっぽい見た目とは裏腹のギャップある素顔は非常に魅力的ですよね。 格さん役に決まってからの出演はわずかに2部、1年ちょっとという短い期間に終わってしまったのは残念でした。 時を同じくして助さん役に抜擢された東幹久さんとはプライベートでも親友の仲であり、息もバッチリだったがゆえに尚更でしたね。 レギュラーシリーズの最終回から3年後に放送された2015年のスペシャルドラマで助さん格さんを演じたのは、6代目の東幹久&的場浩司コンビではなく、原田龍二&合田雅吏コンビでした。 もう一度東・的場コンビが見てみたいという声も多く聞かれますが、もう一度このコンビで復活してもいいような気もします。 ただ二人とも忙しいでしょうね、そこがネックかも・・ 涙 クールな二枚目の助さんと比べて熱血硬派なイメージの渥美格之進? 初代から6代目までの歴代の渥美格之進役をご紹介してきた当記事ですがいかがでしたか? 横内正さん、大和田伸也さん、伊吹吾郎さん、山田純大さん、合田雅吏さん、そして的場浩司さん・・。 うーん、さすがに国民的人気時代劇のメインキャストの一人という面々ですね。 クールで色男、二枚目な助さんイメージと違って、個人的には格さんはやっぱり少し三枚目の線が入った、ちょっと熱血硬派っぽさが魅力ですね。 ただ、やっぱり素晴らしい俳優さんばかりですので、それぞれの格さんで独自にそれぞれの色を感じることが出来るのも面白さの一つでもあります。 恐らくこれから10月スタートの武田鉄矢さん主演ドラマの助さん格さんもキャストが発表されることと思いますが、そのあたりも注目しながら見てみたいですね。 2017.5. 18追記 新水戸黄門キャスト決定! 七代目格さんは荒井敦史 あらいあつし さん 遂に10月にBS-TBSでスタートする、武田鉄矢さんが水戸光圀を演じるドラマ、水戸黄門新シリーズの渥美格之進役が決定しました。 七代目渥美格之進を演じるのは、2009年の第21回ジュノンスーパーボーイコンテストでビデオジェニック賞を獲得して芸能界入りを果たしたイケメン、 荒井敦史 あらいあつし さんに決まりました。 以下が簡単な経歴となります。 生年月日 :平成5年 1993年 5月23日生まれ 年 齢:24歳 出 生 地:埼玉県 身 長:183cm ジャンル :舞台、映画、TVドラマ 特 技:サッカー 所属事務所:ワタナベエンターテインメント ユニット名:D-BOYS 舞台、映画にテレビと、幅広い活動でキャリアを積んできた荒井さん。 所属するワタナベエンターテインメントの若手俳優集団であるD-BOYSのメンバーとしても活動しており、今後飛躍が期待されている若手俳優さんです。 今回の格さんは、真面目でしっかり者として描かれるそうです。 新たな格さん像を作り上げてもらいたいですね。 歴代のご老公と助さん役に付いては以下の記事をご覧ください。

次の

渥美格之進

すけ さん かく さん

【助さん】 [本名] 佐々木 助三郎 ささき すけさぶろう [流派] 新田宮流剣術 [性格] 明るく軟派な女好きの剣の達人。 女性に対する観察眼はなかなかであり、女心が分かるらしい。 [モデル] 実在の徳川光圀の家臣であった佐々十竹、別名佐々介三郎 さっさ すけさぶろう [見た目] 女好きという設定から、色男というイメージの配役が多い。 【格さん】 [本名] 渥美格之進(あつみかくのしん) [流派] 関口流。 (柔術、剣術、居合術) 劇中では素手である柔術を使う。 剣の腕も一流ではあるが、助さんには及ばない。 [性格] まじめで実直。 水戸老公一行の道中の路銀 旅行費 を管理している。 印籠管理も彼の役目。 [モデル] 水戸藩士・安積澹泊 通称、覚兵衛 。 [見た目] 助さんとは対象的に硬派なイメージの配役。 助さん、格さんともに既婚者であり、年齢は設定されていない。 というとこでしょうか。

次の