セブンイレブン バスク チーズ ケーキ。 セブンイレブン (SEVEN & i)

【オススメ】【コンビニスイーツ】ローソン・セブンイレブンのバスクチーズケーキ食べ比べ!!温めると美味しいって知ってましたか?

セブンイレブン バスク チーズ ケーキ

【コンビニスイーツ】ローソン・セブンイレブンのバスクチーズケーキ食べ比べ!!温めると美味しいって知ってましたか? の情報です。 セブンイレブンのコンビニスイーツはめちゃめちゃ甘くで最高です。 しかも品のある甘さ。 セブンイレブンのコンビニスイーツの口コミで多いのは、 抹茶が大好きなので、すぐに手に取りました。 抹茶味だけではなく、抹茶パウダーが降りかかっているので、 抹茶好きにはたまりません。 ねっとり濃厚な抹茶ガトーショコラと、 ほろ苦い抹茶パ… 気になっていたミルクプリン🎵 ほんまはホイップトッピングのスペシャルが欲しかったけどなかった😔 ミルクムースだけ食べてみると、ぷるんふわっな食感に 甘さ控えめ優しい牛乳味! もっと濃厚… ミルクムースは甘さ控えめでクリーミー。 ミルクプリンはムースよりもとろっとろでミルク感たっぷり。 プリンは寒天っぽいサラッとしたとろとろ感で、一方のムースは思ってたよりも硬めでクリーム感 油脂…続きを読む レトロワードとモリモリのホイップに惹かれ購入。 ほんと昔懐かしさを漂わせる缶詰タイプのさくらんぼ乗せ。 モリモリのホイップはふわっとエアリーで口に入れればスッと口溶け 予想以上にかな… 新鮮さが足りない。 セブンなら他よりグレード上なの出してくれー 珍しくおいしかった アサヒ 贅沢搾り グレープフルーツ 缶350ml おもちのような食感です😊 チーズ濃厚です😊 ひとくちでは、食べない方がお楽しみ感ありました。 もっちり、おもチー感が、 おもしろい😊 ケーキ?おもち? ひとくちサイズで、かわゆい… 開封したら、えっ、ちっこい?と思ったんですが、スプーンを差し込み、一口。 ねっとり。 だだし、少々高めなのでなかなか手が出ませんよね、、、 賞味期限間近のコンビニスイーツは半額などにすれば、もっとバンバン売れると思います。 あと、セブンイレブンのコンビニスイーツの感想は、カロリーが高めですのでダイエット中はオススメしません。 頑張った日のみだけ、セブンイレブンのコンビニスイーツをご褒美に買いましょう、、、.

次の

セブン『バスクチーズケーキ』食べてみたよ!(´∀`*)│とりぷるセブン

セブンイレブン バスク チーズ ケーキ

バスクチーズケーキはスペインのバスク地方にあるサンセバスチャンという町の有名レストランが発祥とされる。 店名は「ラビーニャ」。 ここで供されていたチーズケーキが評判を呼び、 「バスクチーズケーキ」 として世界に広まったそうだ。 特徴は真っ黒い表面のビジュアル。 表面を高温で焼き上げるキャラメリゼした香ばしさと、中の濃厚なチーズ感が相まってめっちゃ美味しいのです。 コンビニではローソンが 「バスチー」 の名称で販売し、爆発的に売れて話題となりましたが、遂にセブンも追随😀 そこで今回両者を食べ比べてその違いをレポートしたいと思います。 それでは行ってみま~す😁 セブンイレブンの「バスクチーズケーキ」です! 2019年10月12日にTBS系で放映された「ジョブチューン」では 「セブンイレブンVS超一流スイーツ職人対決」 が実施された。 スイーツ界を代表する鉄人とも言える職人7人が、ガチンコでセブンのスイーツに「合格」「不合格」いずれかの札を上げるという緊迫の戦いであった。 4人合格ならセブンの勝利という設定。 セブンがランク付けして提示したスイーツ10品(価格は税抜き)は以下。 赤字が合格の7品です🤤! 10位 イタリア栗のモンブラン(278円) 9位 みかんの牛乳寒天(178円) 8位 宇治抹茶と白玉のパフェ(278円) 7位 京風きなこのわらび餅(138円) 6位 金のワッフルコーン(278円) 5位 こだわりあんこ&ホイップ生どら焼き(208円) 4位 生チョコクリーム大福(118円) 3位 とろ生かぼちゃプリン(188円) 2位 濃厚バニラカスタードのシュークリーム(120円) 1位 バスクチーズケーキ(238円) セブンが今回イチオシした バスクチーズケーキは7人中6人が合格札を上げ見事に合格! 審査した職人の方からは「『金のシリーズ』でも良いくらいのクオリティ」「材料のチーズは高いのに、よくこの値段でこの味わいを作れたものだ」など絶賛の声続々でした。 後発のセブンが高いのは一体何故なのか😓?! その理由の一つと思われるのはボリューム。 セブンが360Kcalに対しローソンは260Kcal。 セブンがかなり大きいのです。 価格差が約20%であるのに対し、カロリー差は38%😲! 糖質はセブンが23. 7gでローソンが23. 4gとほぼ同じなので、 ダイエット志向の方ならガッリ行けるセブンの方が逆におススメとも言える と思います。 味わいでは ほろ苦いキャラメリゼがお好みなら迷わずローソン。 セブンはこのキャラメリゼ部分を減らすことで糖質を下げているのかも。 全体的にバスクチーズケーキ感が強いのはローソンで、セブンはややベイクドチーズケーキ寄りと感じました。 しかし今回の勝負では、ボリュームがあり食べ応え抜群なセブンを推しておきます。 267• 376• 203• 195•

次の

セブン『バスクチーズケーキ』食べてみたよ!(´∀`*)│とりぷるセブン

セブンイレブン バスク チーズ ケーキ

「バスクチーズケーキ」ってご存知だろうか。 スペインのバスク地方で愛され親しまれる「バスクチーズケーキ」は、こんがりと焼き上げた表面の焦げ目の香ばしさ、中はとろとろっとした食感を楽しめるスイーツ。 そんな独特な美味しさを持つ「バスクチーズケーキ」は、最近になって日本でも人気沸騰中とのことらしいのだけど、コンビニ業界でその流行をいち早く取り入れ、多大なる支持を得たのがローソンの「バスクチーズケーキ」だ。 価格は238円(税込257円)。 しかも「セブンイレブン史上最高においしいチーズケーキ」とパッケージに掲げていることからも、かなり本気で作り込んできているようだ。 これは期待しないわけにはいかない。 さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。 セブンイレブン『バスクチーズケーキ』を食べてみた バスクケーキは生地表面の焦げた焼き目が特長なんだけど、セブンのバスクケーキにそのように焦がした表面になっていない。 パッと見た感じ、焼きプリンのような色味で、バスクケーキと語るにはビジュアルが弱いかなぁ。 食べてみれば、クリームチーズや生クリームのコクと、スポンジケーキの生地のような玉子の甘さを感じる、濃厚でまろやかな味わいが口の中に広がる。 なんだろうなぁ、ベイクドチーズケーキとレアチーズケーキの良いトコ取りしたような・・・とにかくめちゃ美味しいってことは間違いがない。 しっとりと濃密で舌にねっとり絡みつく舌触りを感じた後に、スーッとほどけて溶けていく口どけの良さがついてくる。 チーズの濃厚なコクとクリーミーな甘さでありながら、甘さが口の中でいつまでも残ることがない。 ガッツリと濃いチーズケーキなのに、クドさがまったくないから、2つくらいはペロッと食べられちゃいそう。 手のひらサイズよりもひと回り小さいけれど、厚みはけっこうあるし、手に持ってみるとズッシリと重みはある。 食後のデザートにするには最適なボリュームで、コーヒーや紅茶などを用意して、ゆっくり楽しみながら味わいたい、そんなセブンのバスクケーキ。 滑らかなで舌触りの良いチーズ感は、コンビニのスイーツのクオリティとは思えないほどの完成度の高さだ。 238円(税込257円)という価格はちょっと高めかなぁって思っていたけど、それを覆す期待以上の美味しさを発揮してくれる。 ぜひ一度食べてみて欲しい、イチオシのスイーツってとこやね。 あくまでも 筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

次の