違法 ケシ。 ケシ

オークションで違法ケシの種子

違法 ケシ

花壇に咲いた違法な「ケシ」を見つけました。 「場所によっては、結構密集して生えているところがあります」と取り除いたケシを手にして言うのは、中予保健所の職員です。 見つけたら保健所へ連絡を 薄紫色の花は、違法なケシの一種である、アツミゲシです。 ケシの中には麻薬の材料となるものがあり、栽培や所持が法律で禁じられています。 毎年4月から6月が、違法なケシの開花。 近隣住民からの通報で、花壇に咲いている違法なケシの花を処分することもあります。 内でも市民からの通報を受け、職員が確認に出向いたり、見つけた場合は土地の所有者に処分を指導しています。 去年県内では、およそ2万8千本の違法ケシを処分しました。 違法なケシを見分けるひとつのは、。 違法なケシは葉が大きな楕円形で、ギザギザになっており、茎を抱き込むように生えています。 違法なケシの栽培は、もちろん禁止です。 所有地で見つけた場合は抜いて可燃ゴミへ。 それ以外の場所で見つけた場合は、保健所に連絡してほしいということです。 違法なケシの花が広がらないよう、この時期道を歩く時は注意したいですね。 (・石田こよみ) 愛媛県ホームページ中予保健所「植えてはいけない「けし」にご注意ください!(不正大麻・けし撲滅運動)」より 関連ニュース•

次の

麻薬の材料としてのケシ

違法 ケシ

麻薬取締部は違法なケシを見つけたら通報するよう呼びかけています。 アヘンなどの麻薬の原料になるとして栽培や所有が禁じられている「アツミゲシ」が見つかったのは、 福岡市東区を通る国道3号線そばの河川敷です。 先週、アツミゲシが自生しているという通報が九州厚生局麻薬取締部に寄せられたということで、 23日は職員5人が、現場を確認し、薄紫色の花を咲かせたアツミゲシ およそ2000本を抜き取りました。 通報した近くの会社に勤務する男性は、 「最初は綺麗な花だと思っていたが、調べると麻薬の原料になるケシとわかり、通報した。 こんな近くで見つかりびっくりした」と話していました。 アツミゲシなどの違法なケシは国内各地に自生していて、福岡県内では平成29年度、 2万7000本余りを抜き取ったということです。 厚生労働省ではケシが成長する毎年5月と6月、全国で撲滅運動を行っていて、 違法なケシを発見した場合は地元の保健所や麻薬取締部などに通報するよう呼びかけています。 2020年2月2日• 2020年1月12日• 2020年1月10日• 2020年1月5日• 2020年1月1日 本日の人気記事• 5 views 0 comments• 3 views 0 comments• 3 views 0 comments• 3 views 0 comments• 3 views 0 comments• 3 views 0 comments• 3 views 0 comments• 3 views 0 comments• 2 views 0 comments• 2 views 0 comments スポンサーリンク.

次の

英で大人気のポピー、違法な「ケシ」だった 業者気づかず販売、客の指摘で回収: J

違法 ケシ

アヘンの原料になるとして法律で栽培が禁じられているケシが、県内各地で自生数を増やしている。 同課は自生地の情報提供を呼び掛けている。 過去10年間の処分数のピークは10年度の6万5616本で、17年度には3807本まで減っていた。 しかし、18年度に1万2191本と増加に転じ、19年度もその傾向が続いている。 増加の理由ははっきりしておらず、県立博物館の茨木靖学芸員は、長く休眠していた大量の種子が成長した可能性を指摘する。 「むしろ17年度が極端に少なかったのではないか。 抜き取りの成果もあるだろうが、自然条件が良くなかったのかもしれない」と話す。 ケシは花が咲くまで見つかりにくい上、肥料などに混じって国外から持ち込まれるケースもあり、根絶は難しい。 県薬務課はケシが開花して目立ちやすい4月1日から6月30日までを「不正大麻・けし撲滅運動」実施期間と定め、市町村役場や警察署にポスターを掲げるなどして通報の呼び掛けと抜き取りに力を入れている。 同課は「見つけたケシが違法か合法か見分けが付かなくても、まずは県薬務課や近くの保健所、警察署に連絡してほしい」としている。

次の