モンゴル料理。 ようこそ オータニ モンゴルの里へ

ようこそ オータニ モンゴルの里へ

モンゴル料理

日本からほど近いアジアの国・モンゴル。 その広大な国土の中には、大自然が織りなす様々なすばらしい風景があります。 また、かつて世界の半分を収めたモンゴル帝国など、興味深い歴史が残る国でもあります。 しかしながら、歴史を知っていたとしても、モンゴル料理はあまり聞き覚えのない方も多いはず。 そんな方のために今回は、モンゴルの代表的な料理を11選にまとめてみました。 *編集部追記 2017年2月公開の記事に新たに詳細情報を追加しました。 調理方法や味付けのバラエティーが少なく、ほとんどの料理は煮ることが基本となっています。 揚げ物もありますが、やはり少ないです。 味付けは基本的に塩のみで、お肉もちょっと肉臭さがあり、食べ慣れるまで苦労しました。 羊肉を使うことが多く、中国料理と似たモンゴル風餃子や火鍋などもありました。 モンゴルの伝統的な食べ物は、白い食べ物と赤い食べ物の2つに分けられており、白い食べ物は家畜の乳から作られた乳製品、赤い食べ物はお肉のことを指します。 モンゴルの食事事情はあまり良いとは言えませんが、それも旅の醍醐味と思って色々試してみるのがおすすめです。 モンゴルでは肉料理が多いので、野菜が入っているのは非常に嬉しい! 家庭では麺から手作りするそうで、コシがあるというよりは、ボソボソとした食感です。 モンゴルの代表的な家庭料理なので、食堂で見かけたらぜひオーダーしてみてくださいね。 モンゴルの代表料理!ホーショル(揚げ焼き肉まん)のレシピ モンゴル料理が気になる方へ、の本山尚義シェフが考案した「ホーショル(揚げ焼き肉まん)」のレシピをご紹介します。 ミンチを小麦粉の皮で包み、揚げ焼きにした料理。 表面はパリパリで、中はもっちりジューシー。 ぜひ熱々を食べましょう。 皮をつくる。 ボウルにAを入れて、ひとまとめになるまでこねる。 常温で30分寝かす。 具をつくる。 別のボウルにBを入れて、よく混ぜる。 4等分しておく。 1を3cmの棒状に伸ばし、4等分する。 さらに直径12cmの丸型にのばし、2をのせて餃子のように包む。 フライパンに油を寝し、弱火で表裏8分ずつ、きつね色になるまで焼く。 ボーズ photo by pixta 小麦粉に水を加えてこね生地を作り、その中にひき肉を餡として入れて包んだ、モンゴル風蒸し餃子。 モンゴルの旧正月など、お祝いや特別な行事の際は欠かせない料理です。 チャンサンマハ photo by pixta 野菜の切れ端と塩を入れた水の中に、骨つきの羊肉を入れ、3時間ほど煮た伝統料理。 このお肉は保存がきくため、麺料理やスープにも使用することが多いそうです。 ショルラッグ 羊肉を串に刺して焼いたショルラッグ。 羊肉とクミンのエキゾチックな香りが漂う串焼きは、中をミディアムに焼き上げていただきます。 ツォイバン 牛肉と野菜を炒め、麺とともに蒸す料理です。 味は皿うどんに似ており、日本人でも食べやすいのでオススメ。 ホーショール パリッと焼き揚げたモンゴルの餃子です。 中はジューシーな肉汁、外はパリッとした皮と、絶妙な組み合わせがおいしい! バンシタイツァイ モンゴルでは、ミルクティーはお茶としてだけでなく、汁物としてもいただくそう。 このバンシタイツァイは、ミルクティーの中に小さめの餃子を入れ、岩塩のみで味付けする家庭料理です。

次の

第5回モンゴルを食べる モンゴルでしか味わえないもの

モンゴル料理

伝統的な遊牧の生活においては前者は冬季に、後者は夏季に食する季節サイクルを有する。 主食として小麦や米が食べられるが、量的には肉が主食並みの量を占めることも多い。 モンゴル国はソビエト連邦期のロシアと東ヨーロッパ諸国から、 内モンゴル自治区は中国から、それぞれ食文化の影響を相互に受けている。 また、各地の気候による食材の違いもあり、地域毎の料理に違いが見られる。 生食は一部の例外を除いて、ほとんど行なわない。 モンゴルの肉料理は世界の民族料理と比較して、香辛料をほとんど使わないのが特徴である。 モンゴルは寒冷な気候のため、肉の保存や消臭用の香辛料を必要としなかったという説もある。 乳で溶いて飲む。 ジンギスカン 実は日本料理である。 モンゴル人は肉は塊で食べることを好み、薄くスライスした肉は紙のようだとしてかつては敬遠されていた。 現在でも首都ウランバートルでは、しゃぶしゃぶ料理は浸透していない。 内モンゴルでは、フビライ・ハーンに戦中に供されたという説話が、飲食店などで記載されている。 モンゴリアンバーベキュー 台湾で創作された料理で、客が任意に選んだ肉と野菜を大きな丸い鉄板で炒める。 アメリカ合衆国では非常にポピュラーで、通常は食べ放題のスタイルで提供される。

次の

ウランバートル|モンゴル料理

モンゴル料理

日本からほど近いアジアの国・モンゴル。 その広大な国土の中には、大自然が織りなす様々なすばらしい風景があります。 また、かつて世界の半分を収めたモンゴル帝国など、興味深い歴史が残る国でもあります。 しかしながら、歴史を知っていたとしても、モンゴル料理はあまり聞き覚えのない方も多いはず。 そんな方のために今回は、モンゴルの代表的な料理を11選にまとめてみました。 *編集部追記 2017年2月公開の記事に新たに詳細情報を追加しました。 調理方法や味付けのバラエティーが少なく、ほとんどの料理は煮ることが基本となっています。 揚げ物もありますが、やはり少ないです。 味付けは基本的に塩のみで、お肉もちょっと肉臭さがあり、食べ慣れるまで苦労しました。 羊肉を使うことが多く、中国料理と似たモンゴル風餃子や火鍋などもありました。 モンゴルの伝統的な食べ物は、白い食べ物と赤い食べ物の2つに分けられており、白い食べ物は家畜の乳から作られた乳製品、赤い食べ物はお肉のことを指します。 モンゴルの食事事情はあまり良いとは言えませんが、それも旅の醍醐味と思って色々試してみるのがおすすめです。 モンゴルでは肉料理が多いので、野菜が入っているのは非常に嬉しい! 家庭では麺から手作りするそうで、コシがあるというよりは、ボソボソとした食感です。 モンゴルの代表的な家庭料理なので、食堂で見かけたらぜひオーダーしてみてくださいね。 モンゴルの代表料理!ホーショル(揚げ焼き肉まん)のレシピ モンゴル料理が気になる方へ、の本山尚義シェフが考案した「ホーショル(揚げ焼き肉まん)」のレシピをご紹介します。 ミンチを小麦粉の皮で包み、揚げ焼きにした料理。 表面はパリパリで、中はもっちりジューシー。 ぜひ熱々を食べましょう。 皮をつくる。 ボウルにAを入れて、ひとまとめになるまでこねる。 常温で30分寝かす。 具をつくる。 別のボウルにBを入れて、よく混ぜる。 4等分しておく。 1を3cmの棒状に伸ばし、4等分する。 さらに直径12cmの丸型にのばし、2をのせて餃子のように包む。 フライパンに油を寝し、弱火で表裏8分ずつ、きつね色になるまで焼く。 ボーズ photo by pixta 小麦粉に水を加えてこね生地を作り、その中にひき肉を餡として入れて包んだ、モンゴル風蒸し餃子。 モンゴルの旧正月など、お祝いや特別な行事の際は欠かせない料理です。 チャンサンマハ photo by pixta 野菜の切れ端と塩を入れた水の中に、骨つきの羊肉を入れ、3時間ほど煮た伝統料理。 このお肉は保存がきくため、麺料理やスープにも使用することが多いそうです。 ショルラッグ 羊肉を串に刺して焼いたショルラッグ。 羊肉とクミンのエキゾチックな香りが漂う串焼きは、中をミディアムに焼き上げていただきます。 ツォイバン 牛肉と野菜を炒め、麺とともに蒸す料理です。 味は皿うどんに似ており、日本人でも食べやすいのでオススメ。 ホーショール パリッと焼き揚げたモンゴルの餃子です。 中はジューシーな肉汁、外はパリッとした皮と、絶妙な組み合わせがおいしい! バンシタイツァイ モンゴルでは、ミルクティーはお茶としてだけでなく、汁物としてもいただくそう。 このバンシタイツァイは、ミルクティーの中に小さめの餃子を入れ、岩塩のみで味付けする家庭料理です。

次の