子育てチャンネル。 コサニュース

鬼嫁ちゃんねる

子育てチャンネル

子育てちゃんねるって何? 2 チャンネルとは みなさまは、2ちゃんねるをご存知でしょうか? と今更言うまでもないのかとも思いますが、2ちゃんねるが有名になった事件を検索してみると、2000年の東芝事件や2004年電車男といずれも2000年代初頭ですので、もう20年近く経っているのです。 2ちゃんねる自体のアクセス数も2005年をピークに減少傾向とのことなので、若い人の中には知らない人もいるかもしれませんね。 2ちゃんねるとは、Web上に1999年5月から西村博之氏が立ち上げた巨大匿名掲示板です。 スレッドフロート型掲示板という、Web上の掲示板の集合サイトです。 スレッドフロート型というのは、最新の投稿が上にくる型のことです。 「2ちゃん(にちゃん)」と略して呼ばれることが多いです。 2ちゃんは、多数のカテゴリーに分かれており、カテゴリーの中に多数の板があり、その中に多数の掲示板(スレッドという)があります。 『「ハッキング」から「今晩のおかず」まで』というキャッチフレーズの通りに、幅広い分野の話題がスレッドで展開されています。 各スレッドにはタイトルが付けられ、興味を持った色々な人が書き込みます。 1スレッドは、1000件までしか書き込めないようになっているため、人気のスレッドはどんどんパートを増やしていきます。 例えば育児板にある「0歳児の親専用スレッド」などは2016年6月にはpart345まで続いています。 同じ板やスレに良く書き込みをしたり覗いていたりする人たちを「住人」と呼びますが、そこ独自のルールや言葉があるところも多いため、 書き込みをする前にはテンプレートを確認し、みんなの書き込みをしばらく読み込んでから参加した方が無難です。 板により「住人」は全く違います。 同じ質問をしても180度違う答えが返ってくることは珍しくありません。 テンプレートは、大体投稿の最初の方に書かれています。 人気のスレッドなどは、誰もが聞きたいと思うような質問に対する答えが書かれています。 そこを読まずに同じ質問を投稿すると怒られ兼ねません。 2ちゃんは匿名での書き込みがほとんどのため、コメントがきつめになりがちです。 ご注意ください。 また、2ちゃん独自の言葉には、略語とさらに誤変換でつくられているものがあります。 既婚女性を略して「既女」を変換して「鬼女」、既婚男性を略して「既男」を「気団」などが書き込みに使われます。 略語や内部だけでの流行り言葉や言い回しもあります。 その2ちゃんにある任意なスレッドを選択し、そのスレッド内の1つの内容だけの書き込みをまとめたサイトのことを、まとめサイトと言います。 1つのスレッドの中でも多数の話が同時で進行していたり、無駄な書き込みがあったりするので、その部分をうまく省き、1つのタイトルにまとめてあります。 2chにあるスレッドをそのまま読むよりも、分かりやすくまとめられています。 このまとめサイトの登場により、2ちゃんを普段利用していない人達にも2ちゃん語が広まりました。 簡単に興味のある人気記事にアクセスできるので、まとめサイトだけを利用している人も多いようです。 話題の 子育てちゃんねるとは 子育てちゃんねるとは、2ちゃんの中にある「育児」と「家庭」という2つの板を中心にまとめたサイトのことです。 「既婚女性」、「既婚男性」板からの掲載もあります。 真ん中上部には2ちゃんの色々なところからのスレが一覧になっています。 こちらをクリックすると外のまとめサイトに飛ぶようです。 左側には最新記事がずらっと出ています。 でクリックすると内容が下の方に表示されます。 記事の最後には2ちゃんスレッドと同じ形のコメント欄が付いています。 最新話題用語集も記載されています。 子育てちゃんねるは、スマホで閲覧すると自動的にスマホ版で表示されます。 PCとは画面が違います。 スマホで見た時に最初に表示されるのは、最新記事の部分です。 スポンサーリンク スマホ上でタップすると該当記事が読めます。 スマホ版では、下にスライドしていくと「ピックアップ」記事があり、更に下には「他サイトの最新記事」があります。 こちらはタップすると他のまとめサイトに飛びます。 子育てちゃんねるは、「鬼女まとめあんてな」というサイトでの逆アクセスランキング1位となっていますので、両方を利用すると興味ある記事の検索がより一層やりやすいかもしれません。 子育てちゃんねるで検索をするとNeverの子育てブログ2chも出て来ますこちらは、管理人が面白いと思ったものが2chに限らずまとめられているようです。 人気のすくすくちゃんねるもご紹介!! すくすくちゃんねるもやはり2ちゃんのまとめサイトです。 管理人の「わいさん」さんが2012年7月18日に開設されたブログです。 妊娠から出産、育児に関する情報や家族・夫婦・親など、育児・家庭を中心にまとめられたブログです。 PC版とスマホ版はほとんど同じように見えます。 長編記事は分けて掲載するなど、スマホでの閲覧にも対応しています。 その他のまとめサイトもご紹介!! 2chのまとめサイトはたくさんあります。 その中で育児関連のものをいくつかご紹介いたします。 鬼女まとめあんてな 子育てちゃんねるのところでも紹介した「鬼女まとめあんてな」は、投稿時間順にスレが一覧表示されており、クリックすると外部まとめサイトに飛び、そこで投稿が見られるようになっています。 すっきりしていて見やすいです。 鬼女ニュース ニュー速VIP、ビップラ、既婚女性、カップル、家庭板あたりを中心にドロドロ時にほのぼのとまとめているサイトです。 軽く読めるタイプがみられるようになっています。 鬼嫁ちゃんねる 掲示板で話題の家庭・生活ネタがまとめて紹介されています。 素敵な鬼女様 何分割かされている長編の何話目かが最初に表示されており、最初から最後まで読みやすいサイトです。 家庭ちゃんねる 2チャンネル互換の掲示板とまとめブログアンテナを統合したサイトです。 まとめサイト部分と2ちゃん形式の掲示板があります。 まとめ部分はどこのスレかが分かりやすいです。 最新の書き込みを取ってくるようです。 鬼女梅 主に既婚女性が関わっている記事をまとめたサイトですが、関係ないこともまとめられているようです。 長い話とそうではない話で分けられています。 はーとらいふ 出会い・子育て・生活系まとめサイトです。 この他にもたくさんのまとめサイトがあります。 お気に入りのまとめサイトを探してみてください。 スポンサーリンク スポンサーリンク 参考URL ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

ママスタジアム☆−子育てに関する情報満載!ママ向けコミュニティ

子育てチャンネル

先生は若手の先生〜ベテラン先生まで幅広く従事されています。 ほとんどの先生が笑顔で必ず挨拶してくださり、声をかけてくれますよ。 早番、遅番等でクラス外の先生と接しているからか、我が子の名前もしっかり覚えてくださっていたりします!園長先生も優しく穏やかな方です。 すごく丁寧に話してくださるので、信頼しています。 ただここの看護師がかなりキツい…というか保護者それぞれに差別している感じがあります。 好きな保護者には積極的に話しをするし、嫌いな保護者にはあからさまに冷たいです。 言葉もキツかったりして、見ていて不愉快に思うこともあります。 ベテラン看護師といった感じで、かなり権限がありそうなので苦情を言ったところで…って感じだと思います。 行事は凄く豊富で、小さい年齢の時からたくさんの経験や思い出が出来ることでしょう!,施設自体、改築を行ったばかりなのでとても綺麗ですよ!小さな子供のクラスには床暖が完備されていたり、体育館にはエアコンもついています。 設備については問題なしです!また、給食室も完備されているので給食も美味しそうなメニューばかりですよ。 ,とにかくこだわりを持って保育してくれますし、先生が良い方ばかりです。 少しお金もかか 女医さんもいて安心! ただ、検診に関しては予約しても3時間は待つこと多々あり。 ,朝はパン。 おやつ有り。 個室はあるが一泊2万円。 個室にトイレなし。 有りもあるようだがすぐに埋まってしまうみたい。 ,夜中に預かってもらえる 授乳は基本授乳室であげ、ミルクも飲ませられます。 人数も多いため仕方がないのかもしれないが…,先生がたくさんいる。 同じ先生にあたることの方が少ないかも?産んでからの産科には大変お世話になったと感じた看護師さんがいます。 今もいるのかなあ,大学病院のコスパ?クオリティってこんなものだと思っています。 他の科にも入院したことあるけど、内容は同じです!でもご飯食べに行ってるわけではないので気にならない。 設備は新しくなりエレベーターやエスカレーターも増えたけど一つ一つが遠いですね広いから,看護師さんが夜中ナースコールのPHSが鳴った時舌打ちしていた。 怖かったです• 先生は無表情ですが、診察の後必ず質問タイムを用意してくれるので、聞こうと思ってたことを忘れずに聞くことができたので助かりました。 スタッフさんはとても話しかけやすく、いろいろ聞いたことには笑顔で答えてくれるので話しかけやすかったです。 ,外観も内装もきれいで、入り口を入るとグランドピアノが置いてありその頭上は吹き抜けになっていて解放感があります。 キッズスペースもあり、子供も退屈せずに待つことができます。 病院食は、ボリュームもあり栄養バランスも考えてあり味もとてもおいしかったです。 おやつも毎日出され、クッキーやケーキなどおしゃれでした。 夜食にいつもおにぎりを用意してくれてとても助かりました。 ,産前にハンドマッサージを産後には全身エステを無料で受けることでき、マタニティービクスやベビーマッサージ、産後のヨガなどの催しなどもありました。 産後は、教室に参加中は赤ちゃんを預けられるので安心です。 赤ちゃんが生まれた時のDVDを作成していただき、退院するときに渡されます。 とてもいい思い出になります。 ,先生は3名いて、それぞれがまったく違ったタイプです。 院長先生は面白く優しい雰囲気、他の先生もクールな方もいますが、質• 院長先生は子供好きな男性の優しい先生。 とてもユーモアもあり、お腹の中の赤ちゃんの性別も必ず「知りたいですか?」と聴いてくれます。 先生は麻酔科の先生でもあるので、陣痛や出産の痛みがコワいという方でも安心な無痛分娩が出来ます。 駐車場も完備のこの産婦人科は、初めてのママさんにも経産婦さんにもおすすめです。 中に入ると、小さな子供が遊べるスペースやおもちゃも置いてあり、 上のお子さんがいらっしゃるママさんも安心。 トイレもゆったりと広く、日差しも入るあたたかな待合室です。 安定期に入った妊婦さんにはマタニティヨガにも参加出来ます。 そして何よりもおすすめなのは病院食! ボリューム満点で美味しい! 母乳がよく出ると言われているスープは必ずついて来ます。 全部食べると本当にお腹いっぱい!でも、出産後のママさんの体力は想像以上 先生は若手の先生〜ベテラン先生まで幅広く従事されています。 ほとんどの先生が笑顔で必ず挨拶してくださり、声をかけてくれますよ。 早番、遅番等でクラス外の先生と接しているからか、我が子の名前もしっかり覚えてくださっていたりします!園長先生も優しく穏やかな方です。 すごく丁寧に話してくださるので、信頼しています。 ただここの看護師がかなりキツい…というか保護者それぞれに差別している感じがあります。 好きな保護者には積極的に話しをするし、嫌いな保護者にはあからさまに冷たいです。 言葉もキツかったりして、見ていて不愉快に思うこともあります。 ベテラン看護師といった感じで、かなり権限がありそうなので苦情を言ったところで…って感じだと思います。 行事は凄く豊富で、小さい年齢の時からたくさんの経験や思い出が出来ることでしょう!,施設自体、改築を行ったばかりなのでとても綺麗ですよ!小さな子供のクラスには床暖が完備されていたり、体育館にはエアコンもついています。 設備については問題なしです!また、給食室も完備されているので給食も美味しそうなメニューばかりですよ。 ,とにかくこだわりを持って保育してくれますし、先生が良い方ばかりです。 少しお金もかか• ベテラン先生たちが辞めて、新人先生ばかりになりました。 正直新人先生たちに関わらず不安な要素はたくさんあります。 ,設備は整ってると思います。 給食は冷めてて残念ですね。 無償化になりましたが、全く無償化とも言えず、逆に園が儲かる仕組みに見えちゃいますね。 ,まだ詳しくは書けませんが、子供がケガを2度3度してきたことがあり、園に連絡をしましたが、園の反応はびっくりする反応でした。 他のお母さん方にも話すと、うちはね、うちはね、とたくさん問題が出てきてお互いびっくりなことだらけでした。 上の子が通ってても下の子はやめとくって話しを何人か聞いたことがありましたが、はじめは理解不能でしたが、園児が減る理由がようやく分かった気がします。 皆さん口を揃えて言うことは、園長は非を認めないですね。 ,先生方は新人の先生が多いです。 教育方針はいいと思います。 ,体操、絵画、英語の先生が来てくれています。 子供は楽しんで帰ってきます。 ,今回のコロナで近場の幼稚園はバス代、給食費が返ってきたようですが、月寒幼稚園では説明もろくになく、一度も出てないバス代すら返ってきません。 今月も休みになるとなると、また不安でしかないです。 親御さんたちはみんな疑問•

次の

コミュニティチャンネル ( » 子育てチャンネル おおきくな~れ)

子育てチャンネル

育休中だが、復職するかどうかを悩んでいる。 可愛くて片時も離れたくないが、子供の将来の為にお金はあった方が良いとは思う。 (30代女性・子供1人)• 夫婦共働きということもあり、お母さん同士のコミュニケーションで得られる情報が少なく、基準が分かりにくい。 おもちゃなどの買い与えとか、習い事をさせたほうがいいのか?とか…。 (30代女性・子供2人)• 家庭の都合で、産後3ヶ月半から保育所に預けて仕事に復帰した。 保育所はたいへん良く見てくれて助かっているが、情操教育の面でやはり専業主婦になったほうがいいのか、常に罪悪感がつきまとっている。 (30代女性・子供1人)• 現在10ヶ月。 仕事を始めたいと思っているが、子供の為にはもう少しの間一緒に過ごすべきか。 (30代女性・子供1人)• 働かないと家計が苦しいのに、預けるのには抵抗があるところ。 気の弱い感じのする子なので、預けてやっていけるか心配。 (20代女性・子供1人)• 職場復帰を控えているが、保育園の空きがない。 (30代女性・子供1人)• 仕事をしているので、かかわる時間に限りがある。 子供は慣れてしまってるようですが、母親としてはちょっぴり罪悪感。 (30代女性・子供2人) 【4位】 わが子はみんな平等に接したいのだけど… 一人目、二人目、三人目と子宝に恵まれたにぎやかファミリー。 それぞれ性格の異なる子供たちとの接し方に悩んでいるという声が多く集まりました。 個性を大切にしながら育てていくのは、小さなうちはなおさら大変のようです。 長女と性格が合わない。 長女に対してすぐにイライラしてしまう。 下の子は平気なのに。 (30代女性・子供3人)• 自分が長男に色々期待しすぎているのでは?と思う(もう少しお手伝いとかできるんじゃない?とか)。 次男は悪い言葉を最近よく使い、どんなに一生懸命話していても「うるせぇバカ」と言われてガックリ。 三男がまだ4ヶ月なので夕食の用意で忙しい時に泣かれるのもツラい。 (30代女性・子供3人)• 泣き虫で要求を何度も繰り返す(しつこい)長女より、言葉はキツイけどハッキリ&さっぱりした性格の次女の方が接するのに楽だと感じること…。 分け隔てするつもりはないのに。 (30代女性・子供2人)• 上の子(2歳11ヶ月)は、赤ちゃんのころからよく泣く子で我も強い、下の子(9ヶ月)は手がかからない。 このギャップもあり、上の子がいまだにすぐに大泣きするので、怒鳴ってしまう。 (20代女性・子供2人)• 7つ離れたお姉ちゃんとの接し方。 みんなからアドバイスでお姉ちゃん優先にといわれるけれど、甘やかすことにはならないのか。 (30代女性・子供2人)• 娘3人いると、みんなの要望に応えきれない。 全部が中途半端になる。 (40代男性・子供3人)• もう少し、褒めてあげられたら、いいなぁ…。 上の子に対して、特に。 (30代女性・子供2人) 【3位】 この子と家族の将来は… 今はすくすく元気に育ってくれることが一番と思っていても、ふとした時に考えてしまう将来のこと。 この先かかってくるお金、お勉強や進路、育て方のことなど、親ならやっぱり気になってしまうようです。 オフでも疲れて子供とライフスタイルが合わないパパの存在を成長とともにどう説明すればいいのか悩んでいる。 (30代女性・子供1人)• これから膨らんで行く教育費。 (40代女性・子供2人)• 成長のそれぞれの段階で、親として必要とされる事への対応ができてないのではと不安になる。 (30代女性・子供1人)• 3人目を妊娠中ですが経済的に苦しいので教育費が気がかり。 (30代女性・子供2人)• 今は幼稚園で楽しそうだが、今後勉強や進路など、ちゃんと親としてアドバイスしてやれるか不安。 (30代女性・子供1人)• 私が叱ったときの口調などをしっかり覚えたりするので、そういう日々の衝突が大なり小なり、この子の人格に影響するのかなと思うときがある。 (30代女性・子供2人)• 深刻ではないが、この先どうなるんだろうという漠然とした不安。 (20代女性・子供1人)• 転勤が多いため、子供が年頃になった時の定住・進学。 (40代男性・子供3人) 【2位】 しつけの仕方に四苦八苦!? 子供が成長するほど気になってくるのが「しつけ」。 今のうちにきちんと教えておかなきゃ…と気負えばますます空回り。 焦らず、力まず、大人が態度や行動で示していくのが大切です。 一人っ子の予定なので、しつけ方や、遊ばせ方をどうしていけばいいか気になる。 (20代女性・子供1人)• どこまで我慢させるか。 約束を守る事の大切さがなかなか伝わりにくい。 (30代女性・子供1人)• してはいけないことをどうやって教えたらよいか分からない。 一応、ダメなことはダメと言っているが、本当に伝わっているのか不安。 (30代女性・子供1人)• 言葉遣いや態度が悪すぎる!何度注意しても直らないので困ってしまう。 (30代女性・子供2人)• 子供の要求をどこまで受け入れるべき?(30代女性・子供2人)• 子供に対して主人はしつけが厳しすぎるような気がする。 (30代女性・子供1人)• 特に食育。 潔癖なママなので、なかなか子供自身に手で食べさせることができない。 (30代男性・子供1人)• 娘が意地っ張りで怒りっぽいところがあり、どうすれば落ち着くのか悩み中。 (30代女性・子供2人)• 祖父母が子供たちに何でも買い与えるため、それを当然と思っており、感謝の気持ちが全くない。 日頃から、これはとても贅沢で幸せなことだと話しているが、あまり効き目がない。 (30代女性・子供2人) 【1位】 わかっているけど、ついイライラ がみがみ、イライラするのは親だって面白くない。 できるだけ穏やかにと心がけてはいるものの、やっぱりうまくいかない…という悩み、ストレスのやり場がないという不満は、やはりどこの家庭にも共通しているようです。 子供のいたずらが過ぎて、つい叱ってしまう。 (30代男性・子供1人)• 天真爛漫キャラの娘に対して、ついがみがみ言ってしまう。 (30代女性・子供2人)• とにかくふたりっきりの毎日で、イライラすると矛先をどこへ向けていいか分からない。 (20代女性・子供1人)• 夜中に何度も、お茶や牛乳を欲しがり大泣き。 毎日なので寝不足が続いてイライラ。 (30代女性・子供1人)• 帰宅直後で疲れているような時に、「遊んで」「絵本を読んで」 としつこくせがまれ、ごまかすと大泣きされる。 つい「うるさい!」「静かにしろ!」と怒鳴ってしまう。 当然、家内からも叱られ、余計にイライラ。 少しでも相手をしてやればいいのだけど、そうすると「もっと」とせがむしなぁ。 (30代男性・子供2人)• 常に「でも…だって…」と、まったくイエスと言ってくれない娘。 かわいいと思いたいけど、常にイライラしてしまう自分に自己嫌悪。 (30代女性・子供2人)• 自分や主人がまだまだ精神的に子供で、自分の子供相手に些細なことでムキになって怒ってしまい、感情コントロールができず悩んでいる。 (30代女性・子供3人) 【番外編】 子育てイロイロ、悩みもイロイロ 子供に対してより、むしろ親としての不器用な部分に責任を感じてしまうという声も。 環境の変化による戸惑い、自分をなくしてしまうことへの不安も少なからずあるようです。 初めての子育て(年齢的にたぶん最初で最後?)で、すべてが悩みながらの連続。 (40代男性・子供1人)• 生活リズムが悪い。 親がちゃんとしなきゃ、とは分かっているけど難しい。 自分の都合で子供を振り回しているかと思うと罪悪感。 (20代女性・子供1人)• 家事との両立が下手で、子供ばかり相手にして家事ができなかったり、家事ばかりに集中して子供をほったらかしたり…。 (30代女性・子供2人)• 自分は地方で育ったので、都会との教育環境の違いに戸惑っている。 (30代女性・子供2人)• つい、まわりの子と比べてしまう。 (30代男性・子供1人)• 子育てに没頭してしまい、自分の「ママ」以外の面がなくなりそう。 (30代女性・子供1人) 【close up!】 子育てのイライラ・ストレスはなぜ起こる? 読者の回答で最も多かったのが、子育てによる「イライラ」。 共働きであることへの罪悪感や、しつけのプレッシャーにも多くの意見が寄せられました。 最近の調査によると「子育て中の母親の孤立化」がさらに進んでいることが明らかに。 現代特有のストレスとその解決策について、All Aboutガイドの大葉ナナコさんに詳しく伺います。 text : Miyuki Ishii 更新日:2007年11月06日.

次の