コキア カーニバル。 きて みて さわって コキアカーニバル

きて みて さわって コキアカーニバル

コキア カーニバル

コキアとは• 基本情報• 特徴 コキアは、草姿が円錐形の整った形で、繊細な茎葉が密に茂り、明るくさわやかな印象を受ける春まき一年草です。 観賞期間が長く、同じ形状のまま大きく育ちます。 まるで刈り込みをしたコニファーのようで、何株かをまとめて植えると特異な景観がつくれます。 ホウキギの和名のとおり、刈り取って陰干しして、草ボウキをつくるのに利用されます。 かつてはコキア属( Kochia)に分類されていたので、コキアと呼ばれていますが、今はバッシア属( Bassia)になっています。 世界各地で野生化していて、日本でも帰化植物となっており、イソボウキの名で呼ばれることもあります。 観賞用に栽培されるのは、主に変種のトリコフィラ(ハナホウキギ、 B. scoparia var. trichophylla)で、コンパクトな草姿で丸みがあり、秋には美しく紅葉します。 花は淡黄緑色で、小さくて目立たず、雄花雌花があります。 畑のキャビアとして知られるトンブリは、本種のなかで種子の大きな系統の果実からつくられるものです。 これは草丈が高く、紅葉はしません。 これはオーストラリア原産の常緑低木で、以前はコキア属でしたが、現在はマイレアナ属に分類されています。 全体的に白っぽく、クリスマスの飾りに好まれますが、半耐寒性なので、コンテナの寄せ植えなどで利用されています。 基本データ 園芸分類 草花 形態 一年草 原産地 西アジア、中央アジア 草丈/樹高 50~100cm 開花期 9月頃 観賞期 6月~11月(紅葉は10月~11月) 栽培難易度 1~5 耐寒性 弱い 耐暑性 強い 特性・用途 観賞期が長い,花壇,鉢,生け垣向き,草ボウキ,食用(実).

次の

コキアが丸くならないのはどうして?種類が違う?育て方のコツを紹介

コキア カーニバル

学名…Bassia scoparia Kochia scoparia 和名…ホウキギ 箒木 別名…ホウキグサ 科名…ヒユ科 属名…バッシア属 原産国…ユーラシア大陸 草丈…30㎝~100㎝ 日照…日なた 難易度… USDA Hardiness Zone:2 to 11 コキアとは コキアは、ユーラシア大陸に広く分布するヒユ科の一年草です。 自生地は温暖な気候の草原地帯や乾燥地帯で、美しい草姿から多くの地域に導入され、現在では北米の一部の地域で帰化植物として定着しています。 コキアの名前は旧属名が流通名として定着したもので、現在はバッシア属に分類されています。 和名の「ホウキギ」は束ねた枝をホウキとして利用していたことに由来します。 日本にはコキアの変種であるイソボウキ Bassia scoparia var. littorea が自生しています。 コキアに比べるとやや葉に厚みがあり、瀬戸内海沿岸の塩田などに多く野生します。 コキアの来歴ははっきりしていませんが、中国経由で渡来し1000年以上前には栽培されていたという記録が残っています。 ホウキの材料として利用する他、若い枝や果実が食用になるため、江戸時代には各地で広く栽培されていたようです。 畑のキャビアと呼ばれる秋田の特産品「とんぶり」はコキアの果実を加工したものです。 コキアは、繊細な葉がこんもりと茂った草姿が美しいリーフプランツです。 葉は細長い披針形で、茎に互生します。 茎は多数分枝しながら、草丈30~100㎝程度に成長します。 花は花径1~2㎜程度のごく小さなもので、上部の茎の葉の付け根に2~4輪をまとまって咲かせます。 花には雌花と両性花がありますが、いずれも花弁を持っておらず目立つものではありません。 水やり 庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。 鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。 肥料 庭植えの場合は、元肥として用土に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。 追肥の必要はほとんどありませんが、生育が悪いようなら液体肥料を施して下さい。 鉢植えの場合も同様に、元肥として用土に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。 追肥は、2~3か月に1度、緩効性化成肥料を置き肥する程度で十分です。 植え付け 適期は4月中旬~5月です。 庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。 さらに元肥として用土に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。 株間は40㎝程度です。 鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土 小粒 6・腐葉土4などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。 移植を嫌う性質です。 植え付けの際は、根を傷つけないように注意して下さい。 種まき 適期は4月~5月中旬です。 移植を嫌う性質なので、種は花壇や鉢に直接まくか、ポットに蒔きます。 覆土は種が隠れるように5㎜程度。 水を切らさないように管理したら、2週間程度で発芽します。 発芽後に間引き、ポットまきの場合は本葉が2~3枚程度になったら定植して下さい。 植え替えの際は、根を傷つけないように注意します。 増やし方 種まき 種まきで増やすことが出来ますが、こぼれ種でもよく増えます。 こぼれ種で発芽した場合は、苗が小さい内に根を傷つけないように好みの場所に移植して下さい。 種の採取 葉が茶色く枯れて来たら種が熟しています。 コキアの種は非常に小さいので、紙などを敷いて株を揺すって種を落とします。 採取した種は、封筒などに入れて冷暗所で保管して下さい。 種まきについては上記「種まき」の項目を参照下さい。 病気・害虫 病害虫の発生はほとんどありません。

次の

キア・カーニバル

コキア カーニバル

こんばんは。 けんぼーです。 昼間の暑さとは裏腹に,朝夕は多少涼みやすくなりましたね。 秋が間近にせまり,各地でイベントや秋の味覚が楽しめるように・・・ そして,今日,紹介するのは明日から始まる 『コキア カーニバル』(国営ひたち海浜公園)です 2ヶ月ほど前に公園に行ったときのコキアはこんな感じでした。 みはらしの丘に苗木のように植えられていました。 それはそれで可愛い感じでしたけどね・・・ それから2ヶ月,先週,お伺いしたときの様子がこちらです。 ずいぶん成長しましたよね。 それに,色も少々濃くなり,赤みがかってきたような・・・ これが,真っ赤になると, 秋がやってきたようで,とってもきれいになるんですよ。 近くでみると,すでにこんなにもこもこしています。 そしてもう1つのお楽しみが,この『パンパスグラス』です。 秋の風物詩で,高さは,4mもあるんですよ。 風に吹かれる様子は何とも優雅です。 そして,高さで言えば,勿論,観覧車です。 この観覧車には2台だけシースルーがあり,迫力満点です。 是非お試しあれ! そしてそして,公園内でトカゲを発見しました。 逃げずに,しばらくいたので写真を撮りました。 やっぱり自然はいいですよね (トカゲが苦手な皆さんごめんなさい) 明日から始まる『コキア カーニバル』,是非遊びに行って下さい 詳細はこちらです.

次の