空の青さを知る人よ 歌詞意味。 「いつも何度でも」歌詞の意味を教えます。【千と千尋の神隠し】

空の青さを知る人よ|tarako

空の青さを知る人よ 歌詞意味

開始3分で感じた衝撃 外のベンチに腰掛けてベースを抱えて座っている主人公のあおい。 VOXのヘッドホンアンプラグをベースに挿し、イヤホンを耳につける。 そして1人演奏を始める。 映画「空の青さを知る人よ」のオープニングでの場面。 始まって3分ほどしか経っていないシーン。 まだどのような物語かもわかっていない状況。 それでも、このシーンを観て「この映画は名作だ」と確信した。 このシーンだけでも沢山のこだわりが詰まっていると感じたからだ。 例えばアンプラグをベースに挿した時の音。 自分が使う時と同じ音がした。 リアルな音だった。 主人公がイヤホンを耳に入れた瞬間もリアル。 外の雑音が遮断される。 でもほんの少しだけ雑音も聞こえる。 そこにリアリティを感じる。 「空の青さを知る人よ」はアニメ映画。 ファンタジー要素も強い内容。 しかし細部にこだわっていて、そこに現実のようなリアリティを感じる。 ファンタジーと現実の中間な雰囲気。 不思議な世界なのに一瞬で映画の世界に入り込んでしまう。 そしてオープニングのシーンが物語において重要な伏線だとも後々気づく。 伏線になる部分は台詞ではない。 主人公・あおい演奏するベースの音が伏線になる。 音が伏線になる。 このような伏線を貼る映画は音楽が絡む映画でも珍しいと思う。 描写だけでなく物語としても、とんでもなく細部にこだわっているのだ。 音楽へのこだわり オープニングを観ただけで楽器の音と演奏が丁寧に表現されている映画だと確信した。 丁寧と言うのは絵が綺麗とか音が綺麗と言う意味ではない。 細部にこだわってリアリティのある表現をしているということだ。 例えばあおいのベースを弾く指の動き。 1つ1つの指の動きの描写が細かい。 現実の人間のように滑らかに指が動く。 指の動きにしっかり連動してベースの音も鳴る。 まるで本当に現実の人間が演奏しているようなリアリティ。 映画内では様々な場面で演奏がされる。 オープニングのヘッドホンアンプラグでの演奏だけでなく、神社の御堂、ライブハウス、駅前、リハーサルスタジオなどなど。 シーンごとに音の響きが違う。 神社の御堂での演奏ではアンプからのノイズも聴こえる。 弦で指を滑らせた時の音や弦が振動する音も。 アンプにシールドケーブルを指す音もリアル。 自分が楽器を弾いている時と同じような、生々しさを感じる音。 ライブハウスでは低音も響きバンドの音が荒々しく混ざり合うような爆音。 リハーサルスタジオでは演奏者それぞれの楽器の音が綺麗に響き、バンドとして音が合わさった時もまとまっている。 音楽が関わっている映画ではあるが、音楽映画では無い。 主人公のあおいや主要人物の慎之介は楽器をやっているが、話の本筋は音楽ではない部分にある。 本来はこだわる必要がない部分かもしれない。 しかし「音」にこだわるからこそ物語に深みが増すのだ。 それは映画の進展によりわかる。 音で伝える伏線 文字にすることのできない「音」によって物語の重要なメッセージや伏線を表現していた。 オープニングのあおいの演奏に様々な意味が込められているように思う。 あおいがベースで弾いていた曲はゴダイゴのガンダーラ。 慎之介たちが高校生の頃にバンドでカバーしていた曲。 ゴダイゴ• J-Pop• provided courtesy of iTunes ガンダーラは作品中で何度か出てくる。 物語において重要なポイントで何度も。 そこに行けば どんな夢も叶うというよ 特にこの歌詞のフレーズは物語のメッセージとしてリンクする意味を持つような使われ方がされている。 あおいのベースはメロディを奏でるように演奏している。 ガンダーラは歌のメロディをなぞるようにベース演奏していた。 曲を知っている人は「ガンダーラを弾いている」と気づける仕組みになっている。 リズムを乱さずにバンドをサポートすることがベーシストの基本ではある。 しかしあおいのベースプレイはリズムも乱れるしギターソロを弾くような演奏スタイル。 オープニングの1人での演奏でも少しづつテンポが早くなっていたように思う。 序盤で幼少期のあおいが慎之介にギターを教わっている場面がある。 弾いていた曲は「ガンダーラ」。 慎之介はギタリストだ。 そのため慎之介から演奏を教わったあおいはギタリストのような演奏スタイルになったのだと思う。 慎之介に対して憧れていることが演奏スタイルから伝わる。 高校生のあおいは演奏のテンポが乱れることやベースなのに独りよがりで目立っていることについて大人になった慎之介に指摘されていた。 慎之介から指摘される前の演奏シーンではテンポが乱れたり荒々しい演奏になっているシーンが多い。 オープニングのシーンもそれに当てはまる。 それまでの演奏シーンを観てから慎之介の台詞を聴くことで、台詞に説得力を強く感じるようになる。 それからはメトロノームを使って練習をするようになる主人公のあおい。 その後の演奏はテンポを意識した演奏になり、ベーシストとして成長したことも感じる。 このように台詞ではなく音楽によって伏線を作り回収し、登場人物の成長やキャラクターを伝えている。 「空の青さを知る人よ」では説明をするような台詞は少ない。 その代わり細部にこだわることで自然と物語に入り込める仕組みになっているのだ。 空の青さを知る人よ 井の中の蛙大海を知らず されど、空の青さを知る 劇中であおいの姉のあかねの卒業文集に書かれていたあかねの言葉。 「井の中の蛙大海を知らず」とは自分の狭い知識や考えにとらわれ自分の知らない広い世界があることを知らないことを表すことわざ。 「されど空の青さを知る」はこのことわざに後から付けられた続き。 狭い世界で一つのことを突き詰めたからこそ、深いところまで知ることができたという意味。 そして映画のタイトルとして引用された言葉。 この映画には空の青さを知る人が何人か出てきている。 慎之介も空の青さを知る人だと思う。 井の中の蛙だった慎之介は地元を離れ東京という大海へ出た。 しかし「そこに行けばどんな夢も叶う」と思い込み東京に出るという考えは、自分の知識や考えに囚われた「井の中の蛙」な考えかもしれない。 しかしギターをさらに上達されプロのギタリストになった。 ギターを突き詰めて深い知識を得た空の青さを知る人だ。 あかねも空の青さを知る人だ。 地元に残り就職し他の土地を知らない井の中の蛙。 その代わり地元で妹を1人で育て上げた。 そのために料理や家事や裁縫も寝る間を惜しんで練習し上達した。 それも映画では描かれている。 あかねはあおいを立派に育てたことによって空の青さを知る人になった。 あおいは空の青さを知る人ではないかもしれない。 しかし映画内でベーシストとしても人間としても成長をしている。 あおいが空を見て空の青さについて話す場面はいくつかある。 どれもがあおいは何かしら前に進んだり、そのきっかけになっているように感じる場面。 「空の青さを知る」という言葉には様々な捉え方ができるとは思う。 映画の内容や含まれたメッセージの感じ方も人それぞれ違うかもしれない。 それでもこの映画を終わってこら今までの自分を褒めてあげたくたなったり、明日から頑張ろうと思えた人が多いのではと思う。 良い映画は観終わった後に何か自分を奮い立たせるような感情を起こさせる作品が多いと個人的に思う。 「空の青さを知る人よ」は自分にとってそのような映画だった。 映画内で最も空の青さを知る人は誰か? 「空の青さを知る人よ」は細部までこだわって作られている。 この記事で書いたように演奏シーンを1つ取り上げるだけでも様々なこだわりを感じる。 この映画を作った人達が「井の中の蛙」だとも「大海を知らない人」だとも思わない。 しかし「空の青さを知る人」によって作られた映画ではと思う。 1つのことを深く突き詰めたからこそできる表現で溢れている。 絵も音楽も脚本も。 なにもかも。 そんな人たちが集まって作った作品に感じた。 だからこそ作り込まれた作品で多くの人を感動させているのだと思う。 「空の青さを知る人よ」の物語に心を動かされ、メッセージに説得力を感じる理由は、この映画で最も「空の青さを知る人」が登場人物ではなく、映画の制作陣だからかもしれない。

次の

空の青さを知る人よ : 作品情報

空の青さを知る人よ 歌詞意味

どんな、内容なんだろう、、、 あいみょんの影が見えたという 映画 「空の青さを知る人よ」のあらすじは 山に囲まれた町に住む、 17歳の高校二年生・相生あおい。 将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。 そんなあおいが心配でしょうがない 姉・あかね。 二人は、13年前に事故で両親を失った。 当時高校三年生だった あかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。 それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。 あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。 姉の人生から自由を奪ってしまったと…。 そんなある日。 町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。 そのバックミュージシャンとして金室慎之介の名があがる。 あかねのかつての恋人であり、高校卒業後、東京に出て行ったきり 音信不通になっていた慎之介が町に帰ってくる…。 まだあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。 思わぬ再会をきっかけに、次第に、 しんのに恋心を抱いていくあおい。 一方、 13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。 せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。 といったものだそうです。 赤字はあおいに関わる情景、 青字はあかねに関わる情景。 まさに、 切なくて不思議な四角関係 が描かれているのです。 確かに、あいみょんにぴったりな映画背景ですね。 では、本題の楽曲考察に移っていきます。 楽曲名「空の青さを知る人よ」とは 「空の青さを知る人よ」は映画と同名タイトル。 これについては、ここをご覧ください! さんからコメントを いただきました! 「作品に寄り添いつつも、自分らしさも出せたすごい素敵な一曲になっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います」 — 映画『空の青さを知る人よ』 soraaoproject 映画のタイトルをまるまる使った楽曲を作りたい という意図のもと作成された 自分らしさも出せたすごい素敵な一曲 だそうです。 本当に楽しみですね。 この本人インタビューや同名タイトルから 映画の作品にかなり寄り添っている。 ということが鮮明に伺えますね。 また、このタイトルの意味は予告動画の1:20からで明確になっています。 皆さんは 「井の中の蛙大海を知らず、 されど空の深さ 青さ を知る」 ということわざをご存知でしょうか? 元々は、 井の中の蛙大海を知らず。 という有名な言葉で 「狭い世界に生きて広い世界のことを知らない」という意味のことわざだったのですが、後になって、 されど空の深さ 青さ を知る。 という続きが作られたそうです。 つまり 「狭い世界にいたとしても、 空が雄大なことは知ることができる」 という意味が込められているのです。 この意味が映画および楽曲の内容と 密接に関わってくるのでしょう。 では、本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 全然好きじゃなかった ほら、あの呼び方 漫画の主人公みたいで 全然好きになれなかったんだ それなのにね 今も似た言葉に身体が動くよ 皮肉な思い出なのさ 何回も右往左往してみても 暗すぎて何も見えない そうかい まだ隠れているのかい 飛び出しておいで メモリー 高く掲げた掌 届く気がしたんだ確かに 回り出す 襲いかかる 悪魔の顔をした奴らが 会いたい人に会えない そんな悪夢を 雲に変えて 食べてやるよ 悲しくなるから いつも いつも いつも いつも 君が 君が 君が 君が 最初に いなくなってしまう なんで なんで なんで なんで 僕に 僕に 僕に 僕に さよならも言わずに 空になったの? 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 君が知っている 空の青さを知りたいから 追いかけている 追いかけている 届け 作詞作曲:あいみょん スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提ですが、 本楽曲「空の青さを知る人よ」は 姉のあかねの負い目を感じている、あおい目線 で綴られています。 楽曲考察の前に、 抑えて頂きたいポイントは3つ!• あおいとあかねは幼くして両親を亡くしている。 青春 恋 を捨てて自分を育ててくれた姉にあおいは負い目を感じている。 あおいは、姉の元恋人「金室慎之介」が13年前の過去から時間を超えてやって来た姿「しんの」に恋心を抱いてしまう。 という、複雑な映画背景です。 これらを押さえたうえで、歌詞を見ていくと、「しんのへの想い」と「あかねへの罪悪感」を描いた楽曲だと仮定することができ、あおいの心情により一層寄り添っていけると思います。 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 作詞作曲:あいみょん 「ホラー映画」「キャラメル味のキス」という実体験のような歌詞の情景は、幼き頃の「あおい」が勝手に連想していた「デート」や「恋」の情景です。 しかし、両親を失ったあと、田舎で二人暮らしをしていたあおいは恋なんて知りません。 だから 全然好きになれなかった とあるのです。 予告動画でもあおいは 「私たちは巨大な牢獄に収容されてんの」 と言っており、両親もおらず、恋の仕方を知らない自分 恋ができない姉 とその現状を、不服に感じていることが伺えました。 しかし それなのに 、そんな不服な状態のあおいの前に、しんのが現れたことで世界は一転します。 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 作詞作曲:あいみょん ここに描かれているのも恋に落ちる情景。 空虚とは、内部になにもなく虚しい心持のことを意味します。 まさに、しんのに会う前のあおいの心情。 今まで恋愛経験なんてない彼女ですが、「こうしたら恋愛が成就する!」という確固たる根拠もないまま、身体がしんのの元に引き込まれていくのです。 ここでポイントが一つ。 この対比された 「太陽」を 「恋」や「青春」と捉える必要があります。 そう捉えたうえで、一度、 あかねとあおいの情景をおさらい。 あおいに構ってばかりのせいで恋愛や色んな事を諦めて、太陽に打たれることができなかった「あかね」• できる環境なのに受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日を送り、しまいにはしんのに恋をする「あおい」 ここを押さえていくと、 歌詞の意味が伝わってきませんか? 太陽に打たれてできた自分の影 これは、恋も勉強もできる優遇された自分 あおい の状況と、 自分のせいで太陽に打たれなかった姉 あかね に対する罪悪感が色濃く描かれているのです。 後ろめたい気持ちが大きいから 一番弱い自分の影 と表現されているのでしょう。 また、良コメントを頂いたので反映させて頂きます。 「赤く染まった空から~」の部分は「茜空」と「あかね」をかけたあかね自身なのかなと私は思いました。 解釈はほぼ同じですが、つねに赤い空から照らしてくれている太陽、すなわちあかねに対して罪悪感や、素直に感謝しきれない葵の心情が込められているのかなぁと思いました。 「茜空」と「あかね」の重なり。 映画と重なる部分が多すぎてグッとくる、、、 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから ここでも、負い目に起因するあおいの願いが描かれています。 青く滲んだ思い出 というのは、 崩れた青春のこと。 つまり、恋を捨てたあかねの過去を表しています。 「しんの」と出逢い、はじめて恋の素敵さを知ったからこそ、 「姉 あかね に青春を取り戻して欲しい」と切実に願っているのです。 君が知っている 空の青さを知りたいから 追いかけている 追いかけている 届け 初見で、ここの「君」は、「しんの」のことを指すのかと解釈しましたが、本楽曲が「しんのへの想い」と「あかねへの罪悪感」を描いた楽曲だと仮定するならば、ここの君は「しんの」と「あかね」を包括するのではと思っています。 歌詞のメッセージ性としては 青春・恋を知りたい という単純明快なものなのですが、 しんのを通しては 「しんののことをもっと知りたい」 あかねを通しては 「姉も知っていた恋をもっと知りたい」 というメッセージをそれぞれ持っているのではないでしょうか。 感想 空の青さを知る人よ。 ぜひぜひ映画館でご覧ください。 あいみょんが作る主題歌との親和性にきっと度肝を抜かされます。 時間がある方はこちらをどうぞ。 「空青」の解釈記事拝見させていただきました。 私は試写会の応募に当選して一足先に観させていただきました。 まさにあいみょんの「空青」と映画「空青」がとてもシンクロしていて 映画の世界に溶け込んだ素晴らしい作品でした。 「赤く染まった空から~」の部分は「茜空」と「あかね」をかけたあかね自身なのかなと私は思いました。 解釈はほぼ同じですが、つねに赤い空から照らしてくれている太陽、すなわちあかねに対して罪悪感や、素直に感謝しきれない葵の心情が込められているのかなぁと思いました。 映画を観てからこの楽曲の歌詞に注目した私ですが、観る前から考察、解釈しているサリーさんに感服いたしました 笑 これからも解釈楽しみにしています!!.

次の

【あいみょん/空の青さを知る人よ】の歌詞の意味を徹底解釈

空の青さを知る人よ 歌詞意味

山間の街に住む高校生・相生あおい。 進路を決める時期なのに大好きな音楽漬けの日々を送る。 そんな彼女を心配する姉・あかねの昔の恋人で、高校卒業後に上京したきりだった慎之介が、街に帰ってきた。 一方あかねと慎之介も13年ぶりに再会を果たす。 過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。 小説 空の青さを知る人よ より引用 姉妹の相生(あいおい)あおい(妹)・あかね(姉)と、あかねが高校時代に付き合っていた恋人、慎之介とあおいの前に突然現れた、13年前の慎之介(しんの)の4人を中心に進む恋愛小説でした。 小説 空の青さを知る人よ 名言・名場面 あたし達は、巨大な牢獄に収容されてんの あおい 主人公のあおいが地元から東京に上京したいと考えており、前も後ろも、右も左も山に囲まれた秩父の街を見て比喩したセリフです。 それに対して姉のあかねは 「出た!あおいの中2リリック!」と返してます。 目玉にホクロがあると大物になれるんだってよ。 俺ら目玉スターだな! しんの あおいとしんの(金室慎之介)には目の中にホクロがあり、しんのがあおいにも同じ様なホクロがあった事に気づいて言ったセリフ。 モデルよりも、グラビアアイドルよりも、可愛くて、綺麗なババアだ しんの 13年前から戻ってきた、 しんのが31才になった、 あかねを見たときに言ったセリフ。 ババア、ババアと連呼しながらも、しんのの眼差しは暖かく、愛しかった。 妹を一番大切にできるあかねを好きになってよかった 金室 慎之介 よかったよ。 俺がどれだけツナマヨがいいって言っても、妹の好きな昆布のおにぎりしか握らないあかねで。 妹を一番大切にできるあかねを好きになってよかった 小説 空の青さを知る人より 引用 現在の慎之介が、あかねに対して言ったセリフ。 じゃあ、別の曲をリクエストしてもいい?ー『空の青さを知る人よ』 あかね じゃあ、別の曲をリクエストしていい? 空の青さを知る人よ ちゃんと買ったよ。 しんののデビュー曲 小説 空の青さを知る人よ より引用 あかねが慎之介に、曲を聞かせて欲しいと言った時のセリフ。 慎之介は、今は演歌歌手のバックミュージシャンとして働いているが、過去にソロデビューをした事があったのだ。 それを、あかねが知っていて慎之介が驚きながら唄う。 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 小説 空の青さを知る人よ より引用 これは、まさしくあいみょんさんが映画主題歌の空の青さを知る人よの歌詞そのものですね。

次の