所謂 読み。 「所謂」の意味と使い方とは?所詮・所為・所以との違いや類語も

所謂の意味とは?読み方は?使い方から類語、英語表現など詳しく解説!

所謂 読み

「所謂」とは使った事はあってもこんな漢字を見たことのない人も多いのではないですか? 「しょい」と読んでる人がいました。 「いわゆる」って日本語ですか? 「いわゆる」って中国語ですか? きっと漢文か古文でしょうか? 私も「いわゆる」を「所謂」とペンで紙に書いたことは一度もありませんでした。 そこで今回の記事では「所謂」という言葉の正しい意味や使い方について、改めて調べてみました。 「所謂」の読み方 読み方は 「いわゆる」と読みます。 文章の途中に出てくれば読めると思いますが,「所謂」と単独で見たときにはなかなか読めないのではないでしょうか!? なぜ「いわゆる」と読むのか? 漢文「所謂」で「謂う所」(いうところ)の訓読みです。 「いうところ」の意味となる日本語が「いはゆる」でしたので、「いわゆる」となったものです。 「所謂」の意味 「みんなが言っている」 「一般的に言われている 」 となります。 「所以」(ゆえん) 「いわれ」、「理由」という意味 「人が人たる所以」と使います。 「所為」(しょい) 「しわざ」「振る舞い」 「そうなった訳、原因、理由」という意味 「自分の所為に責任を持ちなさい」と使います。 普通に文章を書くときも「所謂」と漢字で表現したことはあまり記憶に無いです。 「所謂」(いわゆる)と聞くと大昔の政治家の方の口癖を思い出すのは私を含め年配の方だけでしょうかね! 「え~いわゆるその~」とよく使われていました。

次の

「いわゆる(所謂)」の意味や使い方|例文も紹介

所謂 読み

所謂の読み方 それでは、早速紹介していきます。 今回は 所謂という漢字について色々と見ていきたいと思います。 まずは、 所謂の読み方についてです。 実はこの漢字、間違えるパターンが2つ存在しています、 1つは、 読めない場合。 そもそも難しい漢字ですから、読めないという方も多いかと思います。 それは 「しょせん」と「いわゆる」のどちらかで迷う場合です。 実はこの二つ、漢字が似ていることもあってかなり読み間違えが多発しているんです。 まずは、どっちの読み方が正しいのか、そのあたりから見ていきたいと思います。 「しょせん」が正解? まずは、 「しょせん」と言う読み方についてです。 所謂を検索すると必ず出てくるキーワードの一つが 【所謂 しょせん】 です。 ということは、この読みは正しいのでしょうか。 調べてみたところ・・・ 残念ながらこちらは間違いでした。 しょせんを漢字で表す場合、【所詮】と書きます。 確かにそれぞれの漢字で見ても 所・・・しょ 詮・・・せん と読みますので、こちらの読み方の方が正しそうですね。 なぜこのような間違いが出るのかと言うと、やはり漢字が似ているというのが一番の理由として挙げられました。 確かにどちらも所から始まる漢字、しかも読みが難しいと類似点も多いです。 では、もう一つよく聞かれる 「いわゆる」と言う読み方はどうでしょうか。 こちらの読み方は・・・ 正解です!! 所謂は「いわゆる」と読みます! 所謂・・・これは、読み間違えても仕方のない漢字と言えるのではないでしょうか。 所謂の意味 さて、読み方が分かったところで、次は 所謂の意味について見ていきたいと思います。 こちらの言葉、どういった意味か分かりますか? 少し古い言葉ですが、有名なのは巨人の元監督、長嶋茂雄さんの名言です。 「所謂一つのメークドラマ」 往年の野球ファンの方なら、一度は耳にした言葉なのではないでしょうか。 また、そのほかの使い方としては 「あの子は所謂天才だ」 「女性と二人で買い物・・・これは、所謂デートなのではないだろうか」 等があります。 恐らく、なんとなく意味を理解している方も多いかと思いますが、いざ言葉にして説明しろと言われると少し難しいのではないでしょうか。 こちらの言葉、辞書で調べてみたところ、その意味は• 世に言われている• 一般的な という言葉が出てきました。 つまり、 一般的な常識ともいえる行為や現象を口にする際などに用いる言葉と言うわけです。 上の例でいますと、• 何でもできる子供がいる=天才• 女性と二人で買い物=デート という世間の常識を説明していますよね。 ですので、所謂という言葉を使っても何の違和感もなく会話が可能なのです。 ですが、 世間には知られていないような現象や造語に対して所謂を使用してはいけません。 今回は、 所謂の読み方とその意味についてお伝えしてきました。 見ていただいた通り、所謂の読み方は「いわゆる」。 また、その意味は 『世に言われている』や 『一般的な』といった常識を表す言葉となっています。 中々日常生活では使い機会の少ないいわゆる。

次の

所謂の読み方と意味を紹介!しょせんといわゆる、正しいのはどっち? | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

所謂 読み

先日、某生放送でチャットしていて、 難読漢字の話になったんですよね。 「読めそうで読めない・・・っていうか、なにこの漢字!? 」と思ったことありませんか?例えばこんな漢字。 蝸牛・雨虎・翻車魚・孑孑 普段ほとんど目にすることはありませんが、『 読めそうで読めない漢字』や『 成り立ちが特殊な漢字』っていっぱいあります。 今回は、初級・中級・上級・超上級とレベル分けをして、難読漢字をクイズ問題形式で出したいと思います。 もちろん、上記の漢字も入っていますよ。 誠に勝手ながら、これを読んでしまったあなたへの挑戦状です! それぞれいくつ読めたのかアンケートを付けてみましたので、よければぜひポチッてください!(回答結果は随時溜まっていきますので、他の人がどれくらい読めたのか分かりますよ!クイズだと思って是非チャレンジしてみてください) 初級編 まずは初級編です!比較的目にすることも多い漢字をピックアップしてみました。 結構読める漢字も多いのではないでしょうか? 問題• 子守熊• 案山子• 百舌鳥 回答(解説と由来) 海星 読み ひとで 字の如く「海の中にある星の形をした生物」ということで「 ひとで」です。 これは比較的易しかったでしょうか。 心太 読み ところてん あのちゅるんとした喉越しの良い食べ物「 ところてん」です。 なぜこう書くかというと、俗に「 こころふと」と呼ばれていて、この漢字が当てられたようです。 非常に易しい漢字ですが、こんな読み方をするとはなかなか思わないですよね。 賽子 読み さいころ ギャンブル系の漫画が好きな方はわかる方多いですよね。 六面体の転がすやつ「 さいころ」です。 「 賽子」と書きます。 「 賽は投げられた」という言葉がありますが、「 賽」だけでサイコロの意味を成します。 それにコロという接尾語が付いたようです。 蝸牛 読み かたつむり 虫偏に咼(うずの意味も)、そして牛のような角があるので「 かたつむり」です。 食用かたつむりもありますよね。 美味しかったですが、あれは見た目が食欲をそそりませんでした(笑) 所謂 読み いわゆる 普通に日常的に使いますよね「 いわゆる」。 これは漢文の「 謂フ所ノ」から来ています。 似ているところで、「所有」を「あらゆる」と言いますね。 贔屓 読み ひいき 「 今後ともご贔屓に」とよく使われますね。 「 ひいき」は「 自分の気に入った者に目を掛け力を添えて助けること」を意味します。 中国の伝説上の生物である「贔屓」が語源で、「支えてその物に力を貸す」という意味で使われていることから、現在の使われ方になったようです。 熊猫 読み パンダ パンダを中国語で読むと「 熊猫」になるので、別名漢字として入れてみました。 ちなみに最後に「猫」と付いていますが、「ネコ科」ではありません。 「 哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科」なので、熊に分類されます。 紛らわしい…。 子守熊 読み コアラ 「 コアラ」の別名で「 子守熊」と書きます。 これも漢字の読みか?という点では、ちょっと違いますが、お気になさらず。 ちなみに、「熊」と書きますが「クマ科」ではなく「 コアラ科」です。 こちらも紛らわしい…。 案山子 読み かかし 田んぼとかによく立っているとされていますよね。 非常に手抜き感のある「 かかし」が想像できると思います。 もともとは、悪臭で鳥や獣を追い払っていたことから、「 嗅がし」と呼んでいたのが濁りが取れて「かかし」となったようです。 当て字のようです。 百舌鳥 読み もず 鳥の一種である「 もず」のことです。 漢字3文字なのに、読みは2文字という不思議な漢字です。 この名称は「モ」が鳴き声、『ズ』が鳥を表す接尾語とする説が有力です。 色々な鳥の音を真似ることから、この漢字が当てられたと考えられます。

次の