株 利益 目標。 初心者が株のデイトレで毎日5000円稼ぐための5つのステップ

「目標利益率」とは|新ケンミレ式次世代投資 (AIを使った投資ソフトの提供)

株 利益 目標

詳しく解説 株式投資について、資産の投資方法は「投資期間」や、「投資金額」、「投資スタンス」などによって、大きく変わってきます。 例えば、短期投資などの値動きを狙うデイトレーダーと、退職金を運用し、しかも投資目的が配当金などを狙う長期投資とでは根本的に投資スタンスが異なってきます。 その中で、必ずやっておいてほしいことは、自分目標をしっかりと立てておくことが重要となってきます。 今回は長期運用を行う投資家の事例を例に投資目標の立て方について説明していきます。 年金資産などで配当金を目当てに運用を考えている人については、あまり短期的な値下がりを過剰に意識する必要はありません。 日本の配当利回りは2%程度ですから、その4倍にあたる8%上昇したら売却を行えば、配当利回りの4倍の利益が手に入るので4年分の利回りを手に入れたら売却するというルールでもいいかもしれません。 売却ルールの例 退職金の運用(配当金) 売却時期 理由 売却目標 8%程度上昇 一般的に日本の配当利回りは2%程度ですが、この利回りの4倍(8%)超える上昇となった場合は、資金効率の観点から売却を行った方がよいです 損切価格 10%下降 資金効率の点からも、ある一定程度値を下げた場合、苦しくても損切を行うことが大事です。 損失を拡大させるとそれだけ傷が深くなり立ち直れないからです いまの想定はあくまでも例ですが、株式運用では多くの人が上昇下落問わず、まだ大丈夫と安易に考えてしまいせっかくの利益を確定できなかったケースや、損失を広げてしまったケースがかなりあるようです。 このような事態を防止するためにも自分ルールはきちんと決めてどんなに苦しくてもルールに従い取引することが長期で資産運用していく際のコツになりますので、よく覚えておきましょう。 『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

2017年の株利益まとめ+2018年の配当目標

株 利益 目標

事実です。 相場が下げになった時、保有している株と同じ銘柄を信用売りすればプラス維持は可能ですし、 買いと売りを同時にすれば優待だけ取れます。 5%のプラスを維持すればそれで良く、あまり利益に走らない事です。 過去、資本は1千万円です。 と堂々としていて、数割減らした。 これはザラでした。 1 売買が面白い。 20万円の資金で遊んでみるべきです。 2 素人です。 1割程度(200万円)で望むべきです。 ケースバイケースです。 来年、トヨタが1.5~2倍になる。 こう思えば1千万円程度までは投資範囲となります。 2年後には全額突っ込んでいれば。 こう後悔するかもしれません。 この時、利益を投入し、2千万円投入すれば良いのです。 Q 最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう? ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。 ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。 だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。 また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。 Q ネットで株をはじめて7年くらいになります。 株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね? デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。 私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。 証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。 インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。 本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。 数学的にでも、精神的にでもかまいません。 どなたか教えてください。 A ベストアンサー 株を売るタイミングは、投資スタイルや、銘柄、経済情勢などにより変わってくるので、一概にどのくらい値上がりしたら売れば良いかは言えないと思いますが、あくまで参考程度に以下に記述します。 まず「いくら値上がりしたら売る」といった目標を持たないことが大事です。 株は個人の思い通りにはなりません。 ・保有していた方が良い場合 保有している株が、チャートでまだ上がりそうな場合や、新商品を出すなどの良いニュースがあったり、関連する他の銘柄が好調だったりした場合など。 ・売った方が良い場合 保有している株が、チャートで下がりそうな場合や、減配した場合、悪いニュースがあった場合や、今の銘柄を売り他の銘柄を買った方がより大きい利益が見込める場合など。 長期投資については、細かな値動きに余り一喜一憂しないことが大事です。 それでも売る時期を知りたいのであれば、同じ銘柄を少なくとも半年間、毎日値動きを見てれば自然と買い時、売り時のタイミングは分かるかと思います。 基本的にmarquisesさん自身、保有している銘柄が高いか、安いかの感覚がまだないのだと思います。 経験つめば、スーパーで安売りやってるから買おうと思うくらい、自然にトレードできるようになるのではないかと・・・。 株を売るタイミングは、投資スタイルや、銘柄、経済情勢などにより変わってくるので、一概にどのくらい値上がりしたら売れば良いかは言えないと思いますが、あくまで参考程度に以下に記述します。 まず「いくら値上がりしたら売る」といった目標を持たないことが大事です。 株は個人の思い通りにはなりません。 ・保有していた方が良い場合 保有している株が、チャートでまだ上がりそうな場合や、新商品を出すなどの良いニュースがあったり、関連する他の銘柄が好調だったりした場合など。 ・売った方が... A ベストアンサー その銘柄を保有されている理由は何でしょうか。 配当や優待を得たいと言うのであれば、権利落ち日に売却と言う事になりますが、得た配当以上に値下がりする可能性もあります。 すでに利益が出ているなら権利日を待たずに売却し、権利落ちで安くなったときに買い戻すのが賢明かと思います。 もしこの銘柄を長期保有したいのであれば、権利落ちしても手放さずに持ち続けてもいいのでは。 10万円未満と言うことですから、権利落ちしても値下がり幅はわずかだと思いますので。 昨日権利落ちした「しまむら」や「セブン&アイ」などは、大きく値を上げています。 日経平均があれだけ上昇すると、権利落ちも何も関係無く上がります。 手放したいなら権利落ち前に、長期保有なら権利は取らずに売却し、権利落ちで買い戻すか、売らずに持ち続けてはどうでしょうか。 A ベストアンサー 具体的にどうすればいいか?ですか? 具体的と現実的との関係を無視すれば、 答えは簡単。 常に底値で買い最高値で売る。 高値で空売り、底値で買い戻し。 簡単でしょう。 でも現実的にできる人はいないはずです。 何かの運か何かで、200万円が短期間に 500万円になることはありえるでしょうが 資金200万円で年500万円の利益が 永続的に出せるはずがありません。 もし、その方法を知っている人がいたとして ここでそれを教えるはずがありません。 あなたの質問の答えは得られません。 資金2000万円で年500万円の利益なら 運用次第で可能な数字でしょうが、これも 毎年継続的に利益を上げる方法を知っている 人がここで公表するとは考えられません。 あなたの質問の答えは >自分の思い通りになりません・・・ です。 A ベストアンサー 9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。 注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。 特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。 日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。 初心者はビックリするみたいです。 でも直前に元に戻る)。 明日の朝、暇ならトヨタやキャノンやソフトバンクとかの板を見てると面白いかも。 SQは毎月第2金曜日です。 その画像は日経ETF(1321)でしょう?自分は買わないので寄り前の板(気配)を見たことがないけれど、そんなに動かないのではないですか。 個別銘柄は直前に大きく動く場合がありますが… 日経ETFは、日経平均に連動しますよね。 その日経平均は日経平均先物に連動します。 つまり先物に連動します。 で、今日の先物(日中)は9. 760円で引けました。 明日の寄付きはダウ平均や為替、ユーロ圏の問題などによって変わってきます。 日経平均先物は日本(大証)だけでなく、シカゴ(CME日経平均先物)、シンガポール(SGX日経平均先物)でも取引されています。 CMEは当然アメリカなので、日本の夜間のダウ平均や為替を織り込みながらリアルタイムに動きます。 その終値に、日経平均先物(大証)がサヤ寄せして始まります。 ちなみにSGXは8:50に取引開始で、寄付きの価格は2分遅れくらいでニュースが出ますが、日本より10分早いだけなので参考にする意味がありません。 なので朝、CME日経平均先物(円建て)を見れば、日経平均がいくらで寄り付くかかなり正確にわかると思います(騰落率で見る)。 なので日経ETFもほぼ正確に寄付きの価格はわかるでしょう。 寄り付いてから上がるか下がるかはわかりません。 CME日経平均先物(円建て)は、証券会社のホームページの海外指標のところにあります。 ほかにもMONEY BOXなどいろいろ便利なサイトがあります。 注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。 特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。 日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。 初心者はビッ... A ベストアンサー # 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか? 利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。 利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。 # みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか? 何%という設定のしかたは間違いだと思います。 「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。 「主体事由」は自分自身の運用資金についての事由です。 簡単に言うと、最大損失許容額と1回の取引での損失許容額です。 最大損失許容額が100万円なら1回の取引での損失許容額は大きくても10万円程度。 値幅でいうと、1000円の株を1000株買うなら、100円幅が最大損失許容値幅になります。 「客体事由」は相場それ自体の事由です。 相場観だとかテクニカルポイントとかいろんなものがあります。 たとえばトレンド形成している銘柄を買う場合に、前回の安値をロスカットポイントにするといった場合に、それが20%下ということもあれば5%下ということもあると思います。 簡単に考えたいなら、買う場合なら「ここまでは下がらないと思う」というレベルを損切りレベルにすればいいです。 「ここまでは下がって欲しくない」というレベルを考えては絶対にいけません。 画一的に何%という決め方が絶対にダメとは言いませんが、少なくとも画一的に何%という決め方が有効なストラテジーが無いなら、意味はありません。 つまり意味がある損切りポイントを探さないといけないんです。 意味のあるエントリーのポイント、意味のある損切りのポイント、意味のある利食いのポイント、そのトータルで傾向的に利益になるストラテジーを考えないといけません。 客体事由は主体事由と無関係に考えなければいけません。 主体事由として10万円が損切り額だから5%にするとか10%にする、といった考え方は基本的に間違いです。 客体の特徴として確率的に5%下がることが少ないという傾向があるなら、それは正しい設定です。 しかし一概に全ての銘柄、あらゆるトレード条件で、何%がいいといった傾向なんてのは絶対にありません。 まず客体事由からロスカットのレベルを考える。 そして主体事由を組み合わせます。 たとえば30円下が損切りポイントで1回あたりの損失許容額が10万円なら、3300株買っていい。 200円下が損切りポイントであれば500株しか買えない。 ところでもしこれが取引単位が1000株の銘柄だったら、最低単位の取引でも20万円の損切りになってしまいます。 こういうときはどうするか。 主体事由を曲げて20万円にする、というのは間違いです。 500円で損切りするというのも間違い。 こういうときはいくら上がりそうでも買ってはいけません。 100円下がったところで差値するしか無い。 もし下がらずに上がるようなら諦めるしかありません。 主体事由も客体事由も独立して絶対条件であり、双方の条件を満たすときしか取引をしてはいけません。 主体事由が絶対条件である理由は、破綻リスクの回避です。 たとえば最大損失許容額が100万円であるときに、1回の取引での損失許容額を30万円に設定したとすると、勝率70%の非常に優秀なストラテジーがあったとしても、運悪く2連敗する確率が9%もある。 運悪く初回に60万円も負けてしまうと、運用規模が維持できなくなります。 40万円の株を買って60万円儲けるのは120%の収益ですからとてもタイヘン。 10万円づつなら運悪く3連敗しても70万円ありますから、なんとか運用規模は維持できます。 主体事由としての1回のあたりの損失許容額は、できれば運用資金額の1/20ぐらいがいいです。 期待収益額とのトレードオフになりますが、かなり安定すると思います。 # 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか? 利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。 利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。 # みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか? 何%という設定のしかたは間違いだと思います。 「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。 「主体事由...

次の

目標株価まとめ

株 利益 目標

事実です。 相場が下げになった時、保有している株と同じ銘柄を信用売りすればプラス維持は可能ですし、 買いと売りを同時にすれば優待だけ取れます。 5%のプラスを維持すればそれで良く、あまり利益に走らない事です。 過去、資本は1千万円です。 と堂々としていて、数割減らした。 これはザラでした。 1 売買が面白い。 20万円の資金で遊んでみるべきです。 2 素人です。 1割程度(200万円)で望むべきです。 ケースバイケースです。 来年、トヨタが1.5~2倍になる。 こう思えば1千万円程度までは投資範囲となります。 2年後には全額突っ込んでいれば。 こう後悔するかもしれません。 この時、利益を投入し、2千万円投入すれば良いのです。 Q 最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう? ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。 ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。 だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。 また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。 Q ネットで株をはじめて7年くらいになります。 株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね? デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。 私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。 証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。 インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。 本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。 数学的にでも、精神的にでもかまいません。 どなたか教えてください。 A ベストアンサー 株を売るタイミングは、投資スタイルや、銘柄、経済情勢などにより変わってくるので、一概にどのくらい値上がりしたら売れば良いかは言えないと思いますが、あくまで参考程度に以下に記述します。 まず「いくら値上がりしたら売る」といった目標を持たないことが大事です。 株は個人の思い通りにはなりません。 ・保有していた方が良い場合 保有している株が、チャートでまだ上がりそうな場合や、新商品を出すなどの良いニュースがあったり、関連する他の銘柄が好調だったりした場合など。 ・売った方が良い場合 保有している株が、チャートで下がりそうな場合や、減配した場合、悪いニュースがあった場合や、今の銘柄を売り他の銘柄を買った方がより大きい利益が見込める場合など。 長期投資については、細かな値動きに余り一喜一憂しないことが大事です。 それでも売る時期を知りたいのであれば、同じ銘柄を少なくとも半年間、毎日値動きを見てれば自然と買い時、売り時のタイミングは分かるかと思います。 基本的にmarquisesさん自身、保有している銘柄が高いか、安いかの感覚がまだないのだと思います。 経験つめば、スーパーで安売りやってるから買おうと思うくらい、自然にトレードできるようになるのではないかと・・・。 株を売るタイミングは、投資スタイルや、銘柄、経済情勢などにより変わってくるので、一概にどのくらい値上がりしたら売れば良いかは言えないと思いますが、あくまで参考程度に以下に記述します。 まず「いくら値上がりしたら売る」といった目標を持たないことが大事です。 株は個人の思い通りにはなりません。 ・保有していた方が良い場合 保有している株が、チャートでまだ上がりそうな場合や、新商品を出すなどの良いニュースがあったり、関連する他の銘柄が好調だったりした場合など。 ・売った方が... A ベストアンサー その銘柄を保有されている理由は何でしょうか。 配当や優待を得たいと言うのであれば、権利落ち日に売却と言う事になりますが、得た配当以上に値下がりする可能性もあります。 すでに利益が出ているなら権利日を待たずに売却し、権利落ちで安くなったときに買い戻すのが賢明かと思います。 もしこの銘柄を長期保有したいのであれば、権利落ちしても手放さずに持ち続けてもいいのでは。 10万円未満と言うことですから、権利落ちしても値下がり幅はわずかだと思いますので。 昨日権利落ちした「しまむら」や「セブン&アイ」などは、大きく値を上げています。 日経平均があれだけ上昇すると、権利落ちも何も関係無く上がります。 手放したいなら権利落ち前に、長期保有なら権利は取らずに売却し、権利落ちで買い戻すか、売らずに持ち続けてはどうでしょうか。 A ベストアンサー 具体的にどうすればいいか?ですか? 具体的と現実的との関係を無視すれば、 答えは簡単。 常に底値で買い最高値で売る。 高値で空売り、底値で買い戻し。 簡単でしょう。 でも現実的にできる人はいないはずです。 何かの運か何かで、200万円が短期間に 500万円になることはありえるでしょうが 資金200万円で年500万円の利益が 永続的に出せるはずがありません。 もし、その方法を知っている人がいたとして ここでそれを教えるはずがありません。 あなたの質問の答えは得られません。 資金2000万円で年500万円の利益なら 運用次第で可能な数字でしょうが、これも 毎年継続的に利益を上げる方法を知っている 人がここで公表するとは考えられません。 あなたの質問の答えは >自分の思い通りになりません・・・ です。 A ベストアンサー 9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。 注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。 特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。 日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。 初心者はビックリするみたいです。 でも直前に元に戻る)。 明日の朝、暇ならトヨタやキャノンやソフトバンクとかの板を見てると面白いかも。 SQは毎月第2金曜日です。 その画像は日経ETF(1321)でしょう?自分は買わないので寄り前の板(気配)を見たことがないけれど、そんなに動かないのではないですか。 個別銘柄は直前に大きく動く場合がありますが… 日経ETFは、日経平均に連動しますよね。 その日経平均は日経平均先物に連動します。 つまり先物に連動します。 で、今日の先物(日中)は9. 760円で引けました。 明日の寄付きはダウ平均や為替、ユーロ圏の問題などによって変わってきます。 日経平均先物は日本(大証)だけでなく、シカゴ(CME日経平均先物)、シンガポール(SGX日経平均先物)でも取引されています。 CMEは当然アメリカなので、日本の夜間のダウ平均や為替を織り込みながらリアルタイムに動きます。 その終値に、日経平均先物(大証)がサヤ寄せして始まります。 ちなみにSGXは8:50に取引開始で、寄付きの価格は2分遅れくらいでニュースが出ますが、日本より10分早いだけなので参考にする意味がありません。 なので朝、CME日経平均先物(円建て)を見れば、日経平均がいくらで寄り付くかかなり正確にわかると思います(騰落率で見る)。 なので日経ETFもほぼ正確に寄付きの価格はわかるでしょう。 寄り付いてから上がるか下がるかはわかりません。 CME日経平均先物(円建て)は、証券会社のホームページの海外指標のところにあります。 ほかにもMONEY BOXなどいろいろ便利なサイトがあります。 注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。 特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。 日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。 初心者はビッ... A ベストアンサー # 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか? 利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。 利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。 # みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか? 何%という設定のしかたは間違いだと思います。 「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。 「主体事由」は自分自身の運用資金についての事由です。 簡単に言うと、最大損失許容額と1回の取引での損失許容額です。 最大損失許容額が100万円なら1回の取引での損失許容額は大きくても10万円程度。 値幅でいうと、1000円の株を1000株買うなら、100円幅が最大損失許容値幅になります。 「客体事由」は相場それ自体の事由です。 相場観だとかテクニカルポイントとかいろんなものがあります。 たとえばトレンド形成している銘柄を買う場合に、前回の安値をロスカットポイントにするといった場合に、それが20%下ということもあれば5%下ということもあると思います。 簡単に考えたいなら、買う場合なら「ここまでは下がらないと思う」というレベルを損切りレベルにすればいいです。 「ここまでは下がって欲しくない」というレベルを考えては絶対にいけません。 画一的に何%という決め方が絶対にダメとは言いませんが、少なくとも画一的に何%という決め方が有効なストラテジーが無いなら、意味はありません。 つまり意味がある損切りポイントを探さないといけないんです。 意味のあるエントリーのポイント、意味のある損切りのポイント、意味のある利食いのポイント、そのトータルで傾向的に利益になるストラテジーを考えないといけません。 客体事由は主体事由と無関係に考えなければいけません。 主体事由として10万円が損切り額だから5%にするとか10%にする、といった考え方は基本的に間違いです。 客体の特徴として確率的に5%下がることが少ないという傾向があるなら、それは正しい設定です。 しかし一概に全ての銘柄、あらゆるトレード条件で、何%がいいといった傾向なんてのは絶対にありません。 まず客体事由からロスカットのレベルを考える。 そして主体事由を組み合わせます。 たとえば30円下が損切りポイントで1回あたりの損失許容額が10万円なら、3300株買っていい。 200円下が損切りポイントであれば500株しか買えない。 ところでもしこれが取引単位が1000株の銘柄だったら、最低単位の取引でも20万円の損切りになってしまいます。 こういうときはどうするか。 主体事由を曲げて20万円にする、というのは間違いです。 500円で損切りするというのも間違い。 こういうときはいくら上がりそうでも買ってはいけません。 100円下がったところで差値するしか無い。 もし下がらずに上がるようなら諦めるしかありません。 主体事由も客体事由も独立して絶対条件であり、双方の条件を満たすときしか取引をしてはいけません。 主体事由が絶対条件である理由は、破綻リスクの回避です。 たとえば最大損失許容額が100万円であるときに、1回の取引での損失許容額を30万円に設定したとすると、勝率70%の非常に優秀なストラテジーがあったとしても、運悪く2連敗する確率が9%もある。 運悪く初回に60万円も負けてしまうと、運用規模が維持できなくなります。 40万円の株を買って60万円儲けるのは120%の収益ですからとてもタイヘン。 10万円づつなら運悪く3連敗しても70万円ありますから、なんとか運用規模は維持できます。 主体事由としての1回のあたりの損失許容額は、できれば運用資金額の1/20ぐらいがいいです。 期待収益額とのトレードオフになりますが、かなり安定すると思います。 # 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか? 利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。 利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。 # みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか? 何%という設定のしかたは間違いだと思います。 「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。 「主体事由...

次の