折り紙 吹き流し。 折り紙の七夕飾りの簡単な折り方レシピ|おしゃれな笹飾りの作り方は?

折り紙 鯉のぼりと吹き流しと風車と金太郎の折り方

折り紙 吹き流し

それでは早速折って切って 作っていきましょう。 折り紙の吹き流しに紙衣の折り方!七夕飾りの簡単な作り方 折り紙の吹き流しの作り方 では最初に吹き流しの方から 作っていきましょうか。 「1」 最初に折り紙の上の部分を 適度な箇所で手前に折っておきます。 「2」 次に縦に半分に折り折り目をつけ 「3」 両端を中心線に向けて折ります。 そしてそれを更に図のように半分にします。 「4」 全部開きまして 折り目に沿って 図のように蛇腹状に折っていきましょう。 「5」 そうしたら折りたたんで図のように はさみなどで切り込みを入れます。 「6」 次に開いて、緑線で囲った箇所に のりなどをつけて貼りあわせます。 あとは微調整して吹き流しの完成です。 「7」 プラスアレンジするなら 丁度いい大きさの輪っかを3つ用意し 図のように順にのりで貼りつけて ボール状にします。 あとは吹き流しの上に テープなどで固定し貼りつけて完成です。 輪っかのボールが乗るだけで 若干ボリュームが出ていい感じになります。 「Sponsored link」 折り紙の紙衣の作り方 それでは次に紙衣の方を作っていきましょう。 こちらも途中でハサミを使用します。 「1」 まず図のように半分に折り 「2」 開いて上下を中心まで折ります。 「3」 裏返して図のように開き 図の緑線の箇所で図のように折ります。 そうしたら、上も同じように折りましょう。 「4」 次に縦の状態にして 縦に半分に折ります。 「5」 色がついている方を上にして 図のように開き 図の緑線の箇所にはさみで切り込みを入れます。 「6」 白い方を表にして 図のように下側の両端を半分に折ります。 「7」 そして上の部分を図のように 白い箇所をちょっと残して折り 更に図のように折り返します。 色のついた面を見た時に 図のようにちょっと出るように 折り返してください。 「8」 次に図の緑線で覆った箇所を 図のように開き、潰します。 左も同じように開いて潰しましょう。 「9」 更に上の白い箇所の両端を折り 裏返します。 「10」 あとは適度な幅に切った折り紙を用意し 予め4分割の折り目をつけておき 紙衣の中心に図のように巻きつけ のりなどで貼り付けます。 はい、紙衣の完成です。 わかりやすさ優先のために 単色の折り紙で折っていきましたが 千代紙などを使用すると より和風っぽく着物のイメージが強まるので いいかなーと思いますね。 今回のまとめ はい、今回は折り紙の吹き流し 紙衣の作り方を紹介していきました。 今回の七夕飾りも なかなか簡単だったと思います。 幼稚園のお子さんやデイサービスの 高齢者の方でも簡単に作れそうですね。 どうぞ七夕飾りの参考にしてください。 「Sponsored link」.

次の

折り紙で七夕飾りの作り方まとめ!簡単な折り方を紹介します!

折り紙 吹き流し

吹き流しを折り紙で作る時に必要な物 まずは「吹き流しを作る時に必要な物」を揃えましょう! 【吹き流しを作る時に必要な物】 ・折り紙(何色でもOK) ・ハサミ ・のり 折り紙の色は、金や銀、カラフルなものを使うと出来上がりがキレイに見えるのでオススメ! 吹き流し 折り紙の折り方 それではここから具体的な「吹き流しの作り方」を写真付きで説明しますね。 はんぶんにおって、もとにもどす 真ん中の黒い線のところで半分に折ります。 (裏表どちらでもOK) 折り目をつけるだけなので、折ったらまた開いて元の状態に戻します。 はば1cmでおる 折り目と垂直に、幅1~1. 5cmほどのところ(黒い線)で谷折りにします。 こちら側(表側)に白い面が見えるように折り返します。 まんなかのおりめにむかって、はんぶんにおる 1. でつけた真ん中の折り目に向かって、黒い線のところで半分に折る。 もう1かい、はんぶんにおる 先ほどと同じように、真ん中に向かって、半分のところで折る。 いったん、ぜんぶひろげる 折ったものを全部広げます。 広げると、こんな感じで折り目がついていますね。 注意!谷折りから始めてください。 谷折りで始めると、谷折りで終わり、両面が白い裏面になります。 まっすぐ2回きる 2. で作った折り返しがない側から2本、切込みを入れます。 折り返した1. 5cm分くらい残して切ります。

次の

折り紙 吹き流しの折り方!七夕に子供も簡単画像で分かりやすく

折り紙 吹き流し

折り紙の吹き流しの折り方・材料は? 材料は、折り紙一枚です。 飾りたい個数だけ、折り紙をご用意ください。 また、折り紙の大きさは問いませんので、大きい吹き流しが飾りたければ、大きい用紙をご用意ください。 用具としては、糊とハサミです。 折り紙の吹き流し・折り方と作り方は? 用意した、折り紙の上2センチ程度を折り曲げます。 ここは、吹き流しの上部で、切らない部分になります。 半分に折ります。 また、半分に折ります。 更に、半分に折ります。 この段階で、上部以外の折り目にハサミを入れて、切ります。 更に、このように二回、ハサミを入れます。 開きますと、このようになっています。 白い部分を、山と谷になるように、折り変えます。 上部に、糊を付けます。 糊をつけた部分を、このように十字に貼り合わせます。 必要な数だけ、簡単に作ることが出来ます。 スポンサーリンク 折り紙の吹き流し・折り方の注意点は? これと言った注意点はありません。 吹き流しの大きさは、折り紙用紙の大きさで調整してください。 また、 大きい吹き流しですと、少し強度が必要ですので、その分厚手の用紙をご用意ください。 複数の吹き流しを作成するようならば、色の異なるカラフルなものが良いと思います。 色のバリエーションが豊富な折り紙の方が、良いと思います。 ハサミを使いますので、幼稚園や保育所、デイサービスなどでは、安全にご配慮くださいね。 最後に 端午の節句の鯉のぼりや、七夕飾り、または誕生日の飾り付け、施設の常設装飾(壁面飾り)などにも使えます。 折り方で不明な点がありましたら、参考動画をご覧ください。

次の