小諸 そば 店舗。 小諸そば メニューまとめ(価格とカロリー)【2019年最新版】

小諸そば(ネギ食べ放題,二枚もりの立ち食いそば)

小諸 そば 店舗

安くて美味しいそばを楽しめる小諸そばは口コミでの評判も良いです。 Twitter内で見つけた小諸そばについての口コミをいくつか紹介します。 まず一番上の方の口コミでは、小諸そばで揚げなすおろしそばを楽しんだ際の口コミがかかれています。 蕎麦自体もパツンとした弾力のある食感を楽しむことが出来るようで、美味しいとのことです。 「食べれば人気の程が伺える一杯」とも書かれていることから、小諸そばのメニューのおいしさが伝わってくる内容です。 次の方の口コミは小諸そばのかき揚についてのものです。 先ほどの方はお蕎麦が食感がしっかりとしていて美味しいと書いていましたが、こちらの方によると小諸そばでは蕎麦だけでなくかき揚も美味しいようです。 写真からもかき揚のおいしさが伝わってきます。 一番下の方の口コミは、小諸そばで楽しむことができる期間限定メニューについの内容です。 秋盛り天そばという限定メニューが美味しいと紹介されており、食べたことが無い人にもおすすめするほどだったようです。 去年も発売されていたメニューのようですので、今年も発売される可能性は高いでしょう。 小諸そばに行った際には是非期間限定メニューも味わってみて下さい。 小諸そばでは出来上がったそばをテイクアウトすることも可能ですが、自分で茹でるタイプの 生そばのお持ち帰りも可能です。 自宅で茹でたてのそばを楽しむことが出来るというメリットがありますが、生そばは予約制なのでいつでも持ち帰り可能というわけでは無いという点には注意しましょう。 年末になると年越しそばも発売されるようです。 小諸そばの生そばの持ち帰りメニューには2種類のものがあり、上生そばセットと生そばセットがあります。 生そばセットはそばとつゆがセットになったもので、ちょっとした手土産にもおすすめです。 価格は3人前で630円です。 上生そばセットは箱に入っているので贈答用としてもおすすめです。 つゆとそばの他に七味や刻み海苔も入っており、価格も3人前で1000円と少し高めのこだわりのセットです。 小諸そばのお持ち帰りについての口コミ・評判も見てみましょう。 まず一番上の方の口コミは、卵や天かすが入っているメニューを持ち帰る際の注意点について書かれています。 持ち帰りにすると 食べる前に天かすが汁を吸ってしまったり、生卵によってつゆがぬるくなってしまうのであまり向かない とのことです。 また真ん中の方の口コミでは、小諸そばの夏季の持ち帰りについて書かれています。 卵を使用したメニューはテイクアウトできないのだそうで、カツ丼などのメニューを食べたい時は店内で楽しむようにしましょう。 夏季以外は持ち帰りが可能になります。 一番下の方の口コミでは、小諸そばで天ぷらを単品注文した際の口コミが紹介されています。 天ぷらの単品には大根おろしが付くので、これに醤油をかけるだけで美味しく楽しめます。 サイドメニューも美味しいと評判の良い、小諸そばならではの楽しみ方と言えるでしょう。

次の

小諸そば(ネギ食べ放題,二枚もりの立ち食いそば)

小諸 そば 店舗

第1位「ゆで太郎」:205店舗(前回比2店舗増) 「」は信越食品株式会社と株式会社ゆで太郎システムが関東地方を中心に展開している立ち食いそばチェーン店です。 信越食品株式会社(水信春夫社長)が第1号店となる「ゆで太郎 湊店」(東京都中央区)を出店したのは1994年。 その後、2004年8月に水信社長の知人・池田智明氏が株式会社ゆで太郎システムを設立し、2004年12月に同社1号店となる「ゆで太郎 西五反田店」(東京都品川区)を開店しました。 そして、信越食品が直営店舗を、ゆで太郎システムがフランチャイズ店舗を主体に展開し、2018年6月22日開店の「ゆで太郎 行田バイパス店」でグループ計200店舗に達しました。 今回調べたところ、前回(2018年8月19日)と比較すると店舗数は2店舗増加とわずかな伸びにとどまっています。 その要因は東京23区で5店舗減したこと。 その一方で神奈川・埼玉県内でそれぞれ4店舗増加して23区内の減少をカバーしています。 個人的に残念なのが2019年2月28日をもって筑地店が閉店したこと。 「ゆで太郎」では最も多く行った店だったのでなんとも寂しいです。 205店舗のうち信越食品が37店舗(全て23区内)でゆで太郎システムが168店舗です。 店舗数は130店舗と前回調査時から1店舗減少しています。 富士そばの特徴は東京23区内に店舗が多いこと。 23区内の店舗は98店舗と「ゆで太郎」の68店舗を大きく上回っています。 店舗数は前回調査から千代田区で2店舗、港区で1店舗の合計3店舗減り、渋谷区で1店舗増加したため、合計は76店舗と2店舗減少しました。 うち東京23区内は74店舗。 しかも中央区に23店舗、千代田区に20店舗、港区に15店舗と、全体の75%以上がこの3区に集中しているのが特徴です。 それ以外の2店舗は新越谷と朝霞台です。

次の

小諸そば

小諸 そば 店舗

概要 [ ] 11月に東京都中央区で食品小売店として設立。 その後、スーパーや給食事業、製麺事業など展開し、に東京・京橋で立ち食いそば「小諸そば」一号店を開店する。 2016年9月現在84店舗を展開しているが、その内64店舗が東京都内の・・に集中している。 この3区では狭い範囲に複数店舗を展開しており、例えば秋葉原店と末広町店はを挟んでほぼ真向かいに立地している。 特徴 [ ] 店舗 [ ] 店舗は駅近くの立地が多いが、の駅構内(・)やホーム上()に店舗を構え、いわゆるとして営業する店舗もある。 基本は立ち食いの形態だが、多くの店舗で腰掛け可能な簡易椅子のあるテーブルも用意されている。 店や新宿一丁目店のように全席着席の店舗も存在する。 営業日、営業時間は店舗によって異なるが、深夜・早朝は営業していない。 また会社員を客層のターゲットにしてオフィス街に立地する店舗も多いため、日曜日やお盆・年末年始などが休みもしくは短縮営業の店舗も多い。 メニュー [ ] かけ系統のメニューの場合少量の青菜と蒲鉾がついてくる(冬季は柚子の皮もついてくる)形で、せいろ系では一切付かない。 ネギはカウンターに置いてある容器に入っており、客が好きな分量だけ自分で入れる方式をとっている(但し閑散時間や夏季などネギ不作期はセルフ盛を中止して小皿盛で提供する店舗もある)。 カウンターに置いてある薬味は、一般的なの他に、前述のネギ、自社製造の柚子七味、せいろ系メニュー向けのわさび、更にがある。 はせいろ系にはもれなく付ける店と、カウンターにポットを設置してセルフサービスにしている店と店舗によって対応が異なる。 蕎麦の場合、生そばを茹で上げている。 つゆも店舗毎で独自に調整している。 温かいうどんを注文するとつゆは関西風になる。 トッピングの天ぷらは店内で揚げている。 商品のテイクアウトも可能。 また自宅で調理できるよう未調理の蕎麦・つゆのセット商品の販売も取り扱っている。 特に年末には年越し蕎麦用としてポスターが掲示される。 脚注 [ ]• 名称には「追分蕎麦 初台庵」などという異なった名称も見られる。 (は店舗が立地している渋谷区の地名) 外部リンク [ ]•

次の