5g 都市 伝説。 5G導入は人体に影響するデマは本当にデマ?【徹底考察】

5Gっていつから?その危険性とニュースでは教えてくれない陰謀

5g 都市 伝説

もくじ• 新型コロナウィルスと5Gの関係性に迫る SNS上での広がり 新型コロナウイルスの感染に5Gが関係しているのではないかという噂は主に英国でSNSを中心に広がりました。 主張としては、中国の武漢で導入した5Gが原因で新型コロナウィルスが発生し 中国内及び海外に5Gとともに広がっているということ、もう一つが 5Gは人の免疫を抑え込むため、ウイルスに感染しやすくなると言うものです。 もともと5Gは健康被害が発生するとの懸念があったのと5Gの普及のタイミングがちょうど重なったため生まれたようです。 また今年2月に英国の地方のラジオ放送で看護士さんが新型コロナウイルスについて「5Gは人々の肺から酸素を奪うので体調が急変する」という発言をし、それがSNS等で拡散されたようです。 さらに元WBA&IBF世界Sライト級王者アミール・カーンがインスタグラムの動画で 「新型コロナウィルスは5Gタワーに関係ある。 これは人為的なもので彼らは5Gをテストしている間に、感染が広まった。 これは高齢者に対して害のあるもので、高齢者を排除するための人口制御策だったんだ」 などと語り騒ぎに拍車をかけています。 その結果英国では5G用の電波塔がウイルス流行の一因という都市伝説が出回り、 電波塔や基地局が放火されるなどの事件も起きています。 実際に イギリス中西部のバーミンガムでは5Gの基地局から火災が発生しました。 英国の国民保健サービスの救急サービスは、モバイルネットワークに依存しているため、バーミンガムで発生した5G基地局アンテナ放火は、地域のサービスに大きな被害をもたらしました。 警察や消防の調査では放火の疑いが強いとの事です。 イギリス国内では同じような放火事件が相次いでいます。 これは、新型コロナウイルスの感染拡大は5Gが影響しているという噂が実際に広がっているためとみられます。 この事態を受け英国政府は「ナンセンスだ」と噂を否定し、マイケル・ゴーブ内閣府担当相も「途方もなくバカげている」と完全否定しています。 また保健当局の幹部も「馬鹿げていて最悪のフェイクニュースだ」と火消しに奔走しています。 陰謀論はフェイクニュースか 5Gと新型コロナウイルスを関連づける陰謀論は、YouTubeやFacebookといったSNS上で拡散されており、その影響で英国では複数の放火事件など実際の被害が発生しました。 その中YouTubeでは次のような声明が発表されました。 「新型コロナウイルスの存在や感染について、WHOや各地保健当局の説明と異なる主張を展開するコンテンツは、すべてYouTubeのポリシーに違反するとみなされることになった。 これには、その症状の原因が5Gにあるとする陰謀論が含まれる。 5Gネットワークは無線波を使用してデータを伝送するもので、新型コロナウイルス(正式名称は「SARS-CoV-2」)は無線波や5Gとは一切関係がない。 」 と、声明のなかで述べられています。 実際にYouTubeはこういったデマの流布に対処すべく、 新型コロナウィルスと5Gを結びつける動画を削除していくと発表しました。 それでは、このデマの本質部分である 5Gと我々の健康被害との因果関係についてはどうでしょうか。 アメリカ大手テック・IT系メディア『The Verge』によると、「ネット上でささやかれているような新型コロナウィルスとの関連や、急激な体調の悪化を引き起こす科学的根拠は見つかっていない」とのこと。 また、ファクトチェック(真偽検証)を担うイギリスの独立チャリティグループ「Full Fact」が調べたところ、5Gは3Gと4Gよりも電磁放射レベルが高いにせよ、国際ガイドラインよりもはるかに低いことがわかっています。 また、 英国のiNewsは、ふたつの関連性を科学的に真っ向から否定。 「5Gが免疫システムにインパクトを与えることなどない」として、5Gの電磁放射が人体に影響を与えない証拠や専門家のガイダンスを紹介しています。 【総括】新型コロナウィルスと5Gの関係は事実無根と言わざるを得ない 今回の新型コロナウイルスの感染に5Gが関係しているのではないかという噂については フェイクニュースの可能性が高いと言わざるを得ません。 5Gの電波がコンピューターウィルスを感染させるというのなら多少イメージもつきますが、実際のウィルスを感染・媒介するなどという説は荒唐無稽過ぎてとても信じられません。 そもそも、そんな説が英国内で大きく広まり 実際の被害・事件が起きている事に衝撃を受けました。 英国は先進国中の先進国というイメージでしたが本質のところは魔女狩りの頃と変わってないのかもしれません。 今後は、新型コロナウイルスの影響で 遠隔治療やオンライン授業などの重要性がさらに高まることが予想されます。 5Gの普及はその後押しとなる全世界待望のコンテンツと言え流でしょう。 タチの悪い陰謀説に惑わされぬよう。 そして、皆さんで協力し合いこの難局を乗り越えていけたらと切に願います。

次の

新型コロナウイルスによる死者の増加は、「5G」の所為なのか?

5g 都市 伝説

ふるふおどさんの動画みて 女の人二人が 5Gのあるとこだけ人がたくさん死んでる 何故なのか? と、言ったんで、検索。 電磁波や電磁波の有害な影響に関する警告に留意している国々もある。 中国に関しては、あらゆる警告を完全に無視し、他のどの国よりも早く5Gを導入した。 こうして2019年10月ですでに武漢省で5Gを導入したが、そのわずか二か月後、CoVid-19という新型コロナウイルスが蔓延することになった。 以前は無害と言われていたこのウイルスが、なぜこんなに短期間でこれほどの脅威になったのだろうか?5Gとウイルス発生地の死亡率が高いことに、関連性があるのだろうか? 武漢に住む人たちに大量免疫不全を引き起こしたのは、5Gの仕業!? なぜその都市の人口だけが突然、非常に虚弱体質になったというのだろうか?5Gによって、武漢の人々の自然免疫系の中の、監視役蛋白質を酸化させられたのだろうか? Oxidative Stress Decreases Functional Airway Mannose Binding Lectin in COPDWe have previously established that a defect in the ability ojournals. plos. sciencedirect. Role of the Mannose-Binding Lectin in Innate ImmunityAbstract. The innate immune system, which includes mannose-bacademic. oup. com 人体におけるMBLは強力な防御分子として働き、複製初期のコロナウイルスを標的とし、ウイルスの感染を防止することが実験で確認されている。 Plant lectins are potent inhibitors of coronaviruses by interfering with two targets in the viral replication cycleWe describe the antiviral activity of plant lectins with specwww. sciencedirect. com MBLが酸化することでその機能が損なわれると、ウイルスが呼吸器系に容易に入り込むことができる。 MBLの欠損は、MBL-2遺伝子のエクソン1に3点突然変異がある場合にも発生する。 The role of mannose-binding lectin in health and disease. - PubMed - NCBIPubMed comprises more than 30 million citations for biomedicawww. ncbi. nlm. nih. gov 感染性因子が合併症や死亡を引き起こすということは、患者の免疫系が損なわれているということだ。 中国の武漢における5Gは、致命的な生物兵器となって人々に脅威を与えているのではないだろうか? CONFIRMED: CoVid-19 coronavirus found to contain unique "gain-of-function" property "for efficient spreading in the human population"... exact quote from science paper just published in Antiviral ResearchWe now have bombshell, smoking gun evidence that the CoVid-19www. naturalnews. com このMBLは体内における分子レベルの世界で、異物の生物学的認識と監視をする、自然防御システムである。 MBLは糖と結合することで、タンパク質が多種類のウイルスや、細菌、酵母、真菌などの糖で覆われた原生動物と相互作用する。 微生物の表面に結合し、抗体中の補体系を活性化することができるという点で、MBLは独特であると言える。 MBLはエボラウイルス、SARS、MERSなどの糖タンパク質の殻を破壊できる、唯一の抗ウイルス機構の1つなのだ。 そして、マンノース結合レクチンの欠乏は、慢性閉塞性肺疾患、新生児敗血症、RSウイルス RSV などの合併症や呼吸器疾患とも関連している。 Mannose-binding lectin deficiency and acute exacerbations of chronic o COPDMannose-binding lectin deficiency and acute exacerbations ofwww. dovepress. com Serum Mannose-Binding Lectin Levels are Linked with Respiratory Syncytial Virus RSV DiseaseThe innate immune response facilitates the quality of the adalink. springer. これは、あらゆる呼吸器感染症の合併症への深刻なリスクにさらされているという意味だ。 現在のコロナウイルス流行の、最も深刻な原因でもある。 5Gワイヤレスは免疫力をさらに低下させている。 5Gの悪影響について文書化されている症状として、「インフルエンザに似た症状」という報告がある。 jrseco. pdf しかし、なぜインフルエンザと違って、病気の発生地に近いほどより高い死亡率なのだろうか? 5Gワイヤレスの開始によって、武漢の人々のマンノース結合レクチンなどの自然免疫分子が酸化し、損傷してしまったということだろうか?遺伝子レベルでの突然変異が5Gによって引き起こされたのではないだろうか?5Gによる酸化作用については科学的にも証明されている。 これによって、呼吸器系を保護するために免疫系が必要とする分子だけを狙い、酸化させることによって、集団の自然免疫系に悪影響を与えたのではないだろうか?5Gによって体内の肺細胞における重要な細胞監視機構を弱めることで、コロナウイルスの毒性を促進した可能性は十分にあるのだ。 新型コロナウイルス 第5世代移動通信システム 5G のリスクとは アンテナを条例で規制する動きも 加藤やすこ(環境ジャーナリスト、いのち環境ネットワーク代表) 1 5Gのしくみ 私たちは携帯電話やスマートフォン、スマートメーター、Wi-Fiなど、さまざまな無線周波数電磁波を使っているが、国際がん研究機関(IARC)はこの周波数帯を「発ガン性の可能性がある」と認めている。 その他にも、不妊や流産、発達障害、睡眠障害、電磁波過敏症などさまざまな健康問題を起こすと指摘する論文が増え続けている。 今年から始まる第5世代移動通信システム(5G)では、広いエリアをカバーする「マクロセル」には既存の第4世代移動通信システム(4G)を利用し、超高速通信を行う「スモールセル」には周波数4. 9GHz(ギガヘルツ)以下の帯域や28GHz帯を使う計画だ。 無線周波数電磁波のうち30〜300GHzをミリ波、20〜30GHzを準ミリ波とも呼び、28GHzは準ミリ波にあたる。 周波数が高くなるほどエネルギーが強くなる性質があり、米軍は95GHzのミリ波を暴徒鎮圧用の兵器「アクティブ・デナイアル・システム」に利用している。 ミリ波を使った動物実験では白内障などの目の異常が、ヒトの細胞を使った実験では遺伝子発現の変化、細胞膜機能の変化などが確認され、とくに子どもへの悪影響が懸念されている。 5Gでは、同時に複数のユーザーが超高速で通信できるようにするため、多数のアンテナの強さやタイミングを調整して、指向性のある電波を作り出す「ビームフォーミング」を行う。 送信側も受信側もアンテナを1本ずつで通信するよりも、アンテナの数を増やせば、通信速度を早くすることができるが、5Gでは100本以上のアンテナを組み込んだ超多素子アンテナ「マッシブMIMO(マイモ)」の利用も計画されている。 なお、5Gでは多くの端末と同時に接続できるので、5Gを利用した防犯・監視システムの実証実験も計画されている。 通信会社などが設立した第5世代モバイル推進フォーラムによると、イベント会場や空港などの広域監視カメラや警備員のウェアラブルカメラ(体に装着してハンズフリーで撮影できる小型カメラ)などの映像を集約して、群衆行動の監視や顔認証などを実施し、リアルタイムで安全管理を行うとされている。 しかし、これは社会的な監視の強化につながる可能性がある。 (2)5G導入を巡りアメリカでも賛否 アメリカのミシガン州議会では、5Gのスモールセル導入を促進するために都市開発を規制する条例改正などを求める法案が2018年3月に提案された。 支柱を新設するには自治体への申請が必要だが、認可に係る経費を1000ドル(約11万円)以下とすることや、事業者の連絡先をアンテナの支柱に表示することも提案されていた。 10月4日には、エネルギー政策委員会で公聴会が開かれ、2人の専門家が意見を述べた。 その一人は医師のシャロン・ゴールドバーグ博士だ。 無線周波数電磁波が生物学的な影響を持っていることは、多くの医学文献で示されており、その影響は植物や動物、昆虫、微生物などあらゆる生命体で見られ、DNA損傷や心筋症、神経精神医学的な証拠があると訴えた。 「5G導入は、有害性がわかっている技術を検査せずに利用することだ」と批判した。 カナダ、マックギル大学のポール・ハーロウ博士は、ロイズ保険組合などの再保険会社は、無線周波数電磁波の健康リスクは非常に大きく、人々を被曝させる事業者は集団訴訟で完敗するだろうと考えていることを指摘し、5Gやレーダーを搭載した自動運転車に対する集団訴訟が起きる可能性があると警告した。 「無線周波数電磁波を家庭に導入するのは間違った考えだ。 全家庭に光ファイバーが必要だ」と証言した。 アメリカ小児科学会をはじめ約190人の医師や研究者も「5Gの電磁波の健康影響は重大で、数千件に及ぶ論文で立証されている」として5G導入に反対する声明を委員会に送ったが、ミシガン州議会は11月に5Gを促進するための法案を可決し、12月には発行している。 一方、カリフォルニア州のフェアファックス町議会は、スモールセル・アンテナを住宅地に導入するのを禁止する条例を採択している。 同州のサン・アンセルモ議会は、スモールセル・アンテナの設置計画を90m以内の住民に知らせるよう求める条例を採択した。 また、約100mごとにスモールセル・アンテナが設置されることから、景観悪化を理由に反対している住民もいる。 (3)日本の携帯電話基地局規制条例 日本でも90年代以降、携帯電話基地局の設置をめぐって健康被害を懸念する住民の反対運動や訴訟が各地で起きている。 そのため、携帯電話基地局の設置を規制する条例を制定する自治体も現れた。 例えば、神奈川県鎌倉市では携帯電話等中継基地局の設置等に関する条例が2010年に制定されている。 基地局を設置する際は、基地局の高さの2倍の範囲内の住民や自治会に説明することを求めている。 また宮崎県小林市では、携帯電話基地局に近い保育園で園児が鼻血を出すなどの体調不良が頻発したことから住民運動が起き、携帯電話等中継基地局の設置又は改造に係る紛争の予防と調整に関する条例が2015年に制定されている。 鎌倉市と同様に、基地局の高さの2倍の範囲の住民に説明を行うことや、着工の7日前までに計画概要を記した標識を立てることなどを求めている。 しかし、5Gのスモールセル・アンテナは街灯やバス停、電柱などに設置されるので、支柱の高さは2〜3m程度しかない。 つまり、高さの2倍の範囲といっても6m程度に限定される。 また、マンホール型基地局のように地下に設置される場合も、従来の基地局規制条例では規制できないことになる。 とくに電磁波の影響を受けやすい胎児や子ども、電磁波過敏症発症者を守るために、せめて住民への事前説明と合意が必要だろう。 日本弁護士連合会も2012年に、電磁波問題に関する意見書を政府に提出し、基地局を新設する場合には住民との協議を行う制度を設けること、基地局の位置情報などを知るための情報公開制度、基地局や高圧送電線周辺で住民の健康調査を実施すること、電磁波過敏症発症者のために人権保障の観点から、公共交通機関に携帯電話の電源を切らなくてはいけない「電源オフエリア」を設けることなどを求めている。 スモールセル・アンテナに関する規制がなければ、自宅や学校、病院の周辺、子どもたちの通学路や通勤で使う道路に、知らない間に設置されて被曝することになる。 アンテナ周辺の住民に健康被害が発生するほか、道路を通行中に体調不良が起きる可能性もある。 人体や生態系に悪影響を及ぼすことが指摘されている5Gを、推進する必要はあるのだろうか。 少なくとも安全性が確立されるまでは導入を一時停止すべきではないか。 なお、学校にも超高速無線LANが導入されるなど、子どもの被曝は増える一方だ(拙著『シックスクール問題と対策』で詳述)。 家庭にはスマートメーターが設置されているが、このメーターは無線周波数電磁波を使って電力使用量を電力会社に送信する。 日本だけでなく世界各国で頭痛や不眠、耳鳴りなど、電磁波過敏症によく似た健康被害が発生している。 電力使用量を電気検針員が確認に来る従来のアナログメーターに変更したり、家庭や学校の無線LANを有線に切り替えたりするなど、無線周波数電磁波を避けて少しでも被曝量を減らすことが、健康を守る上でますます重要になってくるだろう。 (「リベラル21」より転載) 第5世代移動通信システム(5G)のリスクとは 1 2019年、電磁波の被害が急増するおそれ 加藤やすこ(環境ジャーナリスト、いのち環境ネットワーク代表) (1)便利になるが健康被害も増加? 2019年夏以降、携帯電話会社は第5世代移動通信システム(5G)の運用を開始し、現在の第4世代移動通信システム(4G)よりも、さらに短時間で大容量のデータを送受信できるようになる。 例えば、5Gでは2時間の映画を3秒でダウンロードできるという。 タイムラグが非常に少ないので、離れた場所にある工事車両の遠隔操作や、車の自動運転に利用できるなど、利便性がアピールされているが、問題もある。 今までに使われてこなかった28GHz(ギガヘルツ)帯という非常に高い周波数帯を使うことや、通信方式の変化によって被曝量が劇的に増加し、環境や人体に深刻な影響を与えると懸念されている。 日本ではほとんど報道されていないが、2000年代に入ってから携帯電話基地局周辺では、不眠や頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気などの体調不良を訴える人が有意に多いことが、フランス、ドイツ、スペイン、ポーランド、イラン、エジプトなど各国の疫学調査で報告されてきた。 ベルギーの自然・森林調査研究所は2006年、住宅地でイエスズメの生息調査を行い、電磁波の強い地域ではイエスズメの生息数が減ったと報告している。 電力密度が0. 9羽だったが、携帯電話基地局に近い住宅地では0. 8羽しかいなかった。 世界保健機関(WHO)でさまざまな物質の発がん性を調べる国際がん研究機関 IARC は、2011年、無線周波数電磁場(携帯電話、スマートフォン、Wi-Fi、スマートメーター 、テレビ、ラジオ、レーダーなどに使われる帯域の電磁場)を「発ガン性の可能性がある」と認めている。 このように、すでに人間や動物への影響が報告されているわけだが、5Gでは携帯電話基地局の数が大幅に増加し通信方式も変わる。 5Gでは28GHz帯も使うが、電磁波は周波数が高くなるほど波長が短くなり、建物などの障害物の影響を受けやすくなるため、到達範囲が狭くなる。 そのため5Gでは、「マクロセル」と呼ばれる広い範囲の通信には従来の4Gを使い、高い周波数帯を利用する「スモールセル」では約100mごとに基地局を設置することになる。 海外では街灯やバスシェルター(屋根付きのバス停)に基地局が設置されており、日本でも街灯と一体になった基地局が開発されている。 NTTドコモが開発したマンホール型基地局は、道路の地下70cmに基地局を埋設し、樹脂製のマンホール蓋で覆うもので、アンテナから地表までの距離は10cmしかない。 5Gが始まれば、歩行者や周辺住民は街灯やバスシェルター、マンホールなどから発生する電磁波に近距離で被曝することになる。 そのため、2017年には108か国、270人の科学者が「無線周波数電磁波は人類や環境にとって有害なことが証明されている」として、5Gの安全性が確認されるまで導入しないよう欧州連合 EU に求めている。 とくに子どもや妊婦(胎児)、高齢者への影響が懸念されており、無線の代わりに有線デジタル通信を行うことなども要望された。 (2)電磁波の健康影響とは これらの電磁波に被曝すると、酸化ストレス、DNA損傷、免疫異常、自律神経系の異常、ホルモンの異常、心臓血管系の障害、認識機能の異常などが発生し、神経側索硬化症 ALS などの神経変性疾患や、脳腫瘍などのガン、流産の増加、精子数の減少など生殖機能障害につながると指摘されている。 近年は発達障害との関連性を指摘する研究も増えている。 デンマークの妊婦と子どもを対象にした追跡調査では、妊娠中と出産後に母親が携帯電を使うと、子どもが7歳になった時点で発達障害を発症するリスクが1. 5倍高いと報告されている。 また妊娠中に携帯電話を1日に7回以上使うと、将来、子どもが偏頭痛になるリスクは1. 89倍高くなるという研究もある。 電磁波過敏症という新しい病気も、携帯電話の普及とともに世界的に増えている。 家電製品や送電線、Wi-Fiや携帯電話などの電磁波に被曝すると、頭痛や極度の疲労感、めまい、目が焼けるような感覚、血圧の異常、耳鳴り、耳への圧迫感、動悸、吐き気、集中困難、記憶力の低下、多動、イライラ、不安感などさまざまな症状が起きる。 電磁波発生源から離れれば症状は収まるが、近づくと再発するという特徴がある。 現代社会では、学校や職場、スーパーや病院、交通機関などいたるところにWi-Fiが設置されているので、一度発症すると日常生活にも支障が出て、退職や退学を余儀なくされる人も少なくない。 電磁波過敏症発症者にとって、電磁波は社会参加を阻むバリア(社会的な障壁)になっているのだ。 ドイツやスウェーデンでは人口の約9%、イギリスでは約11%、台湾とオーストリアでは13. 3%が電磁波過敏症を発症していると報告されている。 早稲田応用脳科学研究所の招聘研究員、北條祥子博士の調査によると、日本の有病率は3. 5〜5. 7%で、電磁波過敏症発症者の約80%は化学物質過敏症も併発している。 オーストリア医師会は、電磁波による健康問題に対応するため、最新の知見に基づく診断と治療に関するガイドラインを2012年に策定した。 血圧や心拍率の測定、血液検査や尿検査の項目などを具体的に示し、電磁波と体調不良の関係を調べるための問診票も開発している。 この問診票では家庭や職場での携帯電話やWi-Fi、コードレス電話の使用時間や、周辺に携帯電話基地局があるかどうかを尋ね、必要に応じて電磁波測定を行うこと、電磁波被曝量を減らす電磁波対策を具体的に示している。 オーストリア医師会が勧める電磁波対策 ・デジタル式コードレス電話の電源を抜く(電源を切る)こと。 昔ながらの有線電話(固定電話)の使用を推奨する。 ・Wi-Fiのアクセスポイントの電源を抜くこと。 ・眠っている間、寝室の電源を切ること。 ・ベッドや机を被曝量の少ない場所、他のフロアや部屋へ移動させること。 屋外に無線周波数電磁波の発生源がある場合、発生源から離れた部屋を選ぶこと。 ehs-mcs-jp. 一方、オーストリア医師会のガイドラインでは、「正常範囲内」を0. オーストリア医師会に確認したところ、このガイドライン値は「1日に4時間以上過ごす場所での、電磁波の総量に対する指針値」ということだった。 私たちの周りにはさまざまな周波数帯の無線周波数電磁波が溢れているが、日本では総量に対する規制は存在しない。 ちなみにスウェーデンのオレブロ大学の研究者らは、2015年にストックホルム中央鉄道駅で無線周波数電磁波を測定し、駅構内の携帯電話基地局の周辺で9. 私たちの生活環境は、すでにさまざまな無線周波数電磁波が溢れ、気づかないうちに影響を受けている。 環境因子の影響を受けやすい子どもたちを守るためにも、より安全な通信方法を選びたいものだ。 (リベラル21より転載) 武漢.

次の

ドラクエ復活の呪文の都市伝説!パスワードの予言に隠された嘘と真実 | マジマジ情報局

5g 都市 伝説

5Gでできること 具体的に5Gのできることは今の100倍ダウンロードが速くなること 2時間の映画を2分でDL。 回線速度は遅延しなくなり様々な生活用品がネットと連携する。 その結果、スイッチ一つで様々なサービスが可能になること。 またドローンとの連携は強くなり、車は、ショップではサイフを持たずに買い物ができる。 これまでの生活形態に比べれば想像以上のサービスも可能になりそうです。 そうSF漫画の世界です。 はたして5Gのがある場所でコロナ患者が増えているのでしょうか。 これについて5G電磁波とコロナ患者数の因果関係はカのCNNがデマであると言い切ってます。 はたしてデマは本当なのでしょうか? さて新しい電波とウイルスの因果関係を探っていきましょう! まず5Gは危険だと訴える派と安全だと主張する正反対の動画を見比べてみましょう。 5G危険派 実際にアンテナを建てていた作業員の話 衝撃的なの動画 これについては5Gの導入前らしいので後でふれます。 日本では電磁波におけるマスコミの報道はタブーかも知れません。 5Gのメリットばかりをマスコミは流しています。 しかし今のところまだ5Gを危険視して導入しないベルギーのような国もあります。 5Gを危険と主張する人の根底には「カのが冷戦時代にとの電磁戦争を想定して作られた誘導性の電磁波兵器である」 と頭の中で定義して5Gの利便性を後から考えているという思考の流れなんですよね。 そりゃ軍からおりてきている技術なので、誰でも危険性を疑いますよね。 初めは攻撃するために開発されていますから。 けれども電子レンジが生活に入ってきたときも同じように恐れられていました。 今現在はコンビニの店員さんでも気にしておりません。 マーティンパル 電磁波専門 教授は動物の例ではの危険性を指摘しています。 そしてインフルエンザと同じ症状がでやすい。 子どもは鼻血がでやすくなり、実際に反対運動が海外では盛んのようです。 また、この教授の言ってることも斜めから見る必要もあるはずです。 情報戦争は開始してるんですよね。 次は5Gは安全であると主張するコンテンツを紹介します。 5G安全派 早速調べてみました。 その結果、危険性を訴えている動画は出てくるのですが、安全と訴えている動画が見当たりません。 これは珍しいように思えます。 数件出てきてもいいと思うのですが、出てきません。 しかし動画ではなく記事は出てきましたので載せておきます。 とりわけ5G危険説がデマであるという動画がありました。 順に紹介していきます。 こちらの動画はかなり貴重です。 というのもの電波政策課の方が全く問題がないと生声で答えられています。 海外で言われてることはフェイクで、が死んだ事実もフェイクであると証言されています。 この動画発信者は5G危険説をデマと主張されてるわけでは無さそうです。 この動画が削除対象になればの都合が悪くなった可能性があると考えられます。 具体的にWHOが2002年に携帯電話関連による電磁波について次のように述べてます。 「過去30年間で、非電離の生物的影響および医学的応用の分野において、約25,000本の論文が発表された。 WHOは最近実施した科学文献の精査に基づき、 最新の知見によれば低レヴェルの電磁波による健康への影響は認められない、と結論づける。 要約しますと、 5Gの電磁波放射量は4Gを上回り、人体に大きな危害を及ぼす恐れがある?という疑問に対して次のように答えております。 普段使用している家電に比べ、団地内のから放出される電磁波の量はごく微量だ。 また、ネットワークの速度がアップする理由は、通信の信号発射効率が高まったことではなく、周波数の容量が拡張したことによる。 さて 危険説、安全説双方の言い分を聞いた上で5Gは人体に影響するのでしょうか? ここまでを踏まえて、自分なりの考察をお伝えいたします。 まとめの考察 どちらの説も目に見える形での根拠はないんですよね。 ただ両説に関連する記事や動画、資料を通してこの件を深めていくことで、私なりにみえてきた疑問があります。 次の画像をご覧ください。 こちらの年表ですが、電磁波関連の建設の後にウイルス性の病気が蔓延していることを明確に示しています。 因果関係の証拠はありませんが、年表からわかることは、新しい電磁波普及の度にが起きている事実です。 このデータを見て電波塔建設と風邪の流行の関係は偶然と思えますか? 私は何かしら関係があるんのじゃないかと思いました。 この年表だけを見れば、新しい電磁波が地球上に現れた翌年にが起きてます。 その理由としては電磁波の影響により人間の免疫力が極めて落ちてしまうとしか考えられません。 つまりコロナが増えてるわけではなく、人の免疫が減っているのです。 普段ならば風邪にならない人が電磁波により免疫力が落ちーになりやすいのです。 だから5G推進地区におけるー率が高くなります。 ではCNNや政府は危険性はないと判断してますが、免疫力は落ちないとは言ってません。 発言されているのは行き過ぎた陰謀説に対してと解釈できます。 つまり癌になる噂はデマであると否定していますが免疫力が低下することは多少認めていると捉えることができます。 では、我々はどうすればいいかという課題の答えは、何であれ免疫力をつけることなのです。 こちらは電磁波を建設してるが出している資料です。 2014年の時点で免疫力を高めるための情報をなぜが公表してるのでしょうか? 「免疫力を高める」で検索したら上位に出てきたことに驚いています。 もし電磁波が免疫力を低下させることを知っていてこの資料をだしているなら、大人の事情があるにしてもなぜ免疫力を高めるように促しているのかは電磁波が理由でしょう。 というわけで結果は免疫力を高めよ。 さすれば悩む必要なし。 上のの資料でw 最後までお読みいただきありがとうございました。 記事を気に入ってくださった方はいいね、フォローをよろしくお願いします。 — まろにゃん maronyan1234 都市伝説 都市伝説考察 5G スマートシ 5G危険 コロナ コロナデマ learn-english.

次の