不要 類語。 「他言無用」の意味とは?敬語での使い方や例文・類語を解説

不要不急の適切な使い方は?例文と類語や言い換えは?|ドクモバ!

不要 類語

新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、国でも自治体でも「不要不急の外出」を控えるようにという要請が出ています。 これに対しては当然、市民の側から「不要不急とはどんな場合か」という疑問が出ています。 国や自治体の説明はやや抽象的で具体性に欠けるところがあり、最終的には状況に応じて個人が判断するように、という形になっています。 これは、例によって後々責任を取らなくて済むようにという思惑もあるでしょう。 しかし、外出の理由と、経路、目的地の状況などは余りにも多様で、組合わせの数も膨大になります。 あらゆる場合に適応できる判断基準は、現実的に策定できないのも事実です。 「不要不急」の意味に正解はあるのでしょうか。 不要不急という四字熟語の意味は、辞書だと 「重要でなく、急ぐ必要もない」「大したことではない」になります。 この意味を最も極端に適用すれば「最低限の衣食住以外のこと」ということになります。 しかし、一般的に「それは不要不急だろう」というときには、それほどシビアな状況は想定されていないでしょう。 最低限の衣食住以外のことはすべて諦める、というのは、もはや全く余裕のないサバイバルな状況ですから、不要不急どころではなく、食べられるか、寒さが凌げるか、雨風を避けられるか、という問題になってきます。 不要不急という言葉が使われるのは、危機的状況ではあるけれども、少し日常性が残っている場面で、判断が迫られる場面です。 まず最初に切り捨てられるのは、趣味、嗜好、娯楽です。 ゲームや飲み会、旅行などですね。 次いで文化的なこと、スポーツや芸術、一部の学問などが対象となります。 何が不要不急の外出かは、状況によって変わります。 日本は韓国や欧米に比べると、都市部でも感染拡大が少なく抑えられています。 井戸敏三兵庫県知事は記者会見で「仕事、通学、決まっている用事などは『不要不急』には当たらない。 自分で判断してもらいたい」と言っています。 東京都の小池百合子都知事も、最終的な判断は市民に委ねています。 一方、感染拡大がより深刻なイギリスでは、ジョンソン首相が演説で「外出は、食料の購入や通院、自宅勤務ができない場合の通勤などに限られる」とし、違反すれば罰金を取られます。 また、居酒屋やレストラン、映画館、スポーツジムなどは閉鎖されました。 国内の死者数が2500人を超えたイタリアでは、移動制限が設けられ、葬儀は一切禁止されています。 このように、何が不要不急の外出かは、状況によって変化するのです。 日本でも、葬儀は身内だけでするようにという要請も自治体などから出始めています。 出張の辞書的な定義は「仕事で勤務地から離れた場所に出向くこと」です。 つまり、不要不急の出張の意味とは、「重要な用事ではない仕事で勤務地から離れた場所に出向くこと」となります。 一般的には、一日以上職場を離れる場合を出張と呼び、一日以内なら外出と呼びます。 しかしこれはあくまで一般的な言葉遣いで、細かい出張と外出の意味は業種毎、会社毎に違います。 営業や打ち合わせ、顔合わせなど、出張業務の多くは、工夫すればスマートフォンやインターネットで、最低限の業務はできるものです。 もちろん、直接会って話すことは、ビデオ会議では得られない微妙なニュアンスや息遣いが感じられるし、それが必要だと感じている人もいるでしょう。 しかし、国や自治体から不要不急の移動の自粛が要請されている状況では、ある程度の制限は止むを得ないでしょう。 それでも、製造業やサービス業の一部は現場に行かなければできません。 また、製品や商品の一部は、画面の映像や音だけでは品質が判断できず、実際に触ったり味わったりしなければなりません。 それをしないとどうなるかを考え、結果が我慢できるものなら、不要不急と考えて良いでしょう。 どうしても今やらないと、困ったことが起きるかどうかが判断基準になるでしょう。 何かで代用できるかが判断基準になります。 慌てているときは優先順位が混乱しがちです。 するべきこと、必要なものを紙に書いて、見比べてみましょう。 不要に似た言葉に「不用」と「無用」があります。 不要が、最初から役に立たない必要のない物事を指すのに対して、「不用」は、場合によっては役に立つが今は使わないものを指します。 「無用」も、役に立たない、要らない、という意味ですが、天地無用というように、どちらでも良いという意味にもなります。 単純に考えると、不要不急の反対語は 「重要至急」ですが、郵便物に赤い文字で書かれる以外に、この言葉はあまり使いません。 不要の反対語は「必要」ですが、備えていることが必要であるのを強調した言い方に「必須」があり、必須条件などと使います。 必要や必須よりは弱い印象の言葉には「入用」があります。 読み方は「にゅうよう」あるいは「いりよう」です。 欲しい、手に入れたい、という意味で使います。 不急の反対語は、至急の他に「火急」があります。 火がそこまで来ている、という焦りの気持ちが良く出ている熟語です。 「尻に火がつく」という言い方もしますね。 ちなみに「火急的速やかに」というのは誤用です。 正しくは「可及的速やかに」。 猶予がないという意味では「緊急」という言葉もあります。 また「差し迫っている」という言い方もします。 優先順位が高い、という意味なら「喫緊」という言葉を使います。 「喫緊の課題」などです。 「不要不急」を英語で訳すと、 「nonessential and nonurgent」となります。 さらに「不要不急の外出」を英語に訳すと、「nonessential and nonurgent outings」となります。 「outing」は外出を意味する名詞で、可算名詞です。 さらに、「不要不急の外出を控える」を英語に訳すと、「refrain from unnecessary urgent outings」「avoid going out unless absolutely necessary」となります。 そのため、他の人に英語で「不要不急の外出を控えてください」と言うときは、 「Please refrain from unnecessary urgent outings」 「Please avoid going out unless absolutely necessary」 となります。 結局、何が不要不急かは状況を見て個人個人が判断するしかないようです。 それでは統一性を欠く、という人もいるかもしれません。 しかし、多様な判断がある、というのは必ずしも悪い事ではありません。 重要なのは「根拠のない判断をしない」ということです。 「根拠はないけど自分は感染しないと思う」とか「根拠はないけどトイレットペーパーは買いだめしておく」というような判断は止めましょう。 どうしても根拠となる情報がない場合は「直観」という根拠なき根拠で決めるしかありませんが、選んだのは自分だと自覚することが大事です。 自分が判断したのだから結果に対しては自分が責任を負う、ということなのですが、日本人はこれが苦手なんです。

次の

【例文あり】構いませんは敬語として正しい?詳しい意味や類語も確認

不要 類語

1 「必要」は、どうしてもなくてはならないということを強く表わす語。 それがなければ、ある事をするのに重大な支障をきたすような場合に用いる。 2 「必須」は、「必要」よりも、その度合いをさらに強く表わす語。 物よりも事柄に対してよく使う。 「ひっすう」とも。 3 「所要」は、ある事をするには、当然これだけのものがなくてはならないということを表わす。 「所要の金額」は、単純にそれだけの金額がかかるということで、ないと困るということを強く主張しているわけではない。 4 「入り用」は、使用の目的、めどがあってそれを欲しているということを表わす。 「入り用の買い物」は、これから先の生活で、ほぼ確実に使用する予定、計画があって、使用の目的も決まっているようなものを表わす。 5 「入用」は、「入り用」とほぼ同意だが、やや硬い言い方。 重要な方法で の意• 余業なく• 已むを得ず• 余儀無く• 余業無く 規定通りに必要である の意• 基本的な の意• 至要たる• 省かれないように; 必須の の意• 至急必要とされるさま; 絶対に必要であるさま の意• 最も大きな重要性の の意• 至要たる• 必要不可欠な の意• 救援か供給に必要である の意• 不可欠な何でも の意• 救援を必要とする状態 の意• 必要さ 必須であるか緊要の状況 の意• 基本的な の意• 至要たる• 救援か供給に必要である の意• 物質的な価値をもつという特質(しばしば、何かが売られたときにもたらす金額によって表される) の意• 通貨価値• 入り前• お金、時間、及び労働を含めた商品やサービスにかかった合計 の意• 商品とサービスを購入する能力と願望 の意• 救援を必要とする状態 の意• 必要さ 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「他言無用」の意味とは?敬語での使い方や例文・類語を解説

不要 類語

新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、国でも自治体でも「不要不急の外出」を控えるようにという要請が出ています。 これに対しては当然、市民の側から「不要不急とはどんな場合か」という疑問が出ています。 国や自治体の説明はやや抽象的で具体性に欠けるところがあり、最終的には状況に応じて個人が判断するように、という形になっています。 これは、例によって後々責任を取らなくて済むようにという思惑もあるでしょう。 しかし、外出の理由と、経路、目的地の状況などは余りにも多様で、組合わせの数も膨大になります。 あらゆる場合に適応できる判断基準は、現実的に策定できないのも事実です。 「不要不急」の意味に正解はあるのでしょうか。 不要不急という四字熟語の意味は、辞書だと 「重要でなく、急ぐ必要もない」「大したことではない」になります。 この意味を最も極端に適用すれば「最低限の衣食住以外のこと」ということになります。 しかし、一般的に「それは不要不急だろう」というときには、それほどシビアな状況は想定されていないでしょう。 最低限の衣食住以外のことはすべて諦める、というのは、もはや全く余裕のないサバイバルな状況ですから、不要不急どころではなく、食べられるか、寒さが凌げるか、雨風を避けられるか、という問題になってきます。 不要不急という言葉が使われるのは、危機的状況ではあるけれども、少し日常性が残っている場面で、判断が迫られる場面です。 まず最初に切り捨てられるのは、趣味、嗜好、娯楽です。 ゲームや飲み会、旅行などですね。 次いで文化的なこと、スポーツや芸術、一部の学問などが対象となります。 何が不要不急の外出かは、状況によって変わります。 日本は韓国や欧米に比べると、都市部でも感染拡大が少なく抑えられています。 井戸敏三兵庫県知事は記者会見で「仕事、通学、決まっている用事などは『不要不急』には当たらない。 自分で判断してもらいたい」と言っています。 東京都の小池百合子都知事も、最終的な判断は市民に委ねています。 一方、感染拡大がより深刻なイギリスでは、ジョンソン首相が演説で「外出は、食料の購入や通院、自宅勤務ができない場合の通勤などに限られる」とし、違反すれば罰金を取られます。 また、居酒屋やレストラン、映画館、スポーツジムなどは閉鎖されました。 国内の死者数が2500人を超えたイタリアでは、移動制限が設けられ、葬儀は一切禁止されています。 このように、何が不要不急の外出かは、状況によって変化するのです。 日本でも、葬儀は身内だけでするようにという要請も自治体などから出始めています。 出張の辞書的な定義は「仕事で勤務地から離れた場所に出向くこと」です。 つまり、不要不急の出張の意味とは、「重要な用事ではない仕事で勤務地から離れた場所に出向くこと」となります。 一般的には、一日以上職場を離れる場合を出張と呼び、一日以内なら外出と呼びます。 しかしこれはあくまで一般的な言葉遣いで、細かい出張と外出の意味は業種毎、会社毎に違います。 営業や打ち合わせ、顔合わせなど、出張業務の多くは、工夫すればスマートフォンやインターネットで、最低限の業務はできるものです。 もちろん、直接会って話すことは、ビデオ会議では得られない微妙なニュアンスや息遣いが感じられるし、それが必要だと感じている人もいるでしょう。 しかし、国や自治体から不要不急の移動の自粛が要請されている状況では、ある程度の制限は止むを得ないでしょう。 それでも、製造業やサービス業の一部は現場に行かなければできません。 また、製品や商品の一部は、画面の映像や音だけでは品質が判断できず、実際に触ったり味わったりしなければなりません。 それをしないとどうなるかを考え、結果が我慢できるものなら、不要不急と考えて良いでしょう。 どうしても今やらないと、困ったことが起きるかどうかが判断基準になるでしょう。 何かで代用できるかが判断基準になります。 慌てているときは優先順位が混乱しがちです。 するべきこと、必要なものを紙に書いて、見比べてみましょう。 不要に似た言葉に「不用」と「無用」があります。 不要が、最初から役に立たない必要のない物事を指すのに対して、「不用」は、場合によっては役に立つが今は使わないものを指します。 「無用」も、役に立たない、要らない、という意味ですが、天地無用というように、どちらでも良いという意味にもなります。 単純に考えると、不要不急の反対語は 「重要至急」ですが、郵便物に赤い文字で書かれる以外に、この言葉はあまり使いません。 不要の反対語は「必要」ですが、備えていることが必要であるのを強調した言い方に「必須」があり、必須条件などと使います。 必要や必須よりは弱い印象の言葉には「入用」があります。 読み方は「にゅうよう」あるいは「いりよう」です。 欲しい、手に入れたい、という意味で使います。 不急の反対語は、至急の他に「火急」があります。 火がそこまで来ている、という焦りの気持ちが良く出ている熟語です。 「尻に火がつく」という言い方もしますね。 ちなみに「火急的速やかに」というのは誤用です。 正しくは「可及的速やかに」。 猶予がないという意味では「緊急」という言葉もあります。 また「差し迫っている」という言い方もします。 優先順位が高い、という意味なら「喫緊」という言葉を使います。 「喫緊の課題」などです。 「不要不急」を英語で訳すと、 「nonessential and nonurgent」となります。 さらに「不要不急の外出」を英語に訳すと、「nonessential and nonurgent outings」となります。 「outing」は外出を意味する名詞で、可算名詞です。 さらに、「不要不急の外出を控える」を英語に訳すと、「refrain from unnecessary urgent outings」「avoid going out unless absolutely necessary」となります。 そのため、他の人に英語で「不要不急の外出を控えてください」と言うときは、 「Please refrain from unnecessary urgent outings」 「Please avoid going out unless absolutely necessary」 となります。 結局、何が不要不急かは状況を見て個人個人が判断するしかないようです。 それでは統一性を欠く、という人もいるかもしれません。 しかし、多様な判断がある、というのは必ずしも悪い事ではありません。 重要なのは「根拠のない判断をしない」ということです。 「根拠はないけど自分は感染しないと思う」とか「根拠はないけどトイレットペーパーは買いだめしておく」というような判断は止めましょう。 どうしても根拠となる情報がない場合は「直観」という根拠なき根拠で決めるしかありませんが、選んだのは自分だと自覚することが大事です。 自分が判断したのだから結果に対しては自分が責任を負う、ということなのですが、日本人はこれが苦手なんです。

次の