ジヤトコ 前 和食。 ごとう

ジヤトコ 前 和食

ジヤトコ 前 和食

歴史 [ ] 以前の駅名は「日産前駅(にっさんまええき)」といい、その駅名の通りの吉原工場が近くにあったが、(平成11年)6月に同工場の業務がジヤトコ株式会社に営業譲渡され、ジヤトコの工場となった。 そのため2005年(平成17年)4月、実情に即し駅名がジヤトコ前駅へと変更された。 年表 [ ]• (昭和24年) - の 日産前駅として開業。 (平成17年) - ジヤトコ前駅に改称。 (平成25年)4月1日 - 経営移管に伴い、岳南電車の駅となる。 駅構造 [ ] 1面1線のみを有する。 ホームは線路の南側に配置されている。 駅舎は設置されておらず、である。 かつては、列車交換可能駅となっていた。 日産前駅当時のホーム(2003年9月) 利用状況 [ ] 「静岡県統計年鑑」によれば、1日平均の乗降人員は以下の通りである。 乗降人員は岳南線の全10駅の中で最も少ない。 年度 一日平均 乗車人員 一日平均 乗降人員 2001年 18 35 2002年 18 36 2003年 18 35 2004年 18 34 2005年 21 38 2006年 23 43 2007年 21 39 2008年 21 52 2009年 24 85 2010年 22 81 2011年 19 78 2012年 25 88 2013年 27 95 2014年 29 96 2015年 28 93 2016年 54 105 2017年 81 115 2018年 83 118 駅周辺 [ ] ジヤトコの工場(富士第1地区)が目の前にあるほか、ロードサイド型店舗が近隣に出店している。 また、が比較的近い位置にある。 バス路線 [ ]• 外部リンク [ ]• - 岳南電車株式会社.

次の

ごとう

ジヤトコ 前 和食

ごとう 乗降人員は岳南線の全10駅の中で最も少ない。 Microsoft Internet Explorer 11. 外部リンク [ ]• 歴史 [ ] 以前の駅名は「日産前駅(にっさんまええき)」といい、その駅名の通りの吉原工場が近くにあったが、(平成11年)6月に同工場の業務がジヤトコ株式会社に営業譲渡され、ジヤトコの工場となった。 gooタウンページをご利用していただくために、以下のブラウザでのご利用を推奨します。 - 岳南電車株式会社. ごとう 関連ランキング:和食(その他) ジヤトコ前駅(ジヤトコ1地区前).。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 (昭和24年) - の 日産前駅として開業。 ジヤトコ前駅 駅構造 [ ] 1面1線のみを有する。 『タウンページ』はの登録商標です。 そのため2005年(平成17年)4月、実情に即し駅名がジヤトコ前駅へと変更された。 年度 一日平均 乗車人員 一日平均 乗降人員 2001年 18 35 2002年 18 36 2003年 18 35 2004年 18 34 2005年 21 38 2006年 23 43 2007年 21 39 2008年 21 52 2009年 24 85 2010年 22 81 2011年 19 78 2012年 25 88 2013年 27 95 2014年 29 96 2015年 28 93 2016年 54 105 2017年 81 115 駅周辺 [ ] ジヤトコの工場(富士第1地区)が目の前にあるほか、ロードサイド型店舗が近隣に出店している。 (平成17年) - ジヤトコ前駅に改称。

次の

ジヤトコ

ジヤトコ 前 和食

最大のプラント規模を有し、主なは自動車のであり、納入先はのみならず国内外多数のに及ぶ多国籍企業。 当初は日産自動車の一部門であったが、AT関連の問題回避のため、(45年)に、東洋工業(現・)とのとなり、(昭和56年)にフォード、(11年)にマツダ資本がそれぞれ撤退し、(平成14年)の業務提携でとが2割ほどのを保有することとなった。 沿革 [ ]• (昭和18年) - の航空機部吉原工場として設置。 (昭和42年) - 日産自動車吉原工場にてAT生産開始。 日産自動車が、吉原工場の分工場として、(現・)に、蒲原工場を開設。 (平成元年) - 日本自動変速機株式会社から ジャトコ株式会社に社名変更。 世界初、「電子制御5速オートマティックトランスミッション」を開発。 (平成6年) - 日産自動車が吉原工場を富士工場に改称。 1997年(平成9年) - 世界初、2リッタークラス金属ベルト式CVT。 (平成11年) - マツダが所有する全株式を日産自動車に• - 日産自動車のAT・CVT部門が分社し、トランステクノロジー株式会社設立。 - トランステクノロジー株式会社とジャトコ株式会社が合併し、 ジヤトコ・トランステクノロジー株式会社としてスタート。 世界で初めて、究極のCVT「トロイダルCVT」を量産化。 (平成13年) - - 日産自動車、ジヤトコ・トランステクノロジー、の三社、AT・CVT事業統合で基本合意。 (平成14年) - ジヤトコ株式会社へ社名変更。 三菱自動車工業のAT・CVT部門が事業分割により独立し、ダイヤモンドマチック株式会社発足。 7月1日ににより完全子会社化。 世界最大トルクの容量のベルトCVT。 (平成15年)• 1月1日 - 出資比率50:50でとの「富士AT株式会社」を設立。 4月1日 - ダイヤモンドマチック株式会社と合併。 (平成16年)- 世界で初めて累計生産500万台となったCVT開発• (平成18年)9月29日 - 富士ATを、車用CVTは富士重の内製とし、など他社向けCVTは富士重が生産し、ジヤトコが販売する形態をとる。 (平成21年) - 世界最大の変速比幅をもつ、「副変速機付ベルトCVT」を開発。 (平成22年) - 世界初、乗用車用トルコン・レスの1モーター2クラッチ式HEVシステム用トランスミッション開発。 (平成24年)- ののギアボックスのサプライヤーとなり 、2019年よりで生産を開始する計画を発表した。 社名の変遷 [ ] ジヤトコ株式会社はジャトコ、トランステクノロジー、ダイヤモンドマチックの3社がルーツとなっている。 (昭和45年)に前身の1つである日本自動変速機株式会社として設立されたときからブランド名として「 JATCO」を使用していた。 英文社名である「 Japan Automatic Transmission Co. ,Ltd」のが由来となっている。 当初から業界内ではジャトコと呼ばれており、(平成元年)の創立20周年を機に会社名を ジャトコ株式会社に変更。 この時の「ャ」は小文字である。 (平成11年)の新会社発足の際に「ヤ」を大文字にした ジヤトコの名を採用。 トランステクノロジー株式会社との合併で ジヤトコ・トランステクノロジーとなったが、(平成14年)、ジヤトコグループの中枢企業ということを明確にさせるために ジヤトコ株式会社と社名変更。 同時にグループ会社も全て「ジヤトコ」で始まる社名とし、ブランドイメージの統一をはかる。 車椅子使用者への労働差別問題 [ ].

次の