ファイルーずあい twitter。 ファイルーズあいとは (ファイルーズアイとは) [単語記事]

ファイルーズあいのwiki風プロフィール!出身や家族・声優経歴についても

ファイルーずあい twitter

中学生になるまで家庭の方針で父がいるときはアラビア語で会話するように育ったため、(「今はやや薄れている」と明言しているとはいえ)日常会話程度ならアラビア語での会話が可能。 小学校5年の頃から小学校卒業までエジプトのカイロで過ごし、中学生に進級と同時に日本へ戻ってきた。 しかし、帰国子女故にクラスに馴染めなかった時に『』「」に出会い、主人公のに憧れるようになる。 そして、第六部アニメ化の時に出演出来たらという思いから声優を目指すようになる。 しかし、親に反対されて高校卒業後はグラフィックデザインの専門学校に通うことに。 だが、夢を諦めきれない彼女は声優の養成所へ行きたいと親に打ち明ける。 しかし、「就職活動が嫌でそう言っているのではないか」と指摘され、働いたお金で入るならという条件を突きつけられた上でようやく親の許可をもらう。 こうして1年間は歯科助手として働きながら資金を貯め、プロ・フィット声優養成所に入所。 こうして彼女は『』の主人公・役に抜擢。 スポーツジムでのアルバイト経験、そして自身の筋トレの成果と声優としての実力で勝ち取った主役はまさしくハマり役として多くのアニメファンに受け入れられた。 との筋トレ動画ではその見事な筋肉とボディを見ることが出来るので必見。 第7部「」に触発されて乗馬技能検定4級を取得していたりと、かなりアクティブな一面を持ち、自身が嗜むアニメやマンガの作品も『』『』『』といった血湧き肉躍る男臭い作品や、『』、『』といった作品が多い。 出演作品 アニメ @ @ @.

次の

ファイルーズあい

ファイルーずあい twitter

メインキャストは主人公・紗倉ひびき役にファイルーズあい、奏流院朱美役に雨宮天が決定。 制作は動画工房が手掛けることとなった。 原作は、『ケンガンアシュラ』で知られるサンドロビッチ・ヤバ子と、新進気鋭の作家MAAMのコンビが描くコミック。 食べることが大好きな女子高生・紗倉ひびきは、友人の非情な一言をキッカケにダイエットを決意。 しかし、一人ではまともに運動も出来ないひびきは、トレーニングジムに足を運ぶことに。 入会したジムで同級生のカリスマ美少女生徒会長・奏流院朱美と出会ったひびきは、深くて楽しい筋トレの世界へ足を踏み入れることになるが……。 監督には『多田くんは恋をしない』や『月刊少女野崎くん』の山崎みつえ、キャラクターデザインとシリーズ構成・脚本には『NEW GAME!』シリーズを手がけた菊池愛と志茂文彦が起用。 そして、数々の人気作を担当した動画工房が制作を務める。 今回、メインキャストからコメントが到着した。 紗倉ひびき役のファイルーズあいは「原作を読んだ時は思わず『ひびき…君は私か!』と呟いてしまいました(笑)女の子なら誰でも経験のあるダイエットが、こんなに可愛らしい漫画で描かれていて、読む手が止まりませんでした!」とコメント。 さらに「スポーツジムでのバイト経験を生かして、ひびきと一緒に皆様に筋トレの素晴らしさをお伝えできるようにがんばりマッスル!」と意気込みを露わにした。 紗倉ひびき役:ファイルーズあい 奏流院朱美役の雨宮天は「原作を読んで朱美のキャラの濃さに衝撃を受け、このキャラやりたい!! と思いました」と語り、「私はギャグをやらせていただく時にしばしば生きていることを実感するのですが、それを感じさせてくれるキャラだと思いますし、感じられるよう全力で演じたいです。 そのために私も身体をしっかり作って臨みたいと思います!」と意外な一面を明らかにしている。 奏流院朱美役:雨宮天 さらに、原作・サンドロビッチ・ヤバ子は「筋トレが好きで描き始めた趣味100%の漫画がアニメ化していただくことになり、ただただ感無量です。 一人でも多くの視聴者の皆様が、筋肉に目覚めることを期待しています」とメッセージを。 作画・MAAMは「元気に動いてしゃべって筋トレするひびき達の活躍を、皆様に楽しんでいただけると幸いです」と、お祝いイラストとともにコメントを寄せている。 TVアニメ『ダンベル何キロ持てる?』は、2019年夏放送。

次の

「ダンベル何キロ持てる?」ファイルーズあいインタビュー「筋トレで鍛えた腹筋で、もっといい声でもっといい芝居ができるよう、頑張りマスキュラー!」

ファイルーずあい twitter

ファイルーズあい(ouz )とは、のである。 所属()。 概要 生まれ。。 人のとのので、はミング選手のギ。 エキゾな顔立ちが特徴。 ちなみにの発音は「」と同じとのこと()。 からの端役経験を経て「」にての役にて演。 初の作品がいきなり役な上に、あのを髣髴とさせる色と新人とは思えぬ実を伴った演技でおよびを震撼させた。 での経験を持ち、がの一つ。 下記関連にある、とのは必見だぞ!の他にもを書くのも。 ()で会話が可。 がに育てようと庭内でもで会話していたため。 ただ、になってからは「もういいよね」と底しなくなったため、はやや薄れてきているとのこと。 5年の頃からまでのロで過ごした。 現地ではの周りのを走る「持久走」があったとか…。 時にへ戻ってきたが、の常としてなかなかに染めなかった。 そんな時に「」(第6部:)に出会い、のに憧れる。 そして、で当の会を開いたりしているうちに、「」がになったら出演したいという想いをつのらせ、このをすことになった。 ちなみに、演じたいのは憧れのではなく、を助けるだとか。 後はのに通ったが、3年生の時にどうしてもへの夢を諦めきれずに、の養成所へ行きたいと親に打ち明ける。 だが、からは「が嫌でそう言っているのではないか」と摘され、1年間は助手としてちゃんと働いて、資を自分で作った上で養成所に入りに至る。 乗技検定4級のを持つ。 これは、第7部「」を読んで、に乗りたいと思ったから。 他に読むは「」「」「」といった血湧き躍る男臭い作品や、「」、「」といった作品など。 交友関係は、「」などに出演していると同じとして仲がいい。 「」で共演しているとも意気投合しているという。 しかも、や同様に共演しているとは同い年だとので話している。 第14回で新人賞を受賞。 ( えりぴよ)• ( ・)• (ヴァルキュレ)• ザード THE (南野るり)• ( )• どうにかなる日々( 小子)• (安西) ゲーム• (フィーナ)• REFLECTION (識)• () 関連動画 関連リンク• (所属)内所属紹介「」 関連項目•

次の