厚生 年金 基金 連合 会。 厚生年金保険 厚生年金基金等

相談事例:厚生年金基金解散に伴いお金が振り込まれます。どうするのが良いでしょうか?

厚生 年金 基金 連合 会

ご相談者 お名前 真司さま(仮名) 年齢 50歳 性別 男性 職業 会社員 家族構成 夫(真司さま)、妻(万里子さま 50歳)、子(洋子さま 20歳) 事例の分類 厚生年金基金 相談のきっかけ 私の勤務している会社の厚生年金基金が解散するという手紙が来ました。 詳しいことはまだよくわかっていないのですが、どうも選択肢があり一時金としても受け取れるとか。 せっかくまとまったお金が入ったので、住宅ローンの返済に充てるか、娘の大学の費用に充てるか。 でも使ってしまうと、もしかして何か不利益を被ってしまうんじゃないか不安でもあります。 知識もあやふやでどのように使ったらいいのかわからなくて悩んでいたら、インターネットでファイナンシャルプランナーの竹内美土璃さんのサイトを見つけました。 法律事務所にお勤めということもあり安心できるので相談に来ました。 ご相談内容 私は、勤務している会社の厚生年金基金に加入していました。 年金のことはよくわからないのですが、その基金が解散することになり、まとまったお金が入るようです。 臨時収入なので、私は家族で旅行がしたいと思っていますが、妻は娘の大学費用に充てたり、住宅ローンの返済に回したりしたいと言っています。 せっかくの臨時収入なので、有効に使いたいと思いますが、何に使ったら効率的なのかわかりません。 しかし同僚の中には、今受け取ると損だぞ!という声もあり一体どうしていいやら・・・そんな時にファイナンシャルプランナーの竹内美土璃さんのサイトを見つけ、何かいいアイデアをもらえないかと思い、相談に来ました。 ご相談でお話しした内容 真司さま、万里子さま、本日はようこそお越しくださいました。 ありがとうございます。 さて、せっかくの臨時収入なので、有効的に使いたいというお気持ちよく分かります。 ところで、厚生年金基金は何の目的で積立をしようとしていたかご存知ですか?まずは、厚生年金基金の「目的」からお話をさせていただきます。 厚生年金基金の目的は? 厚生年金基金は、年金制度では3階建てと言われる部分の企業年金のうちの一つになります。 つまり、老齢基礎年金、老齢厚生年金の上乗せ部分として、私たちの老後の生活をより安定させるためにできました。 厚生年金基金はすべての会社にあるわけではなく、より福利厚生の整った会社の社員さんのみがいただける老後の上乗せ保障です。 そうですね、「老後の生活を、より安定させることが目的」、ここがポイントですね。 厚生年金基金のしくみ そもそも厚生年金基金は、厚生年金の一部を借り受け、さらに企業が一部お金を出して、それを元に運用をしてお金を殖やし、従業員のみなさんの退職後の生活がより豊かなものになるようたくさんの年金をお渡しするつもりで作られました。 しかし、バブル崩壊後、その多くの基金の運用がうまくいかず、危機的状況になりました。 厚生年金から借り受けた「代行部分」ですら元本が割れてしまったので、継続運営が困難となり解散や返上という形になりました。 御社の基金の解散の詳細はわかりませんが、まとまったお金が入るのであれば、そこまで運用はひどくなかったのでしょうね。 今回の一時金は、上記の図でいうと、「加算部分」というところで、文字通り国の年金に加算される会社の年金になります。 厚生年金基金解散における残余財産について 真司さまの場合、一時金は、残余財産から支給されます。 残余財産とは、厚生年金基金の年金資産から、国へ返還する代行部分の額である最低責任準備金を差し引いたものです。 一時金をもらえるとおっしゃっていましたが、おそらく、一時金だけではありませんでした。 基金から送られてきたお手紙には、個人で残余財産の割り振りができると書いてあったはずです。 残余財産の分配方法としては、• 選択一時金• 一時金• 年金(確定拠出年金か確定給付年金) の3つの選択方法があります。 選択一時金の場合、解散時に分配されるため、本来もらえるはずの金額の半分近くしかもらえません。 また、一時金の場合は、残余財産が確定された後に分配されることになるので、選択一時金よりも多くもらえます。 実はこの他に、確定拠出年金(DC)や確定給付年金(DB)へ移管して年金給付する場合もあります。 また、解散後基金がにDCやDBを用意していない場合は、さらに2つの方法があります。 1つは、各事業所単位で、DCやDBを作ったり、中小企業退職金共済へ移管する方法です。 2つめは、下記の図の通り、企業年金連合会へ移転して連合会から一元的に年金給付をする方法です。 この場合は連合会の運営する通算企業年金になります。 通算企業年金はDBです。 この場合、もし仮に、ご自身でDCをしたいのであれば、通算企業年金に移行し、3ヶ月以内に個人型DC(iDeCo)に移管すれば、DCをすることも可能です。 直接iDeCoには移せないのでご注意ください。 真司さまは、実はこのような3通りの受け取り方が選択できたと思われますが、基金や会社が厚生年金基金の解散に伴う一時金の受け入れ方針によって方法が変わってきます。 出典: 4. 厚生年金基金の解散のとらえ方 以上のことから考えると、秋に戻ってくるお金は臨時収入ではなく、老後のお金になる予定だったものが、一時金として受け取るだけになるのがわかります。 よって、秋に戻ってくるお金は将来年金でもらうはずだったお金を前倒しで受け取るということなので、使い途としては、「将来の老後の資金」として使った方がいいのではないでしょうか? ちなみに、これは一時所得になりますので、来年の2月に確定申告をしてください。 所得税を払う必要があることを覚えておいてくださいね。 ここまでのお話を聞いた真司さんは、驚きを隠せませんでした。 「私だけでなく、会社の従業員のほとんどは臨時ボーナスだと思っています。 けれど、実は、将来もらえたはずの年金がもらえなくなって、しかも所得税まで払わないといけないんですね。 知りませんでした。 想像していたことと違う展開になってきたので、とても不安です。 」とおっしゃっていました。 代行部分の年金はどうなるの? では、本来は厚生年金に位置づけられている代行部分の年金はどうなるのでしょうか?代行部分は、厚生年金の一部を厚生年金基金に預けて運用していたわけで、厚生年金基金が解散した時には、通常であれば厚生年金に戻さなければなりません。 真司さんの場合、65歳の年金受給時には、いくらあるのか、どういう形で支払われるか、わからないですよね。 これを見ていきます。 実はこれ、人それぞれです。 何ともアバウトな話なんです。 もちろん、「代行返上後」の厚生年金については、全額国から支給されます。 ねんきん定期便にも代行返上後の金額は記載されてきます。 手続きがすべて完了してからですので、真司さまの場合は、来年のねんきん定期便に反映されるかもしれませんね。 しかし、代行部分が返還されていても厚生年金基金の手続き上の都合で、連合会から支払われる場合もあります。 この金額は人それぞれ違うので、個人個人で問い合わせた方がいいということです。 厚生年金基金加入期間の年金については、お近くの「年金事務所」か「ねんきん定期便専用ダイヤル0570-058-555」でご確認することができます。 なお、厚生年金基金でもらえる金額を知りたい場合は、ご自身の厚生年金基金に確認するか、ねんきんネットに登録すれば、そちらから追っていくことも可能です。 図のように、ねんきんネットで情報を入れていくと、国からの支給部分と基金代行部分と見ることができます。 出典: 厚生年金基金が解散になり、その分将来の年金額が減ってしまったということはご理解いただけたと思います。 一時金がもらえたといって喜んでいてはいけません。 次にやらなければならないことは? 会社が厚生年金基金をやめてしまったということは、会社任せにしておけなくなったということ。 つまり、自分の将来は、自分で何とかしていかなくてはいけないということです。 会社をリタイヤされた元上司の方々は、結構余裕な生活をしているけれど、厚生年金部分がもらえなくなってしまうことを考えれば、その分は自助努力が必要だということはわかりますよね。 真司さまの場合は、既に受け取り方法を一時金として選択してしまいましたが、もう間に合わないというわけではありません。 ご安心ください。 その一時金を老後に使うよう、NISAやつみたてNISAなどを利用することも可能です。 今後については、会社の制度により金額は変わりますが、真司さまも個人型確定拠出年金であるiDeCoに加入することもできますので、落胆されなくても大丈夫です。 まとめると、iDeCoやつみたてNISAなどの国の優遇制度を上手に使って、ご自身の老後の備えをしてくこと。 それが、ご自身の将来の安心安全を手に入れるための一番の近道です! 真司さんご夫妻は、将来のためにiDeCoやつみたてNISAを使って資産形成をしていくことにされました。 次回の打合せは、将来の生活費がいくらいるのか、そのためにいくら貯蓄をしていくのかを決めたいと、ライフプラン作成の予約を取っていかれました。 引き続きサポートをさせていただきます。 今回の相談を終えて 厚生年金基金の解散の真の意味がわかり、臨時ボーナスと喜んでいたことを恥ずかしく思い、同時にこのままではいけないんだということを強く思いました。 本当の意味である、「年金が減る」ということを理解できたので、次にやることがはっきりしてきました。 ありがとうございました。 実際の事例を題材としておりますが、個人情報保護の観点から変更を加えている場合があります。

次の

企業年金連合会からの年金額について現在61歳 S56~H4の11年間勤務していた...

厚生 年金 基金 連合 会

積み上げた資産はそれぞれ引き継がれます。 加入していた厚生年金基金が代行返上した 経済小説のタイトルにもなった「代行返上」。 2002年4月から導入された制度ですが、はじめに「代行返上」の仕組みを簡単にご説明しましょう。 代行返上とは、厚生年金基金が支給する老齢厚生年金の代行部分を国に返すことをいいます。 厚生年金基金は代行返上を行うに当たって、代行部分以外のプラスアルファ部分を新しい企業年金制度である確定給付企業年金に引き継ぐことになります。 厚生年金基金は、この代行返上によって、代行部分を持たない確定給付企業年金になります。 代行返上が行われた場合の年金は、下図のようになります。 代行返上が行われると、老齢厚生年金については全額国から支給されるので、老齢厚生年金の請求先は国になります。 また、プラスアルファ部分については、資産を引き継いだ確定給付企業年金が請求先になります。 厚生年金のもらい忘れに注意! ご案内したとおり、厚生年金基金に加入したことがある人の年金は、加入者自身だけでなく厚生年金基金の事情によって請求先が変わります。 年金の請求漏れが多いのは、前述の2.の転職などで短期間厚生年金基金に加入した人の年金のケースがほとんどです。 自分の年金資産が企業年金連合会に引き継がれていることを忘れている人(年金資産が企業年金連合会に引き継がれたときには、 企業年金連合会から本人に引き継ぎのお知らせを送付しています。 )や、退職時に受け取った一時金で精算済みと勘違いしている人も多いようです。 日本年金機構のHPなどを利用して年金の加入記録を調べると、厚生年金の加入記録の中で厚生年金基金の加入の有無を確認することができます( 参照)。 1ヵ月でも厚生年金基金に加入したことがある場合は、年金資産が企業年金連合会に引き継がれているはずです。 へのお問い合わせは「企業年金コールセンター(0570-02-2666)」で受け付けています(平成23年8月現在)。 「もしかしたら…」と思い当たる人は、1度問い合わせてみるとよいでしょう。 また、各種通知や裁定請求案内が届かなくなってしまうため、住所変更や氏名変更については基金または企業年金連合会に忘れずに届け出るようにしましょう。 厚生年金基金は老齢厚生年金の一部を支給する企業年金制度です(実際の支給額は、国の支給する老齢厚生年金を上回る額になります)。 したがって、請求を行わないと老齢厚生年金の年金額が一部欠けてしまうことになってしまいます。 公的年金の加入記録だけでなく、厚生年金基金の加入記録も1度確認してみましょう。

次の

厚生年金基金に加入したことがある場合の請求手続きは?「年金支給額・受給資格の基礎知識」

厚生 年金 基金 連合 会

もくじ• 厚生年金基金とは 厚生年金基金は厚生年金に上乗せ給付を行うための企業年金制度です。 によると、 厚生年金基金制度は、我が国の企業年金の中核をなす制度であり、国の老齢厚生年金の一部を国に代わって支給する(代行給付)とともに、企業の実情に応じて独自の上乗せ給付(プラスアルファ給付)を行うことにより、従業員により手厚い老後保障を行うことを目的として、昭和41年に発足しました。 とてもありがたい制度なのですが、ねんきんネットでの年金額試算の対象外となっています。 厚生年金基金からの支給額は自分で調べないといけません。 厚生年金基金からの受給見込み額は、普通は厚生年金基金に問い合わせる 厚生年金基金からの支給額を調べるには、ふつうは今の勤務先や過去の勤務先の厚生年金基金に直接問い合わせればOKです。 これらの厚生年金基金が、実際に上乗せ給付を行ってくれるからです。 スポンサーリンク 転職の仕方によっては企業年金連合会に問い合わせないといけないケースがある しかし、過去の勤務先の厚生年金基金を10年未満の短期で脱退(つまり在職10年未満で退職して別の会社に転職)した場合、厚生年金基金の上乗せ給付を実際に行ってくれるのは、企業年金連合会となります。 短期加入者個々の年金記録を長期間にわたって管理して上乗せ給付を行う事務負担は、厚生年金基金にとってかなり重いものです。 また、厚生年金基金のある会社を渡り歩くように転職する方がいた場合、複数の厚生年金基金からそれぞれの年金を受け取ることとなり、給付を受けるための請求手続きが面倒になります。 そこで、短期加入者に対する上乗せ給付は企業年金連合会に移換されることになっています。 上乗せ給付に関する問い合わせは、企業年金連合会に対して行わないといけませんね。 過去の勤務先の基金が解散・廃止されている場合も企業年金連合会に問い合わせ ところで、過去の勤務先の厚生年金基金が解散・廃止されているケースもあります。 この場合も、上乗せ給付に関する問い合わせは、企業年金連合会に対して行わないといけません。 …私の妻が心配しています。 私のサラリーマン時代の勤務先は、全て破綻して今は一社も生き残っていないからです。 とはいえ、過去の勤務先の基金が解散しても、上乗せ給付に関する業務は企業年金連合会に引き継がれているはずですから、心配する必要はありません。 それでも心配なら早目に確認しておきましょう。 企業年金連合会への問い合わせは郵便で 下記2ページによると、• 企業年金連合会に対して、上乗せ給付による将来の年金受給見込み額を確認するには、はがきか封書で行うことになっています。 はがきなどに「年金見込額問合せ依頼」と題して下記内容を明記のうえ送付するよう指示されています。 加入していた企業年金の名称• 厚生年金基金の加入員番号(厚生年金基金の場合)• 基礎年金番号• 氏名(旧姓)• 生年月日• 電話番号 はがきや封書のあて先は 〒105-8772 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビルB館10階 企業年金連合会 年金サービスセンター 年金相談室 です。 不明な点は電話などでお問い合わせください。 電話:0570-02-2666 (IP電話・PHSからは03-5777-2666) FAX:03-5401-8740 まで、お問い合わせください。 はがきを書いて年金見込み額の照会してみた 先程「心配する必要はありません。 …それでも心配なら早目に確認しておきましょう。 」などと強がりました。 でも本当の私はチキンハートです。 …というわけで、私も企業年金連合会にはがきを書いて年金見込み額の照会を行いました。 …もう少し字が上手くなりたいです。 幼少時に親が書道を7年間も習わせてくれたのですが、最近はそれにかかった費用を弁償して欲しいとまで言われています。 企業年金連合会から返事が返ってきたら、これに基づいてライフプランを見直し、より正確なものにしたいと思います 追記:後日きちんと返事が返ってきました。 厚生年金基金からの年金支給額を問い合わせた結果、企業年金連合会から年金支給額についての回答が封書で届きました。 上の写真では黒塗りにしましたが、ブラックボックスだった企業年金連合会からの年金受給見込み額が136,300円だと分かって、すっきりしました。 受給見込み額は年金資産の運用状況その他の要因で変わりうるので、また数年たったら見直したいと思います。 追記:2 企業年金連合会からの受給額136,300円は、老齢厚生年金の代行部分と上乗せ年金の合計です。 その内訳がいくらずつなのか分からなかったので、後日電話で問い合わせました。 ここまで確かめておかないと、ライフプランを立てるには不十分です。

次の