ヘア スタイル ボブ。 【2020春夏】今週1位のボブの髪型は?ヘアスタイルランキング|ヘアカタログBeauty navi

【50代おすすめヘアカタログ】扱いやすさと華やかさ、両方に効く人気のボブヘアスタイル

ヘア スタイル ボブ

採り入れやすさや場面に合わせて様々な見せ方をできるショートボブ。 今シーズン人気を集めているのは、抜け感のあるアンニュイなスタイルやスッキリとしたスタイルになります。 それでは最旬スタイルをピックアップしつつ、自分らしくキマる似合わせのコツをチェックしてみましょう。 出典: 襟足をワンカールの外ハネにして、小顔効果も高まるくびれシルエットに。 そして透け感のある前髪と透明感のあるヘアカラーと合わせることで、王道ながらナチュラルな雰囲気を醸すトレンド髪に仕上がります。 あごラインで揃えた前下がりスタイルは輪郭のカバー力が高く、顔型を選ばず似合わせやすいのが魅力。 出典: あごに向かってスッキリまとまると同時に、バックもスッキリ印象のシルエットに仕上がるので、爽やかかつ柔らかな印象を演出できます。 なお、顔周りの髪をふんわりカールさせて内巻きに仕上げるのが、より小顔感を高めるポイントです。 ほつれ感のあるワンレングススタイルはスッキリ感と柔らかさを兼ね備えた絶妙シルエットに仕上がります。 出典: 束感を意識してスタイリングして、トレンド感をグッと高めつつアンニュイな魅力をプラス。 分け目をぼかすことで大人の余裕を演出しつつ、サイドを耳かけして抜け感を引き上がるのが似合わせのポイントです。 また、パーマをかけるとスタイリングがより簡単になるので、伸ばしかけという方にもオススメです。 出典: トレンドの切りっぱなしスタイルにパーマをプラス。 束を出しつつ、ルーズにスタイリングすれば、抜け感たっぷりのスタイルに仕上がります。 なお、爽やかに小顔を演出するためにも顔周りに動きをしっかり出しましょう。 前髪を長めに残しつつ大きめカールの脱力系パーマと合わせてイマドキ感たっぷりに。 出典: スタイリングは柔らかめのワックスやオイルなどを全体に軽く揉み込むだけでOK。 少し毛束を引き抜いてほつれ感を出してあげると、よりトレンド感が高まります。 また、前髪にもパーマをかけたり、スタイリング時に眉上でカールさせたりと前髪の印象でキュートさをプラスするのもオススメです。 伸ばしかけでも採り入れやすく自分らしさを前面に出すことができます。 出典: 似合わせのポイントは前髪を含めて全体に束感とラフな動きをプラスすること。 ウルフ特有のシャープさが少し和らげることができます。 耳をチラ見せしつつ存在感のあるイヤーアクセを合わせてオンナらしさをさり気なく演出しましょう。 愛らしいから個性の強いスタイルまで、トレンド感がしっかり出しつつ似合わせやすいのがショートボブの魅力。 なりたい自分がきっと見つかるので、ぜひ上手に採り入れてお洒落をアップデートしていきましょうね。

次の

ショートボブのヘアセット|外ハネ、簡単ヘアスタイリング&アレンジ、スタイル別おすすめスタイリング剤

ヘア スタイル ボブ

最寄駅• 西川口• 東川口• ふじみ野• 北浦和• 北大宮• 北与野• 戸田公園• 南浦和• さいたま新都心• 本川越• 川越市• 市川真間• 京成船橋• 京成八幡• 新津田沼• 津田沼• 東船橋• 本八幡• 東海神• 新松戸• 豊四季• 天王台• 我孫子• 新千葉• 千葉中央• 本千葉• 京成千葉• 県庁前• 青山一丁目• 表参道• 外苑前• 明治神宮前• 代々木公園• 代々木八幡• 赤坂見附• 溜池山王• 赤羽岩淵• 秋葉原• 小伝馬町• 馬喰町• 馬喰横山• 阿佐ケ谷• 高円寺• 新中野• 中野坂上• 西荻窪• 東中野• 方南町• 南阿佐ケ谷• 飯田橋• 神楽坂• 池尻大橋• 駒沢大学• 桜新町• 三軒茶屋• 二子玉川• 雑司ケ谷• 東池袋• 東長崎• 下板橋• 新板橋• 巣鴨新田• 上野広小路• 京成上野• 末広町• 千駄木• 日暮里• 西日暮里• 上野御徒町• 内幸町• 赤羽橋• 恵比寿• 白金高輪• 白金台• 大泉学園• 大岡山• 尾山台• 学芸大学• 九品仏• 自由が丘• 田園調布• 都立大学• 緑が丘• 大崎広小路• 五反田• 大手町• 新日本橋• 水天宮前• 二重橋前• 日本橋• 三越前• 小田急多摩センター• 多摩センター• 西葛西• 後楽園• 水道橋• 京急蒲田• 泉岳寺• 高輪ゲートウェイ• 北千住• 竹ノ塚• 錦糸町• 新小岩• 西大島• 成城学園前• 千歳船橋• 吉祥寺• 三鷹台• 銀座一丁目• 東銀座• 日比谷• 有楽町• 久我山• 下高井戸• 千歳烏山• 立川北• 立川南• 京王八王子• 八王子• 国分寺• 東小金井• 新宿御苑前• 新宿三丁目• 西武新宿• 幡ケ谷• 南新宿• 代々木• 西新宿五丁目• 新宿西口• 下北沢• 東北沢• 新富町• 門前仲町• 築地市場• 高田馬場• 代官山• 中目黒• 西小山• 武蔵小山• 乃木坂• 六本木• 六本木一丁目• 麻布十番• 四ツ谷• 四谷三丁目• 牛込神楽坂• 石川町• 伊勢佐木長者町• 上大岡• 日本大通り• 元町・中華街• 馬車道• 港南台• 大倉山• 神奈川• 桜木町• 高島町• 西横浜• 東戸塚• 日ノ出町• 平沼橋• みなとみらい• 茅ケ崎• 逗子・葉山• 湘南台• 京急川崎• 新丸子• 新横浜• 武蔵小杉• 新百合ケ丘• 百合ケ丘• 向ケ丘遊園• 南林間• 桜ケ丘• センター北• センター南• たまプラーザ• 二子新地• 溝の口• 武蔵溝ノ口• 青葉台• 市役所前• 獨協大学前• 越谷レイクタウン• 南越谷• 新越谷 カラーベース• 茶髪(ブラウン)• ベージュ• アッシュ• マット• レッド・赤• ピンク・バイオレット• イエロー• オレンジ• 黒髪(ブラック)• その他 カラーの特徴• グラデーションカラー• インナーカラー• グレイカラー・白髪染め• グレージュ• マーメイドアッシュ• イノセントカラー• ハイトーンカラー• マーメイドカラー• ブリーチ・金髪• 3Dカラー• ブルージュ イメージ• モテ・愛され• 外国人風• ビジネス・オフィス• クール• エレガント• カジュアル• フェミニン• モード• キュート・ガーリー• エアリー• マニッシュ• ゆるふわ• 爽やか• 韓国風 メニュー• カット• カラー• パーマ• ストレート 前髪• なし 前髪の特徴• センターパート• ぱっつん前髪• 斜め前髪・流し前髪• 眉上・ショートバング• シースルーバング• かきあげ前髪• うざバング• アシメ前髪• ヴェールバング• 重めバング• ストレートバング• フリンジ前髪• 羽根バング・フェザーバング• ザク切りバング• シースルーうざバング• ミディバングス シーン• 成人式• 結婚式・披露宴、パーティ・二次会• 浴衣・着物(和装)• フォーマル アレンジ• アップ• ハーフアップ• ダウンスタイル• 編みこみ• フィッシュボーン• ギブソンタック• シニヨン• おだんごヘア• ねじり 髪型• アシメ• 三つ編み• 巻き髪• マッシュ• ワンレン• Aライン• セミディ• ワンカールパーマ• くるりんぱ• 外ハネ• 伸ばしかけ• ローレイヤー• ショートボブ• ミディアムボブ• 前下りボブ• マッシュボブ• 切りっぱなしボブ• マチルダボブ• シースルーボブ• ワンレングスボブ• フレンチボブ• 重ためボブ• Aラインボブ• リップラインボブ• かきあげボブ• ミディボブ• ホイップボブ• マーメイドボブ• ワンサイドボブ• マッシュラインボブ• セミロング• ウルフ• ツーブロック(刈り上げ)• ボウズ 髪量• 少ない• 多い 硬さ• 柔らかい• 硬い 太さ• 太い クセ• なし 顔型• ベース• 逆三角 年代• 20代におすすめ• 30代におすすめ• 40代におすすめ• 50代におすすめ• 社会人• 子供 注目キーワード• センターパート• オン眉• かきあげヘア• ナチュラルストレート•

次の

ボブの簡単ヘアアレンジ集│お仕事や学校に◎なハーフアップやくるりんぱなど♪

ヘア スタイル ボブ

いつものショートボブヘア、前下がりカットにしてみない?大人女子にこそしっくりくるおすすめのスタイルです。 前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。 前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカット。 カラーは8レベルのウォームブラウン。 ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味。 【How to スタイリング】 ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。 ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須。 スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布。 髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。 質感を作るヘアオイルは、トリートメント効果もあり髪の広がりを抑えるので、梅雨から夏にかけてぴったりのスタイリング剤。 ボリュームが出ないペタンコ髪を改善 【How to ベース&カラー】 あごラインでカット。 バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せる。 顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。 全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。 トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなる。 前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。 カラーは10トーンのフォギーベージュ。 ショートボブは暗いと幼さや重たさを感じさせる。 表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。 【How to スタイリング】 トップを持ち上げながら乾かす。 また毛束を左右に動かすことで、分け目がパックリ割れるのを防ぐ。 また全体の毛束を後ろから前に向かって乾かすとボリュームが出やすい。 トップを前後ふたつに分け、それぞれ32mmのアイロンでリバースワンカール。 この毛束が表面にふわっとした立体感を出す。 ややセット力のあるクリームワックスを手のひらに少量のばし、全体の毛先になじませ束感を作り、耳上をふわっとさせる。 前髪の毛先にもなじませサイドに流す。 トップの根元をつまんでキープスプレーを少し吹きかけると、ふんわりした毛束をKEEPしやすい。 ニュアンスパーマで大人のゆるかわを演出 【How to ベース&カラー】 ベースは前下がりのショートボブにカット。 顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れる。 前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。 量感を調整して、重すぎない印象に。 カラーは6レベルのアッシュグレーに。 ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味。 【How to スタイリング】 23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかける。 スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。 乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成。 大人っぽく見える絶妙バランス! 【How to ベース&カラー】 前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。 搔き上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れる。 ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部にもレイヤーを。 カラーは7トーンのアッシュブラウン。 ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出。 落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えない。 【How to スタイリング】 顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと立体感が出やすくなる。 全体の毛束の中間から毛先に向かって32mmのアイロンで軽くワンカール。 やや低めのサイドでふわっとさせたいため、毛先でなく毛束の中間からアイロンを挟むのがポイント。 ワックスやオイルを毛先にもみ込み束感を出す。 前髪は根元を搔き上げ内側からキープスプレーを。 すぐにペタッとなりやすい人は、サイドを少し持ち上げキープスプレーを吹きかけてもOK。 重たい印象が苦手な人は、片側だけ耳掛けを。 よりスッキリ感が出る。 襟足を少し長くするなど微妙なテクニックで短過ぎる印象を与えない。 前髪ありでナチュラルなかわいさをプラス ふんわりとした女らしさを 【How to ベース&カラー】 首元はギリギリの長さに設定し、ベースを前下がりのグラデーションでカット。 重さのたまりやすい耳後ろは、しっかり毛量調整。 顔周りはマッシュラインでカット。 前髪は厚くならないよう、柔らかさのある抜け感を演出。 カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。 寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。 【How to スタイリング】 オイルなどのベース剤を塗布してから、空気感が出るようドライヤーの風を下から当ててドライ。 乾いたら毛先がやや内巻きになるように、ストレートアイロンを通す。 キレイなツヤ感のある仕上がりにするコツは、面を整えながらプレスすること。 前髪は流したい方向にプレスしてしまうとカール感が強くなるので、流したい方向と逆方向に。 こうすることで、こめかみ辺りが閉まりのあるデザインに。 ベース剤のニュアンスが残り、ハーフウェットな質感となるので、スタイリング剤は毛先にオイルをつけるだけでOK。 簡単スタイリングヘアでも愛らしさ満点 【How to ベース&カラー】 フェイスラインに沿うよう、アゴラインの長さでやや前下がりにカット。 トップの動きが出るようにレイヤーを入れ、質感調整。 前髪は、目と眉の間の長さで、重すぎず、薄すぎないバランスでまっすぐカット。 毛量調整をして馴染ませる。 カラーは、透明感のある7レベルのアッシュベージュに。 寒色系に寄り過ぎない絶妙な色合いで、透け感があり、やさしい印象のカラーに。 【How to スタイリング】 ドライ後、軽くストレートアイロンを通して自然な丸みをつける。 スタイリング剤は、オイルクリームなどのウェットな質感になるものをチョイス。 手にスタイリング剤を伸ばしたら、バックから指を通すように塗布。 もみ上げにも忘れずにつけるのが、スタイルを決めるコツ。 最後に残っている程度のスタイリング剤を前髪につけ、全体的に束感を出すように整えたらおしゃれヘアの完成。 前髪がアクセントの大人かわいいスタイル 【How to ベース&カラー】 ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。 表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。 前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカット。 カラーは、アッシュ寄りのベージュ。 暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。 【How to スタイリング】 髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。 表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルに。 最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリング。 ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギ。 スタイリングの手軽さが魅力的 【How to ベース&カラー】 襟足のレングスを、首の長さ&太さのバランスで決めたら、レイヤーでスッキリとカット。 その後、顔まわりに重さが残るようにやや前下がりのグラデーションでカット。 前髪は巻いて目にかかる長さに設定し、幅を狭めにして薄めバングをつくる。。 さらに、前髪とサイドを繋ぐラインを頰くらいすることで小顔見せに。 カラーは8レベルのオレンジベージュに。 元気な印象を与えて愛されカラーで、ツヤ感をもたらす色味。 【How to スタイリング】 ドライ前にオイルタイプのトリートメントを塗布し、しっかり乾かしながら根元から毛先までツヤ感を出す。 乾いたらストレートアイロンを使いCカールで柔らかい曲線を演出。 表面はふわっと仕上げ、前髪はサイドに流れるように。 最後に、トリートメントワックスなどをサラっとつけたら完成。 スタイリング剤はつけ過ぎに注意! 褒められること間違いなしのあか抜けヘア 【How to ベース&カラー】 襟足を浮かない長さに設定し、やや前下がりのワンレングスでカット。 襟足にイングラデーションを入れることでコンパクトなフォルムに。 表面にはレイヤーを入れて毛先の軽さを出す。 前髪は奥行きを浅めでやや幅広くとり、肌が見えて束間が出やすいようにカット。 カラーは7レベルのオリーブグレージュに。 オリーブとグレーをミックスすることで、赤みをしっかり消しつつ透明感のある髪色に仕上げる。 【How to スタイリング】 髪をドライする時、前髪はその日の気分で下ろしも流しも対応できるように分け目がつかないように乾かす。 ドライ後、ストレートアイロン、もしくは26mmのカールアイロンで毛先を外ハネに。 クルッとしたカール感ではなく、軽く丸みをつける程度でOK。 ツヤ感の出るソフトワックスを全体に揉み込んだらフィニッシュ。 毛先がパサついているとNGなので、セミウェットな質感を目指して品良く仕上げて。 輪郭をカバーしてくれる。 適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくする。 前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。 ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。 襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。 10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げる。 【How to スタイリング】 時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。 より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調。 乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感に。 髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。 女っぷりあがる前髪なしスタイル 毛先の動かし方でカジュアルにも上品にもなれる 【How to ベース&カラー】 サイドはあご下4. 5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカット。 後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見える。 襟足は首に沿うようにカット。 前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。 顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作る。 カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。 落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えない。 【How to スタイリング】 トップを乾かすとき、分け目がパカッとならいよう根元を持ち上げながら乾かす。 後頭部も根元を立ち上げるように乾かすと、自然とボリュームが出てふわっとした仕上がりに。 外ハネスタイルにする場合は、28mmのアイロンで毛先のみ、内外ランダムに巻く。 特に顔周りはしっかり外ハネにすると軽やかな印象に。 前髪は軽くリバース巻きに。 ワックスよりツヤ感の出るクリームタイプのスタイリング剤を毛先にもみ込み、軽く耳掛けをすれば完成。 きちんと感のある大人な雰囲気をゲット 【How to ベース&カラー】 全体をあごとリップラインの間の長さでカット。 サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残す。 襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。 表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作る。 正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。 この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見える。 カラーは8トーンのブラウンベージュ。 好感度の高いツヤのある落ち着いたカラー。 短くても軽く見えず上品な印象に。 【How to スタイリング】 トップを乾かすとき、まず毛束を右に寄せながら乾かし、次に左に寄せて乾かす。 左右に揺さぶるように乾かすことでトップが潰れなくなり、センター付近で分けたとき立ち上がりやすくなる。 分け目はセンターではなく6:4に。 ちょっとずらした方が今っぽくおしゃれに見える。 表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らせる。 全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整える。 顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成。 シンプルなショートボブをスタイルアップ 【How to ベース&カラー】 前髪の長さをリップに設定し、サイドから前髪にかけて前下がりにカット。 バックの毛量調整では重さを残しつつ、ラインを見せるスタイルに仕上げる。 また、バックのウェイトは低く設定して、若見えヘアに。 カラーは、10レベルのフォギーベージュでハイライトを入れながら、ベースを6レベルのアッシュブラウンに染める。 アッシュブラウンは、肌色をキレイに見せてくれる赤みを抑えたブラウン。 【How to スタイリング】 ハイライトがキレイに見えるところで分け目をつけて髪を乾かす。 ドライ後、ストレートアイロンでさらっと通すようにプレス。 スタイリング剤は重めのヘアオイルをセレクトし、髪全体に塗布したら両手で髪を挟んでカットラインをしっかり出す。 前髪にもスタイリング剤をつけて、束感をつくりウェットな質感に仕上げたら完成。

次の