楽天 比較。 Yahoo!ショッピングと楽天市場どっちがお得?メリット・デメリットを比較!

楽天カード全10種類を比較!おすすめはどれだ?ポイントやデザインなど完全ガイド

楽天 比較

証券会社はたくさんありますが、 初心者におすすめの証券会社はどの証券会社でしょうか? 多くの方は「 楽天証券か SBI証券かな?」っとイメージしたのではないでしょうか。 それで正解です。 間違いありません。 楽天証券とSBI証券は、最大手のネット証券です。 他の証券会社より資本力があります。 結局、 お金を持っている会社は強いです。 たとえば、規模の小さな証券会社が新サービスを始めたところで、すぐに資本力のある楽天証券とSBI証券は似たようなサービスを始めます。 また、他社が手数料を下げれば、すぐ下げます。 競争になると強いのはお金を持っているところです。 つまり、 楽天証券かSBI証券を選んでおけば、最終的に一番安くて良いサービスを受けられる可能性が高いということです。 ですので、どの証券会社で口座開設するか悩んでいるなら、 楽天証券かSBI証券を選んでおけば間違いありません。 楽天証券とSBI証券はネット証券でもっとも規模が大きく、幅広いサービスを提供している証券会社です。 投資初心者からプロ投資家まで、たくさんの方が、どちらか一方、もしくは両方に証券口座を作っています。 どちらにするか迷うなら、 両方に口座を作っておいて、使いやすい方をメインの証券会社として使い続けるのをおすすめします。 使わない方は放ったらかしておいて大丈夫です。 楽天証券もSBI証券も口座維持手数料は無料ですので、 口座開設して放ったらかしておいてもお金はとられません。 私は楽天証券とSBI証券の両方に口座開設していますが、楽天証券をメインに使っています。 楽天証券は投資信託残高に応じて楽天ポイントがもらえてお得ですので。 楽天証券ではなく、SBI証券を使ってみたいという人もいるといますので、本記事では 楽天証券とSBI証券の両方のメリットデメリットを 比較してみたいと思います。 口座開設の参考にしてみてください。 初心者に優しい直感的な操作画面• 投資信託で楽天ポイントが貯まる!• お得なキャンペーン多数! 初心者に優しい直感的な操作画面 楽天証券の「 グラフィカルで直感的な操作画面」は大きなメリットの1つです。 ご覧の通り、あなたが 何にいくら投資しているのか簡単にわかります。 また、保有資産を円グラフ表示してくれるので、細かな数字を見なくてもバランスの良い投資ができているか判断できます。 ポートフォリオ管理がすごく楽になりますね。 投資信託に投資している場合、投資信託をいくら買っていくら儲けているのか?という 資産の推移をグラフ表示することができます。 「毎月積み立て投資してるけど、結局いくら儲かってるんだろう?」と考えるまでもありません。 全部 自動的に計算して表示してくれます。 投資信託で楽天ポイントが貯まる! 楽天証券で投資信託に投資していると、 保有残高に応じて楽天ポイントがもらえます。 (保有残高10万円ごとに4ポイント) 参考: ちなみに、この ハッピープログラムでもらえる楽天ポイントは毎月もらえます。 1回かぎりではありません。 ですので、たとえば楽天証券で投資信託に5000万円投資している場合、毎月2000円分の楽天ポイントが無料でもらえます。 貯まった楽天ポイントは楽天市場で買い物するときに使えますし、 楽天ポイントで投資信託を買うこともできます。 お得なキャンペーン多数! 楽天証券は、ほぼ毎月(もしかすると毎週?) お得なキャンペーンを開催しています。 実施されている代表的なキャンペーンとしては…• 最安手数料ではない• 画面がカラフルで疲れる• キャンペーンが多すぎるかも 最安手数料ではない 楽天証券の株式売買手数料は最安水準です。 ただ、一番安いわけではありません。 もし、一番手数料が安い証券会社を使いたいのであれば、他の証券会社を選ぶほうがいいでしょう。 (そんなに差はありませんが…) 画面がカラフルで疲れる 楽天証券は初心者でも直感的にわかるように、グラフィックを多用したカラフルな操作画面になっています。 もしかすると、このカラフルさが疲れるという方もいらっしゃるかもしれません。 これは、わかりやすさとのトレードオフなので、仕方がない部分ではあります。 キャンペーンが多すぎるかも 特にキャンペーンを利用しない方にとっては、楽天証券が毎月開催しているキャンペーンは必要ないでしょう。 たまに送ってくるキャンペーンお知らせメールがうっとうしく感じるかもしれません。 とはいえ、Gメールを使っているのであれば、自動的にフィルタリングされます。 受信箱が圧迫されるようなことはありません。 SBI証券のメリット・デメリット比較 SBI証券のメリット• シンプルで使いやすい操作画面• 投資信託の取り扱い本数No. 口座開設数No. 1 シンプルで使いやすい操作画面 SBI証券は、楽天証券と違い、 シンプルで簡素な操作画面です。 すでにネット証券で投資の経験がある方は、余計な装飾のないSBI証券の操作画面が好みという方もいらっしゃるかもしれません。 ポートフォリオ画面もご覧の通りシンプルです。 楽天証券のような円グラフ表示ではなく、エクセルっぽい一覧表で表示されます。 投資信託の取り扱い本数No. 1 SBI証券は証券会社の中で 投資信託の取扱本数が一番多いです。 口座開設数No. 1 SBI証券は 一番ユーザーが多い証券会社です。 口座数No. 1です。 みんな使っているからこその安心感、信頼感があります。 SBI証券のデメリット• 初心者には使いづらい• ポートフォリオ管理は数字のみ• HPがスマホに最適化されてない 初心者には使いづらい SBI証券は、無駄がなくシンプルな操作画面です。 ゆえに、 初心者が初めて使うには難しいかもしれません。 もちろん、使っているうちに慣れてくるとは思いますが、初心者用として最適な証券会社とはいえないかもしれません。 どちらかというと、プロに好まれる証券会社です。 ポートフォリオ管理は数字のみ SBI証券では、楽天証券のように 保有資産を円グラフ表示してくれる機能はありません。 数字のみで表示されます。 数字に強い人であれば問題ないでしょう。 ただ、投資の勉強が苦手、またはこれから投資を始める方にとっては、直感的にいくら儲けていくら損しているのか理解しにくいです。 HPがスマホに最適化されてない SBI証券のHPは、スマホに最適化されていません。 PCで表示したときの画面が、そのままスマートフォン上で表示されます。 スマホでネット証券を利用する方は、使いづらいと感じるでしょう。 (若い世代の方はスマホ中心と聞きます)• 最安手数料ではない• 画面がカラフルで疲れる• キャンペーンが多すぎるかも 楽天証券は 初心者に使いやすい証券会社です。 キャンペーンを上手に使えば、キャッシュバックでお金がもらえますし、楽天ポイントもどんどん貯まります。 かなりお得です。 たとえば、いま楽天証券に口座開設して各種取引を行うと、 最大15万1000円もらえます! 「投資するお金がない…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、楽天証券は 100円から投資信託を買うことができますので心配いりません。 もちろん、楽天証券に口座開設してゲットしたお金や楽天ポイントを利用して投資信託を買うこともできます。 ちなみに、 楽天証券の投資信託取り扱い本数は2510本です。 SBI証券の2625本と比べると少しすくないですが、十分な本数だといえます。 初心者には使いづらい• ポートフォリオ管理は数字のみ• HPがスマホに最適化されてない SBI証券は投資初心者の方より、どちらかというと 中級者〜上級者に好まれる証券会社です。 シンプルで無駄がありません。 数字に強い方にとって、SBI証券はとても相性の良い証券会社です。 投資信託の取り扱い本数が多いので、マイナーな投資信託を買いたい人にとってもベストな証券会社といえます。 使いやすくて分かりやすいです。 楽天証券は、普通に使っているだけで自動的に円グラフでポートフォリオを作ってくれます。 自分が 何にいくら投資していて、いくら儲かっているのか?が直感的にわかるわけです。 この機能は、これから投資を始める方にとって非常にありがたい機能です。 「結局、いくら投資していくら儲かっているのか?」を把握することは、資産運用で一番大切ですからね。 SBI証券は、「ある程度の投資経験のある方」もしくは「すでに楽天証券に口座を持っている方」がサブ口座として利用するのが良いでしょう。 初めての人がいきなり使うと、使い方がわからなくて挫折する可能性があります。 ですので、 初心者の方は楽天証券で口座開設するのがおすすめです。 投資したいけど複雑なことは嫌。 資産管理に手間はかけたくない。 という人にとって、楽天証券はベストな選択肢といえます。 マネックス証券かSBI証券かで迷っている方は参考にしてみてください。

次の

楽天VTとeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を徹底比較

楽天 比較

Yahoo! ショッピングと楽天市場どっちが安い? Yahoo! ショッピングと楽天市場のどっちがお得になるのか気になっている方は、 どっちのECモールが安く買えるかを比較したい方が多いでしょう。 Yahoo! ショッピングと楽天市場を比較する際には、 獲得できるポイント還元率で比較することが重要です。 Yahoo! ショッピングと楽天市場では、同じ店舗が両方に出店しているケースが多く、どちらのサイトでも商品の値段は同じというケースが多くなっています。 ですので、 同じ店舗の同じ商品をよりお得に購入することができるのは、ポイント還元率の優れたECモールで購入した場合となりますね! このページでは、Yahoo! ショッピングと楽天市場のポイント倍率を中心に、どちらのECモールがお得に利用できるのかを多角度で比較します。 Yahoo! ショッピングと楽天市場の基本の還元率は1. 0% Yahoo! ショッピングと楽天市場では、 基本の還元率1. 0%でポイントを貯めることができます。 貯められるポイント ストアポイント Tポイント 100円に1ポイント (還元率1. 0%) 楽天ポイント 双方のECモールでは、ともに人気の共通ポイントを還元率1. 0%で貯めることができます。 ECモール大手では「Amazon」も人気ですが、ポイント還元率を考えるとYahoo! ショッピング・楽天市場の方がお得ですね! 貯められるポイントでは、 ファミリーマートなどでも利用できるTポイントが使い勝手では有利ですが、 楽天ポイントも幅広く利用できる優秀な共通ポイントです。 各ECサイトのポイントアップ特典を比較して、どちらがより多くのポイントを貯められるかが判断基準と考えていいでしょう! Tポイントと楽天ポイントの違い• ソフトバンクユーザーは文句無しにYahoo! ショッピングがお得!楽天SPUとの比較 ソフトバンクユーザーであれば、一択でYahoo! ショッピングを選択するべきです! ソフトバンクユーザーは、Yahoo! Yahoo! ショッピングでは、• 楽天カードの利用で+2倍• 楽天銀行でのカード利用代金の引き落としで+1倍• 楽天モバイルの利用で+2倍 など、 ポイントアップの条件が非常に細かくなっていますね。 楽天SPUでのポイントアップには、楽天ブックスや楽天トラベルの利用も条件となっていますので、 楽天のヘビーユーザーの方しか最大15倍の還元率で利用するのは難しいでしょう。 ソフトバンクユーザーの場合、それだけでYahoo! ショッピングをいつでも10倍還元で利用することができますので、ソフトバンクユーザーの場合は悩む必要はありません。 Yahoo! ショッピングと楽天市場のポイントアップ条件については、こちらも参考にしてくださいね! 参考• ポイントアップが可能な優待日は楽天市場の方が多い、ただしお得度はYahoo! ショッピングが有利 Yahoo! ショッピングと楽天市場では、それぞれ 通常日よりもポイントアップがある優待日が設定されています。 Yahoo! ショッピング:開催日ごとに5,000ポイントまで• 楽天市場:月間で3,000ポイントまで と、 楽天市場では+2倍の上限が月間3,000ポイントまでとなっていますので、5の倍数の日に15万円以上利用すると+2倍の特典をうけることができません。 Yahoo! ショッピングの5のつく日のポイントアップは、開催日ごとに5,000ポイントまでとなっていますので、月間で最大15,000ポイントのボーナスポイントを獲得できます。 ポイントアップの条件、獲得ポイントの上限の両面で比較しても、 Yahoo! ショッピングの5のつく日の優待の方がお得なキャンペーンと言っていいでしょう。 5のつく日のキャンペーン• では、 楽天市場でいつでもポイントが5倍になる特典があり、楽天カードとの還元率の差は2%となっています。 楽天ゴールドカードの年会費は税別2,000円となっていますので、 年間10万円楽天市場を利用する方なら、ポイントだけで年会費の元を取ることができますね! 楽天カードでは、 カードの年会費を楽天ポイントで支払うことが可能です。 楽天市場をよく利用する方なら、貯まったポイントで年会費を支払い、実質年会費無料で楽天ゴールドカードを利用することもできます。 楽天市場では楽天プレミアムで送料分ポイント還元が可能 ネット通販を利用する際の送料をお得に利用したい方は、 送料分をポイントで還元してもらえる「楽天プレミアム」がおすすめです。 楽天プレミアムでは、楽天市場でお買い物の際に 送料相当のポイントを毎月10回まで還元してもらうことができます。 1回のポイント付与の上限は500ポイントまでとなっていますので、 月間で最大5,000円分の送料をポイントとして還元してもらうことができます。 楽天プレミアムの年会費は税別3,900円となっていますが、1か月無料でサービスを体験することができますので、送料をお得に利用したい方は試してみてもいいのではないでしょうか。 Yahoo! ショッピングには、送料が無料になるプレミアムサービスは用意されていませんので、 送料の面で比較すると楽天市場の方がお得と言っていいでしょう。 楽天プレミアムのサービス内容• Yahoo! ショッピングと楽天市場をセールで比較 Yahoo! ショッピングと楽天市場では、 不定期的にお得なセールを開催しており、セールの開催を楽しみに待っている方も多いのではないでしょうか!• Yahoo! ショッピング:いい買い物の日• 楽天市場:楽天スーパーセール いずれのECモールのセールも、お得なタイムセールやクーポン、さらに「買い回り」でのポイントアップなど、一番お得にお買い物ができる特典が用意されています。 ただし、 Yahoo! ショッピングのいい買い物の日は「11月11日」前後の年に1回の開催となっています。 楽天スーパーセールは、ほぼ季節ごとに開催されていますので、セールの開催頻度では楽天市場の方が多くなっていますね。 楽天スーパーセールの開催日前後はテレビCMも多く流れていますので、楽天市場がいかにセールに力を入れているかを感じることができますね! 期間限定ポイントの使い勝手で比較 Yahoo! ショッピングと楽天市場のポイントアップで付与されるのは、 通常ポイントよりも有効期限が短く、使い道も限定された期間限定ポイントです。 期間限定ポイントの使い勝手で比較すると、 Tポイントよりも楽天ポイントの方が使い勝手は良くなっています。 楽天ポイントの期間限定ポイントは、ANAマイルへの交換や楽天Edyへのチャージには利用できませんが、 楽天ポイント加盟店で1ポイント=1円として利用することができます。 ヤマザキデイリーストア• マクドナルド• ミスタードーナツ など、身近な店舗で期間限定ポイントを消化することができますので、 通常ポイントとほぼ変わらない使い勝手の良さが魅力です。 また、楽天のQRコード決済サービス 「楽天ペイ」での利用で、ローソンで期間限定ポイントを利用することも可能です。 毎日のように利用するローソンで期間限定ポイントを消化することができますので、現金同様に楽天ポイントを利用することができますね! Tポイントと楽天ポイントの期間限定ポイントについては、こちらでも詳しく解説しています。 ネット通販利用時の補償で比較 ネット通販利用時の補償で比較すると、 楽天市場の方が補償の対象は優秀となっています。 楽天市場では 「楽天あんしんショッピングサービス」が付帯しており、 商品の未着や不良品等のトラブルを最高30万円まで補償してもらうことができます。 補償の対象は楽天市場を利用したすべての方となっており、 年会費や登録不要で補償をうけることが可能です。 Yahoo! ショッピングでも類似の補償として 「お買い物あんしん補償」が用意されていますが、こちらは Yahoo! プレミアム会員限定のサービスとなっています。 Yahoo! プレミアム会員は月額税別462円の会費が必要となりますので、補償のために会員になるのはちょっとためらってしまいますね。 ただし、 ソフトバンクユーザーの場合はYahoo! プレミアムも無料となりますので、無料でお買い物あんしん補償もうけることができますよ! 楽天カードとヤフーカードを比較 各ECサイトを利用する際には、 楽天カードとヤフーカードの保有がおすすめです。 ここでは、とのクレジットカードとしての機能を比べてみましょう。 ヤフーカード 楽天カード 年会費 無料 無料 家族会員 無料 無料 ETC 税別500円 税別500円 申込資格 高校生を除く18歳以上の方 高校生を除く18歳以上の方 国際ブランド JCB VISA Mastercard JCB VISA Mastercard アメリカン・エキスプレス 還元率 1. 0% 1. 0% 旅行保険 — 国内:- 海外:最高2,000万円 双方のカードともに 年会費永年無料で利用することが可能となっており、ネット通販用に保有しておいても損はありません。 ただし、 ETCを利用する前提では楽天カードの方がお得です! 楽天カードのETC年会費は税別500円となっていますが、楽天ポイントクラブのランクがプラチナになると無料になる、 条件付き年会費無料です。 楽天市場を良く利用する方の場合はプラチナ会員へのランクアップも容易ですので、車をお使いの方は楽天カードの方がお得ですね。 楽天カードのETCを無料にする方法• 楽天カードはアメックスを選択可能 楽天カードでは、国際ブランドに上質な特典の付帯した「アメリカン・エキスプレス」が選択可能になりました。 アメックスでは 「アメリカン・エキスプレス・コネクト」のサービスが利用可能となっており、ダイニングやホテルでの優待割引を利用することができます。 楽天カードでは、最高2,000万円の海外旅行保険も付帯していますので、海外旅行に出かける予定のある方はアメックスの特典を有効活用することができますね! アメックスブランドを選択した場合にも年会費や楽天市場でのポイントアップなど、基本の特典には変わりがありません。 楽天カードのアメックスブランド• ポイントの貯まりやすさを重視するならYahoo! ショッピング Yahoo! ショッピングでは、幅広い方がポイントを貯めやすい特典が豊富に用意されているのがメリットとなります。 もっともお得に利用することができるのは、 いつでもポイント10倍で利用することができるソフトバンクユーザーの方です。 ただし、 5のつく日にはポイントが5倍になる特典があり、ソフトバンクユーザーでなくても5倍ポイントでお買い物をすることができます。 また、月額税別462円の Yahoo! プレミアムに入会することでいつでもポイント5倍になる特典がありますので、幅広い方にポイントが貯まりやすくなっています。 期間限定ポイントの使い勝手を考えるなら楽天市場 期間限定ポイントの使い勝手を考えて貯めるなら、楽天ポイントが貯まる楽天市場の方が有利です。 楽天ポイントの期間限定ポイントは、 マクドナルドをはじめとしたリアル店舗で消化することが可能となっており、通常ポイントと同様に使い勝手のいいポイントです。 また、 楽天ペイを活用することで、ローソンでも期間限定ポイントを利用することができますので、期間限定ポイントの価値も非常に高くなっていますね。 楽天市場のポイントアップで大量に貯まる期間限定ポイントの使い勝手が良い点は、楽天市場の大きなメリットです。 デメリットは楽天SPUの条件の細かさ 楽天SPUでは、 非常に細かな条件でポイントアップが設定されていますので、楽天のサービスをよく利用する方にしか恩恵は少なくなっています。 ただし、.

次の

楽天カードのブランド(VISA/MasterCard/JCBなど)の違いを比較!おすすめ&変更方法は?

楽天 比較

日本で2大ネット証券といえばSBI証券と楽天証券ですね!証券会社で口座開設をしようと思う際、この2つの証券会社会社で迷う人も多いと思います。 「なんとなくSBIが一番口座数多いっていうし安心かな」とか… 「楽天といえば楽天市場で買い物もするしポイントとかももらえてなんかお得そう」とか… そこで、 SBI証券と楽天証券を手数料や取り扱い銘柄数で比較してみると、決定的な違いがあることがわかりました。 この違いを元に、それぞれの証券会社にオススメ投資家タイプがわかりましたので、ご紹介します。 SBI証券と楽天証券の特徴を比較 SBI証券は400万を超える口座を抱え国内No. 1の規模を誇るネット証券 、 楽天証券は 230万口座を抱える国内規模第2位の証券会社として幅広くサービスを展開しています。 口座開設数はSBI証券の多いですが、証券会社としての違いはあるのかまずは特徴を比較してみます。 SBI証券は取り扱い銘柄の多さとサービス反映の速さでシェアナンバー1をキープし続ける証券会社 1998年の設立以来、「SBIグループ」として銀行や保険など、ネット金融の雄として社長の北尾氏が一代で築き上げてきたのがSBI証券です。 そんなSBI証券の最大の特徴が、口座開設数も売買代金シェアもNo1ということ。 口座数だけならまだしも、 株式の売買代金が1位ということは口座を作った客が離れずにSBIで取引をし続けているということです。 では、なぜNo1をキープし続けることができるのか?理由はこちらの2点にあると私は思います。 サービス反映までの速さ• 取り扱い商品の多さ 一つづつ、ご紹介していきますね。 理由の一つが、 サービス反映までの速さ。 実際に、私もSBI証券を長らくウォッチしていますが、どこかの証券会社が新しいサービスを作ろうものならすぐに対応するし、手数料を下げようものなら手数料もすぐに下げる。 こういうスピーディーなサービス反映が、業界トップをキープし続けている理由なのではと思います。 もう一つの理由が、 取り扱い銘柄の多さです。 投資には昔からある「株式」や「投資信託」以外のサービスもどんどん増えていますが、SBI証券はこれらのサービスをほぼどこよりもはやく世の中に出し続けており、 SBI証券で手に入らないものはないんじゃないかというくらい、幅広いサービスを提供しています。 投資初心者にとっては楽天証券と大差はないのですが、 ベテラン投資家が求めるような細かいサービスを揃えておりどの証券会社よりも充実しているといって過言ではないでしょう。 楽天証券はお得なポイント連携と投資初心者でも使える管理画面の使いやすさが特徴の証券会社 設立は1999年であり歴史は20年近くあります。 SBI証券と並んで ネット証券では超老舗といえますね。 その名の通り「楽天グループ」の一員であることから、 楽天内の銀行やカード、ポイントをを絡めたお得なサービスを 次々と提供していますがこれが最大のメリットです。 例えば、楽天銀行との同時開設によりというサービスが利用できます。 預金金利が5倍になったり、証券では入出金なしで株や投資信託が買えたりと非常に便利な「連携サービス」が魅力です。 また、 楽天グループ内どこでも使える 「楽天スーパーポイント」ももちろん取引によって貯めることができますし、なんとそのポイントで投資信託を買えるようにもなりました。 それも 他社には絶対に真似できない楽天証券最大の特徴と言えるでしょう。 また、 楽天証券の画面の使いやすさも大きなポイントです。 投資をしたこともない初心者が初めて触っても不自然なく利用できるほど洗練されています。 実際、一つとっても、 口座開設前に準備しておくべきものは一つだけですし、5分で開設作業は完了します。 これは早い! 楽天ポイントとのお得な連携や管理画面の使いやすさを考えると楽天証券は、投資初心者にはオススメできると証券会社であるといえますね。 SBI証券はIPO銘柄の多さに分があり、楽天証券は使いやすさと管理のしやすさに分がある 証券会社として肝心のサービス内容にはどのような違いがあるのでしょうか? 次にサービス内容を比較してみます。 取扱商品はどちらも申し分なく大体のものは買えるが、 IPO銘柄はSBI証券が強い まずは取り扱い商品の違いについて。 株式自体はどこの証券会社でも買うことができるので会社によって買えたり買えなかったりということはありません。 しかしSBI証券と楽天証券は 投資信託の取り扱い投資信託数で切磋琢磨しており、どんどん増やしております。 投資信託においてはほ違いがないでしょう。 ただ、 「IPO(新規公開株)」の取り扱い数においてはSBI証券は国内証券でも最大数を誇ります。 IPO(新規公開株)というのは新たに上場する株式を事前に予約して購入(抽選)できるサービスのことですが、 2017年にSBI証券が取り扱ったIPO銘柄は87件、大して楽天証券は4件と、ここでの実績数では大きく差がついています。 IPOへの申し込みを中心に検討している人であればSBI証券は国内で最もチャンスの多い証券会社となります。 IPO専用にSBI口座をもっている投資家も結構いるくらいですね! 株取引ツールは投資初心者は楽天証券、投資経験者はそれぞれ特徴的なサービスがあるので内容をみて判断するべき SBI証券では「HYPER SBI」、楽天証券では「iSPEED」というアプリが取引ツールとなり、それぞれこのアプリで株価の確認から注文までを行えるようになっています。 基本的に銘柄検索やチャートの分析など「できること」はほぼ同じなのですが、少し特徴的な機能もそれぞれについていたりします。 2つの証券会社の特徴的な機能をまとめてみますね。 HYPER SBI(SBI証券) [S株Now! ]その時に気になる「テーマ」から株を検索しまとめ購入できる機能 iSPEED(楽天証券) [日経テレコン]口座を持っていると日経新聞の情報を無料で閲覧できるようになるサービス SBI証券のS株Now! は例えば「建設業界がくる!」と思えば建設をテーマに一括で関連銘柄を洗い出し、出てきた銘柄からまとめて投資が可能というわけです。 またiSPEEDは、そもそも初心者でも操作性に非常に優れていて、直感的に操作をすることが可能です。 お気に入りの登録や、チャートの形をもとに銘柄を選ぶ機能など、難しいことを知らなくても使える設計になっているので使いやすさという点ではiSPEEDに分があると言えるかもしれません。 まて日経テレコムも、もともとは有料の情報を得られるのですから、ニュースなどをしっかりと見たい人にとっては非常に重宝する機能です。 ラップサービスはどちらも運用実績は上々だが管理のしやすさでは楽天証券に分がある 最近では株式や投資信託とならんで、「お任せしたい」人にとっての選択肢としてロボアドを使ったラップサービスも外せない商品となってきました。 楽天証券とSBI証券もいち早くサービスを開始して改善を重ねています。 SBI証券では「ウェルスナビ for SBI」、楽天証券は「楽ラップ」というサービスがそれぞれのラップサービスとなります。 こちらの詳しいサービス比較は、で行なっていますが、 とにかくSBI証券のラップサービスはSBIオリジナルというわけではなく割と投資に詳しい人向けで、楽天証券のサービス「楽ラップ」は完全に楽天証券が開発したものであり、内容は初心者向けのシンプルなものとなっています。 過去の運用実績を比較しても大差はないのですが、完全オリジナルの「楽ラップ」であれば楽天証券の口座の中で他の商品とまとめて管理ができるため、「使い勝手」で楽天証券に分があると言えるかもしれません。 手数料はポイント換算するとSBI証券より楽天証券の方がお得である 投資をする上で「手数料」は最も重要なポイントと言えます。 長期に何度でも取引をするのであれば、仮に1度に数百円の手数料の差であっても、合計では大きく差がつき、最終的には投資のパフォーマンスにも影響してきます。 株式手数料は完全に同じであるがポイント分楽天証券が上! まず肝心の株式手数料ですが、 結論から言うと楽天証券とSBI証券の国内株式現物手数料は完全に同じです。 証券会社の手数料は取引金額に応じてかかってくるのですが、どの取引金額で比べても差が出ないのです。 どちらかが手数料を下げると、もう一方は「その日のうちに」手数料を改定してしまうくらいで、2017年にはSBI証券が手数料値下げを発表すると、発表した当日に楽天証券も同じ手数料に改定したということもあり、ネットをざわつかせましたw 両者、ここだけは譲れないと言う気迫が伝わってきます。 ここでの差はないといってよいでしょう。 ただしここでも、楽天証券は「持っている」投資信託に対して定期的にポイントが付与されるという楽天グループの強みをバリバリに出してきていますので、それを踏まえると有利と言わざるを得ません。 手数料をまとめると、2社はほぼ同じだが、ポイントのつく楽天証券が有利! 株式でも投資信託でも、手数料の設定自体はほぼ同じなので購入時に支払う金額は同じですが、 楽天証券の場合はあとで「楽天ポイント」が返ってくるため、その分手数料合計では楽天証券が若干有利というのが手数料比較の結論となります! SBI証券と楽天証券の口コミを比較してみる さて、実際に使っている人の声はいかがでしょうか? いかに客観的に比較しても使っている人が満足しているかどうかが重要ですからね。 ネットの声をまとめてみました。 SBI証券はIPOの取扱量と四季報が読めるメリットがあるが、システムトラブルが多いという悪い口コミもある では、まずはSBI証券の口コミです。 また、IPOにはSBI証券は欠かせませんね。 SBI証券は、情報用で、スマートフォンのアプリで、四季報が読めるのはありがたい。 高校生3年の5月に口座開設。 先ほどあげたIPO銘柄以外に四季報が読めるという口コミがありましたね!こういう細かいサービスは利用者だからわかることだと思います。 しかし、悪い口コミも… SBI証券アプリほんとどうしようもないね。 救いようがないわ さっき休憩時間でシンクレイヤ売ったけどもう本格的にお引越しするわ。 こんなトラブルを続けてる証券会社は信用できない 厳しいけれどもこれも口コミ…ここは理解した上で、SBI証券の口座を開設しないといけないでしょう。 楽天証券はポイントメリットや日経新聞を読めるメリットがあるが、メンテナンスが多いという悪い口コミも では、次に楽天証券の口コミについて確認してみます。 私は両方持ってます。 使いやすさとか取扱銘柄の観点から。 あと、楽天証券だと日経がタダで読めますね。 私がメリットであげた2点は口コミでも評価されていますね! ただ、もちろん悪い口コミも… 楽天証券はまたメンテナンスか。 なんか毎週のようにメンテナンスしているアクセス重かったり、表示がおかしいことが多い気がするけど、他の証券会社はどうなのだろう メンテナンスが多いというのは他のネット証券会社でもあることですが、楽天証券は確かに多いのかも?と思いますね。 これも理解しておいた方がよいでしょう。 SBI証券は投資経験者向け、楽天証券は投資初心者向けの証券会社。 ただ、できるのであれば2つ口座開設するのもあり さて、いろいろと楽天証券とSBI証券を各方面から比較してみました! で、結局どっちがいいんだっけ?ということになりますが、こっちが確実にいい!というよりはその人のタイプによってオススメがどちらかが別れることになります。 ニッチでこだわりの強いサービスを利用したい人はSBI証券 今までに投資の経験が多かったり、少し高レベルの取引を考えている人にとってはPTS(時間外)取引やIPO(新規公開株)などといったサービスに分のあるSBI証券がオススメです。 投資初心者や「楽天会員」は楽天証券がオススメ! 終始出てきた「楽天スーパーポイント」を使ったサービスで有利に立つ楽天証券は、当然「楽天ユーザー」にとってはオススメの証券会社となります。 今や「楽天ポイント」は現金と同じ価値とも言えますから、各取引でこの楽天ポイントをもらえるというのはその使い道のある人にとっては非常に魅力的ですね! 持っているポイントで投資ができるというのも完全に楽天ユーザーだけの特権といえます! 面倒でなければ2つの証券会社の口座開設を! SBI証券と楽天証券の大きな違いは、そのサービスやサイトの設計がSBI証券が「投資に詳しい人」が喜ぶサービスが多いのに対し、楽天証券は初心者をメインに設計されています。 ただ、どちらの証券会社もいい!ですので、どちらか決めかねている方は2つの証券会社の口座開設をするべきでしょう。 楽天証券の口座開設については、を確認するとスムーズに開設できるでしょう!.

次の