秋田高校野球。 秋田県の高校生ドラフト候補2019!ランキングや注目選手、夏の甲子園への有力候補は?

高校野球代替試合の秋田大会テレビ・ネット中継動画!スポブルは?

秋田高校野球

第102回全国高校野球選手権大会(甲子園)中止にともなう代替大会が、秋田県でも開幕した。 秋田工は背番号「10」右サイド腕・小西龍稀(3年)の「クイック投法」がさえ、仁賀保に12-0の5回コールドで大勝した。 捕手からボールをもらって投球動作に移るまでの時間は約5秒。 横手からテンポ良く投げ込み、「打たせて取る投球と打者に考えさせない投球は自分の持ち味」と初回から3回連続の3者凡退。 4回に1安打を許すも無失点と好投。 正味3分程度で料理するイニングもあり、試合時間も1時間25分と短くまとめた。 大会前に大きな刺激をもらった。 同校の軟式野球部が5日、県代替大会準決勝で2度の全国Vを誇る能代を接戦で下し、決勝はサヨナラ勝ちで東北大会(8月9日開幕、宮城)進出を決めた。 軟式部の部長を務めていた経験がある佐藤将隆監督(40)は「トップをつかんで良い流れを持ってきてくれた。 硬式野球部も負けない活躍をしたい」と力を込めた。 昨夏3回戦で敗れた明桜とは、ともに勝ち上がれば準決勝で対戦できる。 伊藤功馬外野手(3年)は「軟式が県優勝をしてくれて、今年は秋田工の年だと示したい。 先輩たちに良い報告ができるよう、リベンジしたい」。 秋田アベックVを果たし、高校最後の夏を長くする。 【相沢孔志】 photo• 野球 右肩骨折のロッテ福田秀平が2軍巨人戦で実戦復帰 []• プロ野球 [7月17日 13:49]• プロ野球戦評 [7月17日 12:57]• プロ野球戦評 [7月17日 12:57]• プロ野球戦評 [7月17日 12:56]• プロ野球戦評 [7月17日 12:56]• プロ野球戦評 [7月17日 12:56]• プロ野球戦評 [7月17日 12:56]• プロ野球 [7月17日 12:45]• プロ野球 [7月17日 12:45]• プロ野球 [7月17日 12:35]• プロ野球 右肩骨折のロッテ福田秀平が2軍巨人戦で実戦復帰 []• プロ野球戦評 [7月17日 14:01]• プロ野球 [7月17日 13:49]• プロ野球戦評 [7月17日 12:57]• プロ野球戦評 [7月17日 12:57]• プロ野球戦評 [7月17日 12:56]• プロ野球戦評 [7月17日 12:56]• プロ野球戦評 [7月17日 12:56]• プロ野球 [7月17日 12:45]• プロ野球 [7月17日 12:45]• プロ野球 [7月17日 12:35]• 高校野球 五戸野球部は来年度閉校、単独チームで有終を/青森 []• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 11:37]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 8:03]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 8:03]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:33]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:39]• 大学・社会人 大商大・吉川を9球団が視察「短いイニングなら」 []• アマ野球 [7月16日 19:55]• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 17:51]• アマ野球 [7月13日 13:43]• アマ野球 [7月10日 17:48]• アマ野球 [7月10日 17:16]• アマ野球 [7月5日 18:29]• アマ野球 [7月2日 17:12]•

次の

秋田県高等学校野球連盟

秋田高校野球

優勝候補との呼び声が高い第2シードの明桜は、球速140キロ超えの4人がそろい、投手層の厚さが際立つ。 今大会初戦は橘高康太投手(3年)がキレのあるスライダーで10奪三振、被安打1の完封。 3回戦で登板した長尾光投手(3年)と風間球打(きゅうた)投手(2年)は、それぞれ多彩な変化球と速球で計12三振を奪った。 準々決勝以降は背番号1の佐々木湧生(ゆう)投手(3年)の登板にも期待がかかる。 対する秋田修英は8校で最も高いチーム打率を誇る。 4打数3安打の遊撃手・阿部翼選手(3年)を中心に、明桜の投手陣を打ち崩せるか。 阿部選手は投手としても、これまで計10回を投げて被安打6と好投している。 昨秋の覇者で第1シードの能代松陽は投打がかみあっている。 堀内真翔(まなと)投手(3年)はこれまで10回を投げて12奪三振。 1年から夏を経験している深堀虎童、大高勇心の両投手(いずれも2年)も控える。 打線は、今大会ではまだ計2単打の4番打者・山田柊斗選手(3年)が長打力を発揮できるかが鍵になりそうだ。 大館国際は4年ぶりに夏の大会での初戦突破を果たしてから、一気に8強入り。 8打数6安打の4番打者・阿部駿汰選手(3年)を中心に打線も力強く、持ち味の足を絡めた攻撃で得点につなげたい。 守備は戸田歩夢投手(3年)が強打の松陽打線をどこまで抑えられるか。 第3シードの由利は強肩の佐藤哲矢捕手や中堅手の奥山瑠希也選手(いずれも3年)らが守備に安定感がある。 佐藤捕手は今大会が初先発となった関優心選手(2年)ら、投手陣を堂々とリードしている。 攻撃は犠打も使ったつなぐ打線で、着実に点を重ねる。 迎え撃つ横手清陵は、初の8強入り。 伸びのある直球が持ち味の南大河投手(3年)らこれまで登板した計3投手は与四死球0で、制球力がある。 守備は安定しているだけに、4番打者森屋元主将(3年)を中心とした打線の奮起がポイントになる。 第4シードの秋田商はエース石川陸斗投手(3年)が投打の支柱。 最速142キロの直球を武器にこれまでの全2試合で完投した。 打撃でも二塁打2本を放ち、長打力を発揮。 チーム全体としては、2試合とも無失策で、堅守が光る。 湯沢翔北は上位から下位まで切れ目のない打線が持ち味。 昨秋の県大会も含めて無得点で終わった試合はなく、打力の高さで勝負してきた。 投手陣は初戦で昨夏4強の角館を無失点に抑えた斉藤要投手(3年)ら3人がそろう。 勝てば夏の大会では初の4強入りになる。 (高橋杏璃).

次の

全国高等学校野球選手権秋田大会

秋田高校野球

使用球場 [ ]• (よこてグリーンスタジアム)• (山田久志サブマリンスタジアム) 大会結果(1県1代表後) [ ] 年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考 全国大会 1978年() 45 3 - 2 本荘 1回戦敗退 1979年() 46 10 - 0 大館商 2回戦敗退 1980年() 48 秋田商 2x - 1 能代 延長11回 3回戦敗退 1981年() 49 2 - 1 金足農 3回戦敗退 1982年() 49 秋田経大付 10 - 7 秋田商 2回戦敗退 1983年() 49 3 - 0 金足農 2回戦敗退 1984年() 49 6 - 5 能代 準決勝敗退 1985年() 51 6 - 0 秋田 1回戦敗退 1986年() 50 2 - 1 秋田南 3回戦敗退 1987年() 50 秋田経法大付 7 - 1 角館 2回戦敗退 1988年() 49 5 - 3 能代商 1回戦敗退 1989年() 49 秋田経法大付 10 - 4 秋田 準決勝敗退 1990年() 51 秋田経法大付 2 - 1 秋田中央 3回戦敗退 1991年() 51 秋田 7 - 3 秋田経法大付 3回戦敗退 1992年() 51 能代 6 - 5 金足農 2回戦敗退 1993年() 51 秋田経法大付 4 - 3 金足農 延長11回 1回戦敗退 1994年() 51 秋田 10 - 6 秋田商 2回戦敗退 1995年() 51 金足農 13 - 9 秋田 延長10回 2回戦敗退 1996年() 51 秋田経法大付 4 - 0 金足農 2回戦敗退 1997年() 51 秋田商 17 - 2 金足農 2回戦敗退 1998年() 51 金足農 17 - 16 秋田商 2回戦敗退 1999年() 51 秋田 3 - 1 鷹巣 1回戦敗退 2000年() 51 秋田商 13 - 2 秋田経法大付 1回戦敗退 2001年() 52 金足農 8 - 2 秋田経法大付 1回戦敗退 2002年() 52 秋田商 21 - 4 秋田南 2回戦敗退 2003年() 52 秋田 11 - 1 湯沢 2回戦敗退 2004年() 52 秋田商 3 - 1 本荘 2回戦敗退 2005年() 51 秋田商 9x - 8 金足農 1回戦敗退 2006年() 51 本荘 2x - 1 秋田中央 1回戦敗退 2007年() 52 金足農 6 - 0 秋田 1回戦敗退 2008年() 53 本荘 10 - 5 大館鳳鳴 1回戦敗退 2009年() 52 明桜 3 - 0 本荘 2回戦敗退 2010年() 52 能代商 5 - 4 秋田商 2回戦敗退 2011年() 50 能代商 6 - 3 秋田中央 3回戦敗退 2012年() 50 秋田商 4x - 3 能代商 3回戦敗退 2013年() 50 秋田商 4x - 3 角館 延長15回 2回戦敗退 2014年() 50 3 - 1 能代松陽 2回戦敗退 2015年() 49 秋田商 4 - 0 秋田南 準々決勝敗退 2016年() 47 8 - 7 角館 1回戦敗退 2017年() 47 明桜 5 - 1 金足農 2回戦敗退 2018年() 44 金足農 2 - 0 明桜 準優勝 2019年() 44 5x - 4 明桜 延長11回 1回戦敗退 2020年() の影響で中止• 校数は複数校で構成される連合チームを1校とする 選手権大会成績 [ ] 秋田県勢の選手権大会成績については「」を参照 その他 [ ]• 秋田県勢の夏の甲子園初出場校は、1985年・第67回大会の能代商以降、2014年・第96回大会の角館まで29年間も出ていなかった。 これはトータルでは2番目の珍記録である(最長記録は、かつての1968年・第50回大会()から2012年・第94回大会まで初出場校が44年間も出なかったが、2013年・第95回大会でが春夏通じて甲子園初出場を果たした為、奈良代表の初出場校無しは45年ぶりにストップ)。 さらに秋田代表が一県一代表制になって以降、3年連続以上で出場した学校も存在しない。 秋田代表は夏の甲子園大会において、1997年・第79回大会1回戦の秋田商が4x-3で島根代表・に9回裏で逆転勝利を果たしたが(2回戦の秋田商は沖縄代表・に4-8で敗退)、それから翌1998年・第80回大会から2010年・第92回大会までの秋田勢は、「13年連続初戦敗退」という不名誉な記録が続いていた。 なお「初戦13連敗」は、・と同数のタイ記録である。 2011年・第93回大会1回戦で、能代商が5-3で鹿児島代表・に逆転勝利をおさめ、秋田代表の初戦連敗記録をストップ、夏の甲子園14年ぶりの初戦突破を果たしたと同時に初戦14連敗という全国ワースト記録更新を阻止した。 2018年にはが県勢103年ぶりの決勝進出を果たし準優勝()。 放送体制 [ ] テレビ [ ]• (AAB、1回戦から中継)• 開局前は、(ABS)と(AKT)が分担して中継した。 (決勝、2013年は決勝のみ、2018年は準決勝から中継) ラジオ [ ]• (ABS、2011年は放送無し)• NHK秋田放送局(準決勝・決勝、2016年まで3回戦から中継、2017年は準々決勝から中継)• (2019年、2・3回戦の4試合) 脚注 [ ]• FMはなび 2019年7月12日 関連項目 [ ]• - の影響で本大会・地方大会とも全面中止が決まったことに伴う代替大会として、秋田県高等学校野球連盟の主催による「」を実施。 外部リンク [ ]• - 朝日新聞デジタル.

次の