サマナー ズ ウォー レベル 45。 水グリムリッパー(ヘモス)のスキルとルーン考察

サマナーズウォー ルーン強化の成功確率はどれくらい?

サマナー ズ ウォー レベル 45

サマナーズウォー 星6、最優先にすべきモンスターは? サマナーズウォーでチャット見ていると、良く出てくる質問にこれがあります。 「どのキャラを最初に星6にすればいいでしょうか?」 で、上級者らしき人が答えていたりするんだけど、、、。 「ちょっと違うな」という答えが多いです。 とは言え完全に間違っているわけでもないので判断に困るわけですが、、、。 やっぱり人によって考え方違うのでその辺りで答えが変わってくるようです。 何を優先するのか? 結局のところ、何を優先するのか?ということで答えが変わってきます。 個人的には星6を始めて作るぐらいの段階の人は育成周回を優先すべきだと思っているので、アタッカーを星6にすべきとアドバイスすることが多いです。 あまりキャラを持っていない人に対しては誰でも持っている火イヌガミ(ラオーク)とか水魔剣士あたりを推薦することが多い。 将来的に使わない? でも「そのキャラ(特にラオーク)は将来的に使わなくなるから、、、」と違うキャラをアドバイスする人も多いです。 そういう人は例えばベラデオン(光イヌガミ)とかバナードとかシェノンとか、誰でも比較的簡単に入手できて将来的にずっと使うキャラをお勧めする。 そのすぐ後の段階の巨人10階にも使えたりするし。 その考え方は間違ってはいないとは思うけど、やっぱり個人的にはそれらのキャラを推薦することはないです。 やっぱり今やるべきことを考えてキャラは育てるべきであって、将来的なモンスターを考えてやるというのは時間がかかって仕方が無い。 ベラデオン推しも多いが あまりいい感じの星4とか星5とか出ていない人に対してはベラデオンを推薦する人が多く(持っていない人には光ダンジョンを推薦する人も)、実は自分もそういうアドバイスを聞いて早めにベラデオンを星6にしたのだけど、ベラデオンでは育成周回ができません。 万能でいろいろなことができるので重宝するのだけど育成周回には向かない。 となると、結局のところベラデオンは星6にしても育成周回には使わないわけです。 アタッカーを育てた場合と比較して育成周回が遅くなるわけで次の星6を作るのがどうしても遅くなるわけです。 この段階ではできるだけ早く星6を次から次へと作る必要があるのにこれは厳しい。 ラオーク星6は将来的に使わないかもしれないけど ラオーク星6は将来的に使わなくなるというのは私もそう思います。 上級者の庭を見てもラオークはまずいない。 でも、その時点での育成が早くなるキャラで一番良いのがラオークならば星6にすべきでしょう。 だって、育成スピードが違う。 更にその後の育成スピードの差によって次の星6を作れる時間が違ってくる。 ゲーム進行にどんどん差が付いていきます。 まずは周回用アタッカー 結局のところ、できるだけ育成周回に優れたアタッカーを最初の星6に優先すべきということです。 別にラオークに固執する必要は全くないです。 育成周回に向いているモンスターだったら何でもいい。 理想を言えば将来的にも使えて育成周回に向いているアタッカーです。 (育成周回には向かないアタッカーは駄目だよ) 順番的には次は巨人10階クリアを目指すところだと思うので早くなった育成周回で巨人10階に適したモンスターをどんどん育成していくというのが私がお薦めする順番。 サマナーズウォーのロードマップ 自分はサマナーズウォーをやる順番はこんな感じだと思っています。 1)育成周回用のモンスターを星6に育成 2)上の1)で作ったモンスターで巨人10階用モンスターを星6に育成・・・クリアできたらルーン集め 3)ドラゴン10階用モンスターの育成・・・クリアできたらルーン集め 4)アリーナ金星狙うキャラの育成・・・クリスタルがっぽがっぽ 5)死ダン10階用モンスターの育成・・・クリアできたらルーン集め 5)試練のタワーノーマル高層階クリアできるキャラの育成・・・報酬たくさん 6)試練のタワーハード高層階クリアできるキャラの育成・・・報酬たくさん 7)レイド高層階をクリアできるキャラの育成・・・ルーン強化 ここで2)~7 はその時の状況や自分がサマナーズウォーで楽しみたいところを優先すればいいので別に順番が多少違っていもいいと思うのだけど、1)だけは順番を変えようがないのですよね。 ここを押さえずに2)以降をやっても結局は時間がかかるだけ。 同じ時間を使っても片方は星6を5体作って、片方は3体しか作れないなんてことが普通にあり得ます。 だから最初は育成周回に向いたアタッカー優先だと思うわけです。 サマナーズウォー 星6に最優先にすべきモンスターまとめ 最初に星6にするキャラって、やはり最後まで使うキャラにしたいという気持ちは良く分かるし、そう思っている人がベラデオンとかバナードとかお薦めするのは分かるんだけど、やっぱりそれをやるとその後のゲーム進行が遅くなると思う。 最初は育成周回を優先せざる得ないのでやっぱり最初に星6にするのは育成周回に向いているアタッカーにすべきでしょう。 それさえ決まれば後は自分のやりたいことに向けて次の星6を作っていけばいいわけでそれ以降の順番は比較的どうでもいい(とは言えやっぱり次は巨人10階めざすべきだと思う)。 最初を間違えるとその後の進行スピードがかなり変わってくるので注意して欲しいです。 だから、最初の星6を作る段階で自分の近くの上級者に質問する場合は「自分のモンスターの中でどのキャラが育成周回に向いていますか?最初の星6にするモンスターを考えています」みたいな質問をした方がいいのではないかと思います。 (初級者お薦め記事) ・ ・ ・ ・・ (初級者~中級者向き記事) ・ (星4モンスターの評価や入手方法はこちら) ・・ (星3モンスターの評価は入手方法はこちら) ・ ・ (光闇モンスターの入手方法) ・ ・ サマナーズウォー 星6、最優先にすべきモンスターは? への3件のコメント• 2016年9月29日 5:55 PM こんにちわ。 私も少し似た感じで初心者さん向けのブログを作っているのですが、星5まで育成したモンスターが何体かいます。 今のところ星6にして周回できそうなめぼしいモンスターはラオークくらいです。 水魔剣士って星6まではがんばって育成したとして、覚醒やスキル上げを考えると周回させるまでに、ラオークと比べて時間効率ってどちらが有利そうでしょうか?水魔剣士はまだ覚醒できてませんし、スキルも一切上げれてません。 水魔剣士の覚醒にかかる時間とスキル上げの難しさや必要性がまだ達成してないため、わからない状態です。 ラオークはスキルマ一歩手前までこれましたが、相当に時間かかりました。 育成とスキル上げってかなり時間効率よくできないと相当つらいな~と最近、思っています。 投稿者 2016年10月22日 2:28 PM >スマゲキングさん ブログ放置しててコメント確認が遅れてすいません。 時間だけ単純比較するとラオークの方が時間効率はいいと思います。 パッシブ優秀でさくさく敵を倒してくれます。 よって水魔剣士を無理して育てる必要はないかもしれません。 ただし、水魔剣士の方が火山ヘルまでいける可能性高いと思います。 ラオークだと周回育成レベルでは火山ハードぐらいが限界かなと。 また、ラオークで苦労されたということであれば水魔剣士はもっと苦労すると思います。 覚醒に使う素材が大変。 やはり火山ヘル周回育成できるモンスターが出ることを祈りたいところですね。 星4だとソハ(水・九尾の狐)とかは星6でルーンそれほど揃っていなくても火山ヘルいけそうです。 2016年10月24日 1:30 PM >summonersさん アドバイスありがとうございます。 ラオークだと火山ヘルが無理かもしれないのですね。 少し時間がかかるのですが、ラマゴスは星5の状態でハイデニー遺跡のヘルを周回できているので、火山ヘル周回用モンスターに何を選ぶかと最初の星6育成モンスターはどうするか、まだ時間がかかりそうな星5のエサ5匹が揃うまであたりに決めようと思います。 なんとなく方針を決めるイメージはつかめたので、ゲームの方はゆっくりペースで進めてみます。

次の

【サマナーズウォー】召喚士レベル45まで何日でできるかな?(#1)

サマナー ズ ウォー レベル 45

こんちわ! SAVARS以下略 またの名は 貧乏0円課金サマナーのウソッキーです。 このように、その場で購入する課金システムを従量課金というんですけども、 この従量課金システムで「課金ゲー」と言われるゲームも少なくないです。 私自身ガラケー時代から無料ゲームをやってますので、多くの課金ゲーを経験しています。 ただし、光闇モンスターは出ません。 と課金でしか入手できないアイテムは これだけです。 サマナーズウォーは大半が無課金で入手できます。 マナクリスタルに至ってはゲームを進めていけば進めていくほど入手量が増えていく親切設計! では、課金との差はどこに生まれるかが問題ですね。 課金者と無課金者の大きな違いが生まれるアイテム サマナーズウォーではルーンを装備することで、他の人とは違う自分だけのモンスターを作ることができます。 そのルーンはカイロスダンジョンで入手します。 そのルーンが 課金でも買えます。 ただし、ガチャと同じで何のオプションが来るかは確率ですので、 惨敗もあれば 大勝利もあるといったところ。 他にも こんなどえらいパッケージや サブオプションの書き換えができる錬成石も買えます。 デビルモンは無課金の人が頑張っても確実に手に入るのは月に6体が上限です。 同様に錬成石も上限はイベントを除けば月に12個が限界です。 このようなアイテムを買うのと買わないのとでは 育成やルーン厳選にかかる時間に大きな差がでてきます。 無課金の人が目的地を決めてテクテクと歩くのに対し、 微課金者は自転車でスイスイと向かい、 重課金者はスポーツカーでビュンビュン向かっているということです。 お金=時間 がサマナーズウォーの課金システムなんです。 無課金でも充分やっていけますが、重課金者に太刀打ちするとなると、生半可な覚悟ではできません。 が、私は無課金でもワリーナ赤1以上を目指しています。 そして、そこに至る過程を今入念に考察しているところです。 その考えの一部だけオマケ程度にお披露目したいと思います。 ターンを得ることでスキル1より強力なスキル2、スキル3のチャージをすることができるので、 アタッカーであれば暴走で殲滅力を上げることができ、 サポーターなら、回復やバフデバフをより多く発動することができます。 相手のターンで耐える必要が無いので、暴走自体の発動率を差し引いても勝率が上がります。 無課金でも暴走は取れますし、時間がかかるものの厳選もできます。 ですけども、ルーン厳選に時間を割いても課金者との差を考えると、 差がますます開くような気がします。 なので、私が考えた方法は相手の想定していないルーン構成とルーンオプションでパーティを組むという方法です。 1ターンが貴重ならば、相手にその1ターンを空振りさせるのが1番だと思われます。 相手がこちらの情報を掴むために、攻撃をばら撒くように仕向けるのです。 随分前のスクショですが。 上から2番目が決意のルーンで、この時 ラキュニに2セット、 ランディに1セット の計3セット着いています。 水のエレメンタルは餌なのでルーン着いてません。 その後ラキュニが落ちましたが、 決意のルーン効果は消えませんでした。 どうやら味方系ルーンはバトル開始と同時に発動して、バトル終了まで効果継続のようです。 このことでパーティルーン構成を思い付いたんですが、それはまた次回にお話します。 例えば、デオマルスのルーンを調べると、暴走の攻撃型が圧倒的多数を占めています。 パッシブの効果で全ての属性に対し強打を出すことができて、 攻撃力も高く盾割りも持っている単独完結型アタッカーですから納得です。 ですが同じように作ると無課金では土台が違うので、極めるのが困難です。 ならば高耐久の破壊でジリジリと削るのはどうでしょう? 相手は『アタッカーのデオマルスを削ろう』と攻撃をしてきますが、あまり削れず疑問が生まれます。 ここがサマナーズウォーの面白いところで、同じモンスターでもパラメーターやルーンの構成が違うと対策も変わってくるんです。 この3箇条のおかげかは分かりませんが、現段階で微課金のギルメンとの親善試合では7勝3敗くらいで勝ち越せています。 手応えはありそうなので、このまま突き進んでいきます! まとめ サマナーズウォーは課金をすることで、時短ができるのが特徴です。 ですが、無課金でも時間や知恵と工夫で戦えるので単純な課金ゲーにならない奥深さも備えています。 課金をするだけで強くなれるわけではないので、課金のご利用は計画的に!.

次の

サマナーズウォー、マナストーンの効率の良い集め方

サマナー ズ ウォー レベル 45

不思議な事にこんな弱い私にもたまぁに質問がきます。 まぁ課金したから強くなるわけじゃ無いですし課金はあくまで時短なので、 課金者も無課金と同じく沢山の試行回数を経て強くなっていきます。 モンスター 2. ルーン の2つの観点があります。 んな事は知っていると分かっていますが、何よりも基礎が重要です。 モンスター 火山hell周回モンスター 先ず1番最初に手を付けるべきモンスターです。 ルーンセット時の効果も当然上がるので、育成を引率するモンスターが必要になります。 私は最初の純5がラカンで、引率モンスターよりも先に育成していたために大きく出遅れました。 経験値差は大きいですが、何もしないよりは効果的です! カイロスの巨人用モンスター 火山hell引率が完成したら巨人10F用のモンスターに着手します。 ここで大事になるのは耐久できるモンスターである事です。 風属性ならなお良しです! 火力でなぎ倒せるのは良いルーンが集まってからです。 課金者が巨人をサラッと高速で勝てるのはルーンを購入して10F周回の手間を減らしているため。 無課金だとルーンの取得は基本カイロスになるので勝てなければ無理です。 耐久系にしたとしても3〜4分で勝てるので、 最初のうちは充分な効果を生みます! 巨人の10Fに安定して勝てるようになったら以降の攻略順はもはや自由です! 必要なものを必要な分補えるようになります!! 因みに簡単な巨人攻略方法はこちらになります。 2019-09-01 07:06 対ユーザーと対運営コンテンツの必要ステータスの違い サマナーズウォーにはざっくり分けて 対運営コンテンツ 1. シナリオダンジョン 2. カイロスダンジョン 3. 異界、次元ホール 4. タルタロス 対ユーザーコンテンツ 1. ギルドバトル 2. 占領戦 3. アリーナ 4. ワールドアリーナ の計8つあります。 ワールドボスは勝ち負けじゃなくエネ消費で景品がもらえるガチャみたいなものなので例外とします。 対運営と対ユーザーで大きく変わるステータスの差は 必要な速度 になります。 サマナでは対ユーザー戦では1番に速度が重要になります。 最速にするにせよ中速にするにせよ、 合計速度180辺りが最低ラインになります。 合計速度180とか無駄振りになります。 ステータスが確保できているなら速度を上げても構いませんが、 基礎ステータスがガバガバではいくら速度を上げても運営コンテンツでは弱いままです! 運営コンテンツ、特にカイロスダンジョンを安定して勝てるようになるまでは 速度は気にせず体力と防御力、余力があれば攻撃力やクリティカル周りを鍛えていきましょう! 周り続けると大体どれくらいで負けるかを肌で理解できるようになります。 そこからステータスを維持しつつ速度を上げて行くと対ユーザーコンテンツでも戦えるようになっていきます! 私はここでも 最速ラカンを作る!!というアホ丸出しな目標を打ち立てたが為に更なる遅延が発生しました。 巨人10F勝ったのは200日も過ぎた頃です。 急がば回れの気持ちで頑張りましょう! ギルドコンテンツ ギルドコンテンツの参加不参加に関してはギルドの方針に沿うべきなんですけども、 基本的には勝てなくても参加した方が好印象です。 ギルドコンテンツ自体は参加することに意味があって、 ヤル気や貢献する気があるとアピールできます。 最終的に脱退を予定しているなら話は別ですが、 皆と一緒にやるコンテンツなので、参加しない場合は参加しない旨などを話しておくと良いでしょう。

次の