益々のご活躍をお祈り申し上げます。 「益々のご発展」の例文・目上の人への使い方|お祈り申し上げます

結びのあいさつ

益々のご活躍をお祈り申し上げます

「ご活躍」の意味とは?どんなときに使う? 「ご活躍」の意味は「活発な行動や成果」 「ご活躍」は「活躍」に「ご」をつけて丁寧にした言葉です。 「活躍」には、「めざましく活動する」や「勢いよくはねまわる」などの意味があります。 ビジネスで使われる「ご活躍」は、主に仕事での活発な行動や成果のことをいいます。 「ご活躍」は締めの言葉や挨拶で多く使う 「ご活躍」はビジネス文書やビジネスメールの締めの言葉、挨拶で使うことが多い言葉です。 特に退職や転勤などで遠方に行く方などへエールを送る場合に使います。 新しい職場で活躍することを応援しているという気持ちを込めて、「ご活躍を応援しております」や「益々のご活躍をお祈り申し上げます」などと使います。 「ご活躍」は目上の人に使える? 「ご活躍」は目上の人に使える尊敬語 「ご活躍」は「活躍」に「ご」をつけた尊敬語です。 相手を持ち上げる表現ですので、目上の人に使うことができます。 ただし、「ご活躍を期待しています」など、後ろにつける表現によっては上から目線の発言と感じる方もいます。 「期待している」は、目上の人が目下の人に対して使うことが多い言葉ですので、「ご活躍をお祈りしています」などに変えて使うとよいでしょう。 「ご活躍」は目下の人にも使うことができる 「ご活躍」は、相手を持ち上げる尊敬語ですので、目上の人に使う表現です。 しかし、相手に敬意を表すという意味で上司から部下などの目下の人に使うことも多くあります。 立場にかかわらず相手に敬意を払うことは悪いことではありません。 目下の人や同じ立場の人など、いろいろな場面で使うことができる言葉ですので、覚えておきましょう。 「ご活躍」を使ったフレーズと例文 「ご活躍」は決まったフレーズで使われることも多い単語です。 使われる場面に合わせて紹介しますので、ぜひ使ってみてください。 締めの言葉「今後一層のご活躍をお祈りいたしております」 ビジネス文書やビジネスメールでよく利用される締めの言葉に「今後一層のご活躍をお祈りいたしております」があります。 これは「これからも頑張ってください」ということを伝えるフレーズで、退職や転勤をする人への挨拶に使われることが多いです。 年賀状におすすめ「益々のご活躍をお祈り申し上げます」 年賀状の挨拶にも「ご活躍」を使うことができます。 例えば「本年も、益々のご活躍をお祈り申し上げます」はよく使われるフレーズです。 新しい一年を、昨年よりさらに活躍できるようにとエールを送る言葉です。 現在の活躍を称えるときは「ご活躍を拝見」 「ご活躍」は、これから活躍することを応援する場面で使うことが多いですが、現在の活躍を称えるときにも使うことができます。 例えば「いつもご活躍を拝見いたしております」や「ますますご活躍のことと存じます」などの表現がよく使われます。 ビジネス文書の冒頭の挨拶にも使うことができますので、覚えておくと良いでしょう。 退職や転勤する方に使うフレーズ「新天地でのご活躍」 退職や転勤をする方に使うフレーズとして「新天地でのご活躍」があります。 「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 」などの表現がよく使われます。 「新天地」とは、新しい場所や環境のことをいいます。 退職や転勤をすることで仕事の場所や環境が変わりますので、「新しい場所や環境で頑張ってください」ということを伝えるフレーズです。 「ご活躍」と「ご健勝」「ご発展」の使い分け 個人へは「ご活躍」会社へは「ご発展」 「ご活躍をお祈りしています」などの表現は、個人へ対して使う表現です。 相手が会社や団体などの場合には使うことができません。 会社や団体に対しての挨拶には、「ご発展」や「ご盛栄」などを使いましょう。 健康には「ご健勝」成果には「ご活躍」 締めの挨拶でよく使われる表現に「ご健勝」があります。 「ご活躍」と同じように、相手を応援したり、気遣う気持ちで使う挨拶の言葉です。 「ご健勝」とは、「身体が丈夫で健康」という意味ですので、「ご健勝をお祈りしています」という挨拶は、「健康でいてください」という意味になります。 ビジネスでの成果を応援する「ご活躍」とは少し意味が異なりますので状況に合わせて使い分けましょう。 まとめ 「ご活躍」は、ビジネス文書やビジネスメールの挨拶で使われることが多い言葉です。 特に、退職や転勤をされる方に「がんばってください」と伝えるときに便利な言葉ですので、覚えておくと良いでしょう。 遠方に行かれる方であっても、何かの縁でその後、長いお付き合いになることもあります。 お互いによい印象を残しておきましょう。

次の

結びのあいさつ

益々のご活躍をお祈り申し上げます

目上の人が就任や栄転する際に贈る言葉として「頑張ってください」とすると上から物を言っているようであまりふさわしくありません。 この場合、目上の人に贈る言葉としてふさわしい言い回しとしては「ご活躍をお祈り申し上げます」などのようなものが挙げられます。 ここでは目上の人が就任や栄転する際にふさわしい「ご活躍を」に続く文にはどのようなものがあるのか、実際に文章にするとどのような例が挙げられるのかについてまず述べます。 一方で目上の人から目下の人に対しはなむけの言葉を贈る際にはどのような言い回しがあるのかについて説明します。 更に「頑張ってください」という意味合いの言葉を目上の人に贈りたい場合には他にどのような言葉を選べばよいのかについても紹介します。 目上の人の就任や栄転に対して贈る言葉として 「頑張ってください」ではなく「ご活躍をお祈り申し上げます」の方がふさわしいものとなっています。 こうした送る言葉を実際に文章にした場合には以下の様な内容になります。 「この度のご栄転まことにおめでとうございます。 ご健康にご留意の上、今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。 」 「栄えあるご栄転心よりお祝いいたしますとともに、今後の更なるご発展とご活躍をお祈り申し上げます」 「この度のご就任心よりお喜び申し上げますとともに、ご自愛しつつ益々のご活躍を祈念申し上げます」 「この度のご昇進心よりお祝い申し上げますとともに、今後一層のご活躍を祈念いたします」 更にこれら以外の言い回しとしては、以下の様なものが挙げられます。 「この度のご就任、心よりお祝い申し上げますとともに、今後の更なるご健勝とご飛躍を祈念申し上げます」 「この度のご栄転、心よりお喜び申し上げますとともに、より一層の素晴らしいご手腕を発揮されることを願っております」 「ご昇進おめでとうございます。 今後の更なる貴殿のご健勝と貴社のご発展を心よりご期待申し上げます」 これらのように、まずは就任や栄転に対してお祝いの言葉を述べ、その後に相手へのより一層の活躍を願う言葉を続けるようにします。 目下の人から目上の人に対して就任や栄転をお祝いする際には「頑張ってください」ではなく一層の活躍を願う言葉を贈るのがマナーです。 その一方で目上の人から目下の人にはなむけの言葉を贈る場合には、以下の様な言葉を用います。 「頑張ってください」 「益々の精進を期待しております」 「活躍してください」 このようにして目上の人から目下の人に対しては励まして応援する言葉が使えます。 この他にも以下の様な言葉を続けることも出来ます。 「今度一緒に飲もう」 「お互いに頑張ろう」 「ますますの活躍を祈っています」 目上の人から目下の人にお祝いの言葉を贈る際の言い回しとしては、以下の様なものが挙げられます。 「栄転おめでとう。 今後は仕事で困難に直面することもあると思うが健康に気をつけて頑張って欲しい。 ますますの活躍を祈ります」 「栄進おめでとう。 単身赴任は大変なこともあるかと思いますが、体に気をつけてお互いに頑張りましょう」 「栄転おめでとう。 あなたの人柄であれば海外へ行っても皆から好かれることと思います。 「頑張ってください」という言葉は上から目線であるため目上の人に対して贈る言葉としてはふさわしくないものですが、目上の人の今後のご活躍を応援したいという気持ちも一方であります。 そこで「頑張ってください」という意味合いの言葉を目上の人に贈る場合のふさわしい言い回しとしては以下のものが挙げられます。 「益々のご活躍を祈念いたします」 「今後のご活躍を期待いたします」 「より一層のご健闘をお祈りいたします」などの頑張ってくださいに代わる言い回し。 「今後のご発展をお祈り申し上げます」 「更なるご手腕を発揮されることをご期待申し上げます」 「益々のご飛躍をお祈り申し上げます」 などの相手がより発展することを願うような言い回し。 「陰ながら応援申し上げます」のような相手を思う気持ちを表す言い回し。 「期待しております」というとこれもまた上から物を言っているような印象になってしまいますが、「ご期待申し上げます」と言い方を変えることで目上の人に対しても使うことができるようになります。 また、「頑張ってください」という言い回しは基本的には目上の人に対して使うのはマナー違反ですが、社風などにより上司と打ち解けた関係にある場合はこの限りではありません。 むしろこの場合にあまりに堅苦しい言い回しにしてしまうとかえってよそよそしい印象になってしまう場合があるため、基本的なマナーをおさえつつも自分の立場にも当てはまるのかについて考える必要もあります。 このような就任や栄転のお祝いを贈る方法としては、電報と手紙、メールの3つが挙げられます。 これらのうち電報は仕事でのお付き合いがある人をはじめ、改まった相手あるいは、身内や友人知人全てに送れます。 一方の手紙は仕事でお付き合いのある人にはふさわしくありませんが、改まった相手もしくは身内、友人知人に送れます。 最後のメールは近しい身内や友人知人にのみ送れるもので、仕事でのお付き合いがある人や改まった相手には失礼に当たります。 電報には文例があり、ビジネス向けの場合には就任あるいは昇進や栄転などにふさわしい物も用意されています。 これらの文例は当てはまるものがある場合にはそのまま使えますが、基本的なマナーを守った上で自分の言葉で伝えるほうがより丁寧で相手にも伝わるものとなります。 何もない所から自分の言葉でお祝いの言葉を考えるのが難しい場合には、文例を一部変更する、気に入ったフレーズを使うという方法もあり、これだけでも文例をそのまま使ったものとは違った印象を与えられるようになります。 目上の人への就任や栄転に対するお祝いの言葉には「頑張ってください」ではなく「ご活躍をお祈りいたします」や「ご手腕を発揮されることをご期待申し上げます」、「更なる飛躍を祈念申し上げます」などがふさわしくなっています。 しかしながら社風などによっては上司との距離感も考慮してお祝いの言葉を選ぶ必要もあります。 一方で目上の人から目下の人に対しては「頑張ってください」という激励の言葉がふさわしいものとなっています。 またお祝いのメッセージを送る際には電報が一番丁寧で、仕事でのお付き合いのある人や改まった相手にたいしてふさわしいものとなっています。 更に電報を贈る際には用意されている例文をそのまま使うよりもできるだけ自分の言葉でお祝いの言葉を贈るようにした方が相手に気持ちが伝わりやすくなります。 それが難しい場合には、文例を自分なりに一部分書き換える、好きなフレーズだけ使うというような方法により、自分の言葉に近づけることができるようになります。

次の

間違いも多い「益々」の意味と敬語表現・使い方と例文

益々のご活躍をお祈り申し上げます

「ご健勝」とは?どんな時に使う? ご健勝の意味と、どのような時に使う言葉なのかを解説していきます。 ビジネスシーンで使う時は、意味を間違えないよう注意しなければなりません。 健康で体が丈夫であること ご健勝とは、「健勝」の丁寧語になります。 体や体調が健康的であるという意味になり、相手を気遣う時に使うのが一般的です。 「ご健勝でありますように」の意味 相手にご健勝という言葉を使うと、その人の体調を気遣う意味合いになります。 病気を患っている方にだけに使うとは限らず、健康な方に対して「いつまでも健康でいてほしい」という想いを込める時にも使う言葉です。 目上の人にもOK!ビジネス文で使う ご健勝という言葉は、丁寧な表現になるので、目上の方に対して使う言葉でもあります。 そのため、ビジネスシーンにおいて、いつもお世話になっている方の体を労わるときに使うことができます。 ビジネス文章や丁寧な手紙の前文で「拝啓、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」と使うことがあります。 また、末文でも「今後益々ご健勝と発展を見守っております」などと使うことが多いです。 スピーチや乾杯の挨拶で使う 送迎会や宴会などの席で、乾杯の挨拶を行うときにも、ご健勝という言葉を使うことがあります。 基本的には挨拶の最後に使われます。 挨拶の結びとして「皆様のご健勝を祈念します。 」としたあと、乾杯に繋げる流れが一般的です。 「ご健勝」を使った例文は? ビジネスシーンで正しく使うために、ご健勝の例文をご紹介していきます。 丁寧な言葉ではありますが、間違った表現をすると、相手に疑問を抱かれることがあるため、正しい文面を学ぶことが大切です。 「ご健勝のことと存じます」 挨拶の頭に使われる例文となります。 拝啓や時下といった言葉を前に置き、最初の挨拶をより丁寧な表現にすることが可能です。 口頭でも、文章でも使うことができます。 「ご健勝を祈念いたしまして」 基本的に、相手の今後の健康と発展を願う時に使われる文章です。 「ご健勝を祈念 きねん いたしまして」と読みます。 お祝いの席で、乾杯の前などに使うのが適切です。 「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」 末文で多く使われる表現であり、手紙の文章や乾杯の挨拶など幅広いシーンで使われる言葉です。 ここで使われる「ご活躍」は、健康を維持したうえでしっかり成果を出すことを指します。 「ぜひ体調を万全に保ち、ますます成果を出せることを願っています。 」という意味合いです。 類語との使い分けはどうする? ここでは、ご健勝の類義語について触れていきますので、意味の違いを明確にしていきましょう。 ご健勝とご多幸は一緒に使う 相手の幸せを願う意味で、「ご多幸」という言葉が使われます。 ビジネスシーンや、お祝いの席でも一般的に使われる言葉です。 体調をいたわる「ご健勝」と、幸せを願う「ご多幸」。 双方の言葉は、同じ文章に交えて使うと、より丁寧な表現になります。 例えば、「みなさまのご健勝とご多幸を深くお祈り申し上げます」といったように使うことで、相手の体調と幸せを同時に願っていますと伝えることができます。 ご健勝とご発展は使う相手が違う ご健勝の類義語で、「ご発展」という言葉も存在します。 2つの言葉は、相手によって使い分けるのが一般的です。 個人に宛てる場合は、「ご健勝」。 相手が組織や企業なら、「ご発展」を使います。 ご健勝・ご清祥は個人に使う 個人宛に使う「ご健勝」の類義語はたくさんあります。 ビジネスシーンでもみられる「ご清祥」もそのなかの一つです。 どちらも個人をいたわる言葉で、企業に使うときにはあまり適していません。 「〇〇様の今後益々のご健勝を、深くお祈り申し上げます」という文章なら個人宛なので問題ないでしょう。 しかし、「貴社の益々のご健勝をお慶び申し上げます」という文章だと、対象が組織になってしまうため注意が必要です。 ご清栄・ご発展は企業に使う 組織や団体の成長を願うときに使う言葉になります。 ご健勝は適していないので間違って使わないようにしましょう。 「貴社の今後のご清栄を深く心からお祈り申し上げます。 」「貴社の今後のご発展を心より願っております。 」というように、対象が団体であることを示すことが大事です。 「ご健勝」を英語で使うには? 外資系の企業などに務めている方は、海外のクライアントとコンタクトを取るときもあるでしょう。 その際もご健勝のような丁寧な言葉が存在するので、正しく使えるように知識を深めることが大切です。 英語で使う時の例文 実際に使う定型文をご紹介していきますので、ビジネスメールなどでメッセージを送る際に活用してみてください。 I pray that you will be in good health. 私はあなたのご健勝をお祈り申し上げます。 「ご健勝」の使い方としてスタンダードな形です。 丁寧な表現で、個人に対して幅広く使うことができます。 I wish you good health. あなたの今後のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 先程より丁寧さが際立つ言葉になります。 より丁寧に表現したいときには、こちらの文章を相手に送るといいでしょう。 まとめ ご健勝は、ビジネスの世界でも使いますが、個人同士の挨拶でも使うことがあります。 企業や団体の発展を願うときは、ご清栄、ご発展など別の言葉を使うということに注意しましょう。

次の